子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
ゴクッと一杯!
at 2017-06-20 18:15
写真の挿入位置
at 2017-05-29 23:03
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
ゴクッと一杯!
c0039181_18120025.jpg

「またその話か!」と言われそうですが、今回もビールテイストのノンアルコール飲料の話。

一番旨いのがサッポロの「プレミアムアルコールフリー」、次に旨いのがサントリーの「オールフリー」
・・・という結論に達した私は、現在この2つを月に100本ほど購入して毎日飲んでいます。

まとめ買いすると350ml缶が1缶あたり約90円、500ml缶だと約110円なので、ちまちま買うよりはまとめてドンと買ったほうが得なんですよね。
部屋の中に缶が山積みになってますが、このために缶潰し機(約2,000円)も購入して、飲んでは潰し、飲んでは潰しも楽しかったりして。(^^;)

ノンアルコール飲料の何が良いかって、アルコールが入っていないこと。(当たり前ですが)
飲んでも頭が痛くなることはないし、ボーッとして思考力が低下することもない。つまりストレスにならない。
一昔前のノンアルは僅かにアルコールが含まれていましたが、現在主流となっている「Alc. 0.00%」表記のものはアルコールが一切含まれていないので安心できます。

じゃあコーラとかジュース飲めばイイじゃん・・・ってことになると、そっちは糖分の多さが気になります。
ノンアルコールの中でもビール味のものは飽きが来ないし、程よい苦味が食事に合うしで、今のところはこれがベストですね。

今月から酒税法の一部が改正され、今後は酒類が値上げされそうな気配ですが、ノンアルコール飲料はお酒ではないので是非とも価格据え置き(または値下げ)の方向でお願いしたいものです。
[PR]
# by rukachas | 2017-06-20 18:15 | モノの話 | Comments(0)
写真の挿入位置
文章だけのブログなら関係のない話ですが、途中に画像を挿入するとなるとつい考えてしまうのが、画像と文章の位置関係。

画像を記事の内容をイメージした扉絵として使うなら文章の頭に持ってくるのが良いだろうし(私もほとんどの記事でそうしてます)、「これがその時の◯◯◯です」とばかりにひと通り説明した後に写真を見てもらうなら、当然その下に写真が来ますよね。

迷うのは、文章の途中で画像を貼る場合、説明してから画像を見せるのと、画像を見せてから説明するのではどちらが良いのかってこと。

他の方のブログではだいたい半々てところでしょうか。
文章の構成や話の進行によっても変わるでしょうが、書き手の癖としてほぼ統一されているようですね。

私はと言うと、昔から画像が上で説明文が下でした。(例外もあったかもしれません)
たとえば・・・


私は熱帯魚を飼っています。
コリドラス・ステルバイの「テル君」はいつもエアーストーンに乗っているので、まるで水槽内の置物のようです。
c0039181_11310765.jpg


こういう書き方ではなく・・・


私は熱帯魚を飼っています。
c0039181_11310765.jpg
コリドラス・ステルバイの「テル君」はいつもエアーストーンに乗っているので、まるで水槽内の置物のようです。


こんな書き方がほとんど。
画像を並べて貼って画像ごとのタイトルを書くときも、タイトルは画像の下に添えています。

そのほうがシックリくるのは、おそらく美術館等で展示してある絵画がそうなっているからだと思います。
壁に絵画が掲げられている場合、解説はたいてい額の下側に貼られていますからね。

(´-`).。oO・・・とまぁ、どうでもいいこだわりでした。
[PR]
# by rukachas | 2017-05-29 23:03 | Net&Webの話 | Comments(0)
ノンアル飲料 結局コレ!
ここ半年ほどビール風味の炭酸飲料、つまりノンアルコールビールにハマってしまい、あれこれ箱買いパック買い。
気が付いたら11種類も買ってました。(^^;)

でもそれぞれ味が違うので、段々と自分の好みに合わせて買うものが限定されてきます。
最後は大体1、2種類に落ち着きますね。

私が「旨いじゃん!今後も買おう!」と思ったノンアルは次のとおり。
今回は私の好みで勝手に順位を付けてみました。
3位と4位はたまに買うくらいでイイけど、1位と2位は常備しておきたいと思わせた商品。

(`・ω・´)_□ あなたもどぞっ!


第4位【アサヒ/ドライゼロ】

c0039181_11465764.jpg

麦芽ではなく大豆ペプチドを使ったドライビール風ノンアルコール飲料。

[缶の表記]
 Asahi
 DRY ZERO
 ドライゼロ
 目指したのは、最もビールに近い味
 ノンアルコール
 カロリーゼロ/糖質ゼロ

☆ 良いところ
・ビールの味と喉越しを上手く再現している
・ドライビールが好きな人には好まれる味

★ 良くないところ
・苦みが苦手な人には向かない
・金属的な風味がある



第3位【キリン/零ICHI】

c0039181_03191781.jpg

一番搾り製法で作ったノンアル飲料。人工甘味料ではなく水飴を使用している。

[缶の表記]
 零ICHI
 ゼロイチ
 一番搾り製法
 ALC.0.00%
 ノンアルコール
側面「一番搾り製法で麦のうまみをていねいに引き出したノンアルコール飲料です。」

☆ 良いところ
・麦の旨みを引き出していてコクがある
・人工甘味料を使っていない

★ 良くないところ
・酸味が強い
・ゴクリの後に薬品ぽい風味を感じる



第2位【サントリー/オールフリー】

c0039181_17271465.jpg

カロリー、糖質、プリン体ゼロを実現。食事に合うノンアル飲料。

[缶の表記]
 SUNTORY
 ALL-FREE オールフリー
 カロリーゼロ
 糖質ゼロ
 粒選り麦芽100%
 ノンアルコール・ビールテイスト飲料

☆ 良いところ
・味にクセがなく飲みやすい
・苦みが少ないので、ビールが苦手な人も大丈夫

★ 良くないところ
・コクがなく、味が薄い
・フルーティーな風味がビールらしくない



第1位【サッポロ/プレミアム アルコールフリー】

c0039181_1147051.jpg

ザーツ産ファインアロマホップ一部使用。人工甘味料不使用。

[缶の表記]
 SAPPORO
 PREMIUM
 ALCOHOL FREE
 プレミアム アルコールフリー
 ALC.0.00%
 [ノンアルコール]
英文「ノンアルコールの楽しいひとときをお楽しみください。細かなアロマホップの穏やかな苦味と100%モルトマッシュの豊かな風味をお召し上がりください。」(日本語訳)

☆ 良いところ
・味にコクがある
・天然素材の風味があり、人工的な味をほとんど感じない

★ 良くないところ
・穀物のような風味は人によって好き嫌いが分かれそう
・他の商品と比べてカロリー、糖質、プリン体がちょっと多い


あくまでも私の好みですが、順位はこうなりました。
私はサッポロのプレミアム アルコールフリーが最も美味しく感じて、今では私の常備ドリンクとなっています。

苦みが好きな人にはアサヒのドライゼロ、酸味が好きな人にはキリンの零ICHI、飲みやすさではサントリーのオールフリー、自然な味わいが好きならサッポロのプレミアム アルコールフリーが良いんじゃないでしょうか。
(≧∀≦)プハー!

画像出典:Amazon.co.jp

[PR]
# by rukachas | 2017-05-24 23:00 | モノの話 | Comments(0)
冷蔵庫の買い替え
c0039181_15413120.jpgうちの台所の冷蔵庫が壊れてしまった。
三洋電機の2003年製の4ドア冷蔵庫で、容量は約350L。

先週の夜、食パンでも食べようかと冷蔵庫からバターを取り出してみると、なんだか妙に柔らかい。
なんと冷蔵庫が作動しておらず、庫内が常温になっているではないか!

2003年に購入して今年14年目に突入した古い冷蔵庫。
だからこそ急な故障も想定しておくべきだったが、常に作動させている家電なので、ここ数年間寿命をあまり意識していなかったのは確か。

だが急に壊れてしまうとこれほど困るものはない。
慌てて中の物を取り出すと、冷凍していた物はすでに溶けて水が滴っていた。
この冷蔵庫は過去に一度修理しているのだが、冷蔵庫の平均寿命は大体10年前後らしい。
すぐに新しい冷蔵庫を購入することにした。

夜中だったがこんなときネットショップは便利だ。
良さそうな冷蔵庫をあれこれ品定めして、購入するものを決め、注文して代金を支払い、あとは配達を待つのみ。
と言っても今回は壊れた冷蔵庫を処分しなければならないので、配達と同時に古いのを引き取ってくれるショップから探した。(もちろんリサイクル費用はかかる)

店からの出荷は翌日だったが、同時にリサイクル業者による回収もおこなうので、配達は3日後になるという。
うちには幸い小さな冷凍庫があり、私の部屋にも小さな冷蔵庫を置いているので、必要最小限のものをそちらに移して3日間やり過ごすことにした。
真夏でなくて良かった。(´・ω・`)

ところがこの古い冷蔵庫、少し置いてから電源を入れたらなんと正常に動作して、つまり直ってしまった。
家電には往々にしてこういうことがある。
壊れたからといざ捨てようとすると、まるで「ボクはまだ大丈夫だよ!頑張るよ!」と言っているかのように復活することがある。

しかし老朽化しているのは確かだし、もう手続きも完了してしまったので、涙を飲んで処分することにした。
3日後、ショップと提携しているリサイクル業者がやって来て、新しい冷蔵庫の配達と設置、そして古い冷蔵庫の回収をしていった。
前の冷蔵庫よ、今までありがとう!(T . T)

c0039181_15414644.jpg

今回購入したのは三菱の3ドアで、容量は335L。
庫内の容量は以前よりも小さいが、棚の位置や形のせいだろうか、何故かこっちのほうが広く感じる。

唯一ちょっと違和感を感じたのは、前の冷蔵庫は一番下が野菜室だったが、今回のは一番下が冷凍室になっていること。
まぁこれはすぐに慣れるだろう。
初めて自動製氷機能付きのを買ってみたが、これはこれからの季節にはかなり便利かもしれない。

さて、今度の冷蔵庫はいったい何年もってくれるやら。
生活家電は人と生活を共にしている分、その人の人生にも影響を与えている。
先代の14年という記録は破れないと思うが、末長く互いに労わり合いながら暮らしていこうと思う。
[PR]
# by rukachas | 2017-05-22 23:00 | 電気製品の話 | Comments(0)
Amazonパントリーの緩衝材
c0039181_14451117.jpg

私がAmazonプライムのサービスで最も頻繁に利用しているのがAmazonパントリー。
主に食料品のまとめ買いですが、実際に使ってみてわかったのは、段ボール箱の中の緩衝材がとても多いということ。

Amazonはもともと梱包が大袈裟なんですが、とくにパントリーは専用の段ボール箱(大きさは数種類あります)に複数の商品を詰め込んで送ってくるというシステムだから、隙間を埋めるために緩衝材がどうしても多くなるんですね。

使われている緩衝材は主に2つで、米国Sealed Air社の「Fill-Air Extreme Efficiency」という空気の入ったポリ袋のようなクッションと、もうひとつはクシャクシャと無造作に詰め込んだ大きめの紙。

私は袋のほうは他に使い道がないので、いつも穴を開けて空気を抜いて捨ててしまうんですが、紙は丁寧に広げて折りたたんで保存しています。
何故かというと、この紙が意外と重宝するからです。

丸めるだけで緩衝材になるという利点はもちろんのこと、キッチンでは油汚れを拭いたり包丁の水気を取ったりとキッチンペーパー代りに使えますし、防災袋に入れておけばいざというときに足下に敷くシートにもなります。
場合によっては防寒や医療用品としても使えそう。
つまり新聞紙を常備しておくのと同じ便利さがあるというわけ。

「Amazonは便利だけどゴミが増えて困る」と不満を漏らす人もいますが、うちは新聞をとっていないのでこういう大きな紙がタダで手に入るのは有難いことです。
無地なのでメモやノートとしても使えるところは新聞紙以上に便利。

昔はこういう紙を「わら半紙」と言ったんですが、最近はなんというんでしょう?
しかもわら半紙よりもずっと上質でサイズもそこそこ大きいので、私のうちではこの紙、すぐにはゴミにはなりません。

このての紙は買うといくらするのだろう?と思ってAmazonで見てみると、ひとまわり大きめのA1サイズ(594mm×841mm)が500枚で¥7,500円でした。1枚あたり15円ですね。
パントリーで買い物をすると大体6〜8枚ほど詰められているので、100円くらいは得した気分。

全く使い道がないという人にはただのゴミですが、けっこうシッカリした段ボール箱やその中の緩衝材がタダで手に入るというところは、通販ならではの利点ですね。
もちろん商品の価格と送料が高けりゃ意味ないですけど...
[PR]
# by rukachas | 2017-03-30 22:44 | モノの話 | Comments(0)