子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
VISAデビットカード と ..
at 2017-01-14 22:25
ピンタレスト
at 2016-12-14 23:08
ブラックテレホンナンバーワン
at 2016-10-13 01:29
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
愛想のパターン化
愛想私がバイク通勤している大通りにとある店があるのだが、そこでは道路端に毎日誘導員が立っていて、お客の車を駐車場に誘導している。しかし会社に向かう私から見ると店が左側にあるので、対向車が右折して入るために、この誘導員によってこちら側の車の通行を停められることがよくある。

まぁ一旦停止する程度だからさほど困りはしないが、ちょっと奇異に感じたのは、その誘導員が停車させた車列に「さぁどうぞ」と発車を促すときに、いちいち丁寧なお辞儀をするのだ。それも直立で深々と頭を下げ、3,4秒くらいかけるような実に几帳面なお辞儀だ。(お辞儀し終わるまではジャマで通れない)
何ごとも丁寧なのは見苦しいことではないし、悪いことではない。だがただでさえ道路工事が多く渋滞気味な通りなのだから、もうちょっと素速く対処してほしい。(ー"ー )

このお辞儀には「お停めして申し訳ございません」という意味があるのだろうが、実際にこの誘導員にそういう気持ちがあるかどうかは分からない。だがたとえあるにせよ、このてのエクスキューズはこの人がするべきことではない。つまり「車に停まってもらってそのあいだに客の車を誘導する」という仕事をこなしているだけなのだから、いちいち詫びのお辞儀などする必要はないということ。
もし誰かしら詫びる必要があるのなら、それは、客の車を入れるために他の車の通行を一時的に停めなければならないような、そんな場所に駐車場を設置した店側の代表がするべきだろう。

企業が市民に対し一歩引いた態度を示すことは、角を立たなくするためには良い。だが詫びの気持ちを持つべき人物が詫びず、直接関係のない人物がパターン化した詫びの表現をすることは多々あることだ。
住民に反対されそうな事(マンションの建設など)をするにあたって「ご迷惑をおかけします」などという状況説明のビラをあらかじめ配ったり、顧客対応のアルバイトが、さも企業の気持ちを代弁するかのようにマニュアル化した謝罪言葉をならべたり・・・。

世の中には社交辞令的な態度が溢れている。気持ちの通わない挨拶も溢れている。少しぐらいできないようでは世渡り上手にはなれないのかもしれないが、本心を無視した愛想のパターン化だけは、たとえ社会的に要求されようとも避けたいと、私は思っている。
[PR]
by rukachas | 2005-02-28 23:57 | Comments(0)
<< MacOS 9の活性ブラウザ「... 長男と末っ子 >>