子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
髪の毛は当たり
at 2017-10-03 21:19
ゴクッと一杯!
at 2017-06-20 18:15
写真の挿入位置
at 2017-05-29 23:03
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
子供好きさんは何処に?
シャボン玉ここ2週間ほど、Twitterのフォロワーに「子供画像掲示板」のURLを告知する、ということを少しずつおこなっていたのだが、その結果、子供好きに関してある傾向に気が付いた。結果的には、子供好きがどこに存在するのかを知る手がかりになったと言えそうだ。

「子供画像掲示板」は2007年10月に設置してから2年間、アクセス数の割には発言する者があまりに少なく、昨年10月1日以降は利用を希望する人だけにURLを教えるようにしていた。
ところが閲覧希望のメールを送ってくる人も、じつは思ったよりも少なかった。フォームに文章を書いて送信ボタンを押すだけの簡単な作業でさえできないのは、普段子供について考えていないからだ。
少年画像、少女画像をただ探しているだけの者に、いかに子供好きが少ないかがわかる。

ならば「子供画像掲示板」の利用者をTwitterから募ろうと、昨年からずっとフォロワーに「利用したい方はダイレクトメッセージ(以下DM)をください」と告知していた。
しかしどんな掲示板か上手く伝わらないためか、一向にDMが来ない。私のフォロワーには子供を育てている人が多く、子供が嫌いという人は少ないと思うのだが。

そこで今月から、相互フォローしている人にはこちらからURLを通知することにした。興味がないなら無視すれば良いし(それがTwitterの良さでもある)、もし子供好きであれば見てくれるだろうし。
まず、現在私をフォローしてくれている200人ほどのフォロワーの中から、子育てしているパパさんママさんのみを50人ほど選び、URLをDMで送信してみた。「子供画像掲示板」に書き込んでくれたときにひとりひとりキチンと対応できるよう、1日に数人ずつ、2週間かけて送信した。

ところが毎日様子を見るも、何故か反応がイマイチ。DMで好意的な返信をくれた人は何人かいたのだが、肝心の「子供画像掲示板」のアクセスを見ると、URLを教えた人の3分の1ほどしかアクセスしていない。しかも2ページ目以降は見ず、2回目のアクセスもない人がほとんど。
みな子供のいる方ばかりなのに、まるで子供に興味のない人のような反応だ。

子供がいながら子供に興味がないとは・・・と、少々ガッカリしてしまったが、気を取り直し、今月24日、残りのフォロワーの中から子供について発言している人を25人ほど選び、同じようにDMを送信してみた。今回はほとんどが独身さんだ。

数人から返信があったのはパパさんママさんたちと同じだが、違いはアクセス数に表れた。
なんと25人中20人が「子供画像掲示板」にアクセスし、そのうち半数以上が2ページ目以降も続けて見てくれている。時間を置いて繰り返しアクセスしている人もいて、どうやら「子供画像掲示板」を気に入った人が多かったようだ。
しかも嬉しいことに、たった一人ではあるが画像を投稿してくれた人もいた。Twitterからのお客様第一号。

もともとはこんなことを調べるためにおこなったのではないが、あまりにハッキリと違いが出たため、立場による思いの違いが浮き彫りとなった。
子供のいるパパさんママさんの中には、自分の子は好きでも、子供そのものに興味を持っている人は少ない。子供の姿、とくに外国の子供たちの姿を見ることに関してはほとんど興味がないと言える。
知識においても、子育ての知識は素晴らしいものがあるが、子供を多角的に捉えた情報、感情には乏しい。

対して独身の方には、意外にも子供に興味を持っている人が多いことがわかった。
子供の姿を癒されるものとして見ているし、外国の子供画像にもとくに抵抗はなさそうだ。中にはアートの表現として子供を作品のテーマにしている人もいて、これも愛情のひとつだろう。
独身なので子育ての知識には乏しいが、子供という存在そのものへの愛情は、子供のいる人以上に深いものを感じる。

以上のことから、独身であり、子供のことを真面目に考えている人であり、普段子供について発言している人、そんな中に子供好きさんが多いということになる。
今回、パパさんママさんたちの多くが「子供画像掲示板」に興味を示さなかったことは、非常に大きな驚きだった。
もちろん全部が全部そうだとは思わない。自分の子も他人の子も同じように愛し、子供画像を見るのが大好きというパパさんママさんも決して少なくはないと思う。今回はたまたま出会わなかっただけかもしれない。

以前このブログで「お互いの波長を探り合う場がTwitterなんだ...」と書いたことがあったが、今回のことで大体の傾向はわかった。
これからはチューニングダイヤルをさらに細かく合わせ、真の子供好きの輪を広げていきたい。
[PR]
by rukachas | 2010-01-27 21:11 | 子供の話 | Comments(0)
我が家のプライベート掲示板
おじいちゃんおばあちゃん当サイトには「みんなの掲示板」というメイン掲示板と、「子供画像掲示板」という子供好きさん用の掲示板があるが、先日、無料レンタル掲示板のアカウントをもうひとつ取ってみた。
それは当サイトともRUKAともまったく関係のない、私の家族や親戚だけが使うプライベートな掲示板。

ある程度書き込んだ後、妹と親戚の数人にメールでお知らせしてみた。たぶん何人かは見てくれたと思うが、気が向いたら書き込みもしてくれるだろうし、そのうち会話もあるだろう。
レンタルなので運営側がメンテナンス等で見ることはあっても、個人情報や知られて困るようなことは書き込まないのでとくに問題はない。
連絡用というよりは、むしろ他愛もない日常の日記のような感じ。綺麗な花を見たとか、サンマが美味しかったとか、そんなどうでもいいようなつぶやきを書いていこうと思っている。オフクロもたまにつぶやいているようだ。

つぶやきと言えば今流行りのTwitterだが、Twitterも非公開モードにすればたしかに身内だけの連絡に使えるが、相手にもTwitterの利用を強いてしまうのでこれはよろしくない。また、文字を大きくして見ることが多いオフクロにはTwitterの表示領域は狭すぎる。日付が英語表記なのもいただけない。
ということで、オーソドックスに掲示板にしてみた。

私がこのような掲示板を用意しようと思った理由はただひとつ。先月末、私の叔父が大動脈瘤の手術をしたからだ。

じつは先月半ば、叔父が大手術のため年の暮れに入院するとわかったとき、我が家では親戚からの連絡の少なさと、思うように情報が伝わってこないもどかしさで、常に気をもむ不安な日々を送っていた。
他の親戚はみな同じ県内に住んでいるので情報も伝わりやすいし、本人の様子も直接知ることができる。しかし我が家は他県でかなり離れているため、他の親戚たちの様子が把握しにくい。

私はこれを逆の立場で考えてみた。
もし我が家になにか不慮の事態が起きたとき、離れて暮らしている多くの親戚にはこちらの様子がなかなか伝わらないということになる。先月うちが感じていたあのもどかしさ、不安さを、多くの親戚に感じさせてしまうことになる。

そこで私は、離れて暮らしているからこそ、普段から親戚たちにこちらの様子を伝えておくべきだと思ったのだ。
もちろん重要な話は電話でするべきだし、無理に掲示板で会話することもない。
だが他愛もない日常の出来事を書いておくだけでも、それを見た親戚は安心するものだ。風邪をひいたと書き込めば、それを見た親戚は気にかけてもくれるだろう。このような心の繋がりが大切だと思ったからこそ、掲示板を設置してみたわけだ。
年に一度の年賀状や、思い出した時の手紙や電話だけではあまりに間が空きすぎるから。
[PR]
by rukachas | 2010-01-16 20:48 | Net&Webの話 | Comments(0)