子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
ゴクッと一杯!
at 2017-06-20 18:15
写真の挿入位置
at 2017-05-29 23:03
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
<   2007年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
宝くじ 当たる気がすりゃ 夢見れる
運勢数ヶ月前、サッカーくじ「toto」の売り上げが伸びないというニュースを聞いたと思ったら、今度は反対に予約が殺到してシステムがパンクというニュース。totoBIGの1等当選金が繰り越されて6億円にもなったので(上限が6億円)、一攫千金を夢見る人が増えたのだろう。

totoBIGは、コンピューターが自動で試合の勝ち負け予想をはじき出すシステムなので、多く売れれば試合結果のパターンが出揃い、1等当選が出やすくはなっている。その確率は約480万分の1と、ジャンボ宝くじの約1000万分の1よりも大きい。
だがこれは1等当選者が出現する確率が増えただけであって、自分が当選する確率が増えたわけではない(ハズレパターンのくじはそれ以上に売れているわけだから)。しかも1等当選者が5人以上いた場合は、その人数で当選金を分けなければいけないらしい。このへんは、当選数が決まっているジャンボ宝くじとはちょっと違うね。

ジャンボ宝くじもtotoBIGも、当たる確率の少なさにこそ夢があると割り切れる人ならイイかもしれないが、私はどうしても「買うだけムダ」と感じてしまう。
だが人は不思議なもので、当たる確率が如何に少ないか分かっていても「もしかしたら自分が...」と、偶然を奇跡に置き換えて期待するものだ。人によってそれは神がかりであったり、超能力であったり、運であったりと思い込みは様々だが、偶然は偶然、ラッキーな偶然を待つほかない。

ここにサイコロがあるとする。なんの仕掛けもなく、どの目も出る確率は同じ6分の1。そのサイコロを振ったら3が出た。そしてもう一度振ったらまた3が出た。さらにもう一度振ったら、またまた3が出た。では、次にサイコロを振って3が出る確率はどのくらいだろう?
答えは、当たり前だが6分の1。ところがほとんどの人が、3が立て続けに出ると次も3が出るのではと思い込んでしまう。
3が3回続けて出たとしても、それは過去に3が3回出たという事実があるだけで、この後に3が出る理由にはならない。

または逆に、もし宝くじを買ってその番号が111111とか123456だったとしたら、おそらく当たる気はしないだろう。それはランダムに選ばれる当選番号が、こんなにキチンと揃った番号になるわけがない、という思い込みがあるからだ。
しかしこれも当然なように、111111だろうが123456だろうがバラバラな数字だろうが、当たる確率はみな同じ。
つまり「未だかつてこんなキチンと揃った当選番号なんて見たことない」というのなら、他のどの数字も、当たる確率はその程度だということ。
言い方を変えれば、自分が持っている宝くじが当選する確率は、111111という当選番号が出る確率と同じなのだ。夢を壊すようなことを言って申し訳ないが。(^^;)

当たるも偶然、当たらぬも偶然。人生には様々な偶然があり、良い悪いひっくるめて無数の偶然の中で暮らしている。
宝くじに当選した人を見ては、自分が当事者になれなかったことを残念がり、災害で被災した人を見ては、自分が当事者にならなかったことに安堵する。(災害は必ずしも偶発的とは言えないが)
必然の中にも偶然の連続、そして結果。人は結果だけを見て、それを「運命」と呼んでいる。
[PR]
by rukachas | 2007-05-19 16:05 | ニュースの話 | Comments(0)
技術者は夢の実現で神になれるか?
セグウェイ
昔、テレビが一般の目に初めて触れたとき、人々はブラウン管に映し出される動く映像に大変驚いた。今では考えられないことだが、中に小さな人間が実際に入っていると思った人もいたそうだ。
数百年前の写真機もそうだ。魂を吸い取られると本気で思っている人も多かった。

当時の人々にとっては、きっと魔法のような装置だったに違いない。仕組みは単純でも、それを最初に発案し作り上げた開発者(技術者)と、科学のかの字も知らない一般人との間には、天と地ほどの「知識差」があったのだから。
ここで言う知識差とは学問のことではなく、頭の良さという意味でもない。その夢の実現を現実のものとして考える発想の差だ。

だが人々がラジオに慣れ、テレビに慣れ、様々な家電が生活に浸透し始めると、人々は科学技術をより身近なものとして感じるようになった。そして映画「メトロポリス」(無声映画のほう)のアンドロイドや、漫画「鉄腕アトム」の未来社会など、様々な夢を近未来のこととして楽しんできた。
こうして数十年数百年と、人々の生活(生き死にも含めて)がテクノロジーの発展とともに歩んできた結果、先ほど言った、技術者と一般人とのあいだの「知識差」が縮まってきたと言える。そして今やとうとう、逆転するにまで至ってしまった。

セグウェイという一人乗りのバイクのようなものがあるが(上の写真)、それがまだ発表されておらず、夢の発明品という言葉とジンジャーというコードネームだけが一人歩きしていた頃、世間ではまだ見ぬ夢のマシンに期待を寄せるあまり妙な噂が飛び交っていた。
「世の中を根底から覆す大発明!」「空中に浮かぶ乗り物では?」「タイムマシンかもしれない!」

ところがいざ発表されると、予想が過度な期待だったことを思い知らされる。「これが大発明?」と思った人も少なくなかった。
技術者にとっては最先端技術の塊であり、その発想さえも絶賛されて然るべきものなのに、一般の人々はそれ以上の技術を求めてしまった。つまり一般人が思う「驚きの商品」という発想が、すでに現代の科学技術を超越してしまっているわけだ。
どんなに不思議なマジックを見ても、決してそれを魔法だとは思わないのも、人々が科学技術に慣れてしまっていることによる。

こうなると現代の科学者・技術者はとても神にはなれない。
青色ダイオードを発明した日本人がいたが、現在様々な分野で活用されておりその功績が非常に大きいにも関わらず、一般の人たちにはどこがどう凄いのかイマイチピンとこない。
こういう、崇められることのない神が、現代はとても多いことだろう。

そこで考えてみた。いったいどんなものが発明されれば、写真やテレビが発明されたときと同じレベルの驚きを現代の人々に感じさせることができるだろうか?
遠くの映像を目の前に映し出すテレビはもうお馴染みだから、遠くの物を実際に目の前に出現させる「物質転送装置」はどうだろう?これが発明されれば流通に革命が起こる。なにしろ物を送るのに輸送機関は必要なく、ネットのダウンロードのように商品が届くのだから。

さらに、丸いタイヤがクルクル回って走る自動車はもうお馴染みだから、タイヤのない「自由に空中に浮かぶ自動車」はどうだろう?飛行機と違い滑走路は必要なく、かといってヘリのように強風が起きることもない。ふわりと浮かび空を飛ぶマイカー。
さらにもうひとつ、プログラムどおりに動くロボットはもうお馴染みだから、自分で考え自分で行動する「意思(感情)を持った家庭用ロボット」はどうだろう?人間同士の付き合いさえ上手くいかないこの世の中、ロボットとのあいだに友情や愛情が芽生えれば、そのうちロボットとの結婚もあり得るかも。

しかし科学の発達した現代でも、これらはすべて映画の中でしかありえない。物質転送装置といえば映画「ザ・フライ」、空飛ぶ車といえば「バック・トゥ・ザ・フューチャー 2」、感情のあるロボットといえば「アイ・ロボット」を思い出す。
あの「ドラえもん」の道具でさえ、実現が可能になった"こと"はあっても、実際に実現された"道具"はひとつもない。

科学技術に不可能は無い、ということはおそらく無いだろう。この世に物理的電気的な法則がある以上、まだ頭打ちではないにせよ、その発展は段々と緩やかになっていると思う。
しかし人間の夢(願望)には際限が無い。携帯電話の中身がどうなっているかなんて知りもせず使っている人に、中身うんぬんを説くのは野暮なこと。

産業革命、ロボット、コンピューター、アポロ計画・・・昔は科学の発展により人の夢の幅が広がった。今は人の夢が、本当に夢物語になってしまっている。
ハイテク商品に慣れた頭ではなかなか難しいかもしれないが、普段当たり前に使っているモノに驚いたり感動することも、たまには試みてみようではないか。技術者たちに敬意を表して。
[PR]
by rukachas | 2007-05-14 21:45 | モノの話 | Comments(0)