子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
ゴクッと一杯!
at 2017-06-20 18:15
写真の挿入位置
at 2017-05-29 23:03
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
インターネットと道具パソコン
パソコン購入私のノートパソコンには小学生用の学習ソフトが入っている。それは甥っ子の家に行ったときに勉強を教えるために入れてあるのだが、甥の家はまだインターネット環境がないので、せっかくパソコンを持っていってもネットで調べるということはできない。(モデム非内蔵なのでダイヤルアップもできない)
しかし少しでも多く活用しようと、小学生向けの学習サイトやデータベースサイト、そしてフラッシュゲームサイトをいくつか丸ごとダウンロードし、オフラインでいつでも見れるようにはしてある。
ディスク容量をくうのであまり大きなサイトは保存しておけないが、普段データベースとして使っているサイトなら、こうしてオフラインで閲覧するのもアリだ。(突然消滅の対策にもなるしね)

私がサイトの丸ごとダウンロードに使ったのは「GetHTMLW」というフリーソフト。ちょっととっつきにくい操作性と解りにくい設定、愛想のないデザインがマイナスだが、取得したページをちゃんと閲覧できるという基本性能の良さでこれにした。
現在のバージョンは接続先への負担を考えてか、同一サーバに対して1ファイルずつしか取りに行かないので(しかも1秒のWaitが入る)、コンプリートするのにメチャ時間がかかってしまうのがチト難点。

常時接続のネットが当たり前の今では、ウェブページをローカルに丸ごと保存してから閲覧することにあまり意味はないが、その昔ダイヤルアップ回線だった頃は、このてのウェブページ取得ソフトは必要不可欠とも言えるほどだった。
なにしろ画面の文字を読んでいるだけでも電話代がどんどん課金されていくのだから、まとめてダウンロードしてサッサと電話回線を切りたくなるのも当然。私はその頃、Mac版の「PerMan Surfer 波乗野郎」というソフトを使い、ニュースサイトなどを取り込んではオフラインでじっくりと読んでいた。
情報を閲覧できるだけでなく、それを自分のパソコンにも保存しておけるというのが、インターネットを使い始めた頃の醍醐味だったように思う。フリーソフトを簡単に入手できるのもオンラインの強みだ。

では、パソコン通信を含めネットが普及する前のパソコンや、1996年以前の私のようにスタンドアロン(ネット非接続)で使っていた当時はどうやってソフトや情報を取り込んでいたのかというと、購入したCDやフロッピーからだ。
今ではネットで簡単に調べられる鉄道の乗り換え案内や路線図、日本中の道路地図、衛星からの地上写真なども、当時はそれ用のデータベースソフトを買う必要があった。つまりその後のネットのサービスによって、パソコンは使い勝手とコストパフォーマンスを何倍にも飛躍させたわけだ。

「じゃあ当時のパソコンて、何ができたの?」と知らない人は思わず言いたくなるだろう。パソコンはもともと何かを作り上げる道具だった。会社での経理事務にしても文書作成にしても、それは「結果」というデータを作っているわけだし、個人で映像・音楽作品を作り上げることもパソコンを駆使した結果だ。
私も当時は簡単なMIDIソフトで音楽制作にハマっていたし、スキャナとタブレットを使って写真の修正にもハマっていた。画面サイズは小さいながらも動画の取り込みや編集もしていたし、ハイパーカード(Macに付属していたオーサリングソフト)を使って甥っ子用のインタラクティブ絵本まで作っていた。
当時はインターネットなどなくとも毎日十分楽しかったし、ソフトを使いまくって何かを作ろうという意欲に満ち満ちていた。(少なくとも私は)

しかし、もし現在のパソコンからネット機能が失われたなら、あるいはネット環境のない現場で使うことになったなら、昔ほどエンジョイできるだろうか?
今のパソコンはOSやアプリケーション自体がかなりネット依存であり、ネットが出来ないのではまるでクリープを入れないコーヒー、炭酸の抜けたコーラ、時速50kmしか出ないスポーツカーみたいなもんだ。(違うか?)
ほんの10年前までは、インターネットはパソコンでできることのうちのひとつだった。今やインターネットはパソコンの主目的になってしまった。

私は常々、ケータイの普及によって依存型の人間が増えたと感じている。依存というと聞こえが悪いが、要するに著作者になりたがらない者が増えたということ。インターネットという情報の宝庫を活用しているがゆえに退化しつつある創作意欲、というのは確かにあるかもしれない。(完全オリジナルの創作において)
最新パソコンのウリはどれも「ネットがサクサク、地デジが見られて簡単録画、DVD焼きが高速」そんなんばっか。ネットはある意味「パンドラの箱」であり、キレイなテレビ録画や簡単DVD作成はある意味「禁断の果実」。後戻りはできない。

今後インターネットが消滅することはおそらく無いと思うが、ワープロが淘汰されパソコンで執筆する作家が増えたあの頃や、パソコンで打ち込み作曲する音楽家が増えたあの頃のような、オリジナル作品を作る道具としてのパソコン。ネットなんか無くても十分楽しめるパソコン。(初期のMacintoshのように)
そんなことが再評価される日が、そろそろ来てもイイんじゃないかな・・・と思った。
[PR]
by rukachas | 2007-09-29 00:29 | Net&Webの話 | Comments(0)
悪いニオイもイイ思い出
バキュームカー1階の居間で食事をしていると、窓の外から懐かしい匂いが漂ってきた。汚い話になってしまうので食事中の人には申し訳ないが、漂ってきたのは汲み取り式トイレの匂いだ。(この場合は臭いと書くべきか)
東京のベッドタウンさいたま市の隣とはいえ、市内各所にはまだまだ汲み取り式トイレの家が残っている。うちの近所にもそんな古い家があるので、おそらくそこから漂ってきたのだろう。

現代の子供の中には和式便器で用を足せない子もいると聞くが、もしその子が汲み取り式の和式便所(いわゆるボットン便所)を目の前にしたら、恐怖と臭いで近付くことさえできないかもしれない。
私は汲み取り式便所が当たり前の頃に幼少期を過ごしたので、その見た目にも臭いにも激しく嫌悪感を感じるほどではない。むしろ子供の頃の思い出を語るうえでの重要なファクターでさえある。何しろ私は物心付く前、近所の畑の肥溜めに落ちたという経験さえあるのだから。

とまぁ私のクサイ思い出はどうでもいいが、今回の臭いの発生源である家はここ数年間空き家になっていて、その間は人がいないので臭いが漂ってくることはなかった。しかし近いうちに人が越してくるのか、バキュームカーが来て便槽の中をカラにしていったとたんに臭ってきたのだ。
じつは汲み取り式トイレというものは、汲み取らずに溜めているときよりも、バキュームカーで吸い取ってカラにしていったあとのほうが悪臭を放つ。こういうことは実際に汲み取り式を使った者じゃないと分からないだろうなぁ。

まぁそんな臭いも、うちから少し離れたところにある牛舎の牛糞臭さも、これぞ地方ならでは。ほのぼのしなきゃ損というわけだ。
と言っても私はべつにそのての臭いが好きなわけではない。人並みにむせ返りもするし、使うならキレイな水洗トイレがイイに決まっている。ただ、ボットンが懐かしいなぁと感じるだけ。

匂いというのは不思議なもので、懐かしい匂いを嗅いだとたん、忘れていた感覚がよみがえってきたりもする。先日も甥っ子と薄暗い森の中へ足を踏み入れたとき、森の独特な匂いに、近所の森で遊んでいた幼いあの日に脳内タイムスリップ。蚊が多かったのですぐに撤退したが・・・。

もし「もう一度嗅いでみたい懐かしい匂いランキング」なんてのがあったら、何が1位になるだろう?
私は、新品のLPレコードを買ってきてジャケットから取り出したときの匂い、かな。
[PR]
by rukachas | 2007-09-21 01:29 | 懐古の話 | Comments(0)
テレビとともにゲームとともに
ゲームに夢中最近のテレビはつまらない・・・つくづくそう思う。これは多くの人が感じていることだし、関係者であればなおさら痛感していることだろう。
テレビ界全体のモチベーションが下がり、昭和のテレビ界にあったあのワクワク、ドキドキ、ギラギラ感がまるで無い。ハードの質は上がったがソフトの質は下がった、というひとつの例だ。

私もネットをするようになってからテレビをあまり見なくなった。もともとは情報を得るためにテレビを見ていたのだが(娯楽番組も含めて)、今やそれがすべてネットで事足りるようになってしまったからだ。しかもテレビならではの情報というものが、ますます少なくなっている。
先日も久々に夜のテレビ番組を見て、あまりにお笑い系バラエティーが多いので驚いた。実際にはお笑いばかりではないのかもしれないが、どのチャンネルもお笑い芸人が出ずっぱりだ。
コンパや宴会のノリで進行する軽い構成の、一昔前のローカル番組かと思うような番組が多くなっているのを見ると、現代のテレビの役割、存在意義はなんだろうと考えてしまう。

私自身は2011年のアナログ波終了と共に、テレビとオサラバしても良いと思っているくらいだが、私の親はそうはいかない。オフクロはともかく、親父はネットは使わない(拒否反応)、ケータイは音声通話のみという、未だに新聞とテレビのみを情報源としている旧世代。テレビがなくなることは、日々の楽しみがなくなることに等しい。
同じように、大相撲中継や水戸黄門を唯一の楽しみにしているお年寄りも少なくはない。

最近は若い人のテレビ離れが加速しているそうだが、高齢者のテレビ離れが加速しているという話は聞かない。2011年のアナログ波終了で、ワケがわからず見なくなる(見れなくなる)人はいると思うが、自らテレビ離れをする理由は高齢者にはない。むしろ災害時の緊急放送などで重宝するだろうし、それこそテレビ本来の優位性とも言える。
よってこれからはNHKも民放も、若年層中年層を狙うよりは、高齢者に媚びた対応をしていくほうが得策だ。テレビと共に育った世代は年をとってもテレビが手放せないのだから。

子供のころ好きだったものも、それが明らかに子供向けのものであれば、ある程度の年齢になれば卒業するものだ。公園の遊具で遊ぶことも、おままごとも、正義のヒーローに夢中になることも。
しかしテレビやネットのように、あらゆる世代のコンテンツが混在するものについては何歳で卒業ということはない。ゲームソフトも幼児向けからアダルト向けまで様々なものがあるのだから、ゲーム機と共に育った現代の子供たちが、年をとったからといってゲームをしなくなることは考えられない。

今から50年後には、独り暮らしのお年寄りの唯一の楽しみがテレビゲーム、という時代が来るのかもしれない。そんな人たちにとっての水戸黄門はポケモンだろうか?ドラクエだろうか?
[PR]
by rukachas | 2007-09-08 22:46 | モノの話 | Comments(0)