子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
髪の毛は当たり
at 2017-10-03 21:19
ゴクッと一杯!
at 2017-06-20 18:15
写真の挿入位置
at 2017-05-29 23:03
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
猥褻とは姿にあらず、人の心に宿るものなり
裸の子今日27日(2010年7月27日)、日本政府はインターネット上の児童ポルノサイトを遮断する「児童ポルノ排除総合対策」を決定した。
これにより、接続事業者によるブロッキングの自主的導入に向け準備が本格化することとなった。

これはとても良いことだが、日本政府が「ポルノ」の定義をきちんと把握しているかどうかについては未だ不安が残る。
「主要8か国の中で児童ポルノの所持を禁止していないのは日本とロシアだけ」という指摘がなされていたが、単なる子供の裸をポルノに含めているのも日本だけだ。

ポルノとは、性行為や性交類似行為を描写したもの、もしくは表現したもの。
見た者がどう感じるかはともかく、性行為や性的な行為をしていないものはポルノではない。
つまり、宮沢りえの写真集「サンタフェ」がやり玉にあげられる時点で、日本における児童ポルノの定義は諸外国と比べても大きくズレているとしか言いようがない。

諸外国がおこなっている児童ポルノ規制は「児童を扱ったポルノ」の規制であり、子供の裸にワイセツのレッテルを貼ることではない。
なのに日本政府はどこでどう勘違いしたのか、子供の裸と性行為を同列に扱ってしまった。

もしこのブロッキングの導入により、子供の裸そのものがポルノとして規制されたらいったいどうなるのだろう?
ごく普通の母親のブログが児童ポルノサイトとしてリストアップされてしまうこともあり得る。
たとえば、こんなことも・・・

母親 「わたしのブログが見れなくなってるんですけど、どういうことですか?」

規制側「ああ、あなたのブログが児童ポルノサイトだからですよ」

母親 「わたしのブログが児童ポルノ?何かの間違いでは?」

規制側「あなた、ブログに子供の裸の写真を載せてたでしょう?」

母親 「ええ、幼稚園児の息子が庭で行水したときの写真ですけど」

規制側「うわ〜、それはイヤラシイ!」

母親 「どうしてイヤラシイんですか!田舎の両親も喜んでくれた写真ですよ!ブログを見た人からも可愛いと評判良かったんですから!」

規制側「でもね、裸でしょ?子供の裸で興奮する人がいるんだから、その写真はポルノ写真なの!」

母親 「それって失礼じゃないですか!うちの子のいつもの様子を撮っただけなのに、ポルノだなんて!」

規制側「まぁとにかくね、その写真は児童ポルノ写真だし、あなたが撮影したことは児童ポルノの製造、ブログに載せたことは児童ポルノの配布、あなたの息子さんは児童ポルノのモデル!そういうことです」

・・・とまぁ、こんなことが起こらないとも限らない。

児童ポルノ撲滅は誰もが目指すところだが、自分の子供の可愛らしい姿がポルノ扱いされることを望む親などほとんどいないだろう。
子育てサイトから子供の水浴びやお風呂の写真が消え、学校サイトの修学旅行の記録から温泉に入っている写真が消え、タイやベトナム旅行で見かけた川で裸のまま遊んでいる子供たちの写真も消え・・・
そんな規制、いったい誰のためになるというのか。

もちろんここでいう裸の写真とは、親による家族写真や、本人や親族の同意の上による記録写真、芸術写真、その国の日常や文化を記録したものなど、『猥褻な意図によらないもの』を指している。
猥褻目的で撮影した場合や相手が嫌がっている場合、あるいは隠し撮り(盗み撮り・盗撮)などはその行為自体が犯罪なので、おこなったものを罰すれば良い。
犯罪によって作られた写真は論外だ。

和製英語だがスキンシップという言葉がある。たとえ親でも、肌に触れようとしない子育ては本当の愛情ではない。それほど子供の肌は愛情と密接に関係している。
子供のいない者は実際に肌に触れる機会はほとんどないのだから、せめてメディアを通して肌を見る機会くらいは残しておいてほしいものだ。
親であれ他人であれ、子供の素の姿を見ることは子供への愛情を高めることにも一役買っているのだから。

子供を守る法律は、子供の姿を微笑ましく見ることができる人間が、子供のためを考えて作るべき。
今後、児童ポルノ対策によって子供の裸そのものも排除されるのであれば、それは対策メンバーの中に、子供の裸を見るとポルノを見たときと同じ気分になる人間が含まれていたということだろう。
灯台下暗しとはよく言ったものだ。

イメージ画像
Copyright(C) : Laurie Rubin
http://www.masterfile.com/
[PR]
by rukachas | 2010-07-27 20:40 | 子供の話 | Comments(0)
exciteブログにテキスト広告登場!
exciteブログ「RUKAの雑記ノート」として2005年1月から続けてきたこのexciteブログ。
ブログ自体の機能はともかく、読むことに関してはシンプルで使い勝手が良かったのでずっとここを利用してきたが、7月1日からexciteブログユーザーの間でちょっとした騒ぎが起きている。

理由は、ブログにテキスト広告が挿入されるようになったためらしい。
「ブログを閉鎖する!」「移転する!」と声を荒げているユーザーが多く、今回の仕様変更はexciteブログ史上もっとも不評だったようだ。

たしかに無料なのに広告が付かないことがexciteの良さでありウリであったのだが、私はむしろ「広告なしでよくやっていけるなぁ」と逆に心配していたほど。
だから今回の広告表示に関しては「やっぱりそうだよなぁ」と思った程度で、そんなに嫌な印象は受けなかった。

exciteブログのユーザーで広告なしが当たり前だと思っていた人は、多くの芸能人ブログでお馴染みのAmebaブログを見てほしい。その広告の多さに唖然とすることだろう。
私のAmebaブログも1ページに企業広告が5本、Amebaサービスの宣伝が10個以上、所狭しと貼付けられている。
exciteブログは今のところ一番上の記事の末尾に二つのテキスト広告が入るだけなので、慣れてしまえばそんなにうざったいものではない。

しかし懸念もある。これは他のユーザーも声高に訴えていることだが・・・
「テキスト広告が本文のすぐ下に入るので、まるで著者が意図的に掲載しているように読者に思われてしまう」という懸念。
だがこれはブログ内でひと言、excite側で自動挿入しているのだと但し書きしておけば良いことだし、その商品を薦めているのだと思われたくないのなら「クリックしても責任は持ちません」とでも書いておけば良い。

「本文よりも広告のほうが目立ってしまう」ということに関しては、広告よりも目立つ本文を書けば良いだけの話。
「デザインが崩れる」という苦情についても同じことだが、テキスト広告ごときに崩されない強固な内容を保持できないのであれば、広告の付かない有料版にするしかない。
私はデザインではなく内容を伝えるためにブログを書いているので、これくらいの広告は気にもならない。

ただし、もし広告の内容がアダルト向けになってきた場合は、さすがに私も移転を考える。
アダルト向けとはエロ広告に限ったことではなく、サラ金や浮気調査など、大人だけをターゲットとした広告のこと。

何故無料なのかを考えると、広告が付くのは仕方がない、というよりも当たり前。
だがせめて広告のジャンルを選択できるくらいの自由度があれば、無料ユーザーから総スカンを食うこともなかったのでは?と思う。

表示されているのはインタレストマッチという興味関心連動広告だそうだ。
見ているユーザーの興味の傾向に応じて変化するタイプらしいのだが、これは動向をチェックするだけで人の心の中を見ているわけではない。
犬が嫌いな人が犬好きをバカにする目的で犬サイトを検索していても、それによって「犬を飼おう」という広告が出るのならまさに本末転倒。

ならば初めからブログの著者が広告のジャンルを決めるほうがずっと良い。どうしても広告を付けなければいけないのなら、ユーザーに反感を持たれずに済む方法はいくらでもあったはず。
このへんはある程度の厳格さが必要な運営側にも、ある程度の優しさが求められるところだ。

今回の広告表示でexciteに見切りをつけたユーザーがかなりいるようなので、私としては無料版の挙動が今までよりも少しは軽くなるのかなと、そんなところに期待したい。
[PR]
by rukachas | 2010-07-02 22:16 | Net&Webの話 | Comments(0)
バイクだからできること
バイク最近、バイクで走行中に、道行く子供たちに手で合図を送ることが多くなった。
走行中と言っても立ち止まってからだが、ようするに「そこどいて〜」とか「ハイ行っていいよ〜」などと行動を促すことが増えたということ。

先日、私の前を走っていた大型トラックが、左にある建築現場に入ろうとウインカーを出したのだが、何故かそこで一時停止したままなかなか動き出さない。
私の後ろにいる数十台の車も動けず、小さな渋滞が起きている。

何故止まっているのだろう?とダンプの左後方から前を見てみると、なんと建築現場の入り口の前で6人ほどの小学生の女の子たちが、道ばたに咲いている花を覗き込んだまま立ち止まってしまっている。
ダンプはクラクションを1回鳴らしたが、その子たちは花とおしゃべりに夢中で気付いていないようだ。(クラクション音には気付いたが、自分たちが邪魔になっていることには気付いていないといった感じ)

数十秒経っても状況が変わらないので、私はダンプの左側を通って女の子たちの近くまで行き、その子たちに「車が入るから危ないよ!どきなさい!」と声をかけた。
周りがうるさくてよく聞こえないのかキョトンとしているので、今度は手で追い払うようなジェスチャーで指示。

するとようやくトコトコと歩き出し、トラックも左折して建築現場へと入っていった。
女の子たちは不思議なものでも見るような表情で、歩きながら私のほうをチラチラと振り返っていた。

さらに今日、小学校の前の路地を通ったとき、信号のない横断歩道を渡ろうとしている4、5人の低学年の男の子たちがいた。
私は横断歩道の手前で止まって、その子たちが渡り終わるのを待ってあげた。
反対車線からも大きなトラックが来たが、私が停止しているのを見て、そのトラックも止まってくれた。

ところが子供たちのうち、一番最後の子がなかなか渡らない。
大きなトラックがそばにいるからなのか、渡るのを怖がっているような感じで、私もトラックの運ちゃんもその子が渡るのをジッと待っている状態。

その子は車が行ってから渡ろうとしたのかもしれないが、こういうのは互いのタイミングが取れないと身動きが取れなくなってしまう。
私はその子に向かって交通整理のように手を振り、「さぁ渡ってイイよ〜」と指示。
するととたんにテケテケと走り出し、先に渡った友達と合流していた。

このような交通安全のための意思の疎通は大切なことだが、間違った指示を出してかえって事故を誘発してしまったり、突然なんか言ってきた怪しいバイクのオッサンという噂が流れても困るので、やたらやれば良いというものでもない。

だが普段子供のことを大切にしている人なら、頭で考えずとも自然に行動してしまうもの。バイク(とくに原付)はスッと近付くことができるし、注意することもできるし、身振り手振りで指示することもできる。
普段バイクに乗っている人は、子供たちに交通安全を指導するような意識を持ちながら、ゆったりと走ろう。
[PR]
by rukachas | 2010-07-01 19:06 | 子供の話 | Comments(0)