子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ケータイメールに不満ひとしお
ケータイ私はコンピュータや家電に限らず、新機種が出ればぜひ使ってみたいと思うほうだが、携帯電話(以下ケータイ)だけは使いたいという気が起きない。
それは必要に迫られていないどころか、私の普段の生活にまったく不要だからなのだが、それ以外に、ケータイを使っている人からあまり良い印象を得ていないせいでもある。

ケータイを片手で操作しながら(画面を見ながら)フラフラと自転車に乗っている学生をよく見かけるし、手持ち無沙汰なのか中毒なのか、電車の中でケータイを見つめ一心不乱にメールしている人もいる。
このあいだ久々に夜の電車に乗ったとき、私の斜め後ろにいた20代の男性がケータイを使い、大声で話しはじめた。
「このたびは貴重な体験をさせていただきまして、本当に有難うございます!ええ、ええ、それはもう、◯◯様のお陰で...」ハキハキと話す男性の大きめな声が、混んでいる車内に響き渡った。言葉遣いはとても丁寧で、ちょっと聞いた限りでは新人社員が上司と話しているような口振りだった。

ところがこの男性、とても丁寧に話しながらも、「今は電車の中です」と悪びれることなく先方に伝えていた。
どんなに真面目で誠実ぶっても、電車の中でのマナー違反を堂々と公言するところが、なんとも若者らしいというか、中途半端というか・・・。

こんな感じで、ケータイが登場したことによって人の人前でのマナーは確実に悪くなっている。私はそんな使い方はしないつもりだが、ケータイを耳に当てた瞬間にまわりの人間を意識しなくなる、言わばそこに自分だけの空間ができる現象は、ひとつの脅威でもある。

これはメールでも同じ。どうしてケータイメール使用者は、メールに即答を求めるのだろう?どうしてメールが来た瞬間に、差出人との繋がりを強く意識するのだろう?
私はメールは余程緊急のメッセージでない限りは、翌日か翌々日(定期的なやり取りの場合はさらにその翌日)にレスするようにしている。即答する時間があったとしても、少なくとも数時間は空ける。

最近私の妹からメールがよく来るのだが、妹はケータイ使いのせいかメールを電話のように使う。思い付きで口から出たようなセリフの羅列。こっちが言った言葉には一切触れない、まるで会話になっていないやり取り。「今何してる?」なんてメールをもらった日にゃ、サーバの延滞なんて考えもしないのかと呆れてしまう。
おまけにこっちが返したレスに対し「お兄ちゃんからのメールは長過ぎてすぐに返事が書けない!」とオフクロに電話で文句まで言うしまつ。おいおい、すぐにレスしろなんて誰も言ってないだろう!ましてや会話にもなっていない返事なら一切不要。
だからケータイは嫌いだ。イヤ正確に言うと、ケータイのメールでワガママを伝えるだけの自己中さんが嫌いだ。

ケータイに興味がわかない理由からはちょっと横道に逸れたが、今のケータイの情報端末としての機能は、確かに便利だと思う。
うちの親父は自分のケータイに電話以外の機能(メールやウェブ)が付いていることが不満だそうだが、私は反対に電話やメール機能のないケータイが出れば、買ってもいいかなと思う。
ま、そんなものすでにケータイではないが・・・。( ̄▽ ̄;)
[PR]
by rukachas | 2007-04-29 19:07 | 電気製品の話 | Comments(2)
ホントに店員?と思うとき
店員さん昨日、地元の某店にショルダーバッグを買いに行ったときのこと。
あまり気に入るものは見つからなかったが、適当に妥協してひとつを手に取り、レジへと向かった。レジの向こう側には、だるそうにたたずむ若い女性店員がひとり。

レジスターを真ん中にして右側にも左側にもスペースがあり、どちらが精算する場所か分からなかった私は、とりあえず左側のスペースに行き、「すいません、コレ」と言いながらバッグを差し出した。
するとその若い女性店員はぶっきらぼうにレジの右側のスペースを指差し、「レジはそっちだよ」と言わんばかりの態度をとった。
店員がそこで受け取って、横のレジに移動すれば良いと思うのだが。

私は「ずいぶんと愛想の無い人だな」と思いながら2メートルほど右に移動し、そこにバッグを置いた。しかし店員はすぐには来ようとせず、数秒遅れてやっとの移動。
ところがその店員、バッグの値札をチラリと見たと思ったら、なんと私のあとに来た客の応対をし始めたのだ。これには私も驚いた。
レジ横に無造作に置かれたバッグを前に、私が呆気にとられていると、そこでやっと他の店員がやってきて、私はようやくレジを済ますことができた。

接客はマニュアルどおりにいかないことはわかるが、どんなマニュアルにも載っていない態度をとる店員には驚かされる。

そういえば1ヶ月くらい前、地元の電器店に行ったときも、同じような若い店員がいた。
いつもレジにいる2名の女性店員がたまたま2名ともいなかった(席を外していた)とき、客が精算しに来たのに、そこにいる若い男性店員が何をするでもなく、ただ無言で突っ立っているのを見たとき、「少々お待ちくださいぐらい言ったらいいのに」と思ったものだ。

おそらくどちらの店の店員も新人だったのだろうが、客商売に少しでも足を踏み入れたのなら、店のマニュアル以前に、子供の頃から親に教えられてきた「人への気配り」を積極的に表に出すべきだろう。
それともそんなこと、教えられたこともないのかな?

ま、私は人の態度にいちいち食いつくような頑固者ではないし、最近の若者は...といつも言ってるような年寄りでもないが、店員らしからぬ態度をとる若い店員を最近よく見かけることについては、ちょっと気になる。
敬語を習っても敬い(うやまい)は身につかず、謙譲語を習っても謙り(へりくだり)は身につかない。
[PR]
by rukachas | 2007-04-23 21:14 | Comments(0)
自分でまいた種
別れストーカーの被害に遭い、警察に被害届けを出している人は少なくないが、中にはその原因を自分で作っておきながら降ってわいた災難であるかのように振舞う人もいる。
しつこく迫っているのがじつは元カレや元カノであり、復縁を迫られているにしても、あるいは何らかの恨みを買ったにしても、過去をきちんと清算せずに一方的に逃げるため、自分を可哀想なストーカー被害者に見立てる者は、それはそれで非道だ。

人は、自分の行動によってトラブルが生じたときでも、いとも簡単に被害者ヅラすることができる。自分からその空間を作り、その関係を作り、その立場を作りあげておきながら、後先考えず行動した結果、自分にとって都合の悪い状況が生じてくると、とたんにきびすを返すようにそこから離れようとする人のことだ。

本当のストーカー被害に遭っている人には心から同情するが、中には自業自得であり同情できない、いやそれどころか「被害者ヅラするな」と言いたくなるほどの人がいることも、これまた事実。
もちろんストーカー行為そのものは犯罪であるし、不快感や身の危険を感じたら警察に通報するのは当たり前だが、火のないところに煙を立てるどころか、自分から炎をメラメラと燃やしておいて、あとから熱いだの火傷するだのと騒いで逃げるのは、かなり無責任なことだ。
(なんか、私が当事者だと思われそうな文章になってしまったが、これは知り合いから聞いた話をもとに、私が受けた印象を書いただけだからね)

これと似ていることだが、春休みに孫に来てほしくて、自分で迎えに行ってまで孫を連れてきたオジイチャンが、数日たって孫の行動がうっとおしくなってくると、今度はイライラし、託児所じゃないんだと文句タラタラ。「早く帰せ!」とまで言うようになった。
孫たちは何も悪くないのに、ただ”いる”ということが不快になってきたわけだ。これは今月、うちで実際にあったこと。

自分から誘っておいて、うっとおしくなってくると離れたがって、そして妙な被害者意識。
結局どっちも勝手なんだよね。ヽ(´・`)ノ
[PR]
by rukachas | 2007-04-21 15:12 | Comments(0)
ブログ再開とまだ見ぬミクシィ
見えないmixi数ヶ月ぶりのブログ更新。RUKAの雑記ノート執筆再開!
と言っても今後も今までと同じペースでたまに書く程度。思いつくままの不定期更新。

中断期間があったからって、ネタをストックしていたわけじゃない。ではなぜ今年に入ってからずっと書かなかったのか?
それは単純に、書く気が全然起きなかったから。思ったことを文章にする意欲っちゅうか、いやそもそも物事を思慮する能力さえ失せていたのかもしれない。冬の寒さ、春の花粉症のせい?

まぁそんなことはどうでもいいが、最近ちょっと気になっていることがある。たまにある、私のサイトへのmixi(ミクシィ)からのアクセスだ。mixiとは最近流行りの、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)と呼ばれる会員制コミュニティサイトの大手。
アクセス解析を見てみると、うちのトップページと「知識と心のDNA」のページに、mixiユーザーのサイトから来ている人がいる。だが私はmixiユーザではないので、そのリンク元のページを見ようと思ってもこちらからは一切アクセスできない。
mixiは、既存のmixiユーザーから招待を受けないと参加できない(つまり見れない)というシステムになっている。

mixiユーザーが自分のリンクページにうちへのリンクを載せているのか?日記で取り上げているのか?それとも掲示板で紹介しているのか?ここがお薦めだよという好意的リンクか?変なサイトがあるよという批判的リンクか?
べつにこんなこと気にしなくても良いことだが、どんなふうに書かれてるのかな〜と思ってアクセスしたのにmixiのパスワード入力ページが表示されるというのは、なんとも言えない気持ち悪さがある。

私はインターネットの基本はオープンなリンクと自由なアクセスだと思っているし、実際そうだからこそ、ネットはここまで発展してきたのだろう。
mixiをはじめとしたSNSは、その目的と性質ゆえに会員制にならざるを得ない。しかし招待という方法は人間関係の軋轢を生みがちだし(友達が善人でも、友だちの友だちが善人とは限らない)、会員制であるが故の息苦しさもあるかもしれない。実際に、文章を読んでコメントを残さないことを「読み逃げ」と呼ぶなど、妙なルールも暗躍しているそうだ。

SNSはよく「閉ざされたコミュニティ」と称されるが、私はむしろ「隠されたコミュニティ」と称したほうが的を射ているような気がする。
外部の素性の知れない人を遮断し、仲間内だけの心地よい世界に暮らすのは大いに結構。しかしSNSは決して閉ざされてはおらず、ただ隠されている。
私はSNSの詳細を読んで、素性の知れた仲間だけの健全なコミュニティというよりも、素性の知れない人とのコミュニケーションは不健全だという観念に基づいているような、そんな印象を受けてしまった。(偏見かもしれないが)

外界と閉ざされることなく外界から見えない世界は、いったい何を生み出すのか。
外に向かって素性(個人情報)を明かすことが良いことだとは思わないが、情報が一方通行の小国家のようにはならないでほしい、と思うのであった。
[PR]
by rukachas | 2007-04-16 20:29 | Net&Webの話 | Comments(0)