子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
VISAデビットカード と ..
at 2017-01-14 22:25
ピンタレスト
at 2016-12-14 23:08
ブラックテレホンナンバーワン
at 2016-10-13 01:29
写真フィルムのスキャン その3
at 2016-09-02 12:35
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
<   2005年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
迷惑メールいらんがな (´・ω・`)
ポストと展望台世界中で問題視されている迷惑メール。うろ覚えだが、たしかアメリカだけでも1日10億通近い迷惑メールが飛び交っていると、どこかで読んだ気がする。
エロサイトの宣伝や、ワケのワカラン商品を買わせようとするスパムメールは私にもよく来るが、大部分は転送サービス側でフィルタリングしているし、ウイルスが添付してある、または感染しているものもプロバイダ側で削除しているので、実際に私のパソコンに届くものはかなり少ない。
だが最近はあからさまな広告よりも、一般人のふりをして返信を誘ったり、特定のサイトに誘導しようとする巧妙なメールが増えてきた。これはタイトルや本文ではフィルタリングしにくいので、実際に読んで判断するしかない。ま、ほとんどゴミ箱行きだけどね。

Eメールは送信者が特定されにくいので、スパムや犯罪まがいのメールが飛び交っている。紙の手紙なら、誰が出すのかポストを監視することもできるだろうけどね。(写真は、千葉県銚子市犬吠埼の、展望台とポストのある風景。フリー写真素材より)

最近来たおかしなメールの一部を紹介。アドレスなどを伏せているけど、同じようなメールが来た人多いでしょ?

2005年6月4日「引越ししてきたのでH友達からお願いできますか?」
nozomi***@yahoo.co.jp
準備いろいろありすぎて大変だったけど、無事引越しも終了したし、新しい仕事も任されて気合入ってますっ!!やるからにはNO.1目指さなきゃ!・・・って私はこれからこっちで美容系の店長(雇われだけどねw)になる、23歳のぞみと言います。(以下略)

エロイ話すりゃ引っかかると思ってるところが甘い!( ̄ー ̄)y-~~~~

2005年6月17日「わかりますか?」
***daisuki***@yahoo.co.jp
アドレス変わりました。私わかります?メール下さい。

わかりますよ。いろんな人に同じ文面で送信してる人でしょ?

2005年7月23日「会員の皆様への御連絡です」
***@***puff.com
以前のご登録真にありがとうございました。番組をリニューアルしてのお知らせです。今流行の動画コンテンツ充実!!韓流!?最新情報がわかる、『***通信』をお届けいたします。20歳未満、興味の無い方は削除お願い致します。

アダルトサイトのようだが、私はこんなところの会員になったことは無い。不特定多数に出しておきながら「会員の皆様へ」だなんて、受け取る人によっては家族間のトラブルにもなりかねない。まさに迷惑メール!

2005年7月23日「お分かりになりますでしょうか?***です。」
***@***.cx
ご無沙汰しております。***と申します。このメールは、以前当グループに登録されたお客様へ配信させて頂いております。(以下略)

どうやらエロ系出会い系サイトのようだが、これも上と同じく、私は登録なんてしていませんてっ!誰かが私のメアドで登録した可能性もあるが、今まで一度も来た事がないのに「ご無沙汰しております」だものなぁ、いいかげんだね。

2005年7月24日「わかりますか?」
***daruma@yahoo.co.jp
アドレス変わりました。私わかります?メール下さい。

6月17日と同じ文面。どうしてアドレスころころ変えるの~?メール返信するとその後どうするのか知りたい気もするが、まぁ放っとくのが吉。

いきなり送ってきて、配信を停止したい方はここへ返信してだとか、ここへアクセスしてなんて文面をよく見るけど、決して反応してはダメ。身に覚えの無いメールは無視が基本。

このような勧誘(?)はメールが多いが、最近はそちこちの掲示板に書き込まれるケースも多くなってきた。アダルトサイトの宣伝だけでなく、中には得体の知れない儲け話も。
「初めまして~♪」とさも親しげに挨拶してはいても、そこは勧誘員の営業スマイルよろしく、アリ地獄へと引き込む第一段階だったりするわけだ。書かれたリンク先を訪ねると「私もこんなに儲けました」「幸せになりました」と、まるで宗教のパンフレットのようなセリフとともに、オイシイ話がズラリ。

いかにも幸運を得た体験者であるかのように振る舞って、商品なり権利なりを買わせようとしたり、会員にさせようとする手法は大昔からあった。いわゆるサクラというやつだ。振り込め詐欺と同じく、こんなものに引っかかってしまう人がいるから、フィッシングまがいのメールも掲示板への宣伝書き込みも後を絶たないんだね。

お、今日もまた見知らぬメールが・・・なになに、「◯◯子です、おぼえていますか?」
ダレやねん、知らんがな!ヽ(`Д´)ノ
[PR]
by rukachas | 2005-07-26 22:46 | Net&Webの話 | Comments(0)
自分の「欲」をよくよく見れば...
強欲人間には様々な「欲」がある。事を成し遂げようとする気や向上心のような意欲もあれば、他人を出し抜いてまでも得ようとする私欲もある。
私は欲深いほうなのか?それとも欲の無い人間なのか?他人から指摘されないとなかなか気付かないものだが、あえて自分に巣食う「欲」を眺めてみた。星の数は主観的だが、その度合い。

【物欲】★★★・・ 星3つ
私は子供の頃から、遊戯施設で遊んでも映画館で映画を見ても、どこか物足りなさがあった。「楽しいけれど、所詮は自分の物ではない」と。物欲というか所有欲というか、私は好きになった物に関しては、この欲が強いのかもしれない。しかしだからといって、所有物が多いわけではない。所有したいと思う気持ちは強くても、そう思う物の数は他人よりもずっと少ない。高級か低級かも関係なく、思い入れた物は人一倍大切にする。

【金銭欲】★・・・・ 星1つ
私はあまりこの欲が無い。ささやかな庶民の生活と、ささやかな趣味を得られる金額さえあれば、それ以上の金はいらない。たとえまかり間違って大金が転がり込むようなことがあったとしても、私はそのほとんどを恵まれない子供たちに寄付するだろう。少なすぎる金は人の生活を貧しくするが、多すぎる金は人の心を貧しくする。自分の心と引き換えにしてまで得たい金など、あるはずがない。

【食欲】★★・・・ 星2つ
食欲が旺盛だったのも十代まで。今は常に腹八分目の生活。それでも30代から腹が出てきたが、これは年相応だからしょうがない(^_^;)。グルメでもないから大抵の物は美味しく感じるが、食べる事に卑しいタイプではない。一粒の米であれ、食せることがありがたい。

【飲欲(酒欲)】・・・・・ 星なし
たぶんこんな言葉は無いだろうが、食欲に対しての飲欲。酒などを飲みたいと思う気持ち。私は酒が苦手なので、ビールのCMがこっけいに感じる。夏の暑い日などは、たまに冷たいコーラをグイッと飲んでみたいときもあるが、酒好きのように飲む行為で時間を潰したいとは思わない。意識をハッキリとさせておくためにも、酒は百害あって一利なし。

【性欲】★★★・・ 星3つ
これは自分ではよくわからないが、多分人並みだろう。ただし興奮よりも感動が先にくるタイプなので、客観的にはかなり淡白だと思う。性を人間愛として捉えたほうが、愛情がわくタイプかも。

【睡眠欲】★・・・・ 星1つ
眠くて眠りたいと思うことはよくある。しかし横になってもすぐには眠れない性質で、寝付くまで1時間は、頭の中を様々な光景が駆け巡ってしまう。眠りから覚めたときも、いつまでも眠っていたいと思うことは決して無く、どちらかというと万年寝不足気味。

【時間欲】★★★★★ 星5つ
この気持ちは人一倍あると思う。1日が24時間ではとても足りない。せめて36時間は欲しい。万年寝不足気味なのもこのため。悔いの無い毎日は、とても手間がかかるもの。

【知識欲】★★★・・ 星3つ
モノによるかな。興味のある物とそうでない物との知識差が激しいかもしれない。詰め込んだ知識よりも、発想やそれから受ける感情を重視するタイプなので、知らなくてよい事まで知ろうとは思わない。

【田舎欲】★★★★・ 星4つ
子供の頃育った、森や林、土や草花に囲まれたのどかなイナカ町。そんな自然の多い町でもう一度暮らしたいという願望は常にある。老後は東北の田舎町で、自分が食べる分の野菜でも作りながら、質素ながらも充実した生活を送っていきたい。電話さえ通じれば、とりあえずネットもできるからね。(快適ではないだろうが)

以上、こんなふうに、自分は何に欲深く、何に欲がないのか、改めて考えてみると面白いと思うよ。遠い道の向こう側が見えてきたりしてね。(^-^*)
[PR]
by rukachas | 2005-07-24 21:17 | Comments(0)
夏休みに子供たちは...
夏休み昨日は上尾市の夏祭りだった。駅前のロータリーには、町内各地の神輿やパレードの一群が所狭しと集まって、威勢の良いかけ声をあげていた。沿道のギャラリーには浴衣を着ている女の子や、ハッピや半天を着ている男の子も多かったが、祭りの参加者に子供の数が少なかったのがちょっと残念。

ところで、もうすぐ全国の子供たちは夏休みに入る。おそらく8月頃には、私の甥や姪たちもやってくるだろう。6歳の甥っ子5号くんの妹はまだ赤ちゃんなので長期のお泊まりはできないが、5号くんと9歳の4号くん、そして4号くんのお兄ちゃんお姉ちゃんは、イナカへのお泊まりを楽しみにしていると思う。
私にとっての甥や姪、親父とオフクロにとっての孫たちは、私たちの活力源になっている。来たら来たで決して楽ではないのだが(気が抜けないという意味で)、子供たちの元気な姿が見られ、コミュニケーションがとれるからこそ、こちらも元気でいられるのだ。

私も盆休みまではゆっくりできないが、子供たちが来たら連れて行こうと、予定していることが2つある。ひとつは、みんなで遊園地に行くこと。ママの話だと、5号くんは小さな頃ディズニーランドで怖がって大泣きしたことがあるらしいが、もう6歳なのでたぶん大丈夫だろう。それに、大人の中に子供が自分だけだったときと、子供たちが複数いるときでは、楽しみの度合いも違ってくるはず。3つ上の4号くんとともに、また新しい経験を積んでいくことだろう。

そしてもうひとつの予定は、丸一日公園でゆったりとピクニック気分で過ごすこと。公園といっても遊具しかないような小さな公園ではなく、芝と木々が広がっている広い自然公園。上尾市だと、荒川沿いにある丸山公園が良さそうだな。そこで一日、自然を満喫しながら色々なことを学ぼうじゃないか!というイベント。
まぁこちらは遊園地と比べてかなり安上がりだが、楽しいことは山ほどある。頭の中に詰め込める思い出の量はハンパじゃないぞと。(^-^)
丸山公園には大きめのジャブ池と滝、長い水路があるので、夏場はたくさんの子供たちが入って遊んでいる。5号くんと4号くんのお母さんには、来るときに子供たちの水着を持ってくるようにと言っておこう。

アウトドアに長けた人がひとりでもいれば、川辺で釣りしたり山でキャンプしたりもできるんだけど、まぁとりあえずは遊園地と自然公園かな。
ただ、自然のあるところで一日のんびりと・・・という過ごし方は、都会に住んでいる妹や妹のダンナにはツライかもしれない。時間がもったいなく感じてしまうかもしれないね。いちおう退屈しないように、ビーチボール、テニスラケット、フリスビー、水鉄砲、虫取り網、その他もろもろ、駅前のデパートでそろえておこうとは思っている。あれも楽しそうこれも楽しそうと、いっぱい買ってしまうかも。

でも本当に大切なのは持っていくモノの量じゃなく、頭に詰め込んで持ち帰る、思い出の量だよね。(^-^*)
[PR]
by rukachas | 2005-07-18 20:59 | 子供の話 | Comments(0)
旧iMacのメモリ増設とPantherインストール
c0039181_2241311.jpg昨日の続き。
MacOS 10.3 Pantherは確かに快適だった。OS X(オーエステン)特有の楽しいエフェクトやギミックを残しながらも(さらに増えていたね)10.2 Jaguarよりも数段軽いOSに仕上がっていた。機能的にもファイル管理がしやすい方向で進化しており、バージョンアップの意味は十分あったと思う。私は中古で1万円しないで買ったが、これなら定価14,800円も決して高くはないと感じるほどだ。10.4 Tigerがこのへんどうなのかは、もう少し利用者の声を聞いてからにしてみたい。

で、このPantherなら、私の部屋の隅に置いてあるサブマシン、iMac 350MHzでもそこそこ使えるのではないかと・・・。
サブマシンとはいっても、ほとんど使うのはウェブの観覧とテキスト編集、iTunesでの音楽鑑賞、それにチビッコたちのゲームくらいだった。なにしろ古い機種なので、OSはMacOS 9.2。OS 9以下を使う分には速度的に問題ないし、ウェブもIEを使わなければ快適に見られる。以前「WaMCom 1.3.1」というウェブブラウザを紹介したが、これを使うようになってからはさらに軽くなった。
ところがOS 9はやはり旧OSだけあって、OS Xがメインの今となっては不便さも感じてしまう。利用できないサイトがあったり、JAVA周りが不安定だったり。とくにMPEG4やWMV9など、動画の非対応さが大きなネックだ。だがこれがOS Xになるとかなり自由度が広がる。クロックなりの速度だとは思うが、メインのG4と同じ作業ができるわけだ。

ではさっそくこいつにPantherをインストール・・・といきたいところだが、その前にメモリの増設。この機会にパワーアップしてやろうと思い、256MBのメモリを2枚買っておいた。現在の128MBから一気に512MBへアップ。OS Xはシステムだけでも256MBは使うからね。ついでに内蔵電池もヘタってきたので、これも交換することにした。

リビジョンDよりも後に発売されたiMacは、メモリの交換がしやすくなっている。本体をひっくり返すと中央に留め具があるので、それをコインなどでひねるとフタが簡単に開く。そこからメモリを刺すだけ。買っておいた256MBのメモリを2つ刺した。(上の写真)
それにしても、メモリも昔に比べるとずいぶんと安くなったとはいえ、こんな小さなボードが1枚1万円ほどもするんだから驚きだね(モノによるけど)。私が左手で持っているのが取り外した64MBのメモリ。今まではこれが2つ刺さっていたが、このiMacはスロットが2つしかないので、取り外した128MB分がムダになってしまった。ヽ(´・`)ノ

c0039181_22401279.jpgメモリの交換はこれでOKだが、内蔵電池の交換は底を丸ごと外さないとできない。上の写真の赤丸の部分のネジ2本と、矢印の部分のフタを外すと現れるネジ2本、計4本のネジを外すと筐体の白い底がそっくり外せるようになる。外すときに組まれた部分がバリッと音を立てるが、めったに割れることはないのでたぶん大丈夫(保証はできないけどね)。中に金属のシャーシがあるので、それもドライバーで取り外す。
筐体の底と中の金属シャーシを外すと基盤が現れる(左の写真)。赤い丸の部分が内蔵電池で、この電池が無くなると日付が狂ったり一部の設定が記録されなかったりする。このiMacはどうやらスッカラカンになっていたようで、今まで日付が狂うことがよくあった。日付だけでなく安定性にも関わることなので、内蔵電池がヘタってきたら早めに交換しよう。付けるときはプラスとマイナスの向きを間違えないように。
とはいってもこの電池、普通の電気屋じゃなかなか売ってないんだよね。私は某ネットショップでゲット、1個1,000円くらい。

さて、バラしたのと逆の手順で組み立てて、キーボードやマウスを接続して電源ON。無事にメモリを認識しているようなので、ここからPantherのインストール開始。インストール時間は昨日のG4よりはかかったが、何ごともなくスムースに完了し、iMacのブラウン管にOS Xの画面が現れた。
さっそくOSやアプリの設定をしながら、このiMacでのPantherを体験したが、結論から言うとほとんど問題なしと言えるレベル。もちろんOS 9と比べればキビキビさに欠けるが、重くて使いづらいということはない。メモリを増設したせいもあるだろうが、動画アプリもそれなりに使える。
とくに感動したのはネットブラウズの速さ。測定サイトで計ってみると、OS 9の頃はMozillaベースのWaMComでさえ、速くても3Mbps程度だったのに、10.3 PantherのSafariではいきなり10Mbpsを超えたので驚いた。やはり通信周りは、OS 9がどう転んでも敵わない優位性が、OS Xにはあるようだ。古いマシンをここまで使えるものにしてしまう10.3 Panther、恐るべし。

やはりPantherは去年のうちに買っておくんだった。そうすればこのiMacももっと色々と活用できたろうに。「パソコンは欲しい時が買い時」という言葉があるが、OSもまた然りであった、うん!('-')(,_,)('-')(,_,)
[PR]
by rukachas | 2005-07-14 22:41 | Mac&Winの話 | Comments(0)
今さらPanther導入
10.3 Panther私がメインで使っているパソコンはAppleのPower Mac G4 Dual 1GHz。OSはMacOS 10.2.8 Jaguarをずっと使ってきた。動作が軽いと評判の10.3 Pantherを買いたいと思いながらも、どうせすぐに10.4 Tigerが出るのだからと、ずっとPantherには手を出さないできた。ところがいざTigerが発売されたら、ひとつ困ったことが・・・。TigerはDVDのみでの提供だった。

製品版のOSを買うのだから、どうせなら持っている機種それぞれに入れてみたいもの(MacOSは個人使用なら、複数機種へのインストールはOKだよね?)。でもDVDだと、サブマシンのG3 iMacにはDVDドライブが無いのでインストールできない。このためにDVDドライブを買うのもなんだし、あるいはiMacのハードディスクをG4に取り付け、インストール後にiMacに戻せばなんとかなるかもしれないが、う~ん、あまり変則的なことはしたくないし。(ー"ー )

こんなCDドライブのみのユーザーのため、Appleが「メディア交換プログラム」というのをやっている。購入したTigerのDVDと購入時に付いてきたクーポン券を申込書とともにAppleに送ると、CD版のTigerに取り替えてくれるというもの。
ただし、こちらが送ったあとにAppleから振込先を知らせる連絡が来て、その後1,980円を入金すると、ようやく送ってくれるらしい。DVD版よりもトータルで2千円高くなって、手間もかかってしまう。それに、過去に郵便事故(送った物が相手に届かないという郵便局側の不始末)を3度経験した私としては、最初に15,000円ものDVDを郵送するのも、気が引けるんだよねぇ。ヽ(´・`)ノ

結局のところ私の場合、10.4 Tigerを買うと通常のやり方ではメインのG4にしかインストールできない。しかし10.3 PantherならCDなので、G4とiMacの両方にインストールできる。それにもしかしたら、G5に最適化されているTigerよりも、PantherのほうがG3 iMacには適しているかもしれない(軽さとか、使えない機能が少ないとか)。そう思うと、今更ながらPantherが無性に欲しくなってしまった。しかし今ではもう店には売っていない。もっと早いうちに買っておけばよかったと大後悔。
ところが幸いにも、ある人から中古のPanther(シングルユーザー製品版)を売ってもらえることになった。最初はオークションで買うしかないなと思っていたが、クレジットカードを持っていない私にはオークションの手続きは面倒なので、非常に助かった。

今週そのPantherが届いたので、早速メインマシンであるG4にインストール。せっかくだからクリーンインストールしたいので、データをすべて他ディスクに退避させ、ディスクユーティリティで初期化してからおこなった。
数十分でインストールが終わり、再起動した後にOSの各種設定を済ませた。あとは必要なアプリと設定ファイル(ライブラリ/Preferences内の必要なファイル)を、元のJaguarからPantherの同ディレクトリにコピーして完了。これで登録も設定も受け継がれる。中にはインストーラで初めからインストールし直さなければならないものもあるが、Windowsのようにレジストリがまとまったりファイルがそちこちにバラケたりしないので、たいていのアプリはこれでOK。このへんの分かりやすさと管理しやすさは有り難い。

肝心の使用感だが、10.2 Jaguarと比べて確実に軽くなっている。ファインダー、アプリともに起動も動作も軽快だ。Pantherのレビューによく書かれていた「速いマシンに変えたかのような印象」「アップグレードする価値十分にあり」を実感した。大量のファイル操作でもカーソルが虹色グルグルになることも少なく、カラム表示のプレビューで動画が止まったままになる不具合も解消されている。まだ全体の使い勝手を調整している最中だが、印象としては本当にワンランククロックの速いマシンに買い替えたかのよう。(^-^)

10.4 Tigerが絶賛売り出し中のさなか、一世代前の10.3 Pantherを買って悦に入るのも時代に逆行しているが、まだまだG3とG4がメインの環境では、Pantherの価値は揺るがないのではないだろうか。もちろん10.2 Jaguarから10.3 Pantherに移行した時と同じくらいの速度向上が、10.3 Pantherと10.4 Tiger間にもあるのなら、また食指が動きそうだけど。

明日はPanther購入の切っ掛けともなった、iMac 350MHzへのインストール。Pantherの推奨環境はG3 400MHz以上となっているが、iMacボンダイでもそこそこ使えるという話も聞くので、たぶん大丈夫だろう。
以前Jaguarを試しにインストールしてみたときは、かなり重いけどネットぐらいなら使えないことはない、というレベルだったので、さてさてPantherではどの程度なものか。
OS X(オーエステン)にするとマシンの利用価値が急激に広がるので、ぜひともこいつもOS Xにしたいのだが・・・結果は明日。
[PR]
by rukachas | 2005-07-13 21:08 | Mac&Winの話 | Comments(0)
小さなキュービックスピーカー
c0039181_1944292.jpgうちのiMac 350MHz SlotLoading は、スピーカーからの音がメチャメチャデカイ。音量を最小にしても、夜中にはとても鳴らせないような大きさで鳴ってしまう。iTunesやQuickTimeプレーヤーはそれ自体に音量調節があるので小さくできるが、MIDIやFlashなどのウェブコンテンツはいきなり大音量で鳴りだすので手に負えない。もっとも、一番厄介なのは起動音だが。
そのためこのiMacは、買ってからずっと外部スピーカーで鳴らしていた。内蔵スピーカーがハーマンカードン社製で、音の良さがウリなだけに残念だ。

しかし7月1日の記事にも書いたとおり、その外部スピーカーを居間のテレビに取り付けてしまったため、代わりに何かiMacに似合いそうなスピーカーはないかと、ネットでいろいろ探してみた。そして目に留まったのが、エレコムのMS-77というミニスピーカー。さっそく購入し、設置してみた。(写真)
エレコムのMS-77のページ

本体は5センチ角のアクリル製。電源ONで底面のLEDが青く光る。本当はシルバーが欲しかったが、品切れだったので白にした。どちらかというとカラフルな旧型iMacよりは、液晶のiMacか、eMacのほうが似合いそうだね。シルバーならMac miniと並べるとイイカンジかも。

実売価格が3千円以下だしサイズも小さいので、正直音質面ではあまり期待していなかったが、聴いてみるとなかなかどうして、意外に力強い音を出すので感心した。たださすがに低域は弱い。ユニットのサイズはiMacの内蔵スピーカーと大差ないが、小さな密閉型のせいか中域だけが張り出した印象だ。
今まで使ってきた外部スピーカーや内蔵スピーカーと比べると、音質的にどうしてもチープさが拭えないが、iTunesのイコライザで低域を持ち上げれば多少はマシになる。軽くBGMとして流す程度なら十分に聴ける音だ。

マイナス点をあげるとすれば、バランス調整が無いことと、ヘッドホン端子が前面に無いこと。あと、電源スイッチはボリュームと兼ねてないほうが良かったなと。
でもまぁ、見た目カワイイので概ね合格。(* ̄ー ̄)ノ
[PR]
by rukachas | 2005-07-09 19:02 | 電気製品の話 | Comments(0)
宮城の団十郎と埼玉のまんぞう
宮城と埼玉こういうのはご当地ソングと言うのかどうか分からないが、タイトルに地名が入った曲というと思い出すのが2曲ある。
ひとつは、吉川(きっかわ)団十郎さんの「ああ宮城県」。「あ~、あったあった!」と言う人もいれば「誰それ?」と言う人もいるだろうね。(こっちのほうが多いかな)

私が子供の頃、たしか小6のときだったが、テレビから面白い歌が流れてきた。『♪ダンダン、ズ~ビズ~ビ、ズバダ!』お笑い番組のテーマ曲のような、ドドンパ調のイントロで始まったこの曲。よくよく聴いてみると、なんと私のいなかである宮城県の自然を歌った歌だった。
宮城は私の親の実家、つまり私のおじいさんおばあさんがいたところ(すでに過去形なのが寂しいが...)。子供のころから幾度となく行った宮城の七ヶ宿町では、言葉の語尾に「ちゃ」を付ける方言が飛び交っていた。「んだっちゃ」「◯◯っちゃ」のように。(勘違いしやすいが、うる星やつらのラムちゃんのしゃべりとはチト違うぞ。あれはネコが「◯◯だニャ」としゃべるようなもんだからね)
いなかの親戚とまったく同じしゃべりをする、方言丸出しの野暮ったい男性歌手に、子供ながらもなんとも言えない親近感を感じたものだった。

当時はかなりヒットした、この「ああ宮城県」。じつは環境破壊をテーマにしたメッセージソングだ(よね?)。最初は、宮城はのどかでイイところだぞ~ということを歌っているのだが、3番の歌詞だったかな、段々と破壊されつつある宮城の自然、川や空気の汚染を嘆き、最後は『♪あ~あ~変わり果てたよ、宮城県~』と締めている。
川が下水に、山がニュータウンに、土がアスファルトに。これを「変わり果てた」とする感覚は私と同じだ。都会では全く逆の様子を変わり果てたというのだろうが、この違いはそのうち日を改めて書いてみようと思っている。

吉川団十郎さんのホームページめっけ!
http://ha6.seikyou.ne.jp/home/danjuro/index.html

プロフィール見てビックリ!なんと団十郎さん、芸能界に入ってから引退するまで11ヶ月しかなかったんだね~。世界歌謡祭にまで出てるのに!(こっちのほうがビックリか)
引退後は陶芸家として現在に至るそうで、う~ん、仙人みたいな人ですな。(’’*)

さて、地名入りの曲といって思い出すもうひとつは、さいたまんぞうさんの「なぜか埼玉」。これもかなり古い、24年も前だ。
赤ん坊の頃からずっと埼玉に住んでいる埼玉っ子の私だが、未だかつて埼玉をテーマにしたカッコイイ曲に出会ったためしがない。この「なぜか埼玉」を初めて聴いた時も「ありゃ~、また埼玉のイメージ下がりそうだなぁ」と思ってしまった。
『♪なぜか知らねど~、ここは~埼玉~』『♪右も~左も~、みんな~埼玉~』・・・意味はワカランが分かりやすい歌詞だ。(^^;)

さいたまんぞうさんのホームページめっけ!
http://www008.upp.so-net.ne.jp/manzoh/

プロフィール見たら、なんと未だに独身だったのね~。そんなところに親近感わいてもしょうがないけど。
埼玉にゆかりのある歌手だと思っている人が大半だと思うが、本人は埼玉出身でもなんでもなかったというのがビックリ。この歌を歌うことになった瞬間から、埼玉の呪縛から逃れられなくなってしまったまんぞうさん。御愁傷様です(ー"ー)。(死んでない死んでない!)

数年前、そのとき私が住んでいた浦和市と、隣接する大宮市、与野市が3市合併を控え、合併後の市名を一般公募したことがあった。大宮と浦和を合わせたような名前や、埼玉市、東京市なんてのもあったらしいが(埼玉県東京市じゃさすがに変だろう)、結局フタを開けてみたらひらがな4文字の「さいたま市」に決まるという、なんともお間抜けな結果に拍子抜けしたものだった。
このときとっさに思った。さいたまんぞうさんが再びリメイクとして、今度はひらがなだけの「なぜかさいたま」を出したら面白いんじゃないかと・・・。この時はもう、市のイメージが下がるとかどうとか、どうでも良かったからねぇ。下がるところまで下がっちゃったし。( ̄∇ ̄;)

さいたまんぞうさんもひらがな名だし、これから「さいたま市」のほうで何らかの活動をしてほしい気もする。曲は「なぜかさいたま(新市名編)」「なぜかさいたまスーパーアリーナ(格闘技編)」「なぜかさいたま新都心(浦和の立場ね~よ編)」なんてのはダメか?う~ん、ダメだな。(^^;)

ま、私は今はとなりの上尾市から、さいたま市を眺めている状態だが、元はといえば一昨年上尾に引越したのも、さいたま市の過剰な発展に嫌気が差し、のどかな市町村を求めたからだ。このへんは、最初に言った吉川団十郎さんの「ああ宮城県」の歌詞に通ずるものがある。
最近では近隣の岩槻市をも取込み、ますます増殖と近代化を続けるさいたま市。幸い上尾市の市民は合併に反対している人が多いらしいので、しばらくは外から眺めていられそうだ。
『♪右も~左も~みんな~さいたま~』・・・今こうなったらメチャ困るっての!
[PR]
by rukachas | 2005-07-05 21:25 | 音楽の話 | Comments(0)
音がデカ過ぎ小さ過ぎ
電気屋さんうちの居間に置いてある3年前に買った29インチテレビは、国産だが頭文字「F」のメーカーのロープライス商品。画質も音質も機能も値段相応だが、普段使っているのが親父たちなのでこのクラスでも十分。ステレオ音声でビデオ入力はS端子装備、平面ブラウン管で奥行きも小さく、長持ちさえすればかなりお買得感の高い商品だ。

ところがこのテレビ、たった一か所どうしようもなく困るところがある。音量調節のバカさ加減だ。
音量レベルは画面にオンスクリーンで表示されるのだが、レベル0だと当然音は出ない。これは正常。次に音量ボタンをポンと押してレベルを1にすると、これだけで普段視聴する時の音量になる。そう、無音からいきなり通常の音量になるのだ。だが番組によっては音が小さめで、もう少しレベルを上げたいと思うことがある。そこでもう一度音量ボタンを押してレベルを2にすると、なんといきなりうるさく感じるほどのデカ音量になってしまう。

それよりも上は3…4…5…と上げていっても、通常の音量調節と同じ緩やかな変化だ。画面に表示される数値は63まで上がるようになっているが、0と1と2だけで「無音・中・大」と切り替わってしまうのでは、ボリュームの意味が全くない。1にすれば少し小さいし、2にすればデカ過ぎる。リモコンの音量ボタンを上げ下げしながら「1.5は無いのか~!」と言いたくなるくらいだ。頭文字「F」さんは、どうしてこんなにいい加減な調整にしたんだろう?それともこの個体だけの初期不良だったのだろうか?
バラして内蔵スピーカーに抵抗でもかませれば良いんだろうが、なんか面倒だ。というわけで今日、一番手っ取り早い方法として、パソコン用の外部スピーカーを横に置いてヘッドホン端子と繋いでみた。これでなんとかちょうどよい音量に調節できるようになったので、しばらくはこれでいこうと思う。音も良くなったし、映画や音楽番組にもこのほうがイイかもね。

映画といえば、このあいだ映画のDVDを親父たちと見たのだが、意外なところでストレスを感じさせてしまった。DVDはさすが音がよく、ダイナミックレンジも広い。映画館と同じで、ささやくような声はささやくように聞こえ、怒鳴り声は怒鳴り声として大きく鳴り響く。つまりビデオテープやテレビ放送と比べても、より臨場感があるってこと。ところが親父にはこれが不評だった。「突然音がデカくなるからビックリするじゃないか!なんなんだコリャ!?」と。
普段見ているテレビ番組は(映画放送も)小さな音はレベルを上げ、爆発音のような大きな音はリミッターで頭打ちされている。つまり音の大小の差が小さい。だから聞き取りにくくなることもなく、やかましく感じることもない。親父は普段それに慣れているものだから、DVDのダイナミックレンジの広さがかえって耳障りだったわけだ。

音の大きさひとつとっても、その人にとっての丁度良さというのがある。せっかくの面白い映画も、音量が小さ過ぎたり大き過ぎたりするだけで、心に残らないこともある。だからこそテレビには細かな音量調節が必要だぞと、頭文字「F」さんには言いたいのだが・・・。
でもやっぱ、うちのだけの初期不良だったのかなぁ。ヽ(´・`)ノ
[PR]
by rukachas | 2005-07-01 22:00 | 電気製品の話 | Comments(0)