「ほっ」と。キャンペーン

子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
子供に死を教えない親たち
悲しみの天使福岡県のとある小学校で、5年生の担任の男性講師が授業で自殺の方法について言及したとして、学校側と講師が生徒の親に謝罪したというニュースがあった。asahi.comの記事から一部を引用。
asahi.com 5月30日の記事

----- ここから引用 -----
学校の説明によると、担任は28日、国語の授業の冒頭で自殺について触れた。「睡眠薬と多量のアルコールを一緒に飲むと死んでしまう」「投身や溺死(できし)、練炭を使うこともある」などと述べた。そのうえで、「みんなの誕生は多くの人の喜びの中で迎えられた。命を大切に力強く生きてほしい。自殺はしてはいけない」と自殺の防止を訴えた。
担任は学校側に対し、「児童から『こわい話をして』と要望されていた。フリーアナウンサーの自殺を想起し、話した」と事情を説明した。
----- ここまで引用 -----

児童から話を聞いた保護者が県の教育委員会に「先生が授業で自殺の方法を話した」と通報したらしいのだが、私はこれを読んで「またバカ親のクレームか」と正直やるせなくなった。

イジメなど他人の命を軽視したり、自分の命を捨てようとさえする小中学生も少なくないこの現代、この講師がおこなったことは、生徒に自殺への嫌悪感を持たせるためにも有意義なことだ。
「人はこうすると死んでしまう」という情報は、5年生にとっては立派な人間学習。生徒から「なにか怖い話して」と言われたのなら、ありもしないオバケ話をするよりも、人間の命はこんなことで終わってしまう、それこそ怖いことだ、と教えることは教育者としてなんらおかしなことではない。

もしこの子らが家庭で自殺のニュース報道などを見たとき、父親に「自殺って他にどういうのがあるの?」などと質問したら、おそらく大部分の親は「そうだなぁ、首吊りとか飛び降りとか・・・あと焼身自殺する人もいるなぁ」という感じで普通に話すことだろう。講師が授業で話したときだけNGとする理由はない。
「睡眠薬と多量のアルコール」「密閉された部屋で練炭を使うと死に至る」という情報は、小学生でもぜひ知っておくべき知識だ。

このようなことにクレームを付ける親は、「死」「犯罪」「性」などの情報をシャットアウトすれば真面目な子供が育つとでも思っているのだろうか?むしろ情報を選り分けたり判断する能力が育っていかない分、思春期を過ぎたあたりで道を踏み外しやすくなるというのに。

ショックを与えるから、子供は知らないでいて欲しいからという理由だけで人間社会の真実を教えない困った親たち。そうしているあいだにも、子供たちはテレビや雑誌などの様々なフィクションに影響を受けている。
自殺の方法を教えたからといって文句を言っている親たちは、道徳教育とは死の概念をも含んだものであるということを知っておいてほしい。
[PR]
by rukachas | 2008-05-31 14:14 | ニュースの話 | Comments(0)
Safariを常に画面左端に密着した状態で開く(Macユーザーのみ)
SafariMacでSafariを使っている方で「Safariを起動したときに、ウィンドウが少し右にズレて表示されることがあるのがイヤだ」という方はいませんか?
どういう条件でそうなるのかはよく分かりませんが、時々Safariのウィンドウが前回の使用時とは違う位置に開くことがあって、そのたびにドラッグして元の位置に戻すのが面倒でした。
たぶん同じようなことを感じている方もいると思うので、解決策をお教えします。

アプリケーションフォルダ内に「AppleScript」フォルダがあると思いますが、その中の「スクリプトエディタ」を起動してください。
そして開いたウィンドウに以下の文字を書き込みます。コピー&ペーストで貼ると楽ですが、余計なスペース(空白)などが入らないように注意。

tell application "Safari"
activate
if not (exists document 1) then return "no document"
copy the bounds of window 1 to {x1, y1, x2, y2}
set the window_width to x2 - x1
set the window_height to y2 - y1
set the bounds of window 1 to {0, 22, window_width, 22 + window_height}
end tell

Safariを起動していない状態で、スクリプトエディタのツールバーかスクリプトメニューから「コンパイル」を実行し、Safariのウィンドウが開くことを確認したら、このスクリプトを保存します。
保存するときにフォーマットを選べますが「アプリケーション」にしてください。ファイル名は「Safari起動」でも「Safari整列」でもお好きなように。保存先はアプリケーションフォルダが良いでしょう。

次回からはSafariではなくこれをクリックすれば、Safariのウィンドウが常に画面左端に密着した状態で開きます。

私はドックからSafariのアイコンを外し、その代わりSafariのアイコンを貼付けたこのスクリプトをドックに置いています。
アイコンの貼付け方は、Safari本体とこのスクリプトの両方の情報ウィンドウを表示し(ファイルメニューの「情報を見る」)、そこにあるアイコンをコピー&ペーストで貼り付ければOK。
[PR]
by rukachas | 2008-05-25 13:44 | Mac&Winの話 | Comments(0)
至福のとき
コーヒーをどうぞ仕事で疲れてヘトヘトになって家路に着き、夕食を食べたら自分の部屋で一杯のコーヒーを飲む。
これが一日の中でもっとも安らげる時。

1990年のアメリカのテレビドラマ「ツインピークス」の中で、FBIのクーパー捜査官がレストランでコーヒーを飲みながら「毎日ひとつ、自分にご褒美をあげるんだ」と言うシーンがある。
私はこのセリフが非常に心に残っていて、それ以来コーヒーを飲むときは「これは自分への褒美なんだ」と考えるようになった。

ドーナツをほおばりコーヒーを美味そうに飲むクーパー捜査官の、物事ひとつひとつに対する深い考え方は、ドラマの進行とは関係なくインパクトの強いものであった。

私もコーヒーに限らず、食事が美味かったとか、街で珍しい花を見かけたとか、夕陽が綺麗だったとか、そんなことにもできるだけ感動するようにしている。
日常の何気ないことを心に留めると、日々のストレスも溜まりにくくなるから不思議だ。

一杯のコーヒーに有難さを感じ、足元に石が転がっていることにさえも意味を考える。どこの誰か知らない人の行為に一喜一憂し、周りを感じることで自分の座標を見失わないようにする。
簡単なことのように思えて、じつは結構難しい。

筋肉痛になった腕を軽くもみながら、感謝の気持ちで今日もコーヒーを飲む。
[PR]
by rukachas | 2008-05-22 23:41 | Comments(0)
公平な不公平
カラオケ今日、気になるニュースを見た。
中日新聞5月21日の記事「深夜入店の子連れ親とトラブル」
----- ここから引用 -----
静岡県教育委員会が青少年に関する条例の「青少年」の定義を、現在の「小学校就学から18歳未満まで」から「18歳未満すべて」と改正を検討していることが分かった。青少年の入店が禁止されている深夜の遊興店で、子ども連れの親が「幼稚園児はいいのに、どうして小学生は駄目なんだ」と店側にクレームを付けるなど、年限がトラブルの元となるケースが増えているためだという。
----- ここまで引用 -----

私から見れば、深夜の遊興店やカラオケ店に子供を連れて行く親は、子供が幼稚園児だろうが小学生だろうがどちらもバカ親としか思えないのだが、抗議した親は小学生も入店OKになると思っての真面目な抗議だったのだろう。

ところが意に反して、条例はどちらもダメの方向で動き出してしまった。不公平さをなくすためにハードルを上げ、より厳しくしたわけだ。おやつの数の違いで文句を言った兄弟に「どっちもおやつ無し!」としたようなもの。
利用していた幼稚園児の親は、抗議した小学生の親に「いらんことすなっ!」と思ったかもしれない。

じつはこれと同じようなことがテレビなどのメディア界でもあった。
かつて日本のテレビ番組には、元気さ、微笑ましさの象徴として裸の男の子が幾度となく登場してきた。ドリフターズのコントで裸の子が走り回って会場を和ませたり、オムツのCMにも赤ちゃんが素っ裸で登場していたものだ。

ところが数年前から「男の子の裸は映すのに、なんで女の子の裸は映さないんだ!」という声がチラホラ。直接テレビ局に抗議した者がどれだけいるかは知らないが、不公平だという言い分だ。
ジェンダーフリー精神のようにも見えるが、おそらくほとんどは男性の好色さによるものだろう。

結果的にはどうなったかというと、なんと今では男の子の裸も映さなくなってしまった、というオチ。
まだ規制ではなく、BPO(放送倫理・番組向上機構)が各テレビ局に自粛を促している状態だが、結局「なんで女の子はダメなんだ!」という意見から「じゃあ両方ダメにしましょう」という結果になるという、先に述べた深夜の子供入店のケースと同じ展開。

海外と日本を比べて、日本のほうが規制が厳しいと抗議することは意味あることだと思う。日本は海外の法律までは動かせず、動かすのは日本側のハードルだからだ。
しかし、日本の法律や条例の中での不公平さに抗議した場合、ともすれば厳しいほうにハードルを合わされてしまうことがある。

今日本が抱えている様々な問題に言えることだが、物事が社会に与えている影響によって規制の度合いを量るべきなのに、単純に一律にしようとするからどこかで歪みが生じてしまう。
政治家が個人的な感情でむやみにハードルを上げることは国民のためにならないが、国民も個人的な感情のみで抗議していると、結局は自分たちのためにならない結果が待っているだけかもしれない。
[PR]
by rukachas | 2008-05-21 20:50 | ニュースの話 | Comments(0)
極太のボーダーライン
マルとバツこのあいだあるテレビ番組で、数人の主婦タレントが「どこまでなら浮気じゃなくて、どこからが浮気か?」という話をしていた。その中で「ダンナが他の女性とメールすることは浮気?」という質問があったのだが、2名の女性が「イエス」と当然のように答えていたのが印象に残った。

女性とメールしただけで浮気だと思われるなら、結婚とはなんと窮屈なことだろう。
私は現在数十人の女性とメル友になっているが、内容は子育てのことやお悩み相談がほとんど。アッチ系の話はまったくないし、ソッチ系の話で盛り上がることもない。文字どおりただのメール「友達」だ。
だがもし私が結婚して、その嫁が前述した女性タレントのような人だったら、私はアドレス帳から女性のメアドを削除しなくてはならないのかもしれない。

世の中には、法律やルールとして様々なボーダーラインがある。ここまでならOK、ここからはダメ(あるいはその逆)という基準がある。
だが困ったことに、ボーダーラインのライン自体が太すぎて、区切りが曖昧なものがとても多い。

喫煙と飲酒は二十歳から、自動車免許と成人映画は18歳から、と数字で明確に区切れるものは良いのだが、「どこまでが友達付き合いでどこからが浮気か?」「どこまでが親切でどこからがおせっかいか?」などは受け手の心情にもよるので、そのボーダーラインはあまりに極太だ。
道路の速度制限のように、法律で明確に決めていながらも多少の超過はOKというケースもある。

今年2月から導入された、未成年者が使う携帯電話での有害サイトフィルタリングサービス。蓋を開けてみれば結局上手くいかず各社とも苦慮しているようだが、これも有害と無害のボーダーラインが太いことによる。
だいたい明確な基準が無いものを明確に分けようとするから無理が生じるわけで、のちにディー・エヌ・エー、ネットスター、マイクロソフト、ヤフー、楽天のインターネット事業者5社は「青少年インターネット規制法案」に反対声明を出している。

思春期を過ぎた子供たちに携帯を与えておきながら、見て良い・ダメの振り分けをブラックボックス的におこなうやり方は、子供の好奇心をいたずらに煽るだけで教育的効果はほとんど無い。
何が有害で何が無害かは、親子で実際に話し合ってみなければ結論は出ない。なにしろ人によってボーダーラインの位置も太さもまちまちなのだから。

ところでこの「思春期」という言葉もかなり曖昧な意味だと思っていたら、じつは医学的には明確な基準があるらしい。女の子は胸が膨らみはじめたら、男の子は精巣の容量が4ミリリットルを超えたら思春期だそうだ。
女の子の胸はともかく、男の子のほうは外からじゃさっぱり分からないし、本人でさえ自覚できないぞ。
これは細いけれども見えないボーダーラインだな。
[PR]
by rukachas | 2008-05-14 19:41 | 言葉の話 | Comments(0)