子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
VISAデビットカード と ..
at 2017-01-14 22:25
ピンタレスト
at 2016-12-14 23:08
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
シンクロニシティ
シンクロもう20年以上も前、あのYMO(細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏の3人によるテクノポップユニット)がFM放送の音楽番組に出演したとき、細野さんが他の2人に「モノにはなぜ名前があるの?」と哲学的な問いかけをしていた。たしか坂本氏が出した結論としては、識別のためと・・・あと何だったかなぁ?うろ覚えなのでハッキリとは思い出せない。

モノにはなぜ名前があるのか?という問いに対しては、私は「人に意識してもらうため」だと思っている。つまり人が名前を付けるのは、それを意識したいからではないだろうか。単に識別のためだけでなく。
だからこそ自分の子供が産まれるともなれば、それを特別なモノとして意識したいから、辞書と首っ引きで何週間も頭を悩ませるのだ。

私にもそうして付けられた名前がある。さほど珍しくもないが、かといって在り来たりでもない漢字一字の名前が...。芸能人で同じ名前(漢字も読みも)の人は、私の知る限りでは1人もいない。
さらに私の名字はというと、多い順の全国ランキングでは600番以下とかなり少なめだ。そのためか幼稚園から高校まで、在学中に私と同じ名字の人は1人もいなかった。

そんな私の本名を試しにGoogleで検索してみたら、13件しかヒットしなかった。(ちなみに田中一郎だと14,800件、鈴木一郎だと17,800件もヒットした)
それほど多くないはずの私の名前だが、過去に一度だけ同姓同名の人間に会ったことがある。しかしそれは、今考えてみてもまさに不思議としか言い様がない、奇妙な出会いだった。

あれは私が小学4年生の頃。当時患っていた腎臓病の検査のため定期的にオフクロと市内の病院に通っていたのだが、その日は尿検査があったので尿を紙コップに入れて提出し、待合室で結果が出るのを待っていた。
ところが少しして、医者や看護婦さんたちのいる場所が慌ただしくなってきた。なんだか戸惑っている様子だ。しばらくして呼ばれたら、そこには私とオフクロの他にもう一組の母子がいた。子供は私よりも年下で、1年生くらいの子だった。

なんとその子、私と全くの同姓同名。しかも同時に尿検査を受けたため、尿の入ったコップも検査表も同じ名前のものが2つずつあることで、院内が混乱していたらしいのだ。とりあえず尿を提出したわずかな時間のずれで、取り違えることなく検査は無事に終わったが、病院側も双方の親もみな驚いた出来事だった。

つまり、Googleで検索しても13件しかヒットしないような非ポピュラーな名前をした、漢字も読みも全く同じな同姓同名の子供どうしが、同じ市内に住んでいて、ほぼ同時期に同じ病気にかかり、同じ病院の小児科に通院しており、同じ主治医のもと、同じ日の同じ時間に母親に連れられやってきて、同じ時間に尿検査の尿を提出して同じ待合室にいた・・・。

このような偶然は一生のうち一度あるかないかだと思うが、偶然で片付けるにはもったいない思い出だ。モノのネーミングが商品の流通を左右するように、もしかしたら人のネーミングも人生を左右するものなのかもしれない。
あの同姓同名の子も、もうイイ歳をしたオッサンになってるんだなぁ。今頃はどこで何をしているのかなぁ?
・・・なんて、向こうも思ってくれていたら、嬉しいな。(^^)
[PR]
by rukachas | 2005-02-09 22:17 | Comments(0)
<< 神々の音楽 老樹よさらば >>