子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
VISAデビットカード と ..
at 2017-01-14 22:25
ピンタレスト
at 2016-12-14 23:08
ブラックテレホンナンバーワン
at 2016-10-13 01:29
写真フィルムのスキャン その3
at 2016-09-02 12:35
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
隠すべきか隠さざるべきか
c0039181_19545519.jpg各都道府県の警察では昨今の防犯意識の高まりを受け、街で起こった事件や注意が必要な事案をメールマガジン等で配信している。
各地域のどこでどんな事件、または不審な出来事があったことを知らせてくれるサービスだ。

私は地元の埼玉県警が配信しているメール「犯罪情報官NEWS」を受信して読んでいるが、その中の子供に関する記事のいくつかは自分のTwitterでも引用し、フォロワーに紹介している。
地元の人には、発生場所が近所であった場合は注意してほしいし、それ以外の人にも内容を知ることで防犯意識を高めてほしいから。

埼玉県警からの情報だけでも、子供が被害に遭う事案は毎日数多く報告されている。
一県だけでこうなんだから、全国では数え切れないほどの不審者がそれこそ分単位で発生していることになる。それだけこの日本に子供の敵が増えたということか。

事案の内容をよく読んでみると、これはべつに問題ないだろう...と思うようなものもたまに見受けられるが(児童に道を訊く60歳代の男が出没...などの内容)、9割以上の事案は実際に犯罪と呼べるものであり、通学路における児童の安全確保を真剣に考えさせられる。

突然殴られた、卑猥なことを言われた、車に乗るように言われた(誘拐?)、体を触られた、勝手に写真を撮られた等々、日々起きている事案は様々だ。
私はこの防犯メールで情報を得るまでは、最も発生件数の多い事案は「痴漢」だろうと思っていた。昔から通学路には「チカンに注意!」と書かれた看板が掲げられていたのだから。

しかし実際の1位は痴漢ではなかった。痴漢事件も決して少なくはないが、最も多く発生しているのは「下半身の露出」であった。なんと不審者情報の3分の2以上を露出の事案が占めている。
つまり露出魔とか露出狂と言われる人間が、1年を通じてあちこちの通学路に湧いて出ているということ。

「○月○日午後○時ごろ、○○市○○町○丁目にて、女児に対して下半身を露出する男(○○~○○歳、○色ジャンパー、○色ズボン)が出没しました。お子さんが被害に遭わないために・・・(以下略)」という記事が毎日数件は届く。
「あれ、このメールさっきも来なかったっけ?」と思ってもよく見ると発生場所が違っていて、同じような事案が県内で同時多発的に起きているようだ。
メールで配信されなかった事案も含めると相当な数の露出狂が出没していると思われるが、逮捕したという情報は滅多に来ないので、意外と野放しなのかもしれない。(現行犯逮捕が難しいという意味で)

それにしても犯人はいったい何が目的でこんなことをしているのだろう?
子供が慌てて逃げる様子が面白いのだろうか?それともいわゆるサプライズ的な感覚なのだろうか?
たとえば親が子供にビックリ箱を開けさせたり、怖いものを見せてからかうことがあるが、それと同じく、子供を驚かせることに面白みを感じているのだろうか?
あるいは自分の下半身に妙な自信を持っていて「どうだスゴイだろう!」という自慢の意味で見せているのだろうか?

しかし見せ付けられた子供は悲惨だ。そんなことをされて気分が良いわけはない。
今どきの子供で大人の裸を見たことがない子は稀だと思うが(親とも入浴するので)、そんな子でも道で露出している人に出会えばそりゃあ驚き、逃げるだろう。

だがそれは見たモノに驚いたのではなく、外で露出するような頭のおかしな人の出現に驚いたのだということを犯人は肝に銘じるべきだ。
そうすれば自分が思い込む上下関係が逆転し、妙な優越感などいとも簡単に崩壊する。そうでなくとも、いずれは自分の人生が崩壊することになるだろう。

街なかで子供に向かって下半身を露出して良いわけがない。
露出が許されるのは人形か彫像くらいなものだ。たとえばミケランジェロの名作「ダビデ像」や世界中で愛されている「小便小僧」は、むしろ隠さないその姿ゆえに人々を魅了しているといえる。
何故なら人の姿や性器そのものに罪はなく、それをどう使うかという意図こそが重要だからだ。

最近どこかの市で、公園に設置されたダビデ像の股間を隠せと言った市民がいたらしいが、その人にとってはあのダビデ像が道端の露出狂に見えるのだろう。
木を見て森を見ず、チンを見て歴史を見ずといったところか。ある意味、通学路の露出狂と同じ意識を持っている人なのかもしれない。

所かまわず露出する犯人然り、ダビデ像に猥褻感を感じた市民然り、人間の身体もずいぶんと安く見られたものだ。
これからの子供たちは、人間としての自分の「姿」に価値を見出し、そのうえで自分の「行為」に責任を持つ大人へと育ってほしい。
[PR]
by rukachas | 2013-02-24 19:54 | ニュースの話 | Comments(0)
コーヒーの木と宅配業者の話
c0039181_21511571.jpg先週ネットで注文した観葉植物のコーヒーの木が昨日届きました。
アラビカ種のブルーマウンテンで、一般的な品種です。

購入ページには高さ約100cmと書いてあったんですが、届いたのは80cmと少し小ぶりでした。今の季節は育ちにくいからしょうがないのかな。
まぁでも、高さ100cmを目標にするという育て甲斐ができたので良しとしましょう。

今までパキラやサンセベリアを育ててきましたが、そのどちらとも違う優雅さがありますね。
思っていたより濃い緑色で、少し波打った大き目の葉っぱに力強さを感じます。匂いはほとんどなく、部屋の中が植物臭くなることもありません。
c0039181_21511269.jpg

前回紹介した、顔を前に突き出している天使の置物をとなりに置いてみました。
見ようによってはコーヒーの香りがすると思ってクンクン嗅いでいる光景に見えなくもないので、しばらくはこうやって置いてみようかな。(^-^)

ところで今回のこの購入、配達業者が佐川急便だったので少し不安でした。
というのも、以前家具を購入したとき、指定日に配達されず次の日も配達されず、夜にこちらから電話してやっと持ってきた・・・ということがあったからです。

店から出荷されて数日後、配達されるはずの日の夜9時になっても配達されない。
佐川急便のサイトで配送状況を確認すると「配達に出発致しました」と出ています。
もちろんこの日はずっと家にいたし、チャイムが鳴ればすぐにわかります。不在票が入っていたわけでもありません。
「ああ、こりゃ配達しきれずに翌日の分に回したんだな...」そう思ってこの日は諦めました。

ところが翌日の夜9時になってもまだ配達されない。サイトの配送状況ページには相変わらず「配達に出発致しました」の文字。ただ、出発日が今日の日付に置き換わっていました。

これじゃラチがあかないと、こちらから配達店に電話をして確認を取りました。すると「今すぐ配達に伺います」という返事。そして夜の10時過ぎになってやっと配達されました。

雰囲気的には、配る荷物が多すぎて遅くなってしまったというよりも、私からの電話で慌てて配達店からやって来たという感じだったので、運転手が二日続けて店に持ち帰ったか、車に積んだままだったんでしょうね。私が電話しなかったらあと2日くらい遅れていたかもしれません。
商品の箱に貼られた配達指定日のシールには、やっぱり昨日の日付が書かれていました。

このときは家具だったから良かったものの、この寒い時期に配達に数日もかかっていたら植物なら弱ってしまい、下手をしたら死んでしまいます。
そんな不安があったんですが、幸い今回はすぐに届いたので、私も植物もストレスが溜まらずに済みました。

さっそく目の前に置き、コーヒーを飲みながらコーヒーの木の深緑を楽しんでいます。
[PR]
by rukachas | 2013-02-08 21:57 | 動植物の話 | Comments(0)
天使の置物いろいろ
c0039181_11353711.jpgファンタジックな物語に欠かせない、世界中で好まれている架空のキャラ、それが天使と妖精。

天使はキリスト教やユダヤ教などの神話に登場する神の使いで、そもそもは大人の姿で描かれていましたが、近世以降は子供の姿として伝わり、その愛らしさから幅広い層に慕われるようになりました。
翼のあるヤンチャな男の子というイメージがありますが、体型的には赤ん坊に近いですね。

妖精はヨーロッパの童話、寓話に登場するキャラですが、実際にいると信じている人も多く、数々の伝説も残っています。アイスランドでは妖精について学ぶためのスクールもあるそうです。
妖精の種族には様々あるようで、よく知られているのは背中に昆虫のような羽を持つ細身の少女。
実際の性別はよくわかりませんが、思春期前後の少女の姿として描かれていることが多いようです。

これら天使や妖精は、インテリアグッズとしてもお馴染みのテーマ。
しかし私は妖精グッズはほとんど欲しいと思わないので、いつも天使グッズばかり買っています。
部屋にティーンの少女がいるよりも小さな幼児がいたほうが癒されるし、虫の羽よりも鳥の羽のほうが見た目に優雅ですからね。

さて、天使といえば絵画ではスッポンポンで描かれることが多いのですが、室内装飾品では大事なところが隠れているものが多くなります。当然性別がイマイチわかりません。
神の使いである天使の性別を詮索することなど野暮なことかもしれませんが、名前を付けるときに迷うんですよねぇ。

まだ数はそんなにありませんが、私が持っている天使の置物をひとつひとつ撮影してみました。

c0039181_2312659.jpg
音楽の天使、ハープ担当のハーちゃん。

c0039181_23123267.jpg
音楽の天使、ドラム担当のラムちゃん。

c0039181_23123821.jpg
音楽の天使、バイオリン担当のリンちゃん。

c0039181_23124796.jpg
c0039181_2313036.jpg
いねむり天使たち。ふたりとも音楽を聴きながら心地よい居眠り。

c0039181_23164370.jpg
シェル・エンジェル。演奏も眠りもジャマしちゃダメだよ、シーッ!

c0039181_2313534.jpg
ローズ・エンジェル。この子は音楽を聴きながら何かをひらめいたようです。

c0039181_2313941.jpg
c0039181_23131489.jpg
ミニ天使、エーちゃん。やさしい子。

c0039181_23131849.jpg
c0039181_23132252.jpg
ミニ天使、ビーちゃん。聡明な子。

c0039181_23132681.jpg
c0039181_23132959.jpg
ミニ天使、シーちゃん。ヤンチャな子。

c0039181_23133492.jpg
c0039181_23133855.jpg
ミニ天使、ディーちゃん。明るい子。

c0039181_23134316.jpg
スリーピング・エンジェル。ちょっと太めな天使が花びらの上でスヤスヤ。

c0039181_23365086.jpg
フレアー・エンジェル。レオ君。一番のハンサムボーイ!

c0039181_233724.jpg
キッス・エンジェル。置き方を工夫してみたいオブジェです。

(上記の名前は私が勝手に付けたものです、商品名じゃありません)
[PR]
by rukachas | 2013-02-07 00:07 | モノの話 | Comments(0)
「The Light of Smile 笑顔の灯り」終了!
The Light of Smile 笑顔の灯り最初は手探り、次第に形を成し、やがて成熟し、あとは惰性で、最後はあっさりと・・・。

先月25日、私のサイト「The Light of Smile 笑顔の灯り」を完全終了し、約14年間の歴史に幕を下ろした。

1999年5月、子供たちと親と子供好きのために交流の場を作ろうと始めた個人サイト。
子供に興味がない人や偏見を持つ人には勘違いされることもあったが、それなりに有意義な交流ができたし、伝わるものはあったと思う。

このブログのプロフィール欄にも書いている台詞だが、
『世界中の人を子供好きにしたい!児童虐待や少年犯罪の無い世界にしたい!子供の姿に日々感動!子供の笑顔はこの世を平和にする至高の灯り・・・』
この気持ちはこれからも変わらないし、誰もが持ち続けるべき感情だと思う。

子育てはするが、子供優先に考えぬ人。
愛らしき子供の姿を評価せず、嫌悪する人。
逆に嗜好品として好きになっているだけの人。
そんな人は多いが、大人の役目は子供のためを考え行動すること。これに尽きる。

「The Light of Smile 笑顔の灯り」は終了したが、子供好きのRUKAはこれからも健在。
今後はブログを中心として、引き続き全国の子供好きさんたちと交流していこうと思う。
これからもヨロシク!(*^ー゚)v
[PR]
by rukachas | 2013-02-04 23:56 | 子供の話 | Comments(0)