子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
ゴクッと一杯!
at 2017-06-20 18:15
写真の挿入位置
at 2017-05-29 23:03
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
iPhone 5 に機種変更
iPhone 5「いや、マジで携帯電話いらないし~」
ほんの2年前までは「携帯電話くらい持ったほうがいいよ」と言う妹に私はそう答えていた。

しかし持っていないといざという時に家族が困るということで、2010年9月にSoftBankでiPhone 4の契約をしたのだが、2年経っても携帯"電話"はいらないという気持ちに変わりはない。
おそらくこの先もiPhone以外の電話端末を持つことはないだろうが、利用のほとんどが家のWi-Fiという状況下では、月々の支払いはまるでSoftBankに寄付しているような気分だ。

だからこそiPhone 5への機種変更も大いに迷った。
前のiPhone 4を買ってから25ヶ月が経ち、月月割も終わったので次はiPhone 5でまた新たなスタートを...と当初はそう思っていたのだが、iPhone 5はLTEという高速通信に対応したので、月々のパケット定額料が今までの3G回線よりも1000円ほど高くなってしまう。(4,410円 → 5,460円)

月にたったの1000円アップとは言っても、1年で12,000円、端末代を払い終わる2年後には24,000円にもなる。「LTEはいらないから今までの3GプランのままiPhone 5使わせてよ」と思った人は少なくないはず。
でもそれは無理のようだ。iPhone 5の利用には「パケットし放題 for 4G LTE」か「パケットし放題フラット for 4G LTE」への加入が必須になっている。
しかも3GからLTEへの変更は事務手数料が3,150円かかるらしい。こっちから変更を希望してるわけじゃないのに、通信業者の契約って「必須」ってのが結構目立つ。

2年間使ってきたiPhone 4でなんら困ってはいないし、壊れているわけでもないし、5に食指が動いているわけでもないのだが、先日SoftBankのオンラインショップで機種変更手続きページを眺めていたら、なんとなく必要事項入力&最終確認ボタンをポチッとな!(節操ないな~)

SoftBankにはiPhone 5に機種変更した人を対象にした「スマホ下取りプログラム」があって(2012年11月30日まで)iPhone 4は12,000円になるが、私はこれは利用しなかった。
初めてのiPhoneなので愛着があるし、完全に壊れるまでは使い続けたい。

iPhone 5が手元に届くまではしばらくかかるので、そのあいだ古いiPhoneの使い道でも考えたり、カスタマイズでもしていようかと思っている。
[PR]
by rukachas | 2012-10-30 22:04 | iPod&iPad&iPhoneの話 | Comments(0)
私のサイトの交流ツール
メッセージ送信初期のウェブサイトは、読み手と書き手がメッセージを交わす手段といえばどこもEメールや掲示板が主流だった。
だが今やブログ、Twitter、Facebook、SkypeやLINEなどのコミュニケーションツールが充実し、ウェブでメッセージを交わす手段はいくらでもある。

私のサイトにもそういったものはたくさんあるのだが、ゴチャゴチャしていて自分でもその存在をつい忘れることもあるので、備忘録的な意味も含め、私にメッセージを送ることができるコンテンツを書き並べてみた。

【Eメール】

ruka_rukachas@ybb.ne.jp
私が公私共に最も多くメッセージを交わしているのがメール。現在も多種多様な話題をマン・ツー・マンでやり取りしている。


【ブログ】

RUKAの雑記ノート
exciteブログを使った私のメインブログ。つまりココ。主にちょっとお堅い感じのコラムなどを書いている。コメント欄で私にコメントできる。

チラシの余白...
Amebaブログを使った私のサブブログ。主に他愛もないできごとやサイトの更新状況などを書いている。コメント欄で私にコメントできる。

メンバーブログ(非公開)
「子供画像掲示板」のメンバーのみが利用できるブログ。日本と海外のジュニアモデル、子供が出演した映画やテレビ番組、各地のイベント等を紹介している。メンバーは新規投稿でき、コメント欄で返信もできる。


【SNS】

Twitter
私のTwitterアカウント。どうでもよい独り言や埼玉県警からの防犯情報をつぶやいている。ログインしなくても見れるが、ログインすれば私に返信やダイレクトメッセージが送れる。

Google+
サイトの各ページや子供画像をサンプル程度に紹介している。一般公開しているのでログインしなくても見れるが、ログインすれば私にメッセージが送れる。

Facebook
Twitterとの同時投稿と、たまに画像の紹介などをしている。Facebookの仕様上ログインしないとまったく見れない。ログインすれば私にメッセージが送れる。


【掲示板】

子供画像掲示板(URLは非公開)
「The Light of Smile 笑顔の灯り」の画像掲示板。URLはメンバー以外には非公開。私へのメッセージに限らず、子供について幅広く語り合うためのコミュニティ。

子供画像掲示板のサンプル
「子供画像掲示板」から投稿機能を削除したサンプルページ。
利用申請フォームとテーマリクエストフォームで私にメッセージが送れる。

みんなの掲示板
「The Light of Smile 笑顔の灯り」のメイン掲示板。一時期大いに活躍したが今はあまり使われていない。誰でもノンジャンルで投稿できる。画像の添付も可能。

ゲストブック
「The Light of Smile 笑顔の灯り」のゲストブック。L.O.S.を見た人がその感想を書き記す宿帳のようなもの。会話する場ではないが、私から一言レスが付く。

お絵かき掲示板
「The Light of Smile 笑顔の灯り」のサブ掲示板。本来は自分で描いた絵を展示する場だが、通常の掲示板と同じようにメッセージのやり取りにも使える。


【チャット】

Skype
本来は無料音声通話のサービスだが、私は文字チャットに使っている。本家Skypeのソフトが重かったりチャットしかしないという人は imo を使ってみよう。imoからSkypeにログインすれば快適なチャットができる。各種スマートフォン用アプリもある。

人工無脳 あかりちゃん
「The Light of Smile 笑顔の灯り」のCGIチャット。あかりちゃんという架空のロボットと会話するお遊びコンテンツだが、普通のチャットとして利用者同士が会話することも可能。


【その他】

天使の質問箱
「The Light of Smile 笑顔の灯り」のコンテンツ。読者は新規投稿のみで返信はできないが、投稿すると私を始めとした数人のコメンテーターからレスが付く。(質問への返答という形で)

いまのところはこんなもん。
[PR]
by rukachas | 2012-10-21 21:44 | Net&Webの話 | Comments(0)
私にとってSNSは・・・
Google+とFacebook今月、大手のSNSである「Google+」と「Facebook」に登録してみた。
べつにSNSがやりたかったからでも、必要に迫られたからでもない。ただ、どんなものか試してみたくなったから。

どちらも実名登録が決まりとなっているが、Google+は今年から実名以外のユーザー名を許容したそうなので(ただし広く知られている名前に限る)私はもう15年もネットで統一しているRukachasという名前でそのまま登録した。
Googleをはじめ、ネットの無料サービスはすべてこの名前で登録している。

Rukachasという名前の人間はそう多くはいないだろうから(ネットで検索すると私しかヒットしないので、もしかしたら地球上で私だけかもしれない)そういう意味では実名よりもパーソナリティーが高いとも言える。

Facebookのほうはそういった許容がないので仕方がない。だがローマ字だけの登録でも良いそうだ。
最初に漢字で登録したら同姓同名のユーザーがたくさん見つかり、しかも漢字まで完全に一致する人もいる。これでは誰かが名前で検索した時に混乱しかねないので、私はローマ字だけの登録にした。
ニックネームの登録欄はもちろんRukachas。この名前が載っていないとネットの仲間が私のFacebookだと認識できないからね。

どちらも名前以外は公開・非公開を細かく決められるので、世間でよく言われている危険性については、とにもかくにも利用者次第と言えるだろう。
公開しなくてよいことは公開しなくてよいし、公開するべきでないことは公開するべきではない。公開を入力と置き換えればさらに良し。
プロフィール欄をすべて埋める必要はないし、埋めたければ内容を吟味すればよい。

勤めている会社名を入力すれば、会社の同僚が見つかるかもしれないし、逆に同僚が私を見つけるかもしれない。卒業した学校名を入力すれば、昔のクラスメイトと出会えるかもしれない。
だがそれを必要としない人は、空欄にするか非公開とすればよいだけの話。

ところがSNSでは、自分の個人情報をあからさまに提供してしまう人が多い。何故だろう?
それはSNSというシステムが、自分の情報をさらけ出すことで相手の情報と関連付けられ、相手と繋がることができるシステムだから。
だから私のように特定の人間に固執する気質がまったくない人は、SNSはまったくもって不向きだし、有効活用もできない。

だったら何故始めたのかと言われれば、最初に言ったとおり試してみたに過ぎない。私のサイト、掲示板、ブログと連携して子供好きを増やすことに役立つものなのかどうかを確かめてみただけ。
結論としては、疑問符が3つほど付いた。

さてGoogle+とFacebook、私はまだ始めたばかりで本来の使い方までは至っていないが、ざっといじってみた感じでは、情報公開のしやすさではGoogle+、ライフログとしての使いやすさではFacebookかなと感じた。

基本的に私は一般公開でしか記事を書かないが、Google+とFacebookでは同じ「公開」でも意味が少し違う。
Google+では記事や画像を一般公開すると誰でも見れる状態になる。Google+ユーザーである必要はない。
しかしFacebookでは公開はFacebookユーザーに対しての公開であり、Facebookにログインしていない者は見ることができない。

Facebookのように閉ざされた状態にすることもTwitterのように開かれた状態にすることも自在にできるGoogle+のほうが使い勝手は良さそうだが、やはり後発の弱みだろうか、ユーザーが似たり寄ったりであるような気がする。
サークルという便利な機能があるのに、フォローをジャンル分けして面白くなりそうな気配がイマイチ感じられない。(その点Facebookのユーザーは千差万別)
しかし画像アルバムに関してはさすがGoogleといった楽しさを感じることができた。

最後にちょっと横道に逸れるが、掲示板の話。
私は情報を発信する(投稿する)ツールとしてはブログが一番便利だと感じているが、SNSを使ってみて改めて思ったことがひとつある。
それはインターネットのコミュニティとしては最古参に属するであろう「掲示板」の素晴らしさ。
なにしろログインなどする必要もなく、それを見た誰もがその場で投稿できる。自分の考えを主張したり誰かの書き込みにレスする、つまり会話することが容易だ。
しかも検索エンジンにも拾われやすく、たくさんの人に見てもらえる。

中にはアングラな掲示板もあるだろうが、基本的に掲示板は公共施設に掲げられたリアル掲示板同様、誰もが平等に使えるものでなくてはならない。
一時期mixi疲れ、SNS疲れという言葉が流行ったが、Google+もFacebookもそれは同じこと。実社会で関係している人とネットでも繋がっているのだから、そりゃあ疲れもする。

人は赤の他人よりも、身近な人とのあいだでより多くのストレスを感じている。
だからこその掲示板。自分の個人情報など書き込みもしないし、他人の個人情報を求めもしない。どこの誰ともわからぬ者同士が内容の興味のみで繋がり、言葉を交わす。
それは一期一会かもしれないし、何年も続くコミュニケーションかもしれない。だがそれがイイ!
人が本音で語れるのは実名だからではなく、ストレスのない心許せる場だから。

私が子供好きさんとのコミュニケーションにSNS的なものを使わず、未だに掲示板にこだわっているのは、その壊れやすい秩序をユーザーのモラルに託すことができるから。
人との繋がりを求める場所がSNSであるなら、心の繋がりと広がりを求める場所は今の時代も掲示板であると私は思う。
[PR]
by rukachas | 2012-10-17 20:02 | Net&Webの話 | Comments(0)