子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Safari 3.1をWindows2000にインストール
Safari以前の記事でAppleのウェブブラウザ「Safari 3.1 for Windows」について書いたが、システム条件がXPまたはVistaとなっているので、OSがWindows2000である私のノートPCでは使えないのだと諦めていた。
実際にインストールした方のレビューを読むと、JavaScriptのページでクラッシュするらしい。起動後最初に読み込むのがJavaScriptを使ったAppleのサイトなので、起動後いきなり落ちてしまう。

しかしWin2000でもSafari 3.1を安定して使える方法があった!
「Safariを安定起動する - 黒翼猫のコンピュータ日記」
http://blog.livedoor.jp/blackwingcat/archives/118315.html

黒翼猫さんアリガトウ(゚∀゚)。この方法でDLLを書き換えたら、Win2000上でもなんの問題もなく起動、そして意外なほど安定している。(システムファイルを書き換えるので、やる方は自己責任で)

Win2000でも文字のスムージングはしっかりかかるが、私の液晶では文字がちょっと太過ぎと感じたので「弱」にした。
私のもっさりノート(Celelon 850MHz)でも、Safari 3.1はそこそこ軽快に稼動している。もうすぐFirefox3もベータが取れるから、そうなると本格的にブラウザの速さ軽さ競争が始まりそうだ。
IE7はついてこれるのだろうか?
[PR]
by rukachas | 2008-04-16 20:45 | Mac&Winの話 | Comments(0)
PCトラブル、突然のブラックアウト
電源とコード今回はちょっと長文になるが、私のWindows機に起きた不具合の話。
ひと月半ほど前にグラフィックボード(以下グラボ)を新調し、ハードディスク(以下HDD)を増設した私のPC。甥っ子が春休みで遊びに来ていたときは3Dゲームマシンと化し、そのあいだなんの不具合もなく順調に稼動していた。
ところが先日、甥が帰っていった次の日、いつものようにウェブページを閲覧していると、まるで電源を落としたかのように突然モニタがブラックアウトした。(何も映らなくなった)

真っ先に思ったのはモニタの寿命。なにしろ10年間も使ってきた私の部屋の最古参CRT。発色も発光もとくに問題はなかったが、古いのでいつ壊れてもおかしくないとは思っていた。
画面が映らないのでシャットダウンできず、仕方なくPC本体裏のメインスイッチで強制的に電源を切り、もう一度起動した。するとモニタが正常に戻り、いつものようにWindows XPのデスクトップが現れた。
「直ったのかな?」と思ったが、少し経ったらまたも突然モニタが真っ暗に・・・。どうやら数分経つと映らなくなるようだ。
モニタの故障だと思い込んではいたが、念のためにとMacで使っている問題のないモニタを繋いでみた。PCを起動して数分後、なんと問題ないはずのこのモニタでもブラックアウトしてしまった。原因はモニタの故障ではなかった。

そこで思ったのは、ひと月半前に取り付けたグラボの故障。もし故障なら以前のグラボに付け替えなくてはならない。せっかく3Dゲームもサクサクできていたのにとちょっとガッカリ。
しかし、再起動すると映りしばらくすると消えるという症状に、グラボの故障ではなんとなく解せない気もしていた。

そんなときコントロールパネルの画面のプロパティをいじっていてあることに気が付いた。画面のプロパティの詳細設定でグラフィックドライバの設定項目が表示されるが、今まで日本語表記だったはずなのに何故か英語表記になっている。
ということはグラフィックドライバ関係がなんらかの原因で壊れたのかもしれない。ドライバがイカレただけならドライバを再インストールすれば直るはず。
メーカーのサイトから最新のグラフィックドライバ(もちろんこのグラボ用)をダウンロード・・・していたのだが、途中でモニタがまたしてもブラックアウト。しばらくして再起動したら最後までダウンロードされていない。仕方なくMacでダウンロードしてLANでPCに転送した。

PCをセーフモードで起ち上げて現在のドライバをアンインストールし、新しいドライバをインストール。この間にまたブラックアウトしないかとヒヤヒヤだった。
無事にインストール成功。再起動して10分くらいしても何も起きなかったので、「今度はなんともないな、直ったんだな、ヨカッタヨカッタ!」と喜んでいたら、またもプツンとブラックアウト。原因はグラフィックドライバではなかった。

ではやはりグラボ自体の故障なのか?でももし故障なら、再起動したらいったん正常に戻るのがどうも解せない。
そのとき気付いた。iTunesで音楽を鳴らしていたら、モニタの画面が暗くなると同時に音楽もピタリと鳴り止んだのだ。そしてキーボードをどう叩いても、PCのアクセスランプに変化がない。どうやらモニタがブラックアウトすると同時に、システムがハングアップ(フリーズ)しているようだ。
グラボの不具合がハングアップを引き起こしたとは考えにくく、システムがハングアップしたことで画面がブラックアウトしたと考えたほうがシックリいく。となると、何故ハングアップするかだ。

ということで次に思ったのは、Windows自体が壊れたか、あるいはウィルスの感染。
これはWindowsをクリーンインストールすれば済むことだが、後から入れたアプリもたんとあるし、再インストールだけはできれば避けたい。WindowsはMac OSのように別ディスクにコピーしてあとで戻せばOKというわけにはいかないし。
とりあえずウィルスチェックだけでもとオンラインスキャンをしてみたが、なにせスキャン中に画面が消えてアクセスも止まってしまうものだから、スキャンが全然完了しない。成す術なし・・・。ヽ(´・`)ノ

温度上昇によるCPUの熱暴走が原因とは考えられないだろうかと、一応BIOSでチェックしてみることにした。起動時にBIOSを表示させ、各項目をチェック。BIOSで見るCPUとHDDの温度は至って正常で、熱暴走とは考えにくい。
そのときなんと、BIOS画面中にもかかわらず、またしても突然のブラックアウト。Windowsが起ち上がっていない段階でもまったく同じ症状が出たので、これでWindowsの壊れやウィルスが原因でないことが分かった。

もしかしたらBIOSがなんらかの原因で壊れたのだろうか?それがPCの挙動に影響を与えているのだろうか?
マザーボードのサイトからこのボード用のBIOSをダウンロードして、慎重にBIOSの書き換えをおこなった。BIOSの書き換え中に固まったら最悪オシャカになってしまうので超真剣。
無事にBIOSの書き換えが終わり、再起動。ちゃんとWindowsが起ち上がり、しばらくは正常に使えていた。ウェブを見たり音楽を聴いたり、数十分経っても再発する気配がない。
「こりゃ直ったかも。ヨカッタヨカッタ!」と思っていたら、やはりまたしてもぬか喜び。同じように突然のブラックアウト&ハングアップ。原因はBIOSでもなかった。

モニタではない、グラボでもない(この時点では確証なし)、グラフィックドライバでもない、BIOS画面でもなったのでOSでもウィルスでもない、BIOSでもない、CPUの熱暴走でもない・・・となれば、あと考えられることはHDDの故障か、電源ユニットが不安定になってきたかだ。
だがHDDは故障の前兆のようなものがまったく無かったし、電源も容量が足りていないとは思えない。たしかに消費電力の高いグラボとHDDを取り付けたことで、多少は内部温度も増えたろうし電源ユニットの負担も増えたはずだが、許容範囲には収まっているはず。
第一このひと月半、何事もなく使えてきたのだから、どうして今になって?という気分だった。結局この日はなんだかんだで夜中までかかってしまい、とりあえずここまでして眠りについた。

翌日、もしかしたら内部に溜まったホコリが悪さしているのかもしれないと思い、内部を掃除してみることに。
電源ユニットを外し、各スロットのカードとメモリも外し、端子や接点を気休め程度に拭き、溜まったホコリを掃除機で吸引した。静電気に気をつけてブロワーで吹き飛ばしながら。
CPUのヒートシンクとファン、そして電源ユニットにはホコリがワタのように絡み付いていて、こういうので熱が上がるんだなぁと思いながら取り除いていると、オヤッ?と気になる箇所を見つけた。

電源コネクタの端子の一部がコゲている。いや正確にはコゲではなく茶色く変色しているのだが、コネクタの半透明の樹脂がこげ茶色になっており、長いあいだ熱にさらされていたことをうかがわせる。
コードをたどるとHDDに行き着いた。電源コードは複数のHDDに接続できるようになっているため、私はHDDを増設するときもう1台のHDDのコードから分岐して接続したのだが、よく見ると2つの送風ファンもこの同じコードから分岐されていた。
つまり電源ユニットから出ている4本の電源コネクタのうち、1本だけで2台のHDDと2台の送風ファンに電力供給していたというわけ。各パーツの消費電力は電源ユニットの許容範囲内ではあるが、このコネクタだけに電圧がかかり過ぎていたというわけ。

私は1台のHDDの電源コネクタを外し、普段あまり使うことのないフロッピードライブ側のコネクタを繋げた。変色した端子を磨き、電源ユニットを元に戻し、PCを元の場所にセッティング。
するとあれほど悩まされたブラックアウト&ハングアップが嘘のように解決した。以前と同じように快適に稼動している。どうやら不具合の原因はこれだったらしい。
通常は1本の電源コネクタに複数のHDDを接続しても良いはずだが、このPCの電源はさほど強固ではないため、電力供給の偏りが悪いほうに作用してしまったということだろう。

結局、話をまとめると原因はこう。ひと月半前に、以前のものより消費電力の多いグラボと、2台目のHDDを付けたことで全体の消費電力が上がった。増設で内部の温度が上昇したためファンの回転数も増え、結果的に元から付いていた2台のファンの消費電力もアップした。
それらは電源ユニットの許容範囲内ではあったが、1本のコネクタから2台のHDDと2台の送風ファンに繋いでいたため、コネクタの一箇所にいらん付加がかかってしまった。そのため安定した電力供給がおこなわれず、突然のハングアップにつながった、ということ。

では何故、増設してからひと月半ものあいだ何事もなく、先日いきなり起こったのか?
コネクタの一箇所にかかっていた負荷は、周りの樹脂を変色させるほどの熱を発生させていた。長い時間をかけて変化した端子は接触不良を起こし、熱によって電気抵抗も増え、HDDへの電力供給が不安定になっていた。
春休みまではなんとか持ちこたえていたが、春休み中の3Dゲームの連続稼動によってグラボとCPUの消費電力も増え、電源がさらに不安定に。おまけに増設したHDDには主にゲームや映画を入れていたので、それをよく起動していた春休み中は2台のHDDが同時稼動することも多くなり、コネクタへの付加がピークに達した・・・ということだった。

こういうトラブルはハード的なものかソフト的なものか、原因の特定が難しい。しかし原因が分かってみればなんてことはない、結局は私のずさんな増設が事の発端だった。私がもっと電源ユニットの能力や、各パーツへの電力配分に気を使っていれば、このひと月半、内部のコネクタに負担をかけることもなかったわけだ。
もしかしたら甥が3Dゲームを楽しんでいる春休み中は、最後の力をふりしぼって頑張りつづけ、そして甥が帰っていったあと力尽きたのかもしれないと思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。
今日はPCの本体を、ねぎらいの意味でキレイに拭いてあげた。
[PR]
by rukachas | 2008-04-09 21:50 | Mac&Winの話 | Comments(16)
世代間の感情ギャップ
お年寄りと子供世代間のギャップはいつの世にもあるもの。先月末、春休みでうちに遊びに来ていた11歳の甥っ子が、夕食のあと私にこんな悩みを打ち明けた。
「あのねぇ、ボクばあちゃんがすることで嫌なことがあるんだ。ばあちゃんさぁ、食事のときボクに”これも食べな、あれも食べな”っておかずをボクのご飯の上に乗せるでしょ?そんときばあちゃん自分が使った箸でつまむじゃん、あれヤなんだよなぁ・・・」

なるほど。赤ん坊や幼児ならともかく、他人の使った箸やコップを汚いと思うのは、このくらいの歳の子にはよくあることだ。この子は祖父と祖母にハッキリ物言う子ではないので、私を介して伝えたかったのだろう。

その数日後、甥は大好物のとろけるプリン(永谷園)を作り、3分の1だけ食べてあとは冷蔵庫に入れて冷やしてとっておいた。
ところが次の日の夜になっても冷蔵庫に入ったままなので、私は何故食べないのか甥に訊いてみた。すると甥は悲しそうな顔で一言。「プリン食べられなくなっちゃた・・・」
話を聞くと、昼間ばあちゃんに冷蔵庫からプリンを出してもらい、受け取ろうとしたとき、ばあちゃんが「これどんな味するの?」と言いながらスプーンですくって一口食べ、そのスプーンをまたプリンの中に戻したので食べられなくなったと言うのだ。

う~ん、ちょっと潔癖過ぎやしないか?それ以前にばあちゃんに対してよそよそし過ぎやしないか?
もしレストランで赤の他人がペロペロ舐めたスプーンを突っ込んできたら、そりゃあ「マナーのなっていない人だな」と思うだろう。しかし幼い頃から親しんできたばあちゃんの小さなスキンシップに対してもその反応じゃ、あまりに他人行儀で心無い。

ばあちゃんに悪気はまったくなく、むしろ孫との馴れ合いの中で自然に出た行為だ。しかしお年寄りと一緒に暮らしていない甥には、これが奇妙な行為に見えたらしい。
甥には「ばあちゃんのスキンシップだよ。お前と仲イイからついやっちゃうんだよ」と伝え、オフクロには「多感な時期にはそういうの嫌がるから、少し配慮したほうがイイよ」と伝えた。
だが世代間のギャップはかなり深そうで、返ってきた言葉を聞く限り、双方とも理解は難しかったようだ。

この子が、産まれたときからおじいちゃんおばあちゃんと暮らしていれば、お年寄りとの意思疎通もスムースにいくだろうし、そんなに嫌悪感を感じない子になっていただろう。
そしてオフクロも、毎日孫と一緒に生活していれば、現代の子供たちの気持ちも理解できるだろうし、もっと配慮もできるはずだ。
お年寄りと小さな子供が一緒に暮らしている家庭は双方とも得るものが大きいし、核家族化が進んだ現代でも、やはり家族の理想系ではないかと思う。

えっ?うちも私が結婚して子供を作れば済むこと?・・・な、長くなってきたのでこのへんで。( ̄▽ ̄;A
[PR]
by rukachas | 2008-04-07 21:31 | 子供の話 | Comments(0)