子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
VISAデビットカード と ..
at 2017-01-14 22:25
ピンタレスト
at 2016-12-14 23:08
ブラックテレホンナンバーワン
at 2016-10-13 01:29
写真フィルムのスキャン その3
at 2016-09-02 12:35
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
過剰な規制は心の栄養失調
規制当サイトのアクセスデータを眺めていると、最近とくに携帯電話からのアクセスが増えていることに気が付いた。
うちは携帯向けサイトではないので、レイアウトも画像もパソコンでの表示に合わせているし、文章もそれなりに長い。だがきっと最近の携帯電話は、通常のウェブページもPCのようにサクサク見られるのだろう。
私もiPhoneと、接続料を気にしない懐の余裕さえあれば、出先でも頻繁にサイトチェックしたいところだ。

携帯でネットというと思い浮かぶのが、今年から義務付けられた未成年者の携帯への有害サイトアクセス制限(フィルタリングサービス)。結局は導入しない人も多く、子供の携帯でさえこの規制を解除する親もいる。理由は有害ではないサイトまでもが使えなくなることがあるから。
まさか私のサイトがフィルタリングされることはないと思うが、公式サイト以外へのアクセスを制限する「ホワイトリスト方式」では、事実上ここも制限されたようなもの。L.O.S.は子供たちにこそ見て欲しいサイトなのに。

だいぶ前になるが、検索サービスgooの子供向けサイト「キッズgoo」で私のサイトを検索したことがあった。そのときは「天使のアルバム」のページが表示されない(フィルタリングされてしまう)ことがわかり、その理由に大いに首をひねったものだった。(このときは「妹」という文字を消したら表示された)
昨日改めてもう一度、どのページがキッズgooのフィルタリングに引っかかるのかを検証してみた。キッズgooの検索窓に「笑顔の灯り」と入力して検索すると1件目に「The Light of Smile 笑顔の灯り」と出るのでそれをクリック。
こうしてサイト内を順に見ていくと・・・

◯【トップページ】 ・・・ 問題なく表示
◯【サイト概要(大人の方へ)】 ・・・ 問題なく表示
◯【サイト概要(こどもたちへ)】 ・・・ 問題なく表示
×【天使のアルバム】 ・・・ 表示せず (過去に「妹」がNGワードであることが判明)
×【発表の広場】 ・・・ 表示せず (これも「妹」という文字のせい?)
◯【甥っ子天使くん】 ・・・ 問題なく表示
◯【知識と心のDNA】 ・・・ 問題なく表示
×【公園レポート】 ・・・ 表示せず (モザイクという言葉に反応か?)
×【天使の質問箱】 ・・・ 表示せず (何がNGワードかわからない)
◯【童謡&子育て投票】 ・・・ 問題なく表示
◯【笑顔をくれた天使たち】 ・・・ 問題なく表示
×【壁紙と音楽】 ・・・ 表示せず (まさかブーグローの絵を問題視?)
×【スクラップブック】 ・・・ 表示せず (何がNGワードかわからない)
◯【My Favorite】 ・・・ 問題なく表示
△【RUKAの雑記ノート】 ・・・ 記事内容によって◯だったり×だったり
×【歩み】 ・・・ 表示せず (何がNGワードかわからない)
×【掲示板(BBS)】 ・・・ 表示せず (ワイセツという言葉に反応か?)
×【お友だちリンク】 ・・・ 表示せず (何がNGワードかわからない)
◯【検索エンジン集合】 ・・・ 問題なく表示

とりあえず各カテゴリの最初のページだけだが、こういう結果だった。キッズgooがいったい何を基準に規制しているのかはわからないが、言葉を削っていくと表示されるようになるので、ページ内の言葉でフィルタリングしているのは確かなようだ。

しかし解せないのはその言葉の選び方。「天使のアルバム」の「れお君(兄) あいりちゃん(妹)」という文章のどこが表示規制に値するというのだろう?「発表の広場」の「誕生日&妹の七五三」というタイトルも同じ。
フィルタリングされたその他のページも、キッズgooを通さずに表示して文面をよ~く見て欲しい。どこに問題があるのかわかるだろうか?私はまったくわからなかった。
たぶん私のサイトを見たほとんどの人が「キッズgooではなぜこのページを表示させないの?」と疑問に思うはずだ。

このブログも子供画像掲示板もすべて表示できないわけではなく、そのときの記事によってフィルタリングされたりされなかったりしているので、サイト自体を規制しているのではなさそうだ。
だが、たとえば「ワイセツな文章は投稿しないでください」と書いただけでワイセツサイトと同じ扱いをされたり、犯罪という言葉があるだけで犯罪サイトと同じ扱いをされるのには困ったものだ。

携帯電話の「有害サイトアクセス制限」はこんな単純な言葉規制ではないと思うが、子供たちを守るべきフィルタリングで子供たちが正しい知識を得られなくなったり、良い方向に導く術さえなくなるのなら本末転倒。
現行のフィルタリングを信頼しきっているパパさんママさん方は、ネットの有害性を恐れる前に、それを知る有益性も踏まえたうえで、子供と共にフィルタリングの是非を問うてみよう。

汚れがどこにもないクリーンルームで育った子供は、クリーンルームでしか生きられない。それは子供を育てている人なら誰もがわかっているはず。
しかし子供をクリーンなままでいさせたいと思う者ほど、自分自身は結構汚れているものだ。子供を汚れさせない、それはすなわち、親子のあいだに分厚い壁ができることなのかもしれない。
[PR]
by rukachas | 2008-08-14 01:52 | Net&Webの話 | Comments(0)
嘘つきっ子、ネットにはばかる
真実先月27日、お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さんの殺害を予告する書き込みをネットの掲示板にしたとして、32歳の男が逮捕された。
本人は「笑いのネタになると思った。本当に殺す気はなく、冗談のつもりだった」と供述しているが、最近はこのような軽いノリでの殺害予告が相次いでいる。

便所の落書きレベルで逮捕するなんて警察の横暴だ、という意見もあるようだが、実際にネットで予告されていた殺傷事件も少なくないのだから、警察に「こんな書き込み無視しろ」と言うほうが横暴だ。たとえ冗談でも冗談じゃない。

「埼京線の上野駅で...」や「◯◯を投します」(”殺します”に見せかけている)、「小女子を焼き殺す」(小女子は魚の名前)など、まるで言葉遊びでおちょくっているかのような書き込みでも数人が逮捕されているが、これも当然だろう。
たとえ爆弾じゃなくても、爆弾に見せかけて繁華街に置いておき、それで人に警戒心を与えて通常の業務を妨害すればじゅうぶん犯罪だ。あとから「いや、あれは爆弾じゃないから」と言い訳しても無駄なのと同じ。

ネットでの殺害予告が相次いでいる理由として「匿名性の悪い面が出ている」「逮捕されることに対する危機感が薄いのではないか?」と言われているが、私はこうも思っている。
殺害予告を書き込むという行為は、そもそも「平気で嘘がつける」という性格に起因しているのではないだろうか?
「上野駅で」の容疑者も「投します」の容疑者も「小女子を」の容疑者も、はたして逮捕されなかったら実際におこなっていただろうか?いやするはずがない。初めからその気などなく、嘘を書き込んでいたわけだ。

もちろん、実際に実行すれば良いと言っているのではない。殺害予告後に実際の犯行をおこなった者を、正直者と言っているのでもない。
だがカジュアル殺害予告と言えそうなくらい軽いノリの、最近の多くの殺害予告は、予告の名を借りた嘘文章でもある。逮捕された者のお決まりのセリフ、「実行する気はなかった」「ふざけてやった」という言葉は、はからずも自分が嘘つきであると白状しているようなものだ。

ネットがない時代は、たいていの場合、嘘はリスクとして自分に返ってきた。狼と少年の話のように、嘘をついていればいつしか疎外されてしまう。
だがネットでは嘘をついても直接自分が困ることはない。ネットの匿名性は、嘘つきさんに透明人間にも等しい自信を与えてしまった。自由にウソをつける場で羽目を外してしまった結果が、殺害予告での逮捕とはなんとも情けない。

このように、やりもしないことをやると書いたり、やってもいないことをやったと書いたり、フィクションを事実と見せかけている人は意外と多いのだろう。
テレビや新聞の場合は発覚するとやらせ問題として採り上げられ、叩かれ、それなりのペナルティを受けるが、そのてん個人の嘘は大目に見られているところがある。
某巨大掲示板の管理人は「嘘を嘘であると見抜けない人には(掲示板を使うのは)難しい」と言っていたが、その掲示板に嘘が横行しているとしたら、むしろ真実のほうが嘘っぽく見えてしまうかもしれない。

嘘つきは泥棒の始まりとはよく言ったもの。
嘘つきさんの冗談書き込みに警察や市民が翻弄されるくらいなら、いっそのこと「嘘を書き込んだら罰金」というくらいのペナルティを設けたほうが良いのではないかと思うくらいだ。
[PR]
by rukachas | 2008-08-03 17:59 | ニュースの話 | Comments(0)