子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
VISAデビットカード と ..
at 2017-01-14 22:25
ピンタレスト
at 2016-12-14 23:08
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
少年と看護婦さん
白衣の天使もう30年以上も前だが、当時マンガ雑誌の少年ジャンプで「トイレット博士」というギャグ漫画が連載されていた。作者はとりいかずよし氏。
このマンガの中で「七年殺し」という必殺技が登場する。相手の尻を丸出しにし、両手を肛門に突っ込んで中で七本の指を立てることで直腸を破壊し、7年先まで再起不能なダメージを与える・・・と書くとなんだかグロっぽいが、赤塚不二夫タッチの3頭身ギャグマンガなのでご心配なく。

チョ~が付くくらい下品なマンガだったが、小学生、とくに男子のあいだでは人気が高く、当時の少年ジャンプの看板マンガだった。この下品路線は後の「ガキデカ」さらに「おぼっちゃまくん」へと受け継がれていった・・・かどうかは知らない。

私は9歳のときに、腎臓をわずらって40日間入院したことがあった。病室は6人部屋で、同じくらいの歳の子たちと一緒だった。
ある日みんなでノートに絵を描いて遊んだとき、私はこのトイレット博士のマンガを真似て描いて、病室の友だちを笑わせていた。小学生らしいドヘタな絵で、吹き出しを描いて「七年ごろし~!」とやっているようなくだらない絵だ。大きなモモのようなお尻の横に矢印を描いて「ケツ」と書いている。つまり、これはケツだよと説明している絵。

みんなでケラケラと笑っているところへ、若い看護婦さんが「なに描いてるの?」と覗きにきた。私はちょっとイタズラっぽい気持ちで、ホラッとばかりにその絵を見せた。
すると看護婦さん、キョトンとした顔で「これなぁに?」とお尻の絵を指差した。私が「ケツだよ、ケツって書いてあるじゃん!」と言うと、その看護婦さん、なんとこう返してきたのだ。「ケツってなぁに?」

私はその瞬間凍りついた。「看護婦さんは白衣の天使っていうけど本当に純真なんだ。ケツなんていう下品な言葉は知らないんだ!」そう思ったとたんに、下品な絵を見せてしまったことがとても恥ずかしくなり、顔から火が出るような思いがして、あとは何も言えなくなってしまった。顔を赤らめながらそそくさとノートをしまう9歳のRUKA君であった・・・。

しかし、よくよく考えてみればどうもおかしい。看護婦さんといえば若くても二十歳は越えているだろう。いくらなんでも、お尻をケツと呼ぶことぐらい知らないわけはない。きっとカマトトぶって、私をからかったに違いない。
う~ん、9歳のいたいけな少年を騙すとは・・・看護婦さんて本当は「白衣のペ天使」かもね。
(↑ギャグです冗談です。看護婦さんは天使です。いつかお世話になる人たちを悪くは言えませんて)(;^_^A
[PR]
by rukachas | 2005-12-10 23:51 | 懐古の話 | Comments(0)
<< しばらく断筆 過ぎたるは及ばざるが如し >>