子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
カテゴリ:映画の話( 5 )
私が泣いてしまった映画ベスト5...Part2
ムービー悲しみには、覆いかぶさってくる悲しみと、締めつけてくる悲しみがある。
昨日紹介した5位と4位は、覆いかぶさってくる悲しみだ。圧迫感というか抑圧感というか...。
だが次の3作品は、まさに締めつけてくる悲しみ。主人公の辛さが痛いほどに心に突き刺さってくる。涙があふれ、胸の奥がギリギリと痛み、下っ腹のあたりにドーンとした重苦しさを感じる。映画を見ながら何度「痛たたたっ!」と胸を押さえたことか。(他人が見たら具合が悪いのかと思うかもね)
べつに意識したわけではないが、上位3作品はどれも子供が主役の映画になった。やはり私の場合、子供が辛い思いをしているのが一番辛い。(×_×)

★個人的第3位
【A.I.】2001年/アメリカ

1月12日にも書いたが、スティーブン・スピルバーグ監督のA.I.が最近では最も泣いてしまった映画だ。
アンドロイドのデイビッド役を演じるハーレイ君の、とても演技とは思えないほどの悲しみの表情と、見ている者にこの子の心情を悟らせる、スピルバーグならではの心理的演出が見事。

モチーフとなっているのは「ピノキオ」だろう。最後の最後まで人間の子になりたいと願い続けたデイビッド。人間の子になればママに愛してもらえる、そう思ったからだ。ピノキオは最後には人間になれたが、デイビッドの運命は過酷だった。見ようによってはハッピーエンドにもバッドエンドにも思えるラストシーンが、この子の複雑な運命を物語っている。

この映画を見て感動するかどうかは、この子に感情移入できるか否かにかかっていると思うが、女性よりも男性のほうが理解しやすいのではないだろうか。私にとってはあまりにも悲しすぎるスピルバーグ作品だった。(TдT)

★個人的第2位
【火垂るの墓】1988年/スタジオジブリ

もうこれは説明するまでもない、言わずと知れた日本アニメの大名作。戦争の被災地を舞台にした幼い兄妹の話、というだけで悲しみが湧いてくる。
巨匠 高畑勲氏の見事なまでの人物描写。節子の声を演じた5歳の女の子の名声優ぶり。さくま式ドロップ、おはじき、防空壕など、キャラクター並に強い存在感を見せるモノたち。そして要所要所で流れる心にしみるメロディ・・・。悲しみを通り越して、もはや鑑賞に苦痛さえ感じる映画だ。

兄の清田が14歳で妹の節子が4歳。私にも9歳半違いの妹がいるので、妹のために一生懸命つくす清田にはもう感情移入しまくり。しかもこの節子ちゃん、私の妹が幼い頃にそっくりなのだ。

母親が亡くなったとき、しゃがみ込んで泣く節子の横で清太が黙々と鉄棒をし続けるシーンがあるが、私はそこから最後まで涙が止まらなかった。悲しいシーンでなくても、常に涙が流れていた。それは、戦争という過酷な状況下での、この子たちのあまりにも無邪気な(言ってみれば要領の悪い)生き方に、切なさ、やるせなさを感じていたからかもしれない。(TдT)

★個人的第1位
【禁じられた遊び】1951年/フランス

結局1位も戦争映画、それも在り来たりなものになってしまったが、これを置いて他には語れないだろう。ナルシソ・イエペスの名曲が心に残る、悲劇映画の世界的名作。
空襲で両親を失った5歳の少女ポーレットが、ミシェルという少年と出会い、彼の家で暮らすことになる。そこで憶えたお墓造りの遊び。しかしそれもつかの間の安らぎだった・・・。
描かれているのはフランスの片田舎での日常。ただ、戦時下であることと、ポーレットが孤児であることが悲しい別れを生む。戦争によって運命を翻弄される幼い子の、あまりにも悲しい物語。

この映画は私が産まれる前の作品なので、小学生の頃にテレビで見たのが最初だった。子供心にも可哀想で泣きながら見た記憶があるが、ストーリーそのものはあまり理解していなかったようだ。
2度目に見たのは15歳の時。今度はビデオに録画してジックリと見た。そして見た後、数日間は魂が抜けたような状態になった。夜ふとんの中でこの映画を思い出しただけで嗚咽がもれるほどだった。
とくに、ポーレットが孤児院へと連れていかれるとき、ミシェルの名を叫び続けていたポーレットが群衆の中に亡きママを見つけ(むろん人違いだが)、小さく「ママ...」とつぶやいて追いかけていき消えていったシーンは、私にトラウマのようなショックを与えた。

1980年の「ラ・ブーム」という映画に出演した30代の女性が、このポーレット役を演じたブリジット・フォッセイだと知った時、ホッと安堵感のようなものが湧き上がったことを憶えている。こんなにも長期に渡り登場人物の安否が気になった映画は他にはない。役者なんだと分かってはいても・・・。(TдT)

・・・以上、「私が泣いてしまった映画 ベスト5」でした。
泣いた映画で「火垂るの墓」と「禁じられた遊び」じゃ、当たり前すぎたかなぁ。( ̄‐ ̄*)
これはあくまでも「もっとも泣いた映画」ね。感動した映画となると、また違ってくるよ。

追記
もしあなたが子供好きな人だったら、「The Light of Smile 笑顔の灯り」も見てくれるとウレシ。
[PR]
by rukachas | 2005-02-05 20:07 | 映画の話 | Comments(2)
私が泣いてしまった映画ベスト5...Part1
ムービー私も中年になってから涙もろくなってしまった。ちょっと悲しいドラマを見ただけで胸の奥がギューッと痛んだり、なにか込み上げてくるものがあったり。(べつに胃腸が悪いわけではない)
若い頃なら「フッ!こんなもの所詮・・・」と鼻で笑うようなことでも、今は深く感動し、涙を流すことさえある。
これは心が軟弱になったからだろうか?・・・いや違う。物事や人の心を深く理解できるようになったからだ。若い頃は、心が動じないことこそ強さであると思っていた。しかしそれは間違いだった。それは強さではなく、ただの無知と鈍さだ。総称して愚かという。

・・・と前置きはこのくらいにして、私が思わず泣いてしまった映画をいくつか思い出してみた。ベストテンと言いたいところだけども、とりあえずパッと思い付くベスト5を選出。見ていない人にはネタバレになるので、ストーリーは省略。ヾ(*'-'*)

★個人的第5位
【さよなら銀河鉄道999】1981年/東映動画

主人公の鉄郎が旅を通じ様々な体験をし、最終的にメーテルと永遠の別れをする最後の話。
「これそんなに泣ける?」と思う人もいるかもしれないが、劇場用の前作とテレビシリーズを見ていて、なおかつ当時鉄郎と同年代だった私としては、ストーリーよりも、これで本当に最後なんだな~という、そういう悲しみのほうが大きかった。同じ松本零士氏の「宇宙戦艦ヤマト」は、完結かと思ったら続編が作られ、数年後また作られと多少歯切れの悪さを感じたが、銀河鉄道999はこの「さよなら...」が本当に最後だった。

世界で最も美しい別れの言葉、それは「さようなら」
グッドバイ、ツァイチェン、アディオス・・・世界のほとんどの別れの言葉が『また逢おう・再会しよう』という意味を持つ。だが日本語の「さよなら・さようなら」は『左様ならば(そういうことならば...)』が語源。悲しいけれど別れざるを得ない、そんな心情が表れている。

999シリーズは続編を望む声も多いかもしれないが、私はこの「さよなら...」で、さよならであるべきだと思う。エンディングで流れる思い出の名シーンと、メアリー・マッグレガーの歌う主題歌「SAYONARA」が涙を誘う。(TдT)

★個人的第4位
【シザーハンズ】1991年/アメリカ

奇才ティム・バートン監督のファンタジー映画。
両手がハサミになっている人造人間エドワードと人間の女性とのラブロマンス。こう書くとなんだかコメディのようだが(たしかにコミカルなシーンもあるが)漂っているのはティム・バートン監督らしい重い空気と、何ともやりきれないような孤独感。

エドワード役を演じるジョニー・デップの、あどけなくも悲しみに満ちた表情に心が痛む。同時に感じる人間のあくどさと浅ましさ。ラブロマンスとはいっても、ラストは決してハッピーエンドではない。
彼の境遇や身に起きた出来事が悲しいだけでなく、彼をもてあそぶ人間の愚かさを目の当たりにし、人間であることの悲しさをも感じてしまう。
私にしては珍しい、ロマンスものでの大感涙。(TдT)

ベスト3は明日にします。
なぁんか悲しくなってきちったなぁ~。(ノ◇≦。)
[PR]
by rukachas | 2005-02-04 23:55 | 映画の話 | Comments(0)
となりのトトロ
オフクロが何を思ったか「となりのトトロが見たい!」と言い出した。
今までも、孫たちがビデオを見ているときに片手間にチラチラと画面を見ることはあったが、まだ内容もよく知らないし、一度ジックリ見てみたいと言うのだ。
じゃあ今日の夜にでも一緒に見よう!ということになり、昔テレビ録画したはずのビデオテープを探してみた。
ところがこれが見つからない・・・というよりもいつの間にか無くなっていた。なんとなく、だいぶ前に妹にあげてしまったような記憶があるんだけど...。(-″-;)

幸いにも、去年テレビ録画した動画データ(MPEG2で録って3ivxでエンコード)をCD-Rに焼いたものがあったので、それをオフクロのiMacで再生してみた・・・が、どうしてもパワーが足りず、コマ飛び状態になってしまう。
仕方がないので私の部屋のMacで再生することにした。
コーヒーとチョコのおつまみで、急きょ始まったトトロのミニ上映会。(17インチモニタだけどね)

「となりのトトロ」の凄いところは、楽しめる年齢層が非常に広いということだ。
ディズニーにもそういうのはあるが、どこかストーリーにマニアックさがあり、万人向けとはいえない。趣味や性格に関係なく、誰もが共感できるのがこの「となりのトトロ」だろう。(たとえ外国人でも)
私のオフクロも、途中途中で「小さな頃ああいう井戸があった」とか「私もこういうことしてたよ~」とか、かなり懐かしさを感じていたようだ。

小さな子たちには、井戸や地蔵、森や田畑に囲まれた空間が異世界のように見えるかもしれない。
年配の方には、狭山丘陵の懐かしい風景の中で、トトロやネコバスが奇異に見えるかもしれない。
子供だから知らないもの。大人になって見えなくなるもの。
3世代が一緒に見て世代間のギャップを埋め合うことができるのが、このアニメの良さだと思う。

「となりのトトロ」は宮崎さんの作品の中で唯一、悪人がひとりも登場しないお話。善と悪の戦いで正義を学ぶのも良いが、戦いの無い世界に心地よさを感じるのも、また良いものだ。
[PR]
by rukachas | 2005-01-27 23:30 | 映画の話 | Comments(0)
子供が宝である理由
奇麗な瞳子供の良さってなんだろう?
私はキレイなところだと思っている。
この「キレイ」は、決して美人だとかハンサムだとかそういうことではない。Beautifulよりも、むしろCleanという意味に近い。

まず心がキレイ。少なくとも大人よりは。
しかしこれに異論を唱える人は多いでしょう。
『いたずらばかりしてちっとも良い子じゃない!』『子供って結構、悪いこと考えてるぜ』
そ~そのとおり。でもそもそも「心がキレイ = 良い子」って考えることが間違い。
心がキレイってことは純真てこと。純真ていうのは、混じりけがない、つまり自分の気持ちに素直に行動するってことなんだよね。その行動が善いことであれ悪いことであれ、その純真さが子供らしさなわけ。

でもこの純真さは、大人に近付くにつれ侵食されていくもの。小学校高学年ともなれば、純真さが残っている子もいれば、すっかり侵食され尽くした子もいる。
どれだけキレイを残せるかは、親の力量かもしれないね。また、そのキレイさを善いほうに活かしてあげるのは、大人たちの努めだね。

そして、肌がキレイ。大人も子供も毛穴の数は一緒だから、表面積が小さい子供のほうが毛穴の密集度が高く、肌がキメ細かい。
たとえアトピー肌だろうと火傷の痕だろうとキズ痕だろうと、大人にはないキレイさがある。一言でいえば新鮮さだろうね。

最後に目がキレイ。これは誰も異論はないでしょう。
小学生の甥っ子の目を間近で見たとき、宝石を見つけたインディジョーンズの気分になったよ。(^^)
[PR]
by rukachas | 2005-01-14 00:08 | 映画の話 | Comments(0)
A.I. 見たど~!
ハーレイ君今夜テレビでA.I.やってたんだねぇ。あのスピルバーグの。前半見逃しちゃったよ~。
まぁ前にビデオで見たからいいんだけど、この映画はマジで泣けました。(ノ◇≦。)

最初はママに愛されていたデイビッドが、新しい家族の登場とともに愛されなくなった。捨てられても、それでも最後の最後までママを愛し、愛されたいと願った。ママに愛されることだけをずっと夢見ていた。
母親が愛情を与えないというのは、男の子にとっては身を切られるよりもツライものです。

実はこのデイビッド役を演じたハーレイ・ジョエル・オスメント君て、私の5番目の甥っ子にそっくり。丸顔で前髪そろえてて、眉がさがってて、目も鼻も似てるし、いやマジでびっくりするくらい。だから余計にジーンときちゃった。
いやべつに甥っ子は、ママに嫌われてるわけじゃないですけどね。
ただ、ママが下の子(0歳)をあやしている時、このA.I.のデイビッドなみに悲しそうな顔をすることがあるんですよ。母親は男の子のそんな気持ちも汲んでほしいと思う。

この歳になると、涙もろくなってイカン。(TдT)
[PR]
by rukachas | 2005-01-12 23:48 | 映画の話 | Comments(0)