子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
ゴクッと一杯!
at 2017-06-20 18:15
写真の挿入位置
at 2017-05-29 23:03
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
犬と子供のそっくり写真
c0039181_165777.jpgだいぶ前にネットで見つけたこの画像。どこにあったのか、誰がスキャンしたのかさえも分からないが、とりあえずオモシロカワイイのでご紹介。
6組の犬と子供がそれぞれペアルック(?)で写っているが、何かの広告だろうか?それともアパレル系のカタログ?子役の写真集?
まぁなんにしても、よくここまで似せたものだと関心する。髪形や髪の色だけでなく、ジッと見ていると顔立ちまで同じに見えてくるほどだ。

私はこの写真の中では左上の金髪ペアが一番似ていると思ったのだが、子供たちにはどう見えるのかと思い、私の甥っ子と姪っ子の3人に「この中でどれが一番似てると思う?」と訊いてみた。同時ではなくひとりずつ訊いたのだが、何故か3人とも同じ答えが返ってきたので「へぇ~子供にはそう見えるのかねぇ?」とちょっと不思議な気がした。3人とも、中段右側の赤ちゃんと犬のペアを指差して、コレが一番似ているという。

たしかによく似ている。しかしメイクなどで意図的に似せている部分が無いし、肉のだぶつきが似ているといった程度だろう。他のペアに比べて取り立ててそっくりというわけではないような気がするのだが、子供たちが3人ともこれを選んだのは何故なのか?・・・と、ちょっと考えてみた。

この写真をよく見ると、みな髪形や髪色を犬と揃えて、男の子はメイクまでして似せているが、このブルーのパンツの赤ちゃんだけはいっさい手を加えず素のまま。つまりこの違いが大きいのではないだろうか?

大人は人を見た時にそれがどうであるか?似ているか?好きか嫌いか?良いか悪いか?といったことを、装飾で判断しがちなのだ。外部から手を加えればどうにでもなるようなことで事を判断しすぎなのだ。
その反面子供たちはそこからかもし出される雰囲気を感じ、それで判断する。たとえば子供は母親を見たときに、化粧品が変わったことよりも、髪型が変わったことよりも何よりも、母親の精神面での変化をより明確に感じる。それと同じ。

大人は建て前社会の中で生きているから、心の内を外観の着飾りで隠してしまい、そしてそのほうが楽だと感じているうちに、いつしか外観でしか物事を判断できない人間になってしまう。
子供たちの「素を感じる力」を大人たちももっと持つべきだろう。私も甥や姪にあやかり、人の内面を見通せる伯父さんでありたい。
[PR]
by rukachas | 2005-03-25 23:59 | 子供の話 | Comments(0)
<< 総合格闘技「HERO'... 花粉症にはガムと iPod >>