「ほっ」と。キャンペーン

子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
ヒラサワ曲を聴こう!
今や知らない人はほとんどいないであろう、日本が誇る至高のミュージシャン、平沢 進さん。
私は家にいるときは常に平沢さんの音楽を鳴らしています。
1000回繰り返し聴いても飽きない曲などそうあるもんじゃあない。

1979年から40年近く聴き続けてきた私がつくづく思うことは、「もしヒラサワ曲を知らずにいたら、音楽に感動することなど一生なかったろうな...」ということ。
実際にこれまで、ヒラサワ曲以上の価値を感じる曲には出会っていません。

そんな、私にとっての生活エネルギーとも言えるヒラサワ曲ですが、もしかしたら世間には「まだ聴いたことがない」という人もいるのかもしれませんね。

今回はYouTubeで公開されているヒラサワ曲の中から、私のお気に入りをいくつかご紹介します。




【Lotus(ロータス)】

♪「かたくなに夜は来て はるか道の上...」
聴いていると力と勇気がふつふつと湧いてくる。
一緒に歌えばもっと湧いてくる。
爽やかで、軽快で、力強くて、それでいて邪悪さがまったくない希望の歌。





【バンディリア旅行団】

♪「遠い昔に この声は響けよ...」
ヒラサワ曲の無国籍民族音楽ともいえる世界観を、最も適格に、なおかつ気持ち良く理解することができる曲。
その昔、宮城県と山形県に連なる蔵王山から、この曲を聴きながら眼下の風景を見下ろしたときの爽快感は今も忘れられません。





【ルベド(赤化)】

♪「見よ赤色 果てない夕日の色合いで...」
水面がたゆたうような旋律とファルセット気味の声がとても心地よい逸品。
歌詞も素晴らしく、日本語の美しさを再認識させられます。
節と歌詞の表裏一体とはこういうことを言うのでしょう。
バックコーラスの声がクレヨンしんちゃんの声に聴こえなくもないですが、イイ味出してます。





【庭師KING】

♪「一振りは雨の起源に響かせて 二振りで海の怒りを学ぶ...」
こんなにも力強い3拍子曲は他に聴いたことがない。
ヒラサワを知らない人に「さぁどうだっ!」という思いを込めて聴かせるには最高の曲。
計算され尽くしたメロディ、気が遠くなるほど奥深い歌詞。
働き者のKINGは神の子なのか?





【白虎野の娘】

♪「遠くの空 回る花の円陣のかまびすしさに...」
軽快なリズムとともに、平沢さんの透き通る声が風に乗る。
挿入されたベトナム語のセリフとイントロが神秘性を高めています。
この歌で「かまびすしい」という言葉を初めて知りました。





【ナーシサス次元から来た人】

人への狂おしいほどの愛しさを感じさせる曲。
花びらが舞っていて時がゆっくりと流れているような光景が目に浮かびます。
優しさに包まれるとはこういうことなんでしょうね。
♪「突風のワゴン車で...」というフレーズで始まる歌詞からは想像もできないほど、美しい光景が広がります。





【RIDE THE BLUE LIMBO】

♪「残骸が陸を被うほどの時を見た...」
軽快なメロディで綴られた、重く深い人類への啓示。
争い続ける愚かな者たちの心を浄化できるとしたら、素晴らしいことだなと思いました。
「誰ひとり落とすな」のフレーズが心に響く名曲。


ついでに・・・



【Speed Tube】

平沢さん率いるテクノポップユニット「P-MODEL」
そのP-MODELの楽曲で私がもっとも好きなのがこの「Speed Tube」なんですが、1992年に初めて聴いたときこう確信しました。
「これよりカッコイイ曲は、おそらくこの世には無いんじゃないか!」と。

あれから25年・・・未だにこれよりカッコイイ曲を私は知りません。
[PR]
# by rukachas | 2017-02-13 22:42 | 音楽の話 | Comments(0)
Amazon ダッシュボタン
c0039181_19214278.jpg前回の記事で、昨年12月5日から日本のAmazonでもサービスが始まった「Amazon Dash Button」について書いてみましたが、今回もそのダッシュボタンの話。
ただしボタンの購入方法やWi-Fiの設定等については他の方のブログに詳しく書かれていますので、ここでは省略します。

日本のAmazonでこのサービスが始まったことに関しては、IoT(Internet of Things)と絡めて概ね評価している方が多いようです。
しかし実際にボタンを購入して(ボタンの価格は1回目の注文の代金から差し引かれるので実質0円)使ってみた方の感想となると、ここで評価が二分しています。
「これはいいね」と今後も使い続ける人と、「あまり良いものではなかった」と見切りをつける人。

ダッシュボタンのメリットはなんといってもボタンひと押しで注文が完結することです。
PCやスマホでAmazonのサイトを開く必要もなく、買うものが決まっているのならもっともシンプルな注文方法ですね。

反対にデメリットは配達日時が指定できないこと。
発送後にヤマト運輸のサイトから配達日時を変更できますが、それじゃダッシュボタンの意味がなくなっちゃいます。
私の家は常に誰かしら在宅なので、いつ配達されても困ることはありませんが、ひとり暮らしや共働きの家庭では重要なことかもしれませんね。

さて、ダッシュボタンについて検索してあれこれブログを読んでみて、ひとつ気付いたことがありました。
どのブログの記事も、ダッシュボタンの購入者と利用者が同じ人なんです。
つまり「使わせてみた」ではなく「使ってみた」ばかり。
私のように「Amazonを使っていない人のために設置した」という記事があまり見受けられないんですよ。

ダッシュボタンを購入した人は普段Amazonをよく利用している人でしょうし、少なくとも年会費を払っているプライム会員です。(ダッシュボタンはプライム会員限定のサービス)
そのような人にこのボタンが必要になるとは思えませんし、かえって融通の利かなさが不快に感じるかもしれません。
だからこそ各ブログでも「微妙」「もう使わない」「いらない」という言葉が踊るわけです。

しかしボタンを押すのが同じ家に住んでいるAmazon非利用者である場合はどうでしょう?
その人の生活にとって利便性が少しは向上するはず。
年老いた親であれ小さな子供であれ、それが必要になった時に自分で行動をおこせるわけですから。
もちろん必要もないのにポンポン押されては困りますが、理解して使うのであれば問題ないでしょう。

ただ私も現時点で不満がまったく無いわけではなく、早いとこ改善してほしいのは「品揃え」ですね。
スタートから2ヶ月以上経った現在でも相変わらずの42種類。
せめて100種類くらいにまでレパートリーが増えればさらに良さが実感できるんですが、なかなか増えないところを見ると、Amazonの取り分が多過ぎるのかな?

それとボタンの裏側の粘着剤があまりに弱すぎます。
プラやタイル等には張り付きますが、ちょっとザラついた壁紙だとすぐに剥がれ落ちてしまいます。
吊り下げるためのフックが付属しますが、ボタン自体に厚みがあるので通常のピンでは固定しづらく、またこのフックが外れやすい。

改善してほしい点はそれくらいですね。
逆にいえばそれ以外はとくに不満点もなく、うちではオフクロたちの便利ボタンとして重宝しています。
[PR]
# by rukachas | 2017-02-11 22:24 | Net&Webの話 | Comments(0)
Amazon プライム会員
c0039181_15571494.jpgAmazonをよく利用している私にとってはプライム会員になっておいたほうが何かと得だろう・・・ということでプライム会員の手続きをしたのが先月半ば。
最初の30日間は年会費が発生しない無料体験期間でしたが、そのあいだもAmazonプライムの特典をいろいろと使いまくりました。


【プライム・ビデオ】

とくに重宝したのがプライム・ビデオの無料視聴。
PCでも見れますが、4,980円のAmazon Fire TV Stickを早々に購入して居間のテレビに接続したので、好きな時に大画面で映画を楽しめるようになりました。
と言っても私はあまり見ていないんですが、オフクロは空いた時間に日本の映画とテレビドラマを楽しんでいるようです。

ところで私の家のネット回線は未だにADSL。そう、電話回線を利用したあのADSL。
回線速度は平均5Mbpsほどですが、通常のウェブ閲覧にはまったく問題がないので今まで特に不満なく使ってきました。
はたしてADSLでプライム・ビデオのフルHD映像がスムースに見られるのだろうか?・・・と思いましたが、結果的にはほぼ問題なしでした。

Amazon Fire TV と Fire TV Stick は待ち時間なしですぐに映像が始まることをウリにしているので、低速回線の場合は最初に低画質データを流しておき、そのあいだフルHDのデータがキャッシュされて、ある程度キャッシュが溜まったらフルHDに切り替えるという方法をとっているんですね。

うちの5Mbpsの回線だと最初の30〜60秒くらいは低解像度のぼやけた画面が続きますが、そのあとはクッキリしたフルHDの画面になり、あとは綺麗な映像を最後まで途切れることなく見ることができました。
ADSLでも4〜5Mbpsの速度が出ていればプライム・ビデオは問題なく楽しめると思います。
ただし同じ家庭で同時に複数の動画を見る場合は、光回線じゃないと苦しいでしょうね。


【Amazonパントリー】

日用品を通常価格よりも安く買えるAmazonパントリー。
パントリーとは食品貯蔵庫という意味で、食品などをまとめ買いするのに特化したサービスです。
52cm × 28cm × 36cmのボックス容量、または12kgまでの商品を手数料290円で届けてくれます。

品揃えは食品や日用品に限られますが、通常価格よりもだいぶ安い価格で購入できるので、手数料が290円かかりますがまとめ買いならこちらのほうが得です。
対象商品を数点買うと手数料が無料になるというキャンペーンもあるので、銘柄にこだわらない方ならさらにお得かもしれません。

ただし物によっては近所のスーパーのほうが安いこともあるので、気になる方はチラシを見て値段を比べてから買うものを決めたほうが良いでしょう。
私は無料体験期間中にパントリーを2回利用したのですが、いずれも過去に近所のスーパーで受け取ったレシートを見ながら買うものを決めました。

都内だと翌日届くこともあるそうですが、うちの場合は翌々日の配達でした。
それでもわざわざスーパーに出向くことなく食品や日用品がほぼ同じ価格で購入できるというのは、自分の時間を大切にする人には便利なサービスだと思います。


【Amazon Dash Button】

家の壁に貼り付けたボタンを押すだけでお目当の商品が翌日に届く、アマゾンダッシュボタン。
じつは私がプライム会員になることを決めた切っ掛けはこのボタンの登場でした。(米国では2015年3月31日から、日本では2016年12月5日からサービスが開始されました)

やっていることは至極単純で、通常はPCやスマホの画面でおこなう、商品選び→カートに入れる→届け先住所の選択→支払い方法と配送方法の選択→最終確認・・・という流れを省略してボタンひと押しで注文手続きを済ませてしまうというもの。
Amazonに元々あるワンクリック注文のボタン版というわけですね。

おそらくひとり暮らしの若者や、普段PCやスマホでチャッチャと注文できている人は、このボタンにはあまり魅力を感じないでしょう。
このボタンが本領を発揮するのは、お決まりの日用品を定期的に買うのは(ネットでの注文であっても)面倒くさいと感じている人か、あるいはその商品を必要になる人がAmazon非利用者である場合。

私の場合は完全に後者の理由でした。
うちはネットでの買い物はすべて私の役目で、今までは必要な物があればオフクロが私に頼み、私がネット注文するという方法をとってきました。
しかしいちいち私に言うことなくオフクロの指先ひとつで事が完了するならこれは便利。

つまりこのダッシュボタンは、Amazonを使っていない家族にもAmazon注文権を与えるガジェットというわけです。
もちろん会員である者(支払いをおこなう者)が理解して設置するからこそ成り立つのですが。

ただし注意も必要。
ダッシュボタンでの注文はAmazonでの通常価格です。Amazonパントリーのようにいくらか安くなっているわけではありません。
もっともダッシュボタンの良さは「安さ」ではなく「便利さ」ですから、ボタンひとつで翌日届くという利便性を重んじる方には良いのではないでしょうか。

ヤマト運輸のニーチャンをさらにダッシュさせてしまうという心苦しさも、あるにはあるんですが・・・。(´・ω・`)
[PR]
# by rukachas | 2017-01-16 22:17 | Net&Webの話 | Comments(0)
VISAデビットカード と Amazonプライム
c0039181_13191229.jpg【VISAデビットカード】

私はクレジットカードを一度も作ったことがありません。
べつに作れないわけじゃあなく、単純に今まで必要性を感じていなかったから。
勤続年数も長いし借金もしたことがなく、今まで支払いを滞納したこともないのでクレカの審査くらいは通るでしょう。

しかし私は今後もクレジットカードを持つつもりはありません。
何故なら私は「人からお金を借りる」という行為が嫌いだから。

クレジットカードは買い物をするとまずクレジット会社がその代金を立て替え、その後しばらくしてこちらの銀行口座から引き落とします。
つまり一時的にとはいえ、クレジット会社からお金を借りている(借金している)状態となるわけです。
それが嫌なので、私はクレジットカードはいらない派。

数ヶ月前、私が使用している銀行のキャッシュカードがかなり古いので、新しいカードに新調しようと手続きをしました。
するとVISAデビットカードと一体になったキャッシュカードにもできるとのこと。
「VISAデビットカード」とは、ひとことで言えばVISA加盟店で支払いに使えるキャッシュカードのこと。
利用すると代金が自分の口座から即時引き落とされるので、自分の財布から払っているのと同じ感覚で使えます。

じゃあそれにしようということで手続きをすると、その後10日ほど経って銀行からカードが郵送されてきました。
私の場合はあまり店舗で使うことはないでしょうが、振込と違って手数料がかからないのでネットショッピングでは重宝しそうです。

とくに私はここ10年ほど、Amazonや楽天などの通販をよく利用してきました。
最初は振込や代引きでしたが、今は銀行のオンラインサービスを利用してネットで支払いを済ませています。
AmazonのPay-easy(ペイジー)は手数料なしですが、他のショップだと銀行振込の際に手数料がかかるので、VISAが使える店ならこのカードで決済したほうが得ですね。


【Amazonプライム】

c0039181_1324227.jpgさてAmazonといえば、最近テレビCMでもよく目にする「Amazonプライム」が気になります。
3,900円(税込)の年会費がかかりますが、プライム会員になると様々な特典が得られるというもの。

● お急ぎ便と当日お急ぎ便と日時指定が無料
● プライム・ビデオの動画が無料で見放題
● Prime Musicの音楽が無料で聴き放題
● タイムセールを30分早く利用できる
● Amazonパントリーで食品や日用品を低価格で買える
● 写真を好きなだけ保存可能なプライム・フォト
● Kindle本を毎月1冊無料で読める
● ママ・パパ向け特典でおむつとおしりふきが15%OFF
等々・・・

お急ぎ便が無料なのと、日用品を安く買えるパントリーと、無料で多くの映画を見れるプライムビデオはやはり魅力ですね。
でもそれ以外は微妙かなぁ。
Kindleは持っていないし、クラウドに保存したい写真もないし、音楽も聴くのはほぼ決まっているし、パパじゃあないし。

しかし現在月に2,3回はAmazonで買い物している私としては、プライム会員になったほうが得な気がします。
ということでひと月ほど前、Amazonのサイトでプライム会員になる手続きをしてみました。
プライム会員には最初の30日間だけ無料体験期間があります。
そのあいだは無料で利用できますが、30日を過ぎて継続利用する場合は年会費の支払いが必要です。


【プライム会員になるにはクレジットカードが必要?】

どうやらプライム会員になるにはクレジットカードが必要なようです。
プライム会員規約には「プライム会員の年会費の支払い方法は、クレジットカード又はau WALLET プリペイドカードのみとなります。」と書いてあります。

しかし私が持っているのはVISAデビットカード(として使える銀行のキャッシュカード)のみ。
このカードで手続きが通るのかやってみたら、なんとすんなりと使えました。
クレジットカード番号の欄にVISAデビットカードの番号と有効期限を入力することで、プレミア会員の手続きが完了しました。


【そして30日間の無料体験が終わり...】

不安だったのは、無料体験が終わり最初の年会費3,900円を引き落とされる段階になって「クレジットカードじゃなきゃダメ!」となったら困るなってことでした。
しかしそれはまったく心配無用でした。ちゃんと私の銀行口座から年会費3,900円が引き落とされていました。
こうして私は晴れてAmazonプライムの正規会員となったわけです。

次回は実際に利用したAmazonプライムのサービスについて書いてみます。
[PR]
# by rukachas | 2017-01-14 22:25 | Net&Webの話 | Comments(0)
ピンタレスト
c0039181_17332292.jpg昨年あたりからか、Googleで画像検索して著作元のサイトを巡っているとき、あるサービスをチラホラと見かけるようになりました。
それはPinterest(ピンタレスト)という写真共有サイトでした。

2010年に設立された比較的新しいSNSで、ウェブで見かけて気に入った画像を自分のボードに貼り付けてコレクション&共有ができるというサービス。
SNSというよりは画像専用のスクラップブックといった感じで、Pinterestの公式でもこれはSNSではなく未来の自分のためのブックマークツールだと言っています。

私はアート作品を見てまわるのにGoogleの画像検索をよく使うんですが、サムネールをクリックしてもリンク先がPinterestだと、ログインページから先へは進めませんでした。
Pinterestはログインしない状態では中身が見れないようになっているからです。このへんはSNSっぽいですね。

せっかく検索して画像を見つけても詳細がわからないのは不便だなということで、先日Pinterestに新規登録してみました。
これでPinterest内の画像を見ることができるようになったんですが、使ってみて気付いたことをひとつ。

Pinterestにある子供画像のほとんどが、まるでファッション誌やカタログ写真のようなものばかりなんです。
Flickrのような生活感を感じる写真が非常に少なく、わかりやすく言えば、そのままポスターにもなりそうなキレイキレイな写真が多いということ。

どうやらPinterestの利用者は8割が女性で、しかも通販などの商品購入によく使っているんだとか。
なるほど、商業的な写真が多くなるのもうなずけます。

というわけで私が好む写真はPinterestにはほとんど無かったんですが、絵画や彫刻等のアート画像はそれなりにあるので、そういった物を鑑賞するには重宝しそうです。

また、Pinterestには掲載されている画像の出典(著作元)が明記されているので、著作者を知るのに大変役立ちます。
私のように絵画や彫刻の画像を引用させてもらっている側としては、著作元のサイトの存在が大変重要だからです。

そうなると次に、それらの画像をPinterestのボードに貼り付けて(ピンして)管理するのと、自分のパソコン内に保存して管理するのとどう違うんだ・・・という話になるわけです。

ご存知のとおり他人のサイトにある画像はなんでも転載して良いわけではなく、たとえば日本では著作権法は親告罪ですから、著作者が「勝手な転載は許さん!」と思って訴えれば、そこで著作権侵害によるトラブルが発生してしまいます。

その点についてPinterestはどう考えているのかというと、規約にはすべてユーザーが責任を負うようなことが書いてあります。
裁判にかかった費用も賠償金もユーザーが負担するんだとか。
まぁ無断転載したのはユーザーですから当たり前と言えば当たり前ですが、そういった可能性もあるということを踏まえたサービスだと言えますね。

引用として文章に取り入れることは、著作権法第32条第1項にある「引用」の条件に準じていれば問題ありませんが、Pinterestは画像収集ですから引用ではありません。
となると、著作権的なトラブルを心配する人は無断転載は避け、きちんと著作者から許可を得るか、あるいは初めから転載が許されている画像のみをピンするようにしたほうが良さそうです。

私のように、Pinterestを著作元のサイトへ行くための道しるべとして使っている人も少なくないと思います。
Pinterestの運営が言っているようにブックマークなのだとすれば、この使い方がもっとも無難かもしれません。
[PR]
# by rukachas | 2016-12-14 23:08 | Net&Webの話 | Comments(0)