子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
髪の毛は当たり
at 2017-10-03 21:19
ゴクッと一杯!
at 2017-06-20 18:15
写真の挿入位置
at 2017-05-29 23:03
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
<   2005年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
愛想のパターン化
愛想私がバイク通勤している大通りにとある店があるのだが、そこでは道路端に毎日誘導員が立っていて、お客の車を駐車場に誘導している。しかし会社に向かう私から見ると店が左側にあるので、対向車が右折して入るために、この誘導員によってこちら側の車の通行を停められることがよくある。

まぁ一旦停止する程度だからさほど困りはしないが、ちょっと奇異に感じたのは、その誘導員が停車させた車列に「さぁどうぞ」と発車を促すときに、いちいち丁寧なお辞儀をするのだ。それも直立で深々と頭を下げ、3,4秒くらいかけるような実に几帳面なお辞儀だ。(お辞儀し終わるまではジャマで通れない)
何ごとも丁寧なのは見苦しいことではないし、悪いことではない。だがただでさえ道路工事が多く渋滞気味な通りなのだから、もうちょっと素速く対処してほしい。(ー"ー )

このお辞儀には「お停めして申し訳ございません」という意味があるのだろうが、実際にこの誘導員にそういう気持ちがあるかどうかは分からない。だがたとえあるにせよ、このてのエクスキューズはこの人がするべきことではない。つまり「車に停まってもらってそのあいだに客の車を誘導する」という仕事をこなしているだけなのだから、いちいち詫びのお辞儀などする必要はないということ。
もし誰かしら詫びる必要があるのなら、それは、客の車を入れるために他の車の通行を一時的に停めなければならないような、そんな場所に駐車場を設置した店側の代表がするべきだろう。

企業が市民に対し一歩引いた態度を示すことは、角を立たなくするためには良い。だが詫びの気持ちを持つべき人物が詫びず、直接関係のない人物がパターン化した詫びの表現をすることは多々あることだ。
住民に反対されそうな事(マンションの建設など)をするにあたって「ご迷惑をおかけします」などという状況説明のビラをあらかじめ配ったり、顧客対応のアルバイトが、さも企業の気持ちを代弁するかのようにマニュアル化した謝罪言葉をならべたり・・・。

世の中には社交辞令的な態度が溢れている。気持ちの通わない挨拶も溢れている。少しぐらいできないようでは世渡り上手にはなれないのかもしれないが、本心を無視した愛想のパターン化だけは、たとえ社会的に要求されようとも避けたいと、私は思っている。
[PR]
by rukachas | 2005-02-28 23:57 | Comments(0)
長男と末っ子
独り遊び金曜の夜から甥っ子5号くん(5歳)がうちにお泊まりしていたんですが、残念なことに土曜日はかなり強い風が吹き荒れており、一日中家の中で過ごしていました。同年代の子がいるわけでもなく、オモチャがあるわけでもない。小さな子供は他人の家ではさぞや退屈でしょうね。

ところが5号くんは極めて建設的な子。自分から「何か楽しいことをしよう!」という気を起こす子で、私やオフクロが忙しくて遊んであげられないときでも、そこにあるものを使って自分で何かしら独り遊びをしています(大人が目を離しているわけじゃないですよ)。退屈だからといって人に依存ばかりはしていない子。
幼い頃の私がそうでした。今でもオフクロがよく言うのは、ひとりで遊んでいる私に「つまんない?」と訊くと「つまる~」と言ってもくもくと何かをしている子だったそうです。
私も5号くんも妹がいる長男。たしかスポーツチームの監督には長男が多いという話を聞いたことがありますが、自分から物事を統率したり、あれやこれやと試行錯誤する人は、長男長女に多いのかもしれません。

5号くんは、今日の昼にパパが迎えにきて、東京へと帰っていきました。しかしバトンタッチをするかのように、今夜もうひとりの妹が甥っ子4号くん(8歳)を連れてきました。明日どうしても用事があるため、オフクロたちにみていてほしいとのことで・・・。

4号くんは、退屈さへの反応に関しては5号くんとはまるで正反対。いつも人が遊んでくれるのを待っている子で「つまんないよ~」と言って泣いてしまうことさえありました。つまりは独り遊びができない。
4号くんは4人兄弟の末っ子ですが、私の末の妹も幼い頃はそんな子でした。物心ついたときから兄や姉がいて、遊びも上から提供されることが多い中で育ってきたため、ひとりになったときにどう遊んで良いのか分からなくなってしまうのでしょう。まさに末っ子らしさですね。
もちろん長男だから末っ子だからといって、必ずしもこうだとは限りませんが。

4号くんは先ほど私とお風呂に入って、ガンダムのオモチャで大はしゃぎ。10時半頃ふとんに入り、しりとり遊びをしているうちに眠ってしまいました。(^-^)
どちらの子も私と遊ぶのを楽しみにしているので、来たときは極力時間を作ってあげるようにしています。個々の性格の違いがよく分かるし、子供と遊ぶのって色んな意味で面白いですね。(〃゚▽゚〃)
[PR]
by rukachas | 2005-02-27 23:54 | 子供の話 | Comments(0)
枯れた木々を見上げて...
c0039181_22192211.jpgうちの近所にはまだこんな風景がある。
近所といっても1kmほど離れているが、ぶらりと散歩するには良い距離だ。
ここには枯れ木が群れている。
寒空に肌を痛め、排気ガスに咳き込みながらも、気丈に優雅に生きている。

木々にはひとつとして同じ形のものは無い。だがこれを自然と呼ぶのには無理がある。
この木々は元々ここで生まれたのではない。人の手によってここに等間隔に植えられ、その瞬間から逆にここでの存在理由を植え付けられた。
春になれば深緑の葉を身につけ、家族連れや子供たちに憩いの場を提供するだろう。
だが動くことも許されず、居続けることも許されない木々たちは、さしずめ動物園の動物たちのよう。

c0039181_22193031.jpg広場の中程にテーブルとイスが備えてあった。
木材を使った手作り品かと思っていたが、近付いてよく見たらイスは表面を加工してある合板。
テーブルに至っては、木の切り株に似せてあるだけのものだった。(材質は何?)

管理された森や林は自然なままに見えても、実は作られた風景であることが多い。
あたかも食品売り場にビタミン剤が並ぶかのように。
[PR]
by rukachas | 2005-02-26 22:21 | 動植物の話 | Comments(0)
ドリーム&ドリーム
夢の世界「夢」という言葉には、寝ている時に脳内で見る映像と、将来こうなりたいという願いの両方の意味がある。
英語でも同じようにこのふたつをDream(ドリーム)と言うが、かたや睡眠中脳内に勝手に流れる映像、かたや将来への希望、願望。あまり共通点のないこのふたつの事柄に、同じ名前を割り当てているのは何故なのだろう?
寝ている時に見る夢は、人の願望をあらわすことが多いということか?それとも、一攫千金やアメリカンドリームのような夢を持っていても、所詮は睡眠中の夢のように儚いということなのか?

私にとっては願望としての夢よりも、普段の睡眠中の夢の方がより身近に感じる。というのも、私の見る夢はとにかくリアルだからだ。
色のある夢を見たことがないという人もいるが、私は子供の頃から総天然色。しかも色だけでなく、明るさも音も匂いも味覚も触覚もある、ほとんど現実と変わらない夢ばかりだ。あまりに現実的なので、夢の中でこれは夢なのかどうか悩むことさえある。「これって全部夢だったりして、なぁんて、まさかね~」なんて思ってたらハッと目が覚めて「なんだよ、夢かよ~」って思ってるような夢を見ている、という夢を見ていたり・・・。ちょっと極端だがそんな感じ。「エルム街の悪夢」というホラー映画があったが、それに近い感覚がある。

もう随分と前だが、こんなことがあった。その日、夜遅くまでMacに向かっていたら、スウッと吸い込まれそうな眠気に襲われた。たまらずMacの電源を切ってすぐさまベッドに倒れ込み、そのまま眠ってしまった。
しばらくしたら目が覚めたので、そうっと薄目を開けてみたら、消したはずのディスプレイが点いたままになっている。「あれぇ~おかしいなぁ?消し忘れたのかなぁ?」と思ってベッドからムクッと起き上がり、机の前まで行ってディスプレイのスイッチに指をかけて、今度こそ電源をOFFにした。
・・・と、まさにその瞬間、もういちど眠りから覚め、自分はベッドの上。目を開けて机のほうを見たらMacもディスプレイもちゃんと消してあった、というわけ。もうどこからどこまでが夢だったのか?実際にした行動を夢として記憶してしまったのか?とにかくわけがワカラン出来事だった。
子供のころからデジャブーも何度もあったので、感受性が強いのかもしれない。

しかしこんな私でも、夢では未だかつて一度も見たことのないシチュエーションがある。それは、自分を客観的に見ている夢。つまりビデオで撮った映像のように、自分自身の姿を見ている夢だ。これはさすがに経験が無い。
これを現実に当てはめると「自分を客観視できない人」ということになるが、私は逆に、いつも人がどう感じているかを考えてばかりいるので、もしかしたら夢と現実の姿は正反対な関係にあるのかもしれない。

ということは、睡眠中の夢が超リアルな私は、願望としての夢は現実感が希薄ということか。
なるほど、このままではいけないな。映画「マトリックス」のネオのように、夢の世界でリアルな自問自答でもしてみようか・・・。
[PR]
by rukachas | 2005-02-25 23:55 | Comments(0)
毎日シャッフラー
c0039181_23321230.jpgiPod shuffleを使い始めて1週間が過ぎた。十分にいじくり回して使い込んだ結果感じることはこの一言・・・「もう手放せませんっ!!」
家の中でも、Macの前に座っているときでさえも使うことがある。こんな無意味なことをしてしまうのも、それだけiPod shuffleが手軽だからに他ならない。ごく当たり前に身に付けることができる小ささの恩恵とは、これほどまでに大きなものだったのか。

もともとiTunesとiPodのコンビネーションには、他のプレーヤの追随を許さない力があったのだが、機能を大幅に削ることでボディを小さくし、そこにシャッフル再生というコンセプトを当てはめるという発想自体に、他のメーカーはさぞ驚いたに違いない。
だが発表時は懐疑的な人も少なくなかった。「容量がたった1ギガ?」「ホイールはどうした?いやそれ以前に液晶がないじゃないか」「好きな曲を聴きたいときはどうするんだ?」
ところがフタを開けてみたら世界中で注文殺到。iPod shuffleが人々の需要にピッタリとマッチしたわけだ。

どんな人たちのどんな需要だったのか?それは私と同じく普段音楽をBGMとして聴いている人の、好きな曲を外でも聴きたいという需要。
だから「好きな曲を聴きたいときはどうするんだ?」という疑問には「選曲なんてしないよ、だって全部好きな曲だも~ん」という答えになるわけ。何日も家を空けて旅をするわけじゃないんだから、持っている曲を全部入れる必要などないし、むしろ気分や出先によって転送するプレイリストを使い分けるといった面白みがある。

私がポータブルプレーヤを手にするのは初めてではない。20代の頃はカセットテープのウォークマンを愛用していた。大きさがカセットケースとほぼ同じになった頃だ。テープなので当然ランダムプレイなど無いし、テープが終われば入れ替える必要もある。しかし当時はそれが当たり前だったし、とくに不便は感じなかった。多少重いのが難点だったけどね。
MD世代の人たちには、プレーヤの大きさ重さ、カセットテープの融通の利かなさはきっと歯痒く感じるだろうねぇ。

30代になったあたりから外で音楽を聴くことはほとんどなくなり、このての商品とも疎遠になっていたのだが、いつぞやのiPodの登場は衝撃的かつ魅力的だった。ただ、自分の需要を満たすためにしては少々値が張ると感じ、躊躇したまま早数年。iPod miniでさえも3万円近いし(New iPod miniは21,800円から)ただBGMとして聴くだけの私にはいらない機能がありすぎた。
そんな中登場したiPod shuffleはまさにオーダーメイドのよう。こういうプレーヤが欲しかった。気軽に買える値段、気軽に変える毎日。

具体的にはどう変わったかというと、昔のウォークマンはポケットに入るほどの大きさでは無かったので通勤中にしか使わなかったが、iPod shuffleはとにかく小さいので仕事中も(聴けるときは)聴くことができる。仕事の効率も上がった気がするし、なにより疲れにくくなった。いやマジで。
そして家では、転送する音楽をiTunesで選別する行為によって、音楽を再発見すると同時に自分の好みを再発見することもできた。

使いやすいiTunesとiPodを提供しているAppleにはホント感謝だが、「音楽を携帯する」というコンセプトのマシンを最初に発明したソニーにも敬意を表したい。
[PR]
by rukachas | 2005-02-24 23:32 | iPod&iPad&iPhoneの話 | Comments(0)
K-1ワールドMAX を見て...
K-1今夜はTBS系で「K-1ワールドMAX」が放送された。
日本代表決定のためのトーナメントなのでイベント的に小粒なのは否めないが、山椒のようにピリリと辛い部分が少しは欲しかったなと思う。

今回もまた(と言うとファンに怒られそうだが)頭をひねってしまいそうなジャッジと、選手棄権のハプニング。
まず2日前に山本KIDの棄権で「えぇ~!」 小比類巻 VS 安廣の試合の判定で2度目の「えぇ~!」 武田がスネの怪我で棄権して3度目の「えぇ~!」 そして決勝戦のノックアウトシーンでとどめの「えぇ~っ!!」(@o@;)

1回戦の小比類巻 VS 安廣の試合は、どうみても安廣選手の勝ちだよねぇ?延長が終わった時点で「コヒ消えた~!」って思ったよ。なるほど・ザ・ワールドで愛川欽也が机を叩くときのように。(たとえが古くてスマン)
まぁ我々素人がどう思おうが、判定は奥が深いんだよ~と言われりゃそれまでだが、実際会場も大ブーイングだったみたいだし、なんだかなぁ。ヽ(´・`)ノ
その後武田も棄権して、リザーバーの新田に勝った小比類巻が優勝したわけだが、ん~シナリオがあるとは言わないけれど、もしあるならせめて真っ白なノートにしてくださいよ。選手が書き込めるようにね。

今回の放送は特別試合の2試合に救われた感じだ。クラウス VS プアカーオはちょっと単調だったが、それなりに見応えはあった。
宇野 VS イルマッツは寝技30秒限定ルールとはいえ、総合ルール初試合のイルマッツのほうがかなり分が悪いはず。ところが意外や意外、倒されてもすぐに起き上がるし、途中では宇野のバック取ってたからねぇ。結局は何もできずに負けたけど、トルコの鳥人の思い切りの良さに拍手!
それにしてもイルマッツって、いくらプロの試合をしても未だにプロフィールに「アマチュア150戦150勝」って書かれてんだね。

放送中に関東で地震があった。
ちょうど村浜がHAYATOにハイキックを当てた瞬間にグラッときたので、一緒に見ていたうちの親父が「凄いキックだな、テレビも揺れてる」と思ったとか思わないとか...。(´Д`)
[PR]
by rukachas | 2005-02-23 23:59 | スポーツの話 | Comments(0)
PRIDE 29 を見て...
ミルコ今夜フジテレビ系で放送された「PRIDE 29」・・・相変わらず虫食いのような番組構成がちょっとねぇ。
日曜日にやった試合の録画放送なのでイイトコ取りなのは分かるんだが、トムエリクソンとホジェリオの2試合がカットなのはなんでやねん!ジャクソンの試合がダイジェストなのはなんでやねん!小池栄子が目立ち過ぎなのはなんでやねんっ!ヽ(`Д´)ノ

しかもミドル級の過去のVTRが長過ぎだよ!名場面を見せてくれるのはイイが、連続22分間も流す必要があるのか?(4月に開幕するPRIDEミドル級GPの宣伝も兼ねているんだろう)
番組はCM抜いて実質100分程度だと思うけど、そのうち22分も過去のVTRに割いて、おまけにタレントのしゃべりは長いし、そんな時間があるなら2試合もカットすんなよ~ってカンジ。ダイジェストでイイから見たかったなぁ~、ホジェリオの試合。
スカパーだったら生で全部放送して・・・な~るほど、完全版見たかったらスカパー入りなさ~いってことね。このぉ商売上手!財布がスッカパ~じゃなかったら入ってやるさっ!ヽ(`Д´)ノ

ところで試合の感想を一言ずつ。
『◯ 中村 和裕 VS ステファン・レコ』
レコはいったい何を考えてPRIDEに参戦しているのだろう?
『横井 宏考 VS マリオ・スペーヒー ◯』
これは見せ場の多いイイ試合になるんじゃないかと思ったんだけど・・・。
『金原 弘光 VS マウリシオ・ショーグン ◯』
実力差あり過ぎ・・・に見えた。
『◯ 田村 潔司 VS アリエフ・マックモド』
アリエフ無駄な動きが多すぎ。カウンター狙いやすい人だなぁ。まぁ田村が狙ったとは言いませんけど。(^^;)
『高橋 義生 VS イゴール・ボブチャンチン ◯』
ボクシングテクニックの差、それだけ。
『◯ セルゲイ・ハリトーノフ VS チェ・ム・べ 』
これもテクニックの差なんだけど、チェ・ム・べはやっぱりプロレスラーだな~。負けたってことじゃなく、試合のスタイルがね。
『◯ ミルコ・クロコップ VS マーク・コールマン』
ん~なんかコールマンらしくない試合だった。確かにミルコは上手かったけどね。それと、ミルコは左手の爪切ったほうがイイと思う。

格闘技は奥が深いよぉ~。格闘技界はもっと深いらしいけど。
(* ̄∇ ̄)-○))~~~~~~Ю ☆)゚o゚)/明日はK−1
[PR]
by rukachas | 2005-02-22 23:58 | スポーツの話 | Comments(0)
日記はドキュメンタリー
日記帳久々に日記を書いてみよう。
『今日は、え~と・・・起きてからメシ食って、バイクで会社まで行って、仕事が終わって家に帰ってきて、またメシ食って、Macに向かってブログ書いて・・・(-″-;)』

毎日毎日代わり映えのない生活を送っていると、日記の題材なんてそうあるもんじゃない。子供でもいれば今日はこんな事をしゃべったとかこんな仕草をしたとか、ネタには困らないだろうけどね。パパさんママさんがうらやましい。
・・・ってことで私に日記はムリ。週記、下手すりゃ月記になってしまう。だからこんなコラムのような雑記のようなものにしたのだが、本来のブログの姿からは外れているのかもしれない。

正統派のブログを多々見てみると、ニュースサイトなどの気になる記事にリンクを張って、様々なネタを紹介している。中にはネタを見つけるためのブログも存在するくらいだ。
そのネタについて自分の意見を述べているブログもあれば、ほとんど紹介ページと化しているブログもある。見るほうからすれば関連記事をハシゴして行けるし、ブログの利点てこういうことなんだろうね。

ただ私自身は、他の方のブログを見る時にはちょっと違うものを求めていた。単なるネタ紹介ページでは、情報がそこを素通りしているだけだし、自分に関係のないネタまで紹介していては、まるで情報の販売店のようだとは言えないだろうか。
私は書き手自身が情報のスタート地点になっている記事が読みたかった。AさんBさんが書いたニュース記事よりも、AさんBさん自身について知りたいのだ。有名無名など関係なく、情報発信源に対する純粋な興味だ。

だから日記が面白い。この世でもっとも面白い記事は個人の日記。変化に富んだ人生を歩んでいる人は、小説の原作者にも成り得るだろう。単調な日々を送っている私には真似のできないことだ。毎日日記を更新している人に敬服!m(_ _)m
[PR]
by rukachas | 2005-02-21 23:58 | Net&Webの話 | Comments(0)
数字と色の関係
色、いろいろ唐突だが「あなたにとって1は何色? 3は何色? 6は? 8は?」
いきなりこんなことを訊かれたら誰だって戸惑ってしまうだろう。
今日はイメージのお話。

イメージや印象というのは不思議なもので、何の理由も無いのに(あるいは意識をしないのに)頭の中で勝手に関連づけてしまうことがある。パッと人を見て、この人は頭良さそうだな~とかケチそうだな~などと思ったり、この服にはこの靴が似合いそうだな~とか。
人はイメージがあるからこそ、人や物により興味を持てるのかもしれない。

人や物体に関しては実際に目でフィードバックできるので、自分の好みや性格、記憶や体験などを踏まえて自分なりのイメージを掴みやすいけれど、物体として存在しないもの(音や色など)に明確なイメージを感じられる人は、いったいどれくらいの割合でいるのだろうか?
というのも、私の周りでも漠然としたものに対するイメージがハッキリ感じられる人と、あまり感じられない人とがいるからだ。そこで最初に「この数字は何色?」という質問をしたわけ。あなたはどう?

私も0~9全ての数字にイメージを感じるわけではないが、私にとっては2は赤、3は緑、5は茶色、7は黄、8は紫かな。これは子供の頃から当たり前のように感じてきた。
もちろん人によってまるで違うし、またそう感じる理由も違うだろう。無意識のうちに数字の形から連想しているのかもしれないし、「さん」とか「なな」といった言葉の響きの影響かもしれない。まぁなんにしても、それぞれの脳の個性とも言えるかもね。
「え~3が緑ぃ?3はどう考えても青じゃん!」「何言ってんの?3はピンクでしょ!」なんて感じで人それぞれが当たり前だけど、同じ色をイメージする者同士で集まったら、他に共通点があったりして、無かったりして・・・。

数字と色はひとつの例ではあるけれど、こういうイメージをまったく感じない、というか理解できないという人もいる。
人の脳のうち一般に左脳は言語脳といわれ、言葉の理解や数学的な計算をこなす脳。反対側の右脳は音楽脳といわれ、音楽や絵、空間認知などのイメージ的な処理をこなす脳。実際にはどちらも片方だけで行われているわけではないが、その人の得意分野によって左脳派、右脳派と分けることはできそうだ。漠然とした物に漠然としてではなく明確なイメージを感じる人は、やはり右脳派に多いのかもしれない。私はおそらく右脳派なのだろう。

こういう問題が小中学校でテストとして出たらきっと面白いだろう。あまり答えの無い問題ばかりだと性格診断や適性検査のようになってしまうが、「ソフトクリームの性別は?」「ビックリという言葉は何色?」なんていう問題があったら、子供の頃の私ならきっとテスト用紙の裏にまでビッシリと答えを(考えを)書いたろうなぁ。( ̄ー ̄)y-~~~~

ところで・・・知っている人は知っていることだが、じつは数字と色の関係はある規格ですでに決められているのだ。
電気製品の基盤をみたことがあるかな?小さなパーツがハンダ付けされている緑色のボードだ。そこに米粒のような「抵抗」と呼ばれるものが付いているが、その抵抗にはカラーコードと呼ばれる色の線が描かれていて、この色で抵抗値が分かるようになっている。
描かれている線の左側2本が数値、3本目がその数値の後ろに付く0の数、4本目が制度(誤差)を表している。日本工業規格(JIS)が定めた数字と色の関係は次のとおり。
0=黒、1=茶、2=赤、3=橙、4=黄、5=緑、6=青、7=紫、8=灰、9=白

私は子供の頃から電気関係が好きだったので、カラーコードも中学生の頃には知っていたが、私がイメージする数字と色の組み合わせとはまるで違うので最初はなかなか憶えられなかった。
イメージに縛られてしまうと、かえって真実が見えてこなくなることがある。政治、社会、宗教、教育、その他もろもろすべてに言えることだろう。
偏った見方、人はそれを「色メガネ」という。
[PR]
by rukachas | 2005-02-20 22:00 | 言葉の話 | Comments(2)
とにかくダル眠い...
眠いよぉ〜今日は未明から雪が降り、昼間は雨に変わった。夜になった今もなお、冷たい雨が降り続いている。
ここ数週間、週末になると天気が崩れだすので困ってしまう。バイク通勤の私としては、平日に雪になるよりはマシだけどね。

朝方、急に冷え込んだせいだろうか?今日はあまり体調が良くない。今現在も頭がボウ~ッとしている。風邪や熱ではなく単に寝不足かもしれないな。やたらとあくびが出るし。
今日ばかりは、いつものコーヒーでもユーロビートでも覚醒できない。

毎日夜になるとMacに向かい、思うことをブログに書くのが日課になっていたが、さすがに今夜はグロッキー状態でバタンキュ~!(ダブル死語だな)
何も考えずに布団に倒れ込みたい、そんな気分だ。

内容が無いのに更新するなよ!って声が聞こえてきそうだが、まぁ一個人の雑記だからね。惰性惰性。たまにはこんなのもあるさ。(^^;)

あそうそう、惰性といえば・・・とつい長々と話を続けてしまうのが私の悪いところ。今日はこれくらいにしてグッスリ休もう。
明日は晴れるとイイなぁ・・・グー…( _ _).,oO
[PR]
by rukachas | 2005-02-19 22:06 | Comments(0)