子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
VISAデビットカード と ..
at 2017-01-14 22:25
ピンタレスト
at 2016-12-14 23:08
ブラックテレホンナンバーワン
at 2016-10-13 01:29
写真フィルムのスキャン その3
at 2016-09-02 12:35
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
命で償え
反省!山口県で1999年に起きた母子殺害事件の被告に対する上告審で、最高裁は20日、広島高裁の無期懲役判決を破棄し、審理を高裁に差し戻した。
これにより、差し戻し後に被告に死刑が言い渡される可能性が大きくなった。

死刑・・・法の名の下に犯罪者を死に至らしめる刑罰。
私は今まで自分のサイトで幾度となく『人の命はとても重く、この世で最も価値あるもの』と言ってきた。また『善人であれ罪人であれ、人によって命の価値に差はない』とも言ってきた。
では、私は死刑廃止論者かというと、そうではない。むしろ死刑制度は廃止してはならないものだと思っている。

たしかに死刑は残酷な行いであるし、死刑制度があるからといって殺人事件が減るというものでもない。
だが死刑の存在意義とは、犯罪抑止でも見せしめでもなければ、世間の犯人に対する怒りに応えるためでも、遺族の感情を考慮するためでもない。

では死刑は何のためにあるのだろう?
私は、死刑とは「代償」ではないかと思っている。人のものを奪ったのなら、自分もそれ相応のものを犠牲にして償うのが人の世のシステム。人の命を奪えば自分の命も奪われて然るべきだろう。凶悪な殺人罪に限っては、代償として死刑が必要なのだ。

しかし代償だからといって、自分の命を差し出せば(つまり死亡すれば)それで良いのかというとそうではない。連続幼女誘拐殺人事件の犯人である宮崎勤死刑囚は「絞首刑は残虐なので、死刑は薬物による執行に改めるべき」などと勝手なことを言ったそうだが、この犯人が薬で眠るように死んでいって、果たしてそれがあの事件の代償となるだろうか?
死刑はあくまでも刑罰なので、刑自体が「罰」でなければならない。安楽死では本人が「苦」を感じることなく終わってしまう。苦を感じなければそれは刑罰ではない。

繰り返しになるが、人の命を(わざと)奪うことはこの上なく愚かなことであるが故に、死刑制度は絶対に必要だと思う。それは「目には目を」という意味ではなく、この世に生を受けた者としてのケジメのようなもの。
ただし当たり前のことだが、代償を払ったからといって被害者の死がチャラになるわけでも、遺族が救われるわけでもない。

刑に関してはもうひとつ思うことがある。
殺人事件、とくに未成年による犯罪の場合、加害者の更生の可能性を見込んで減刑されることがよくある。凶悪な猟奇殺人の犯人でさえ、反省しているから、更生の可能性があるからと、死刑にならずに済むことがある。
私は、「反省している」「更生の可能性がある」ということと「減刑」がどうして結びつくのかわからない。

刑は行いに対しての罰であり、過去に行った過ちは、いくら反省しようとこれから更生しようと消えるものではない。然るべき代償を払ったのちに更生すれば良いわけで、その代償が死に値するなら、死して更生を諦めるもやむなしと考えるのが妥当だ。
また、反省とは心から自然とわき上がる被害者への詫びであるのに、そこに減刑というご褒美があれば本心はわからなくなる。

少なくとも、自分勝手な理由で人を死に至らしめた者は、自らの死をもって償うべきだという原則を、この国には持ってほしい。
反省など、褒美があればサルにもできる。
[PR]
by rukachas | 2006-06-22 01:20 | ニュースの話 | Comments(0)
<< JからYへ 歌いたくなる君が代 >>