子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
通らぬ要求を通そうとする人
イライラさん今月27日に行われたボクシングWBCフライ級王座統一戦は、チャンピオンの亀田興毅が挑戦者ボンサクレックに判定で負け、初防衛に失敗した。
最終ラウンドの終了時点で多くの人がボンサクレックの勝ちを確信し、3人のうち1人亀田寄りだったジャッジに疑惑の目を向ける人もいたほどの、実力差がハッキリ出た試合だったように思う。
ところが試合が終わるとすぐ、セコンドライセンス無期限停止中であるはずの亀田選手の父親が試合結果にクレームをつけた。関係者を呼び出し、採点がおかしいと恫喝した。

親は自分の子が可愛いもの。どんなに不細工な子でも可愛く見え、どんなに不器用な子でも出来たことを褒めるもの。
しかしこの父親の怒りは我が子への愛情によるものではないことは明白だ。自分の頭にある青写真どおりの結果にならないこと、あるいは自分たちに不都合が生じることに対しての反発でしかない。

この父親がやるべきは負けた息子への慰めと、次の試合に向けての励ましだったはず。それが日本ボクシングコミッションに牙を向いてまでの猛抗議、そしてなんとWBCへ再戦要望書を提出する意向まであるという。

正々堂々とやれば、勝つこともあれば負けることもある。負ければ悔しいが、同時に相手の勝ちを褒め称えることもできる。正々堂々とやるということは、自分と相手を対等に見るということ。(レベルの差を否定するということではない)
ところが他人を対等に見ることができない者は、自分の要求を通そうとする高慢な気持ちと、その要求を受け付けない者への怒りが、そうでない人に比べて高まりやすい。

私の知っている人に、同じような性格の人がいる。
いつもはそうでもないのだが、たまに電話をかけてきて、こっちが簡単には受け入れられない要求をしてきたりする。
それは無理だよと丁寧に断れば、そのときは一旦引き下がるものの、自分の予定が狂ったことに対する怒りは治まらない。まるでこっちが断ったことで迷惑が生じたかのように被害者意識を持ってしまう。

予定を的確にこなすために先々まで計画を立てるのは良いことだが、その計画の中に他人の行動を勝手に含めてしまう人には困ったものだ。
いや、親しい仲なら多少含めても良いだろう。だが相手にもイエスかノーかを選択する権利はあるのだから、希望と反する言葉が返ってくることは当然想定していなければならない。人間を意のままに操れる神様ではないのだから。

まぁ俗にいう「自分を中心に地球が回っていると思い込んでいる」という人だが、他人の感情を視野に入れない計画を立てる人ほど、その計画は分岐点さえないずさんなものであり、無計画であることとなんら変わりはない。
[PR]
by rukachas | 2010-03-29 21:43 | Comments(0)
<< 翻訳サイトの翻訳精度 私にとっての重宝アプリ >>