子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
VISAデビットカード と ..
at 2017-01-14 22:25
ピンタレスト
at 2016-12-14 23:08
ブラックテレホンナンバーワン
at 2016-10-13 01:29
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
子供に何を与えよう Part3(無邪気さを奪わない)
与えるもの子供に与えるべきものとして、Part1では『子供の建設的な意欲を伸ばす環境を』、Part2では『物の価値を意識しやすい状況を』ということを述べてきましたが、最後のPart3は『子供の無邪気さを奪わない対応を』というお話。

先日の盆休みに私の甥っ子姪っ子たちが集まったときのこと。2階の部屋で幼い甥っ子がふたりで遊んでいるとき、ひとりが「チンコ☆☆☆~!」と言いました。(☆☆☆の部分は忘れてしまいましたが、たしか物の名前だったような?まぁよくある、クレヨンしんちゃん的なおふざけ発言です)
するともうひとりの子が「あ~、そういう言葉使っちゃいけないんだぁ~!」と、たしなめるように言ったのです。ふたりはいとこ同士なので親が違うのですが、このへんは普段のしつけの違いといったところでしょうか。
さて、このふたりのやり取りで危惧すべきところがあるとすれば、どこか分かりますか?(。・_・。)

「チンコ」などという下品な言葉を使ったこと?・・・いいえ、その言葉を、言ってはいけない言葉だと理解している点が問題なのです。「チンコ」とはご存知のとおり男性器を示す幼児語ですが「ウンチ」「ウンコ」などと同様、子供同士で遊ぶうえでこの発言には何の問題もありません。幼児や小学校低学年の子が下ネタや汚いことをあえて言うのは、この時期の成長過程における特徴でもあり、ごく当たり前の感情表現です。
(注意:世間一般に知られている女性器の通称の場合は、これは幼児語ではなく使われ方にワイセツ的な背景がありますので、子供だからといって無闇に発言して良いということはありません)

ワースト番組と言われながらも高い人気を誇っている「クレヨンしんちゃん」というアニメがありますが、これを笑いながら(ときに真似しながら)楽しく見ている親子もいれば、下品なので子供には絶対に見せない!としている親もいます。どちらが子供のために良くない行為なのかといえば、じつは後者です。
たしかに自分の子がこのアニメを真似て、下腹部にゾウの絵を描いて見せびらかしたり、人前でお尻を出すような子になったら困ってしまいますが、それは親が「恥ずかしさ」としてしつけるべきことであり、品がないから低俗だからと情報をシャットアウトしてはいけません。

同じような例ですが、このあいだ幼稚園児の甥っ子と夜に歯磨きをしたとき、少しでも楽しくしようと、最後に水で口をゆすぐときに、流しの端に小物を置いて「これを倒せるかな~」という遊びをしました。
私と甥っ子は口を水鉄砲にして、流しの端っこに向かってピュ~!(^з^)- - - - - ☆ もちろん周りには飛び散らないようにし、最後にはタオルで飛沫を拭きました。
しかしこんな行動も、中には「何やってるのっ!」「歯磨きでふざけないのっ!」と怒るお母さんもいるでしょう。ですがこれも怒るべきことではありません。周りが水浸しになったとか、せっかく乾かした食器が濡れてしまったとか、実際に困ることが発生した場合にだけ叱ればよいのです。

しかしある基準を設けなければ、親としてもしつけし難いですよね。では、親が子供の言動に対して「これはダメ!」と叱る場合の、最も大切な基準は何でしょうか?
それは「その発言や行動が、他人に迷惑をかけているかどうか(かけることになるかどうか)」です。
親が行うべきしつけや教育の基本はこれです。逆に言えば、子供の言動が誰の迷惑にもなっていないのなら、それを止めさせる理由は全くないということ。
また迷惑といっても、親がただ「下品だ、恥ずかしい、みっともない、ふざけるな」と、そう思うだけならそれは迷惑行為ではありません。子供の言動を抑え込む理由にはなりません。

しかし親からすれば、こんな意見もあるわけです。「普段自分の家でやって(言って)いると、外でもやる(言う)子になってしまう」
たしかに、自分の家ではチンコ発言も歯磨きのあとの口鉄砲ピュ~も問題なしとしても、友だちの家でやったら、そこの母親に「しつけがなってない子」と思われてしまうかもしれませんね。
でも私は思うのです。子供にプログラムでもしようとしているのですか?子供は知っていることはやってしまう、知らなければやらずに済む、そんな単純なものですか?・・・と。

親は自分の子を「低俗な言動をしない子、考えもしない子」にではなく、子供らしい下品さを持ち合わせたうえで「時と場所と場合、そして他人の感情を考慮できる子」に育てるべきなのです。それを教えることこそがしつけであり、子供の言動そのものを規制することがしつけではありません。

子供だけで遊んでいるときの下品な発言は構わないが、大人の人がいる場では言わないようにしようとか、図書館や店など、公共の場では迷惑になるので静かにしようとか、お母さんが恥ずかしがるから道路を歩くときは大声で歌わないようにしようとか、そういう、場所や他人の感情を考慮することを学んでいくには、まず普段の家庭内において、子供の無邪気さを奪わない環境が必要なのです。
どんなにおぼっちゃん的に育てようと、低俗な言動を一切させずに育てようと、子供たちは思春期にもなれば自ずと情報の波の中を泳ぎ始めます。そこでタガが外れるか、正しい選択ができるかは幼児期の育て方しだい。無邪気に発言したり行動できる環境で育った子こそ、自分の言動の意味や、それに対する他人の感情も理解できるようになるのです。

でももし、他人の前でも品のないことをしてしまったとしても、それはそれでイイじゃないですか。それも子供の無邪気さなんですから。それを許すのは大人の大らかさです。

ここをご覧のパパママさん方にも、公共の場での自分の子の発言に思わず赤面、という経験は幾度かあると思いますが、発言そのものを叱るのではなく、親を含めた周りの人の感情を考えなかったことを叱ってください。そして多少の品のなさは、他人をバカにしたり迷惑をかけるのでない限りは、大目にみてやってください。
そのかわり他人に迷惑をかける行為をしたときは、厳しく叱ってあげてくださいね。
[PR]
by rukachas | 2005-09-01 23:59 | 子供の話 | Comments(0)
<< LOS ANGELS と 天使の壁紙 子供に何を与えよう Part2... >>