子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
ゴクッと一杯!
at 2017-06-20 18:15
写真の挿入位置
at 2017-05-29 23:03
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
家に記された記憶にありませんシール
c0039181_22504521.jpg人間は物事に慣れやすい動物だ。くさやの干物も慣れれば旨いと言うし、違和感や嫌悪感が次第に薄れていくことや、スポーツなどが上達していくことも、これも慣れのひとつと言えるだろう。
私も家を引越して1年以上が経ち、新しい住まいにもすっかり慣れた。だがこれは平気になる、容易くなるという意味での「慣れ」であって、この空間が自分にとって空気のように馴染んだわけではない。

前の家は24年間も住んでいたから当然といえば当然だが、目をつぶっても部屋の隅々までぶつからずに歩けるほど、それこそ壁のシミから柱のキズ、色、匂いまで、頭の中にその空間が深く刻み込まれている。自分で手をかけてきた家には、まるで自分の体のような一体感があった。それは10代20代の多感な時期を過ごしてきた家だからこそだろう。
現在の家は、夜中に誰もいない居間に立ったときなど、子供の頃に親の実家に泊まって夜中にトイレに起きた時と同じ感覚を覚える。他人の家に来ているような妙な冷たさも感じ、まだまだ私にとっては慣れはしても馴染むまでには時間がかかりそうだ。

だからというわけではないが、私はときどき前に住んでいた街を訪れている。しかし何の用事もなく行っても時間の無駄なので、中学生の頃からずっと通い続けている床屋に行ったついでに、懐かしの街をグルリとひと回りしてくるのだ。今日もその床屋へ行って、散髪しながら懐かしい話に華を咲かせてきた。おそらくその床屋では、私が一番遠いところから通っている客だろう。

こんなノスタルジーを心地よく感じているものだから、以前は私が小学生の頃に住んでいた家までも見にいったことがある。今では他の人が住んでいるのであまりウロウロするわけにはいかないが、家の裏にまわって壁面を見たら、なんと私が小学生の頃に貼ったシールと貼り跡がまだ残っているので驚いてしまった。(上の写真)
「記憶にありません」というギャグが書かれている、このセリフが流行した1976年のお菓子に付いていたシールだ。当時のロッキード事件から生まれた流行語だが、子供のお菓子にまで浸透していたんだね。
どうでもいいシールだからこんな所に貼ったんだろうけど、まさか30年近く経ってから再び見て感動し、写真まで撮る気になるなんて、貼った時は思いもしなかったろうね。

私が子供の頃はお菓子のオマケシールというとただのキャラものが多く、子供心にもどこに貼って良いか迷うようなものばかりだった。だからよく机や冷蔵庫がいらんシールだらけになっていたものだ。
貼ることに明確な用途を持たせたシールというと、おそらく1977年のビックリマンチョコのドッキリシールが最初だと思う。ドッキリシールも家の中に何枚か貼った記憶があるのだが、それが今でもこの家に残っていたら、それこそ私にとってはドッキリだ。

かのベートーベンは引越し魔だったことで知られている。その回数は70回とも80回とも言われているが、空間と一体感を持ちやすい人はそうそう引越しできるものではない。
引越す回数の多い人は、きっと物は物と割り切れる人なのだろう。記憶と忘却の使い分けが上手い人なのだろう。
「記憶にありません」・・・私にはそれができない。
[PR]
by rukachas | 2005-03-20 22:52 | 懐古の話 | Comments(0)
<< 動きは人間 見た目は人形 K-1ワールドGP 2005 ... >>