子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ようこそ!子供好きの国へ
サーチエンジン最近、Yahoo!とGoogleの画像検索結果から某音楽製作ソフトのキャラクター画像が削除されてちょっとした騒ぎになったが、マイクロソフトが提供しているLive Searchという検索エンジンだとちゃんと表示されるということで、それ以降Live Searchの人気が上がっているそうだ。逆にYahoo!とGoogleは今回の騒動で評価を下げてしまった。

この問題は単にそのキャラクター画像が検索できるかどうかだけに留まらず、サーチエンジンの信憑性や公正さに疑いを持たせる結果となってしまった。Yahoo!やGoogleは否定しているが、なんらかの人為的操作がおこなわれたのではないかとも言われている。

いずれにしても、自サイトが検索にヒットするかどうか、上位に表示されるかどうかは企業にとっては死活問題だが、私のような個人サイトは基本的には大した問題ではない。
だがサーチエンジン経由で来る人がかなり多いので、検索ワードや何件目に表示されているのかは、それなりに気になる。

私のサイト「The Light of Smile 笑顔の灯り」(以下 L.O.S.)は、かつてはGoogle経由で来る人が多かったが、ここ1,2年はYahoo!経由で来る人が圧倒的に多い。(海外からの訪問は、相変わらずGoogle経由が多い)
日本人にYahoo!を使う人が多いということもあるだろうが、L.O.S.が上位にヒットする確率がYahoo!が一番高いのかもしれない。
そこで、有名どころの5つのウェブ検索で、L.O.S.が何件目に表示されるのかを調べてみた。(下記の結果で「なし」というのは、上位100件目までに入っていなかったということ)

L.O.S.のコンセプトにもなっている「子供好き」という言葉で検索すると・・・
検索ワード「子供好き」
【Google なし】 【Yahoo! 6件目】 【goo 21件目】
【Live Search なし】 【excite 8件目】
こういう結果だった。こんなありきたりな言葉でも上位に来るYahoo!とexciteはありがたい。

これに「写真」を付け加えると・・・
検索ワード「子供好き 写真」
【Google 84件目】 【Yahoo! 1件目】 【goo 83件目】
【Live Search 28件目】 【excite 1件目】
範囲が絞られ、少し順位が上がった。しかしgooだけは何故か下がってしまった。

「少年少女」と付け加えてみると・・・
検索ワード「子供好き 少年 少女」
【Google 1件目】 【Yahoo 1件目】 【goo 1件目】
【Live Search 15件目】 【excite 1件目】
これは軒並み順位が上がった。子供好きと少年少女をテーマにしているサイトが他にあまり無いからだろう。

次に、L.O.S.の主なコンテンツである「子供」「笑顔」「写真」という言葉を組み合わせてみた。
検索ワード「子供 笑顔」
【Google 63件目】 【Yahoo! 16件目】 【goo なし】
【Live Search 33件目】 【excite 13件目】
子供の笑顔だけだと、L.O.S.は1ページ目には表示されないようだ。

検索ワード「笑顔 写真」
【Google なし】 【Yahoo! 28件目】 【goo なし】
【Live Search 15件目】 【excite 41件目】
単なる笑顔写真を探している人には、L.O.S.はあまり目立っていない。

検索ワード「子供 笑顔 写真」
【Google 3件目】 【Yahoo! 2件目】 【goo 4件目】
【Live Search 3件目】 【excite 1件目】
このキーワードだと、どのサーチエンジンでもかなり上位にくる。子供の笑顔写真を見たい人には、L.O.S.はかなり目立っているようだ。

こうして調べてみると、L.O.S.が比較的上位に来やすいのはYahoo!とexciteで、逆にあまりヒットしないのがgooだとわかった。GoogleとLive Searchはその中間、可もなく不可もなくって感じかな。

何年か前に、Yahoo!のカテゴリリンク集に登録してもらいたくて何回か申請したことがあったが、今から思えばそのとき一蹴されて良かったのかもしれない。
Yahoo!のスタッフに「これ載せよう」と思われるよりも、一般ユーザーに「これブックマークしよう」「こことリンクしよう」と思われるほうが、きっと名誉なことなんだ。(*^-^)人(^-^*)
[PR]
by rukachas | 2007-10-27 23:46 | Net&Webの話 | Comments(0)
子供の姿は大人を変える 大人が変われば子供も変わる
子供画像私のサイトに子供の写真を投稿する画像掲示板を設置して1週間が経った。
今のところ私が9割以上投稿している状態だが、これが呼び水となって次第に賑わってくれることを願っている。あまり管理人ばかりが投稿していると利用者が受け身になりやすいので、その加減が難しいところだが。

画像掲示板の管理人には、文字だけの掲示板よりも強い管理意識が求められる。うちは健全なサイトだが、ワイセツな画像を貼られることもあるかもしれない。
もちろん発見しだい削除するし、関係者から警告があれば即座に従うつもりだが、日々の管理が面倒なのは確かだ。今までこういった画像掲示板を設置してこなかったのはそれが理由。だが今回は思うところあり、思いきって設置してみた。

うちのサイトは子供の笑顔をテーマにしており、子供たちの笑顔写真を見て心を癒そうというのが主な趣旨だ。だがそれはサイトの用途であって目的ではない。私がこのサイトを長年続けているのは、「子供好きな人を増やそう」という明確な目的があるからだ。

10年間ネットをやってきて、今まで様々な子供好きさんたちと交流してきたが、その結果多くの人の子供を思う気持ちには偏りがあり、真の子供好きはとても少ない、ということを実感した。
たとえば我が子を十分に愛し、子育てをしっかりやっている親でも、自分の子も他人の子も含めて子供そのものに惚れる(心惹かれる、夢中になる)という人は少ない。
逆にそういう、子供に惚れてしまう人たちの中には、ただ惚れているだけで(アイドルのファン的な感覚)その子の将来や家族まで気にかける人は少ない。また多くの場合、好むのは少年か少女どちらか一方である。

どちらも子供を好きな人には変わりないが、真の子供好きとは言えない。子供好きとは、性別に関係なく子供を愛し、思いやり、大切にし、なおかつ子供の姿に感動し、子供にぞっこん惚れる人のこと。子供の姿を見るのが三度の飯より好きで、子供と関わることに生き甲斐を感じる人のこと。
「それって保育士のことじゃん!」そう、まさに嘘偽りない気持ちであるなら、真の子供好きとは保育士のことなのだ。ただし、まったくの無給でも構わないと思うほど、子供に尽くしたいと思う人であるならばだ。

私がなぜそういう人間を増やしたいのか、それは、世の中の不幸な子供たちを救いたいから。歯が浮くようなセリフだがウソではない。
虐待されている子、痴漢やイタズラの被害に遭う子、暴漢に襲われて命を絶つ子、生まれてすぐに捨てられる子、満足な生活を与えられていない子。
子供を攻撃(虐待)したり、無視したり(ネグレクト)、身勝手で自分のことしか考えない大人のなんと多いことか。これを改善するには世の大人に子供の素晴らしさを解ってもらうしかない、というのが私の考え。

真の子供好きが増えれば、結果的に不幸な生い立ちの子供が減ることになる。これはひいては犯罪を犯すようなモラルの欠如した子供の減少にも繋がる。たっぷりの愛情と思いやりのあるしつけの中で育てば、他人を攻撃したり迷惑をかけるような人間にはならない。
少年犯罪をゼロにすることはできないだろうが、少なくとも無情な環境や不幸な生い立ちによって悪心が芽生えてしまう子の数はかなり減少するはず。子供たちにとって本当に必要なことは「良い子」を強制されることではなく、「愛情」を与えられることなのだから。

子供好きな人を増やしたい・・・サイトを開設して8年間、この思いを胸にあれこれ試行錯誤してきたわけだが、今回の子供画像掲示板の設置は、子供の姿に目を奪われたり感動するような、そういう人間の隠れた部分を引き出すためのひとつの手段だ。

親にある我が子への愛、少年好きにある少年愛、少女好きにある少女愛、どれも足りない部分がある。それらを補って完全な子供愛を世の大人たちが持てば、相手を思いやる優しい子供たちが育つはず。そしてそれを人間愛へと昇華できれば、この世はいつか必ず平和になるはず。

理想論?ウソっぽい?ありえない?
いやいや、まずは子供の画像を見て癒されることから始めてみよう。結果はおのずと付いてくる。

------
注:「子供画像掲示板」はメインサイト「The Light of Smile 笑顔の灯り」の終了にともない、2013年8月に終了しました。
[PR]
by rukachas | 2007-10-13 16:46 | 子供の話 | Comments(0)