子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
髪の毛は当たり
at 2017-10-03 21:19
ゴクッと一杯!
at 2017-06-20 18:15
写真の挿入位置
at 2017-05-29 23:03
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
<   2009年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
しつけと虐待 優しさと甘やかし
母子1ヶ月も前の記事だが、アメーバニュースの3月15日の記事。ある主婦が「Yahoo!知恵袋」に書き込んだ記事に賛否両論がわき起こった、というニュース。
「子供がうるさいのは当り前、注意される筋合いない?」

ことの発端は、バスの中で自分の子供が泣きだしたときに乗客の中年男性から「うるさい!黙らせろ!」と注意された主婦が、Yahoo!知恵袋に「子供がうるさいのは当たり前、注意するのはおかしい!」と書き込んだことから始まる。
「うるさいのが当たり前だと言って放っておくのは親として無責任」という意見が大多数なのに対し、この主婦は「子育てをしたことがない人は回答しないで欲しい。・・・私は注意するのは絶対におかしいと考えているだけです。・・・子供にうるさいと言う人が許せないのです」と答えている。

私はこのニュースとYahoo!知恵袋の実際の投稿記事を読んで、ハッキリとこう思った。「注意した中年男性も愚かなら、この主婦もかなりの愚か者だなと」
まず注意した男性だが、バスの中とはいえ、その子供はふざけて走り回ったりイタズラをしているわけではない。泣く理由があって泣いているのだ。「どうしたの?」「我慢しようね」と話しかけるとか、親に「泣き止ませた方が良いですよ」とやんわりと話せば良いのに「うるさい!黙らせろ!」だなんて、言われたほうがカチンと来るのは当然。
子供が泣いている理由を考慮しないこの男性の行動はてんでなっていない。

だがこの主婦もまるでなっていない。子供が泣いている場所を考えるべき。泣き声で迷惑をしている人がいるのだから、親として子供に言ってきかせるなり、たとえ泣き止まないとしても泣き止ませる努力をするべきだ。
それを「子供がうるさいのは当たり前、注意するのはおかしい!」と堂々と言い切るとは、しつけを放棄しているバカ親と言われても仕方がない。

子育ては、怒鳴って威圧するのではなく「諭す」のだ。甘やかすのではなく「優しくする」のだ。この男性は諭さずただ怒り、この主婦は優しいのではなくただ甘やかしているだけ。
どちらも子供のためを考えていない大人、ということになるが、直接子育てをしているだけにこの主婦の行動のほうが問題としては大きい。

親の中には、しつけと虐待の区別、そして優しさと甘やかしの区別がついていない者がいる。
事件報道で話題にのぼる「しつけと称した体罰」は、じつは「気分任せの虐待(イジメ)」であり、また、子供をまるでペットのように愛玩する親も、愛情を与えているようでじつは「気分任せの甘やかし」であることが多い。

子供を虐める親も子供を甘やかす親も、どちらも親としては失格だが、そういう親ほど得てして前述した主婦のように「子育てをしたことがない人は回答しないで欲しい」という意識を持っているものだ。
しかしこのような意識が、子育てにおける井の中のカワズ状態を作り上げている。子育ての外側から見える客観的な意見を無視して、正しい子育てはできはしない。

子育ての苦労はたしかにあるが、子供から得るものも大きい。良い子を育て上げるためにも、子供に詳しい人の意見を聞き、子供の意見も聞き、将来の我が子の身になって子育てをしよう。それが自分の幸せのためでもあるのだから。
[PR]
by rukachas | 2009-04-17 22:17 | ニュースの話 | Comments(0)
非選択結果表示マシン~!
選択の時私は子供の頃、と言ってもたしか15、6歳の頃だったような気がするが、ドラえもんの道具でこんなのはどうだろう?と考えていたものがあった。
それは「もしこっちを選んでいたらどんな結果になったのか?」がわかる装置。
小さい子が考えるほど突拍子の無いものでもなく、ある程度リアルな設定を思い浮かべていた。

この装置は、少し前の出来事で行動しなかったほうの結果が、映像として映し出されるのだ。
たとえばいつも通っている道を通らず、ほんの気まぐれで迂回したとする。その結果、自動車に泥ハネされれば「うわ~こっち通らなきゃよかった」と思うだろう。
だが本当にいつもの道を通っていればイヤな目に遭わなかったのだろうか?この装置を使えばそれがわかる。

もうひとつの例としては、初めてパソコンを買う人がMacとWindowsのどちらを買うか悩んでいたとする。結果としてMacを買ったが、すぐに気に入らなくなり「Windowsにしとけばよかった~!」と嘆いた。
そんな人もこの装置で「もしWindowsを買っていたら?」を知ることができる。「Macにしとけばよかった~」と嘆いている姿が映し出されるというオチもあるが、それはそれで諦めもつく。

あくまでも過去の出来事に対してであり、しかも自分の行動による結果しか調べることができないので、タイムマシンのように過去を変えたり、これから起こることを事前に知ることはできない。よってギャンブルや宝くじの役には立たない。
あとから「こっち選んで良かった~!」となるか、「あっち選んでりゃ良かった...」となるか、それを知りたいという好奇心を満たす目的にしか使えない。あまり実用性はない。

実際にドラえもんの漫画やアニメにこういう道具が登場したかは知らないが、後悔先に立たずと言うように、自分がしなかったほうの結果を知りたいというのは、誰もが思うことではないだろうか?

だが、人間は人生の中でいくつもの分岐を越えて生きている。つまり選択肢の連続。大きい小さいはあれど、まるで迷路の中を歩いているかのように常に行動を選ばされている。
その選択により、場合によっては不幸な人生を送ったり、人を死なせることさえあるだろう。そんな大きな後悔を背負う人は、この装置を使いたがるだろうか?

「別なほうを選んでいたらどうなっていたか?」を知ることができないからこそ、人間は後悔の念に押し潰されずに生きていけるのかもしれない。
この装置がいかに馬鹿げているか、私がそのことに気付いたのは、若い頃の後悔を思い出として話せる歳になってからだった。
[PR]
by rukachas | 2009-04-05 19:08 | Comments(0)