子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
髪の毛は当たり
at 2017-10-03 21:19
ゴクッと一杯!
at 2017-06-20 18:15
写真の挿入位置
at 2017-05-29 23:03
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
XREA無料サーバの容量変更申請
サーバ2002年9月、それまで使ってきたいくつかの無料レンタルサーバよりも遥かに使い勝手の良い、無料なのに優良なレンタルサーバに出会った。それがXREA.COM。
現在も「子供画像掲示板」や「アミューズ」のお遊びCGI等で利用しているが、昨年はウイルス混入騒ぎがあったり、最近は突然メンテナンスになったりと、ハッキリ言って無料版は以前ほどの評判ではなくなってきた。

しかしいざ他の無料レンタルを探してみると、私にとってXREAよりも便利だと思える無料サーバがなかなか見当たらない。
借りられるところはたくさんあるのだが、テキスト広告がズラリと表示されて見栄えの悪いところや、バナー広告が複数の箇所に付いてしまうところ、自宅サーバなので運営的に不安なところ、CGIが使えないところ、たとえ使えても外部からの呼び出しを禁止しているところ(メインサイトからCGIのページに直接リンクが張れない)、一見広告無しに見えるが、携帯でアクセスするとアダルト広告(出会い系など)が表示されてしまうところなど、乗り換えにちょっと二の足を踏んでしまうところばかりだ。

今後トラブルも減り、ある程度の安定さを維持してくれるなら、このままXREAをずっと使っていきたいものだが、私が他のレンタルを探した理由はもうひとつある。
無料版は容量が50MBだが、最近「子供画像掲示板」にサイズの大きな画像を投稿することが増えたため、50MBでは足らなくなってきたからだ。
容量超過で投稿できないこともあり、やむなく古い画像を削除して対処してきたが、掲示板としては記事の保持件数はせめて500件くらいにはしたいところ。

そうなると倍の100MBは欲しい。だがXREAは現在(もうずっと前からだが)無料サーバの募集を中止しているので、無料アカウントをもうひとつ取ることはできない。かといって非営利の掲示板のためにわざわざ有料版を使うほどでもない。
ということで、他に良いところがないか探していたわけだ。

しかし有り難いことに、XREAのサポートには「ディスク容量変更申請フォーマット」というのがあった。目立たないところにあるので私もずっと知らなかった。
[公式フォーマット] ディスク容量変更申請

上記ページのフォーマットどおりにサポートの「お問い合わせフォーム」から申請すればよい。
受理されれば現在の50MBから、100MB、150MB、300MBのいずれか希望する容量に変更してもらえる。私は倍の100MBあれば十分なので、100MBで申請した。

夜10時半を過ぎていたので、返答はてっきり翌日になるものだと思っていたが、なんと数分後にはもう受理され、100MBへの変更手続きが完了したとの返答。
その後のお礼の言葉にも返答があったので、相手は機械による自動応答ではない。こんな時間に無料ユーザーにも素早い対応。XREA.COMさん、イイ仕事してます。

容量が倍に増えたので、これからは「子供画像掲示板」のログをすぐには消さずに済みそう。あとは投稿者が増えるのを祈るだけだが、花瓶があっても入れる花がなければ様にならない。
とりあえずは私の手持ちの花々で、飾り立ててみようか。
[PR]
by rukachas | 2009-07-31 20:13 | Net&Webの話 | Comments(0)
連れ去り事件に思うこと
女児今月10日午後1時35分ごろ、大阪府堺市の路上で下校中の小学校低学年の女児が20〜30歳くらいの男に車で連れ去られるという事件があった。

女児の母親が、男の車に乗っている女児を見つけて救出しようとしたところ、男は車を急発進させて女児を乗せたまま逃走。女児は少し離れた場所で解放され自力で帰宅したが、男はまだ捕まっておらず、警察が未成年者誘拐事件として捜査している。
「男が女児を車に乗せ一時逃走」 産経ニュース iza

男は下校中の女児に「写真を撮らせてくれ」と声をかけて撮影し、そのあと女児を追いかけて車内に連れ込んだらしい。
こういうバカがいるから、子供たちだけで登下校ができなくなったり、通りすがりの挨拶がなくなってしまったり、知り合い以外を極端に警戒するような世の中になってしまうわけだ。

どうしてこのような人間が出現するのか?
ひとつ思うのは、こういう人間は子供を勝手にキャラクター化してしまうのではないだろうか?

通常の人間ならば子供を見れば、その子の親や兄弟など、その子を支える周りの人のことも頭に浮かぶはず。
しかしこのような事件を起こす者は、子供をひとつのキャラクターとしてしか捉えないために、「手に入れる」「好きにする」という勝手な考えに及ぶのではないだろうか?
ちょうど、アニメオタクが萌えキャラクターに対し「○○は俺の嫁」と言っているのと同じように、その子を脳内で自分のモノにしてしまう、ということ。

アニメの場合は架空のキャラなので問題はないが、実在の子がそう思われてはたまらない。
数年前にも、家出した小6の女の子を1週間自宅にかくまって逮捕された者がいたが、子供を見たときにその子の家族や人間関係が頭に浮かばない人は、結構多いのかもしれない。

子供を脳内で理想のキャラクター化してしまうような人間は、簡単に言えば人間関係のつながりを理解する能力に欠けているのかもしれないが、もうひとつ、子供に対する理解度(知識)が足らないとも言える。
いくら子供が好きでも、子供に対する感情は萌えだけではダメで、良い面だけでなく悪い面も含めて興味を持たなくてはダメ。自分の好みに当てはめたキャラクター化は、子供の私物化という弊害を生む。

子供との接点が少ない者ほど、子供への理解度も少ない。だから人間は若いときから子供のことを色々と知る必要がある。
それは親による子供への虐待事件も然り。子供への虐待も、子供に対する理解度の少なさがひとつの要因としてある。
虐待する親とイタズラ目的で連れ去ろうとする男を同じ要因だとまとめるのは、一見無理があるように思えるかもしれないが、じつは根底にあるものは同じであるというところに、両方の問題の根深さがある。

とにかく、親による虐待事件にせよ変質者によるイタズラや誘拐事件にせよ、若い頃から子供を十分に知ればそんなことを起こす人間にはならない。
私が若い人たちに子供全般に興味を持って会話をしてほしいと願いのは、そんな理由があるからだ。
[PR]
by rukachas | 2009-07-13 20:20 | ニュースの話 | Comments(0)
裏も表もない、球体な心
球体私の母親。 私の二人の妹。 私の母方の叔父。 父方の叔父。 同じく父方の叔母と、その孫のRちゃんとAちゃん。 私の甥、1号くん3号くん4号くん。 私のいとこのHくん、Cさん、Yさん。

いったい何のことかと思うだろうが、じつはこの方たち、私が当サイト「The Light of Smile 笑顔の灯り」のURLを教えた身内や親戚たちだ。つまり「私のサイトだよ~ぜひ見てね」と宣伝した相手。(ついでに、親戚ではないけれど近所の幼稚園の園長先生にもお知らせ済み)

メールや葉書で知らせただけなので、実際に見たか確かめる術はない。
アクセス解析でわかるのは日に何アクセスあったかということと、その人がどこのプロバイダを使っているかぐらいだ。IPを見てもどこの誰なのかはまったくわからないので、その中に私の親戚がいたとしても私がそれに気付くことはない。教えたのだからたまに見てくれているだろう、というかすかな望みがあるだけだ。

しかし自分のサイトを自分の家族や親戚に知らせるのはそれなりに意義がある。サイトの管理人としての自分と、実社会における自分との色合いがかけ離れないようにするための手段として。

私はRUKAというネットでの自分と、実社会での自分に大きな差はないと自信を持っているので、家族にも親戚にも堂々とこのサイトを紹介している。
この10年間にサイト内で語ってきたことは、すべて実社会でも母親や妹や甥姪たちに語ってきたことだし、コラムとして書いたことを後日母親に伝えたり、逆に甥姪たちとの交流から学んだことをコラムに書いたりもしてきた。

子供への愛情うんぬん、子供の大切さうんぬんと訴え続けているからといって、私は真面目一辺倒なカタブツ人間なのかというとそうではない。
サイトを隅から隅まで見てもらうとわかるが、私は子供という存在をもっと柔軟な感覚で捉えている。しかもその子の性格や年齢に応じて適切に対応し、その子の良い面を引き出すようにしている。

子育てで最も大切なのは厳しさでも厳格なルールでもない。とにかく子供の身になって考える愛情だ。愛情があれば子供は命令せずとも従うし、理想の子になりもする。
私は6人の甥と姪に、それぞれの子にあった対応をしているが、当然どの子に対しても愛情は同じ。みんなが一様に幸せになってほしいと願うからこそ、接したときにはありったけの愛情と優しさを与えている。(甘やかしているのではない。悪い子モードのときには厳しく叱り付けている)

裏も表もない、正直な気持ちで接しているからこそ、子供たちも私に正直な気持ちをぶつけてくれるし、愛情も返してくれる。
だが心に裏と表のある人間は、子供に対し素直になれない。他人の前で理想の自分を演じたり、世間体を気にするような人間は、我が子さえもロボットのように管理することで、自分の社会性を守ろうとしている。

しかしそれでは自分は守れても、子供は守れない。
誰に対してもオープンなサイトと同じように、誰に対してもオープンな心で接してみよう。素直な、裏も表もない、まるで球体のような丸い心で・・・。

丸い心、それは金を儲けることや社会的ステータスを上げることには繋がらない。むしろ逆効果かもしれない。
だが人として大切なものを得ることができる。それが何かは・・・いつか子供たちが教えてくれる。
[PR]
by rukachas | 2009-07-12 18:47 | 子供の話 | Comments(0)