子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
ゴクッと一杯!
at 2017-06-20 18:15
写真の挿入位置
at 2017-05-29 23:03
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
公平な不公平
カラオケ今日、気になるニュースを見た。
中日新聞5月21日の記事「深夜入店の子連れ親とトラブル」
----- ここから引用 -----
静岡県教育委員会が青少年に関する条例の「青少年」の定義を、現在の「小学校就学から18歳未満まで」から「18歳未満すべて」と改正を検討していることが分かった。青少年の入店が禁止されている深夜の遊興店で、子ども連れの親が「幼稚園児はいいのに、どうして小学生は駄目なんだ」と店側にクレームを付けるなど、年限がトラブルの元となるケースが増えているためだという。
----- ここまで引用 -----

私から見れば、深夜の遊興店やカラオケ店に子供を連れて行く親は、子供が幼稚園児だろうが小学生だろうがどちらもバカ親としか思えないのだが、抗議した親は小学生も入店OKになると思っての真面目な抗議だったのだろう。

ところが意に反して、条例はどちらもダメの方向で動き出してしまった。不公平さをなくすためにハードルを上げ、より厳しくしたわけだ。おやつの数の違いで文句を言った兄弟に「どっちもおやつ無し!」としたようなもの。
利用していた幼稚園児の親は、抗議した小学生の親に「いらんことすなっ!」と思ったかもしれない。

じつはこれと同じようなことがテレビなどのメディア界でもあった。
かつて日本のテレビ番組には、元気さ、微笑ましさの象徴として裸の男の子が幾度となく登場してきた。ドリフターズのコントで裸の子が走り回って会場を和ませたり、オムツのCMにも赤ちゃんが素っ裸で登場していたものだ。

ところが数年前から「男の子の裸は映すのに、なんで女の子の裸は映さないんだ!」という声がチラホラ。直接テレビ局に抗議した者がどれだけいるかは知らないが、不公平だという言い分だ。
ジェンダーフリー精神のようにも見えるが、おそらくほとんどは男性の好色さによるものだろう。

結果的にはどうなったかというと、なんと今では男の子の裸も映さなくなってしまった、というオチ。
まだ規制ではなく、BPO(放送倫理・番組向上機構)が各テレビ局に自粛を促している状態だが、結局「なんで女の子はダメなんだ!」という意見から「じゃあ両方ダメにしましょう」という結果になるという、先に述べた深夜の子供入店のケースと同じ展開。

海外と日本を比べて、日本のほうが規制が厳しいと抗議することは意味あることだと思う。日本は海外の法律までは動かせず、動かすのは日本側のハードルだからだ。
しかし、日本の法律や条例の中での不公平さに抗議した場合、ともすれば厳しいほうにハードルを合わされてしまうことがある。

今日本が抱えている様々な問題に言えることだが、物事が社会に与えている影響によって規制の度合いを量るべきなのに、単純に一律にしようとするからどこかで歪みが生じてしまう。
政治家が個人的な感情でむやみにハードルを上げることは国民のためにならないが、国民も個人的な感情のみで抗議していると、結局は自分たちのためにならない結果が待っているだけかもしれない。
[PR]
by rukachas | 2008-05-21 20:50 | ニュースの話 | Comments(0)
<< 至福のとき 極太のボーダーライン >>