子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
ゴクッと一杯!
at 2017-06-20 18:15
写真の挿入位置
at 2017-05-29 23:03
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
現象の花の秘密の秘密はまだ謎のまま
現象の花の秘密私はこの20数年間、至高の音楽家「平沢 進」さんを人に紹介し続けてきた。
2005年に始めたこのブログにも、2003年のアルバム「BLUE LIMBO」(該当記事)、2006年の「白虎野」の発売時(該当記事)、2009年の「点呼する惑星」の発売時(該当記事)と、新しいアルバムを購入するたびに感想を書いてきた。

そして前作から3年、いよいよ今月の23日、12作目となるソロアルバムが発売された。タイトルは「現象の花の秘密」
前作のレビューではアルバムタイトルの「惑星」という言葉に戸惑いを感じたと書いたが、今回もタイトルを知って同じような戸惑いを感じた。「花?」「秘密?」
昭和歌謡によく登場したこの言葉。なんとなくチープなこの言葉。はたしてヒラサワ曲ではどのような世界観になるのだろう?

期待を込めつつ予約注文したこのCDが本日届いた。
開封の儀とまでは言わないが、Apple製品を開封する時以上に緊張する一瞬だ。平沢さんのCDは毎回そう。店から出荷されたものだとはわかっていても、まるで時空を超えて出現した神からの贈り物のような雰囲気さえ漂う。
そんな贈り物を今回もじっくり味わってみた。

ざっと聴いた感じでは、今回は寂しさ、不安、動揺、そんなイメージを感じさせる曲が多い。しかも今までのヒラサワ曲とはだいぶ毛色が違う。
どう違うのかは説明しづらいが、これまでの楽曲のような大自然的壮大さは影を潜め、身近な日常、しかもどこか懐かしい昭和の町並みのような雰囲気を感じた。

歌詞は相変わらず面白い、というより謎深い。変態音階も健在で、心地よいような気持ち悪いような、物語という器の中で酔う感覚がある。
前作までが壮大な映画を思わせる作品だったのに対して、こちらは芝居の舞台を見ているような感じ。
ある意味こじんまりというか規模が縮小した印象があるが、それはテーマが身近な花であるからであって、その世界観と謎は限りなく深い。

今回は「おおっ!」と驚かされる曲が少なく、全体的におとなしめな印象だ。人によっては物足りないと感じるかもしれない。
Lotusや庭師KINGのような力が湧き上がるような曲もなければ、コヨーテや夢見る機械のようなコミカルな曲もない。全体を通して薄暗さや寂しさが漂っている。

だがCDの帯にも書いてあるとおり、聴けば聴くほど謎めく花園であることは間違いない。私はタイトル曲である「現象の花の秘密」と10曲目の「空転G」がとくに気に入った。
しっとりと聴かせる曲が多い中で、この2曲は多少ポップでありながら歌詞にハッとさせられた。

もし、あの今敏監督が今も健在で、このアルバムをモチーフとして「千年女優」の続編を作ったとしたら、さぞや素晴らしいアニメ映画ができあがるに違いないと、そう思わせる世界観がこのアルバムにはある。
もちろん今日初めて聴いたばかりなので大部分は謎のままだが、これから何千回と聴くうちに少しずつ見えてくるであろうこの物語。飽きるヒマなど与えないところがヒラサワ曲の凄いところだ。

P-MODELが1995年に発表した「Welcome」という曲の歌詞の中に「Welcome to the Sphere 見せましょうか 現象の花の秘密を♪」という部分がある。
同じ意味で使われているとしたら、ヒラサワ曲の価値はこのブレのない思想の中にもあるのだろう。
今回もアストロ・ホーは健在だ。
[PR]
by rukachas | 2012-11-25 23:37 | 音楽の話 | Comments(0)
解約済みiPhoneをシニア向けに...
母のiPhone今月初めにiPhone 4からiPhone 5へと機種変更し、中身も使用状況も完全に移行が完了した。
これまで使ってきたiPhone 4はすでに解約状態。電話機能のない情報端末として引き続き使っていこうと思っているが、私が持っていてもしょうがないので、家族で自由に使えるように居間に置くことにした。
手に取るのはほとんどオフクロだが、Wi-Fiが使える小さなパソコンと考えれば手元にあることで便利さも増すだろう。

しかしiPhoneはiPadと比べて画面がとても小さく、目の弱くなった高齢者が見やすいものではない。ピンチインやダブルタップで拡大したりアクセシビリティのズーム機能もあるにはあるが、それでも表示領域の狭さは変わらない。
なので読み書きするアプリよりも見るアプリが主流になるだろう。

たとえば標準装備の「メッセージ」と「FaceTime」
「メッセージ」はiMessageというApple IDを利用した通信もできるので(Instant Messengerのようなもの)出先にいる私からメッセージを伝えるために使おうと思う。携帯メールのようにほとんどタイムラグなく届くところは便利だ。
「FaceTime」は滅多にやる機会はないだろうが、いつでもテレビ電話ができるという利点は一応残しておきたい。

私は初め勘違いしていて、iMessageやFaceTimeは同じApple ID同士では通信できないものと思い込んでいた。そのため別なメールアドレスで新しいApple IDを作り、iPhone 4のiMessageとFaceTimeはその新しいIDでログインした。

ところがLTEで繋いでいるiPhone 5とFaceTimeを始めると、なぜか通信開始後すぐに切断されてしまった。(iMessageの送受信は問題なし)
iPhone 4には私の電話番号が記録された以前のSIMカードが刺さっているが、その電話番号と新規のApple IDが紐付けられていないせいだろうか、とにかく相手がLTEだとFaceTimeがすぐに切れる。

その後、メールアドレスさえ用意すれば同じApple IDでいくつもの送受信先を設定できるとわかり、iPhone 4も5と同じいつものApple IDでログインした。(4と5どちらも同じIDでログインし、着信用アドレスを個別に設定)
すると双方でFaceTimeしても切断されることはなくなった。
原因はよくわからないが、解約したiPhoneを他人に譲るなど、新しいApple IDで使う可能性がある場合は古いSIMカードは外したほうが良いのかもしれない。

話を元に戻そう。その他のアプリの用途だが、「メール」はオフクロのPCのメーラーと同じサーバ設定にし、30分ごとのフェッチにした。PCとiPhoneの両方で受信すれば、夜PCで受信する前にiPhoneで読めるので便利。
「ビデオ」には家にある古いファミリービデオ(VHS)やデジカメで撮った孫のビデオをMP4に変換して100本ほど入れた。オフクロはこれが一番嬉しかったようだ。
「写真」にはこれも同じく、古い写真アルバムからスキャンした画像や、デジカメで撮った孫の写真を4000枚ほど入れた。指でフリックしながら見る行為は実際にページをめくっている感覚で使いやすいようだ。

「連絡先」は、メールをやり取りするであろう人だけのメールアドレスを残して他は削除した。ただし親戚の電話番号は備忘録として残してある。うっかりタップしても電話は繋がらないので大丈夫。
シニア仕様なのでアクセシビリティで文字を大きくしたのは言うまでもないし、メッセージの着信音も大きくわかりやすいものにした。サイレントモードじゃないときもバイブはONにしておいたほうが良い。

下記のアプリは、私がオフクロ用に入れたアプリの一部。(アプリ名クリックでApp Storeへ)
皆さんもiPhoneをシニア向けにするときの参考にどうぞ。


◎ 文具として...

【明るく大きく】 無料
いわゆるカメラ機能による虫眼鏡だが、シニア世代に特化した老眼鏡アプリ。拡大率、明るさ、コントラストを自由に変えられ、白内障の人のための明暗反転機能や画面を静止する機能もある。

【カルジオグラフ】
自分の脈拍を測り、時刻とともに記録するアプリ。カメラのレンズ部に指の先をあてて脈拍が測れるなんて知らなかった。

【7notes mini】
手書きの文字をテキストに自動変換してくれるメモ帳アプリ。iPhoneの小さなキーでは打ちにくいだろうと思い、このアプリを入れてあげた。入力用のスタイラスペンも購入。


◎ 読み物として...

【よみあげ絵本】 無料
7つの昔話が無料で見れる音声絵本アプリ。小さな子供の知育用だがお年寄りのひまつぶしにもなりそう。日本語と英語のどちらでも聞ける。

【ポケット文庫 Sky Book】
青空文庫の小説がたくさん読めるアプリ。なかなか読む時間はないだろうけど入れておいても損はない。文字をかなり大きくできるところはシニア的にはマル。

【総合お薬検索 QLife】 無料
処方薬と市販約の効果や副作用、保管方法などを検索できるアプリ。歳をとると薬について知りたくなるもの。文字が少し読みにくいかな。

【年齢早見 お歳はいくつですか?】 無料
何年生まれの人は現在何歳なのか?がわかるアプリ。似たようなアプリでもっと機能の多いものは他にもあるが、このアプリが一番シンプルで見やすい。


◎メディア再生機として...

【思い出ソング】
昭和初期から現代までの懐かしい音楽を年代別に表示し、YouTubeから探して再生してくれるアプリ。若い人からお年寄りまで楽しめる。データ数は邦楽と洋楽合わせて5000曲以上。

【NHKネットラジオ らじるらじる】 無料
NHKのラジオ放送が聞けるアプリ。

【radiko.jp】 無料
AMとFMの民放ラジオ放送が聞けるアプリ。


◎ お知らせ、案内装置として...

【ゆれくるコール】 無料
テレビではお馴染みの緊急地震速報を通知するアプリ。お年寄りの場合、地面が揺れても物が倒れても地震に気が付かない人もいるので、こういう通知は大切。

【あめふるコール】 無料
降雨を通知するアプリ。地域を指定しておけばそこに雨が降る前に音で知らせてくれる。

【MapFan for iPhone】
高機能な地図アプリ。うちの親が使いこなせるとは思えないが、オフラインでも動作するので解約したiPhoneでも外で使える。散歩時のナビゲーターにもなりそうなので入れてみた。


◎ オモチャとして...

【baby rattle bab bab】
本来は赤ちゃんをあやすためのアプリだが、お年寄りもこれで笑顔になれる...かな?

【SmackTalk!】
可愛いハムスター、子犬、子猫がオウム返しするアプリ。単純に面白い。童心に返れる。

【アキネーター】
数年前にウェブで話題になった、思い浮かべた人物をみごと当てるランプの魔人。お年寄りの場合「はい」と「いいえ」の選択が怪しいので、魔人もちょっとてこずるかも。

【桜金魚すくい】
癒し系の金魚すくいゲームアプリ。iPhoneをポイに見立てて傾けてすくいます。意外に楽しんでる。(^^)
[PR]
by rukachas | 2012-11-14 20:57 | iPod&iPad&iPhoneの話 | Comments(9)
iPhone 5 を使ってみて...
c0039181_22132198.jpg機種変更の手続きから1週間後、自宅にiPhone 5が届いた。
「貴重品」というシールが貼られた小さな段ボール箱を開けると、衝撃吸収剤とともにiPhone 5の外箱がお目見え。2年前に買ったiPhone 4の箱と比べてみるとひと回りほど大きい。(5の箱、逆さまに置いてしまった!(^^;))

まずは同梱されていたUSIMカードをセットしなくてはならない。4と4Sに採用されていたMicro-SIMよりもさらに小さいNano-SIMなので、床に落としたらなくしてしまいそう。
USIMカードを本体に挿入し、SoftBankから送られてきたメールに記載されているURLをPCで開き「電話機切り替え手続き」をおこなった。
これはあっけないほど簡単に終了。

これで私の電話番号が新しいiPhone 5に引き継がれたので、次はiPhone 5を起動してアクティベーション作業。
途中で新規の設定かバックアップからの復元かの選択があり、私の場合は機種変更なのでPCのiTunesと接続して「バックアップから復元」を実行した。

ところがこれがなかなか終わらない。
他の人の記事を読むと復元は10分ほどで終わったと書いてあるが、私はなんと4時間...(+_+;)
画像やキャッシュが大量にあったからだろうか?PCが古めだからだろうか?

まぁとにかく時間はかかったが無事に復元が終わり、残りの設定を済ませてアクテイベーション完了。
起動するといくつかコピーされなかったアプリがあったので、もう一度iTunesとの同期を実行し、ほどなくすべてのデータ移行が完了した。

iPhone 4のほうはiPhone 5のアクティベーション中にすでに3Gが使えなくなっていた。画面左上に「圏外」の文字が出ている。
この電話機能のなくなったiPhone 4を今後どうしようか?せっかくSoftBankの下取りプログラムに出さず手元に残したのだから有効に使いたいもの。

結果的にはこの数日後、私のiPhone 4は家族の思い出ビデオと写真をたんと入れたオフクロのオモチャとなったのだが、おぼつかない手付きで誤操作しまくりの様子を見るとまだまだ改善の余地はありそうだ。このてんに関しては近いうちまた書いてみたいと思う。
3G回線が使えなくなっただけで他はなんら変わりないので、ほとんどWi-Fiで使っていた私の場合は機種変更というよりも機種追加といった感じ。

さて肝心の新しいiPhone 5だが、使ってみるとさすがにアプリの起動もブラウザの読み込みも速く、動作が全体的にキビキビしている。
とくにLTEの速度には驚いた。人によっては屋外で50Mbpsも出ているらしいが、ラジオの電波さえ入りにくい私の部屋の中でも15Mbpsは出ている。
家のADSLよりもずっと速いとなればもうWi-Fiを使う必要がない。定額プログラムを適用した「パケットし放題フラット for 4G LTE」は月7GBの利用制限がないので、家の中でも常時LTEにしておいたほうが良さそうだ。

それ以外は残念ながら4Sと比べても目新しい箇所はない。ディスプレイが縦に長くなって非常に見やすいが、イコール使いやすいとはならないところがスマホの難しいところ。
ボディの寸法は4や4Sと比べてわずかに背が高くなっただけなので、いつも胸ポケットに入れている私にとっては有難い。

2年後に月月割が終わる頃、また機種変更するかもしれないが、そのときはiPhone 6が発売されているのだろうか?
今後のLTEの全国展開も気になるところだが、できれば2年後までにはパケット定額料をもう少し下げてほしい気がする。次も機種変更するかどうかの大事な要素だから。

最後に、私の部屋で回線速度の計測をしてみた。利用した計測サイトは SPEED TEST

自宅のWi-Fi (ADSL)
約5Mbps。Yahoo!BBのADSLだと平均的かな。
c0039181_22155319.jpg


3Gで計測
約3.5Mbps。部屋の中でこれならそんなに遅いほうではないと思う。
c0039181_22161944.jpg


LTEで計測
部屋の中で約15.5Mbps。
東京都心での計測値には遠く及ばないが、動画サイトを見るのには十分な速度。
c0039181_22163922.jpg

[PR]
by rukachas | 2012-11-07 22:18 | iPod&iPad&iPhoneの話 | Comments(0)
40型の液晶テレビ
c0039181_2038088.jpg「いや、マジで新しいテレビいらないし~」
ほんの1ヶ月前まではそう思っていたが、PCのモニタとしても使えるなら便利かなと、オンラインショップで自分用に1台買ってみた。
機種は東芝のレグザB3、画面サイズは40型。5万円ほどで買える安価な機種だが、結構売れ筋の商品らしい。
うちの居間には同じレグザのZ1 42型があるので、画質や操作感などを比べてみた。

Z1は2年前の機種とはいえさすがレグザの上位シリーズ(最上位ではない)、画質はかなり良い。
対するB3はZ1と同じくLEDバックライトを採用し、倍速モーションクリアも搭載しているが、地デジ映像のディテールがちょっとノイジーな気もするし、画質面ではZ1には及ばない。これは液晶パネルの差だろうか?それともチューナーの差かな?

だがこれはZ1と見比べての感想であり、B3も同じ価格帯の他の機種と比べれば十分高画質だと思う。現在5万円前後で買えることを考えれば、コストパフォーマンスはかなり高い。
チューナーをひとつしか搭載していないのでHDDを接続しても裏番組録画はできないし、音もそれほど良くはない。ボディやスタンドもどこか安っぽさがある。だが基本的な機能とそこそこの性能は押さえており、私は十分満足できた。
描画の遅延を抑えたPCモードがあるので、PCモニタとしても使っている。

私はPCに向かう時間は非常に多いが、テレビを見る時間は非常に少ない。このブログにも過去何度か「最近のテレビはつまらない」「すっかり見なくなった」と書いていたが、それはテレビ番組のことであり、テレビという家電そのものに興味がないわけではない。
ニュースをたまに見る程度なら今までどおり14型のブラウン管式でかまわないが、せっかく大型の液晶テレビに替えたのだから、今後はテレビ番組を見る機会も多少は増えるだろう。

とは言え、いくら映像が綺麗でもつまらない番組を見ようとは思わない。私が今回このテレビを買ったのは、昔のビデオやDVDを鑑賞するため。
すっかり見慣れたはずのファミリービデオ(甥っ子の映像)や、数年前に買ったジュニアアイドルのDVDも、やはりこれだけ大画面だと新鮮な気持ちで見ることができた。

しかし大画面になればなるほど目立ってくるのが元のソースの情報量の低さ。アナログのビデオテープもデジタルのDVDもどちらも低解像度の480i。それを拡大表示するのだから全体的にぼやけてしまうし、動きの激しいシーンでは細かなノイズも多い。
小さな画面では見えなかった粗が、大画面ではそれなりに目立つ。

しかしPCモニタ並みの解像度を持つ今の液晶テレビは、昔のブラウン管式の大画面テレビ(36型まで?)や昔のプロジェクションテレビに比べれば画質はずっと良い。
昔のテレビは大画面でも解像度はそのままだったから、大きくなるほどドットが目立っていた。インターレースゆえの走査線のチラツキも目障りだった。今の液晶テレビは解像度が高いので、拡大表示してもドットが目立つことはない。
テレビを買うと地デジやらブルーレイやら高解像度の映像ばかりを表示したくなるが、過去のメディアを鑑賞するのにも今のテレビのほうが適している。

ブルーレイディスクは映画や音楽に関しては少しずつDVDから移行しているようだが、まだまだ普及したとは言い難いし、子供向けや子供モデル(とくに男の子)の作品はほとんどが未だにDVDのみの発売。
子供の緻密な肌ほど高画質な記録が求められるが、携帯電話でもHD動画が撮れるこの時代にプロの作品がDVDのみというのは少し残念。やはり製造コストの関係だろうか?

余談だが、私のデスクトップPCはちょっと古くて、NVidia GeForce4 Ti 4200というグラフィックボードを使っている。このグラボ、仕様書ではデジタル出力の最大解像度が1600×1200と出ていたのでフルHDでの表示は無理と思っていたのだが、繋いでみたらちゃんと1920×1080のフルHDで出力できたのでこれはラッキー。Dot by Dot表示で文字もクッキリ。
レグザB3は液晶がノングレア(非光沢)なので、PCモニタとして使うならZ1よりも良さそうだ。
[PR]
by rukachas | 2012-11-03 20:42 | 電気製品の話 | Comments(0)