子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
ゴクッと一杯!
at 2017-06-20 18:15
写真の挿入位置
at 2017-05-29 23:03
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
ニュース報道のあり方
ニュース1月20日におこなわれた第44代アメリカ大統領就任式では、オバマ大統領の力強い演説で、多くのアメリカ国民が勇気づけられたことだろう。連日、暗いニュースばかり流れていた昨今、久々の大規模な明るいニュースだ。

日本では年明け早々から、やれ不況だやれ失業だという暗いニュースばかりになっている。
不況だ不況だとまるで不安を煽るかのように何度も放送するから、視聴者の気分も落ち込み、購買意欲も低下する。こうした、マスコミの報道の仕方が、不況の悪循環を招いているということはないだろうか?

普段は「他人の不幸は蜜の味」と思っている人間でも、自分に関係する悪いニュースならそう何度も見たいとは思わないはず。報道することは大切だが、視聴者にうんざりと思わせる報道は、どこか伝え方を工夫する必要があるように思う。

伝え方といえば、成人式の時期になると毎年繰り返される、一部の新成人の醜態を伝える報道や、違法運転の若者や暴走族をとりあげたドキュメンタリーも、テレビで放送するから後を絶たないんだという意見もある。

私もそう思う。成人式のニュースで、ふざけた連中を一切放送しなければ(撮影もしなければ尚良し)たぶん次の年から醜態をさらす者はかなり減るだろう。
違法運転を繰り返す若者をパトカーが追うという映像も、追う警察にはなれないが追われるヤツにはなれるとばかりに、そっちに憧れを持たせてしまう。オレなら上手く逃げ切るという、何の根拠もない妙な自信とともに。

彼らは大人になりきれないというよりも、自ら脳の成長を止めているのだ。成人しても頭の中が幼児並みの者は、テレビの報道する意味など考えもしない。ただ目の前に映った映像のインパクトでのみ思考し、行動する。
だから報道にとって映像は「副」でなければならない。「主」はもちろん物事の核心だ。

テレビ番組は過去に数々のヤラセをおこなってきたが、報道もまた然りで、一部のマスコミは悪を仕立てあげることさえしてきた。
予め暴走族に頼んで暴走行為をしてもらい、さも遭遇したかのように報道したり、ネットのウソブログを暴くという名目で、じつはそのウソを仕込んでいたり。

これらは視聴者がテレビ報道に対して、表面的な(映像的な)情報ばかりを求めすぎた結果、もたらしたことだと思う。映像は真実を伝えるが、何の真実であるかを偽るのは十分可能だ。
「暴走族の映像が撮れなきゃ困るんだよ!」「ウソブログを映さなきゃ困るんだよ!」現場の苦労はわかるが、ヤラセは絶対にいけない。

国民には知る権利があり、マスコミには報道する義務があるが、まるで個人のブログのようにネタ探しに躍起になっている最近のマスコミを見ると、国民を扇動するほどのかつての影響力はどこへやら、まるで視聴者の太鼓持ちのようだ。

何を報道するかではなくどのように報道するか、また我々も、何を知るかではなく何を感じるかが大切であると、つくづく思う。
[PR]
by rukachas | 2009-01-22 18:54 | ニュースの話 | Comments(0)
<< 名は体か?体は名か? 働く理由 >>