子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
ゴクッと一杯!
at 2017-06-20 18:15
写真の挿入位置
at 2017-05-29 23:03
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
音がデカ過ぎ小さ過ぎ
電気屋さんうちの居間に置いてある3年前に買った29インチテレビは、国産だが頭文字「F」のメーカーのロープライス商品。画質も音質も機能も値段相応だが、普段使っているのが親父たちなのでこのクラスでも十分。ステレオ音声でビデオ入力はS端子装備、平面ブラウン管で奥行きも小さく、長持ちさえすればかなりお買得感の高い商品だ。

ところがこのテレビ、たった一か所どうしようもなく困るところがある。音量調節のバカさ加減だ。
音量レベルは画面にオンスクリーンで表示されるのだが、レベル0だと当然音は出ない。これは正常。次に音量ボタンをポンと押してレベルを1にすると、これだけで普段視聴する時の音量になる。そう、無音からいきなり通常の音量になるのだ。だが番組によっては音が小さめで、もう少しレベルを上げたいと思うことがある。そこでもう一度音量ボタンを押してレベルを2にすると、なんといきなりうるさく感じるほどのデカ音量になってしまう。

それよりも上は3…4…5…と上げていっても、通常の音量調節と同じ緩やかな変化だ。画面に表示される数値は63まで上がるようになっているが、0と1と2だけで「無音・中・大」と切り替わってしまうのでは、ボリュームの意味が全くない。1にすれば少し小さいし、2にすればデカ過ぎる。リモコンの音量ボタンを上げ下げしながら「1.5は無いのか~!」と言いたくなるくらいだ。頭文字「F」さんは、どうしてこんなにいい加減な調整にしたんだろう?それともこの個体だけの初期不良だったのだろうか?
バラして内蔵スピーカーに抵抗でもかませれば良いんだろうが、なんか面倒だ。というわけで今日、一番手っ取り早い方法として、パソコン用の外部スピーカーを横に置いてヘッドホン端子と繋いでみた。これでなんとかちょうどよい音量に調節できるようになったので、しばらくはこれでいこうと思う。音も良くなったし、映画や音楽番組にもこのほうがイイかもね。

映画といえば、このあいだ映画のDVDを親父たちと見たのだが、意外なところでストレスを感じさせてしまった。DVDはさすが音がよく、ダイナミックレンジも広い。映画館と同じで、ささやくような声はささやくように聞こえ、怒鳴り声は怒鳴り声として大きく鳴り響く。つまりビデオテープやテレビ放送と比べても、より臨場感があるってこと。ところが親父にはこれが不評だった。「突然音がデカくなるからビックリするじゃないか!なんなんだコリャ!?」と。
普段見ているテレビ番組は(映画放送も)小さな音はレベルを上げ、爆発音のような大きな音はリミッターで頭打ちされている。つまり音の大小の差が小さい。だから聞き取りにくくなることもなく、やかましく感じることもない。親父は普段それに慣れているものだから、DVDのダイナミックレンジの広さがかえって耳障りだったわけだ。

音の大きさひとつとっても、その人にとっての丁度良さというのがある。せっかくの面白い映画も、音量が小さ過ぎたり大き過ぎたりするだけで、心に残らないこともある。だからこそテレビには細かな音量調節が必要だぞと、頭文字「F」さんには言いたいのだが・・・。
でもやっぱ、うちのだけの初期不良だったのかなぁ。ヽ(´・`)ノ
[PR]
by rukachas | 2005-07-01 22:00 | 電気製品の話 | Comments(0)
<< 宮城の団十郎と埼玉のまんぞう 人のために・・・ >>