子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
ゴクッと一杯!
at 2017-06-20 18:15
写真の挿入位置
at 2017-05-29 23:03
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
する偽善より、伝える善心
善意いつだったか、どこかの掲示板で見た会話だが、マザーテレサが「人に尽くすことが私の喜びである」という意味のことを語ったという話を受けて、ある男性が「なぁんだ、結局は自分のためにしてんじゃん、偽善者だな」と、こんなことを言っていた。(正確な会話は憶えていないので、こんなニュアンスだったということ)
私はそれを見て、「偽善」という言葉をそういう意味で捉えている人もいるのかと、少々意外な心境だった。

たとえば、自分がキレイ好きだから近所の道端も掃除するとか、人に親切にするのが好きだから人助けするとか、そういうのは理由はどうであれ、偽善とは言わないのではないだろうか?
「偽善」という言葉を辞書で引くと、「善いことをしているように見せかけること」とある。つまり、一見善いおこないのように見えて、じつは悪いおこないであること、それが偽善だ。

独り暮らしのお年寄りの家を訪れて、床下がどうだ水道水がどうだと言ってバカ高い機材を売りつける訪問販売がニュースなどで取りざたされるが、このように、相手のためになることをしているように見えて、じつはちっとも相手のためになっていない、これを承知の上ですることを「偽善」と言うのだと私は理解している。

だから、人を助けたり親切にするのは、その理由がたとえ「自分がしたいから」であっても、その行動が人のためになっているのなら、それは立派な「善行」であり決して「偽善」ではない。
そうでなければ、善は無償の愛のみになってしまい、警察官や医師などを目指す者の志が空しく感じられてしまう。

ボランティア活動も身近な親切も、善行のもっとも理想的な形は「他人のためにしていることが同時に自分のため(喜び)にもなっている」という形だ。
人類は最小単位の家族から最大単位の国家まで、そうした善意の成り立ちによって発展してきたわけで、逆に言えば、自分の気持ちを犠牲にした善行は、表向きは他人のためであっても、その世界を決して良い方向には導かない。

それに関連したことだが、よく聞く言葉に「しない善よりする偽善」というのがある。
多くの人が納得している言葉のようだが、私はこれには反対の気持ちを持っている。偽善という言葉を「それは善の偽物であり、実態は善ではない」と捉えているからだ。偽善をおこなうくらいなら、善の心を持ったまま何もしないでいたほうが良い結果をもたらすと思っている。

もちろんその「する偽善」という言葉の多くが、「心のこもらない行動」という意味で使われていることは知っている。実際に見える形での結果を出すことが当事者のためなのだから、しない者よりもする者が評価されるのは当然だ。
だがそれは目先の目的を達することにはなっても、長い目で見てより良い世界を創り出すことにはならない。100年200年先の未来に、より多くのマザーテレサを創り出すことにはならない。
人類に本当に必要なのは偽善の心で行動することではなく、善の心に揺り動かされ行動すること。心を重視せず、行動だけでそれを良しとする「しない善よりする偽善」には、ある種の危機感さえ感じてしまう。

しかし「しない善」も、自分ひとりで完結してしまっては何も生み出さない。いくら善の心を持っていても意味がない。ではどうするのか?・・・伝えれば良い。親から子へと、新しい世代へと。
人の心はそう簡単に変わりはしない。遥か100年200年先を見据えて、大人から子供へと、さらに次の世代へと「人に尽くす価値」を伝授し、それに喜びを見いだす子を育てていけば、未来は必ず良い方向に向かうはず。

例えるならこう。偽物でもいいから宝石(に見えるもの)を持っていたいと思う者が増えれば、本物の宝石を持つ者は少なくなる。しかし、偽物を持つくらいなら本物への憧れを心に持てば良いと思う者が増えれば、偽物は増えず、本物の宝石はより価値を高める。
善と偽善の関係もこれと同じ。
[PR]
by rukachas | 2008-03-26 21:27 | 言葉の話 | Comments(0)
Safari 3.1 for Windows
c0039181_16152292.jpgほとんどの人にとって、最も使用頻度の高いアプリケーションはウェブブラウザだろう。
このネット社会、情報を得るのもソフトをダウンロードするのも、とにかくウェブブラウザが無ければ始まらない。そして毎日使っている物だからこそ、新聞のように見やすさ、軽さ、扱いやすさが非常に重要になってくる。
まだまだWindows標準のInternet Explorer(以下IE)しか使ったことがない人も多いと思うが、複数のブラウザを使い比べて自分にあったブラウザを見つけ出そう。

私はPC(Windows機)ではずっとFirefoxを使ってきた。IEはセキュリティに少々不安があったのと、バージョン6まではタブ機能がなかったので使い勝手が悪かったからだ。今はIEは、Windows Updateとオンラインウィルスチェックの時にしか使っていない。
かたやFirefoxは非常に良くできたブラウザで、ユーザーによって作成された様々なアドオン(機能拡張ファイル)を組み込むことで、便利な機能をプラスしたり外観を変えることができる。カスタマイズ性に優れ、ブラウザを単なるブラウザとして使っていない者には大変重宝するブラウザだ。(ややこしいな)
ただし機能が多い反面、取り立てて動作が軽い、表示が速い、というほどではない。(IEよりマシだけどね)

そんな中、今月の18日にAppleのウェブブラウザ「Safari 3.1」が公開された。
SafariといえばMacではお馴染みの爆速ブラウザだが、一般のPCユーザーにはあまり馴染みがない。それもそのはず、Windows版である「Safari for Windows」は昨年6月に出たばかりで、しかもベータ版だった。
しかし世界中で膨大なダウンロード数を誇ったらしく、IEやFirefoxとは違うエンジンを積んだSafariに対するWindowsユーザーの関心の高さが伺える。

ベータ版として登場以来マイナーバージョンアップを続けてきたSafari for Windowsも今回の3.1で晴れて正式版となったので、私もさっそく愛機にインストールして使ってみた。
結論から言うと、今回はiTunesのとき以上に「Appleグッジョブ!」といった感じ。イイ~具合に仕上がっている。ヾ(゜▽゜@)

まず気付くのは評判どおり、そのレンダリングの速さ。うちの3メガちょっとbpsしか出ないADSLでも、本のページをめくるようにパッパッと軽快に表示される。この速さ、たしかに最速ブラウザをうたうだけのことはある。
Mac版も今回の3.1でさらに速くなったので、Safariの開発チームはかなり良い仕事をしたと言えそうだ。
ここ10年でダイヤルアップからxDSL、FTTH(光)へと通信速度は飛躍的に向上したが、それに対応して容量の多いページも増えた。1000件の記事をすべて表示とか、画像が数百枚貼られているページもある。それらをストレスなく観覧できる表示の速さは、これからのブラウザに最も求められる要素だと思う。

Safariを使って次に気付くのは文字のキレイさ。4段階に変えられるアンチエイリアス(文字のスムージング)によって、文字が滑らかに表示される。
XPの標準フォントではMacのヒラギノほどの美しさは望めないが、それでもずいぶんと印象が変わった。Safariを見たあとに他のブラウザを見ると、今までこんなガタガタの文字を読んでいたのかと驚くほどだ。
ただ、それが見やすいかどうかは人によると思う。文字のスムージングを「にじみ」や「ぼやけ」と感じてしまう人には向かないし、非力なPCの場合はそのせいでスクロールが重くなるかもしれない。(現バージョンではスムージングはOFFにできない)

感心したのは、Mac版とWin版で、操作感も含めて挙動がしっかり統一されているところ。
通常MacとWinでは、同じソフトであっても操作感が結構違う。デザインを統一してもメニューやダイアログなどの挙動はOSに依るところが大きいからだ。
ところがSafari for Windowsは本家Safariの挙動を踏襲し、 Mac側とほぼ同じ感覚で使うことができる。これはMacとWindows両方使っている者にはありがたい。
とりあえずざっと使ってみて感じた、利点と欠点は次のとおり。

利点
☆ 現時点での最速ブラウザ
☆ 文字表示がキレイ
☆ 表示領域が広い
☆ ページ内検索がしやすい、見やすい
☆ YouTubeの動画が他ソフトを使わずにダウンロードできる

欠点
★ 必要メモリが多い(Firefoxも多かったが、さらに20MBほど多い)
★ ツールバーのボタンの種類が少ない
★ マウスホイールの設定がスクロール速度に反映されない
★ Safariに対応していないユーティリティが多い

私の場合はSafari for Windowsをメインブラウザにしても問題ないと判断したため、これまでメインで使ってきたFirefoxを削除した。
アドオンやブラウザ用のユーティリティをバリバリ使っているユーザーは拡張性のなさが不満かもしれないが、より軽快に観覧したいという人は乗換えを検討してみてはどうだろう。
ただしSafariに対応していないサービスはまだまだ多いので、IEとの併用をお忘れなく。

-----------------------------------------
・・・後日追記。
しばらく使ってみて、Flashを使ったムービーの読み込みに難があることが分かった。YouTubeのムービーをタグで複数貼付けているページを表示させると、読み込み中にフリーズすることが多い。YouTube自体の観覧は問題ないが、ムービーを全画面で表示させると再生が終わるまでシークも閉じるボタンも受け付けなくなる。
IEやFirefoxではこのようなことは起こらない。SafariとFlash Playerとの相性なのだろうか?

それと、Javaを最新版に更新すると、ページに埋め込まれたJavaアプレットが表示されなくなる。(このときもフリーズっぽい)
もしSafariでJavaに不具合が起きたら、いったん現在のJavaをアンインストールし、Apple社のWindows版Safari用プラグインのページにあるJavaをダウンロードしてそれをインストールすれば正常に戻る。
最新版のJavaはSafariに対応していないということだろうか?インストール後はコントロールパネルのJavaで、自動更新を無効にしておこう。

私のデスクトップPCとノートPCの両方とも同じ症状だったので、現時点ではプラグイン周りで若干の不安がありそうだ。今後のアップデートに期待しよう。
[PR]
by rukachas | 2008-03-22 16:16 | Mac&Winの話 | Comments(0)
私のパソコンの近況
パソコン私は普段Macをメインで使っているが、2年前に友人から譲り受けたPCもサブマシンとして愛用している。CPUが1GHzの自作機、愛称ウイン子ちゃん。(^^;)

先月、そのPCのグラフィックボード(ビデオカードとも言う)を新しいものと交換した。最近のではなくちょっと前の中古品なのだが、これまで付けていたボードよりも性能がずっと上なので、ムービーや3Dゲームの描画がかなりマシになった。
アクションゲームをプレイした甥っ子の感想は「絵がキレイになって音も良くなった」とのこと。エミュレータでは苦しいが、PCゲームのグラフィックはPS2とPS3のあいだくらいにはなったと思う。

ボードを新しくして描画がキビキビしたとたんPCゲームがやりたくなり、最近立て続けに2本購入したが、数年前までのゲームならこのPCでも普通にプレイできそうだ。最新の3Dゲームはさすがにキビシイが。
私が見るもの甥っ子たちが見るもの、映画やらゲームやら色々と入っているため少々ハードディスクが窮屈になってきたので、ついでにHDDも増設した。

現在このPCは、映画鑑賞、ゲームプレイ、調べもの、甥のネット使用(私と一緒に)、YouTubeの動画を甥のケータイに転送、などに使っている。
ノートパソコンのほうは、元々はベッドの上でも他の部屋でも気軽に文章が書けるようにと買ったのだが、最近はすっかり甥の学習&ヒマつぶしマシンとなってしまった。
メインマシンのMacは、ものを作る作業全般と、家族写真や住所録などプライベートなデータの管理に使っている。

Macはともかく、私はPCにウィルス対策ソフトをまったく入れていない。常駐させると重くなるし、不安定さも増すからだ。だがPCにはプライバシーに関わる情報を一切入れていないので、もし情報漏洩型のウィルスに感染してもさほど困ることはないと思う。
とは言いながらも、定期的にオンラインでウィルスチェックしたり、Windowsアップデートも欠かさずしているけどね。

今はWinとMacでそれぞれの機種を使っているが、現在売られているintel MacならXPもOSXも両方使えるので1台で済む。これならファイル管理もしやすいし、電気代も一台分で済むし、部屋も狭くならずに済む。
そろそろ新しいMacが欲しいけれど、もうしばらくはガマンガマン。(;´Д`)
[PR]
by rukachas | 2008-03-13 00:17 | Mac&Winの話 | Comments(0)
ワイセツか否かは意図と用途で判断すべき
母子のヌード前回のコラムは「ヌードを扱ったものには、大人の性的興奮を目的として作られたワイセツなものと、全年齢に向けたワイセツさのないものがある」という話をしました。
今回は具体的に、それはどのようなものか?という話をしたいと思います。

2008年2月、男性器が掲載された写真家ロバート・メイプルソープ氏の写真集が輸入禁止のワイセツ書籍に当たるかが争われた裁判で、最高裁は税関の輸入禁止処分を認めた2審東京高裁判決を破棄し、ワイセツ書籍には当たらないとの判断を下しました。
裁判長が「メイプルソープ氏の写真集は、性欲を刺激するようなワイセツ書籍ではない」と結論づけたわけです。
私もネットの画像検索で一部を見てみました。たしかに男性器がハッキリと写っていましたが、好む好まないは別にして、ワイセツな意図による作品にはとても見えませんでした。至極当然な判決だと思います。

男性器の写真が載っているだけでワイセツとなるのなら、それは男性器そのものがワイセツということになりますが、もしそうなら、母親は赤ちゃんのオムツ換えのたびに顔を背けなければなりませんし、世の男性はトイレでファスナーを下ろすたびに興奮していることになります。
見せ方、扱い方によってワイセツになるのであって、男性器そのものがワイセツなのではありません。
有名なミケランジェロの「ダビデ像」を子供たちに見せられるのも、公共施設に小便小僧が設置されているのも、男性器そのものはワイセツではないという証です。

このように、たとえ性器が写っていてもワイセツではない(合法である)と判断されることは多々あります。写真家の作品のような芸術的なものだけでなく、一般の方が撮影したごく普通の家族写真、とくに赤ちゃんや子供の写真においてはそのようなものが数多くあります。
たとえばネットで画像検索すれば、親が撮影した赤ちゃんのお風呂シーンや、水辺で裸になって遊ぶ子供たちの写真がたくさん見つかります。(子供 お風呂での検索例)
当サイトの「天使のアルバム」のページにも親御さんが投稿した幼い姉弟のお風呂写真がありますし、「甥っ子天使くん」のページにも私の甥が赤ん坊のときの全裸写真があります。

当然これらの写真がワイセツだと判断されることはありません。ワイセツな意図で撮影したのではなく、ワイセツな意図で掲載したのでもなく、またワイセツな扱い方もしていないからです。
ワイセツではないということは合法的な掲載ということですが、中にはこのような家族写真さえも「裸であれば違法だ!」と勘違いしている人もいます。1999年に施行された児童ポルノ法の影響です。

1999年に施行された児童ポルノ法には、児童ポルノの定義として「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの」という記述があります。
性欲を興奮させる目的で作られたかどうかが重要なのにもかかわらず、多くの人は「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態」というところで違法合法を判断しているのが実情です。
児童性愛サイトに見られる「モロはありません」「ヌードはありません」という記述も、裸の写真でなければ大丈夫、性器が見えていなければ大丈夫、という思い込みがあるからでしょう。

しかし、2007年3月に駐日スウェーデン大使館で開催された「子どもポルノサイトの根絶に向けて」と題されたシンポジウムでは、野田聖子議員らが集まる中、「ロリータマニアが集まる掲示板では、普通の子供の画像が貼られただけで、子供ポルノの公然陳列と見なすことも考えている」という意見も出ました。(参考ページ)
つまり違法か合法かの振り分けが、裸の写真があるか無いかではなく「どのような意図によっておこなわれているか」に変わってきているのです。

これは昨今の子供を題材とした成人向けコンテンツの多さを考えると、当然の流れのようにも感じます。
児童ポルノ法によって18歳未満の裸がいかなるものも発売禁止とされたため、それまで合法とされてきた、一般向けの少年少女ヌード(テレビ放送を含む)さえも、ひとくくりに規制されてしまいました。
ところがその後、裸でなければ合法だということで、水着姿の少女を使った性的表現の強い写真集やビデオが次々と作られていきました。
これについてはDVDの製作者が逮捕されたケースもありましたが、裸ではないため児童ポルノ法で完全に規制することはできていません。

言い過ぎかもしれませんが、現行の児童ポルノ法は「ヌードでなければOK」というお墨付きを国が与えてしまったようなものではないでしょうか。
違法か合法かはヌードか否かではなく、どのような者に向けてどのような意図で制作されたか、またそれがどのように流通しどのように取り扱われているかで判断すべきだと思うのです。今後の法改正がその方向でおこなわれることを望みます。

美術館や公共施設にある裸像(絵画や彫刻など)と同じく、ワイセツな意図によらないヌード写真はワイセツ物ではありません。
しかしそれらをワイセツな意図で扱った場合は、その「行為」がワイセツとなります。

その昔、子供でも買える一般向けの少女ヌード写真集があり、またそれらが決して非難されるものではなかったことを考えると、児童ポルノ法の施行以降、人々が子供の姿さえもワイセツだと認識してしまったことが、かえって子供を「聖域」から「性域」へと追いやってしまったと言えるかもしれません。
[PR]
by rukachas | 2008-03-05 21:23 | 子供の話 | Comments(0)
人の姿にときめいて・・・
ヌードかつて日本のテレビ界にはお色気番組と呼ばれる定番ジャンルがありました。しかし10年ほど前あたりからでしょうか、低俗だとか子供に悪影響(深夜放送なのに?)などの理由で規制され、次々と消滅してしまいました。
衛星放送やケーブルTVなどの成人向けチャンネルでは盛り上がっているようですが、昔のように地上波で見れるお色気番組はすっかり影を潜めました。
個人的には、テレ東の「ギルガメッシュないと」の終焉がお色気番組の終焉であったように思います。

何故こんな話をしたのかというと、今の子供たちは「性」よりも先に「性行為」を知り、「トキメキ」よりも先に「興奮」を得ることが多いように感じるからです。
未婚の十代の妊娠率が増えているとか、ワイセツ事件を起こす未成年も多いとか、出会い系サイトでは小学生から大人を誘うケースもある、という話を聞くと、子供に悪影響があるはずのお色気番組を一掃したのに未成年の性モラルは低下の一途じゃないか・・・とさえ思ってしまうのです。

しかしそれもそのはず。昭和のテレビでは当たり前だった軽いお色気さえも流さなくなった現代には、代わりにゲームやマンガ、ネットなどのコンテンツに、テレビ放送よりも過激な性描写が溢れているからです。
「それは18禁だから子供には関係ないじゃん」と思うなかれ。エロマンガは子供たちにも読まれており、ネットの18禁サイトにアクセスしたことのある児童も今や半数近くに上っています。
問題なのは、そんなアダルトマンガ、アダルトゲーム、アダルトサイトのほとんどが「性交または性行為」を扱った内容であるということ。

人に対しての思いやりや慈悲というものは、相手を愛しく思うことが前提であり、それはもともとは人間という生き物への好意から生まれるものです。
人間の裸に興味を持ち始める頃(個人差はありますが大体10歳くらい)に美しい裸体を見ることは、人間の尊厳を理解したり、人を敬う心を成長させます。その昔テレビの番組で流れていたヌードモデルの姿などは、ポルノチックな表現をしていない限りは、まさにうってつけの教材だったわけです。

ところが今はどうでしょう。人体そのものがワイセツだと言わんばかりに、ヌードアートさえも18禁にされる世の中。
子供たちは人体の美しさに触れる機会もないまま、小学校4,5年生の授業でいきなり「性行為」の存在を知らされます。「裸」と「性」と「生殖行為」をひとまとめにして意識させられます。
その後、アダルト番組やアダルトサイトなどを興味本位で見たとしても、そこにあるのも「性行為」の描写ばかり。当然のごとく性行為への興味と共に、異性のカラダを性欲の矛先として捉えてしまい、そうして育った結果が、先ほど言った妊娠率や性犯罪の増加へと繋がっていると思うのです。

異論反論あるでしょうが、私はポルノなど、大人向けの性情報は子供に悪影響があると思っていますが、ヌードという視覚情報をすべて遮断することも悪影響だと思っています。
どんな悪影響かは上で述べたとおりですが、大人向けの性を知る前に、人間の姿にときめくことが必要だと思うのです。

あまりハッキリとは憶えていないので正確ではないかもしれませんが、今から20年以上前に見たビデオ映像の話です。
私が行き付けのビデオレンタル店に立ち寄ったとき、アダルトビデオコーナーの棚の下のほうに置いてある1本のビデオテープが目に留まりました。
店員が書いたと思われる「中学生から見れます」というメモ書きが貼ってあったからです。

手に取ってパッケージを見ると、そこには外国の美人モデルがビキニ姿でポーズをとっている写真が載っていました。どうやら数人のグラビアモデルを撮影したキレイなビデオクリップ集のようです。13歳以上推奨と書いてあったのか13歳未満観覧禁止と書いてあったのかは憶えていませんが、とにかくパッケージにもそれらしいことが書いてありました。
「なんだ、中学生も見れるならアダルトコーナーに置くなよ!」と思いましたが、どんなものだろうと気になったので借りてみました。

家に帰ってから見てみると、内容はいたってシンプル。とても美人でスタイルの良い、水着姿の外国人女性が、ある者はガレージで、ある者はプールサイドで、ある者はスポットライトを浴びたステージでゆっくりとカラダを動かしているだけの映像でした。1人10分ほどの映像で、それが4人分続けて流れる45分ほどの作品でした。

これだけなら日本のアイドルのイメージビデオと変わりませんが、私が感心したのは、モデルたちが途中で水着を脱ぎ、全裸になるということ。そして全裸でありながら、映像がまったくの無修正(モザイクなし)であるということ。
つまり簡単に言えば、水着モデルのストリップショーということになりますね。
しかし日本人がイメージするストリップとは違い、たとえばお尻を突き出したり股を開いたりなどの性的なポーズはまったくなく、ただ音楽に合わせて歩いたり横になったり、クルリとターンしたりとその程度。
西洋女性のカラダの線の美しさが突出して表現されている、まさに人体鑑賞と呼ぶにふさわしい映像でした。

この当時の日本は陰毛の露出が違法でしたが、それを意識して作ったのか、それとも西洋絵画をイメージしたからなのか、このビデオに出演している女性はみな陰毛を処理していました。
女性は男性と違い脚を閉じていれば性器が見えることもありませんので、陰毛も性器も映っていないということでモザイクが必要なしとなったのでしょう。
さらに一般のアダルトビデオと違い、性行為や性的なシーンが一切無いことも制限年齢が下がった理由だと思います。実際、美術館のオブジェを眺めるように落ち着いて鑑賞できる作品でした。

しかしもしこのビデオが今発売されたら、間違いなくアダルトビデオ扱いでしょうね。ヌードというだけで大人の性娯楽作品と見られてしまうでしょう。
現代は中学生どころか、高校生にさえ「ワイセツではないヌード」を知らずに育った子が多いように感じます。つまり端的に言えば、それだけ性欲処理を目的としたエロばかりが巷にあふれているということ。

初めから大人のみを対象とした性娯楽(大人を性的に興奮させることを目的として作られたもの、いわゆるポルノ)は、子供たちに見せるべきではありません。
しかしテレビにしてもネットにしても、裸というものがあまりにもポルノ扱いされ過ぎてはいませんか?
たとえアート作品であっても子供に悪影響、たとえ裸祭りのポスターであっても悪影響、裸に見えるボディスーツも悪影響・・・と、そんなことをしてきた結果、多くの子供たちに「人のカラダはイヤラシイもの」と認識させてしまいました。

ヌードをすべてひっくるめて「裸はけしからん!子供に悪影響だ!」と騒ぐ人がいる家庭と、親子でワイセツさのないヌードを見て、人体美について語り合える家庭と、どちらが「人間愛」を育めるか、考えるまでもありませんね。
[PR]
by rukachas | 2008-03-01 00:15 | 子供の話 | Comments(0)