子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
スマートスピーカーに物申す
at 2017-11-15 23:22
Google Home は誰..
at 2017-11-06 23:40
サッポロ プレミアムアルコー..
at 2017-10-25 22:55
髪の毛は当たり
at 2017-10-03 21:19
ゴクッと一杯!
at 2017-06-20 18:15
写真の挿入位置
at 2017-05-29 23:03
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
スリムフィルターの改造
今月初めに水槽を買い換えたので、一番初めに買ったGEXのスリム水槽が余ってしまいました。
魚が病気になった時の薬浴のためにとっておくのもアリですが、薬浴はもっと小さい容器のほうが良いだろうし(半分に切ったペットボトルでも代用できます)、せっかく外掛け式のスリムフィルターも余っているので、もう一度このスリムコンビで水槽を立ち上げてみることにしました。

前回の1からの立ち上げとは違って今回はラクラク・・・というか立ち上がりまでの期間がグンと短くて済むでしょう。
なんたってバクテリアが十分繁殖した水と濾材がすでにあるんですから。(メイン水槽の水と濾材の一部を種として使用)

とはいえ、新しいフィルターや底砂にバクテリアが十分住み着くにはそれなりに時間がかかるし、とくに外掛け式フィルターは構造上バクテリアが定着しにくいと言われています。
GEXのスリムフィルターも物理濾過(水中の汚れを濾し取る方法)が主流の製品で、メーカーが数週間ごとのフィルター交換を促していることからもそれがうかがえます。

そこでスリムフィルターを生物濾過用に改造してみることにしました。
専用濾過マットの代わりにバクテリアが定着しやすい濾材を入れ、そこに水の流れを作ってやるという方法です。

といってもネットで検索して見つかった、他の方たちがやっている方法を真似ただけですけどね。
私なりの工夫はしていますが、諸先輩方はもっと立派な改造をしていますので、ここの記事を参考にしようと思った方は他のブログも参考にしてみてください。(^^;)

用意するものはスリムフィルター本体とリング型の濾材とアクリル板。
私は本体はGEXの「スリムフィルター M」を使い、濾材にスドーの「濾過バクテリア繁殖用濾材 リングタイプ」を使いました。
アクリル板は古いフォトフレームに付いていた、言わば廃材です。

下敷きでもプラスチック製のカードでも何でも良いと思いますが、あまり柔らかすぎるとセットしたときに隙間ができてしまい水が効率よく流れないこともあるので、ある程度の弾力はあったほうが良いでしょう。

c0039181_1661352.jpg
このアクリル板は濾過マットを取り付ける部分に挿し込み、水路を作るのに使います。
濾過マットと同じ大きさにカットして下の部分だけ水が通るようにするのですが、私はこのような形に切りました。
セットすると四角い穴が横に3つ並ぶような形になります。

下側の穴はべつにどのような形でもよく、とにかく水がスムースに通りさえすれば良いのです。
大きくカットすればそれだけ水の流れも良くなるし、逆にカットした部分に濾材が入り込んでしまうならスリットにすれば良いし、丸い穴をたくさん開けるという方法もありますね。

c0039181_1664663.jpg
濾過マットの代わりにアクリル板を差し込みます。(上の画像では、リング型濾材の向こう側に2枚)

そしてこれとは別にもう一枚、縦13cm横5cmくらいのアクリル板を使い、右側の水の注入口に上から差し込みます。(赤い線の部分)
少しカーブを付けた状態で差し込んで側面の隙間をふさぐのですが、このアクリル板も下部に水の通り口を開けておきます。
(画像ではすでにリング型濾材が入っていますが、濾材はアクリル板をセットした後に入れます)

c0039181_1673086.jpg
これは本体を横(ポンプ側)から見たところ。赤い線は中に差し込まれたアクリル板の輪郭です。
このアクリル板によって側面の通り道はふさがれ、水は下側のみを通って濾材へと流れていきます。
私は下をM字型にカットしましたが、これも各自お好きなように。

私は最初この部分にもリング型濾材を入れていたんですが、水の通りが悪くなったので取り除きました。
底に6個だけ残してあるのは、向こう側の濾材が入ってこないためのストッパー代わりです。

c0039181_167588.jpg
これは本体を上から見たところ。
GEXのスリムフィルターはこのように3つのスペースがあります。
本来はAに注がれた水がそのままBに流れ、BとCの間に取り付けられた濾過マットを通過して手前の水槽へと戻りますが・・・

改造後のスリムフィルターは、Aに注がれた水がアクリル板の下側に開いた穴からBへと流れ、そしてCの底へと流れ、そのままリング型濾材の部分を上に上がり、手前の水槽へと戻ります。

上の画像にも写っているように、私はスリムフィルターMの一番左側だけ濾過マットを残しています。
すべてリング型濾材にして生物濾過専用にしても良いんですが、物理濾過の部分も少しは残しておきたいと思いまして。

使うのは活性炭マットでもバクテリアマットでもどちらでも良いと思いますが、汚れたら軽くゆすぐだけにして交換しないつもりならバクテリアマットのほうが良いかもしれません。

上の画像のBのスペースには底のほうにしかリング型濾材を入れていませんが、これはあまり多く入れると左端の濾過マットに水が流れにくくなるからです。
しかし逆に言えば、濾材の量でマット側の水量を調節できるという便利な面もあります。

c0039181_1684064.jpg
ちょっとわかりにくいですが、水の流れとしてはこんな感じ。赤い線がリング型濾材側の流れで、黄色い線がマット側の流れ。
普段は左端の濾過マットを通過する水とリング型濾材の部分を上ってくる水が半々くらいですが、濾過マットの表面が汚れて水通りが悪くなってくるとリング型濾材のほうに水が多く流れるという仕組み。

c0039181_168576.jpg
よく見るとABCの各スペースでそれぞれ水面の位置が異なっています。
上の画像では最初に水が入るAの水位を黄色い線、水が振り分けられるBの水位を青い線、濾材を入れたCの水位を赤い線で示しましたが、順に水位が低くなっているのがわかると思います。

これは正常なことで、もしこの水位の差がない場合は、アクリル板の密着度が悪いなど水が本来の道筋をたどっていないことが考えられます。
逆にこの差がありすぎる場合や、アクリル板を乗り越えてオーバーフローしているときは、水の流れが悪いということです。(濾過マットが汚れて詰まっている、アクリル板の穴が小さすぎる、等)


とりあえずこのような濾過器ができあがったので、数日前から生体を入れずに稼動させています。(糞は入れています)
外部フィルターと比べると濾材の量が少ないので過剰な期待はできませんが、標準のマットよりはバクテリアが繁殖しやすくなったはず。

バクテリアが十分定着したころにネオンテトラを入れる予定。(^-^)/
[PR]
by rukachas | 2013-12-28 21:42 | 動植物の話 | Comments(2)
水槽立ち上げ完了!
c0039181_15421535.jpg今週ようやく水槽の立ち上げが完了しました!
ここ数週間の亜硝酸地獄をよくぞ乗り切ってくれたと、魚たちにはねぎらいの言葉をかけてあげたい。

今週月曜日、朝起きて水槽を見るとテトラたちがいつもより活き活き!
もしやと思い亜硝酸値を計ると、ゼロではないけれど前日よりもグンと減っている。
ここ2週間ずっと亜硝酸値が下がらず毎日の水換えが欠かせなかったんですが、この日になって急に下がりました。
そして翌日の火曜日にはさらに下がり、その後亜硝酸は検出されなくなりました。

亜硝酸ゼロ!これを待っていた!\( ´ ▽ ` )/
長かったな~、約2ヶ月かかりました。

これまでの経緯としては・・・
11月初め、水槽に水を張り底砂と水草を入れ、とりあえずフィルター循環。

設置1週目、魚を導入するも20匹以上の大所帯にしてしまい、次第にアンモニアが濃くなる。(ネオンテトラ10匹、カージナルテトラ10匹、コリドラス・アエネウス2匹)

2週目、魚たちに変化はないが、3日に1度、3分の1の水換え。

3週目、コリドラス・アエネウスが元気なくグッタリし始める。アンモニア吸着のため活性炭入りのフィルターを取り付けたら、数時間後にお亡くなりに。(>_<)
この子にはもう会えねうす!

4週目、水質検査用の試験紙を買い、毎日亜硝酸と硝酸塩のチェック。水換えの頻度を上げる。

5週目、水質が多少安定してきたのでコリドラス・ステルバイを1匹導入。外掛け式フィルターにリング型濾過材を入れる。

6週目、水槽を倍の容量のものに換え、濾過器を外部式にした。水槽と濾過器のチェンジによりバクテリアが若干死滅したのか、立ち上げ当初によくある白濁り状態に。
濁りは数日で取れたが、水換えしても亜硝酸値がなかなか下がらなくなってきた。

7週目、亜硝酸値がかなり高くなった。亜硝酸地獄に突入!毎日検査、毎日3分の1の水換え。魚たちも必死に耐える。

8週目、ある日急に亜硝酸値が下がり、翌日にはゼロに。(試験紙は精度が高くないので実際にはゼロではないと思うが、かなり低いのは確か)

とまぁこんな感じ。
水槽が立ち上がったので今後は1週間に1度程度の水換えでも大丈夫でしょう。
もちろんPHと亜硝酸と硝酸塩のチェックは頻繁にやったほうが良いですね。それと底砂にたまった糞の掃除も。

とりあえず毎日の水換えから解放されたのが嬉しいが、魚たちが「ヒャッハー!」してるのが一番嬉しい。(^ω^)

c0039181_15422144.jpg
ファントム・シロ君!
[PR]
by rukachas | 2013-12-26 15:46 | 動植物の話 | Comments(0)
お風呂テレビのアンテナ、その後...
9月4日の記事「風呂テレビの地デジ受信改善」では、風呂場に置いたPanasonicのポータブルテレビ「SV-ME7000」にYAGIの地デジ用アンテナ「UwPA」を繋いだら地デジ受信できた、めでたしめでたし・・・という話をしたが、じつはその後UwPAは取り外してしまい、結局今では壁のアンテナ端子から風呂場までケーブルを引っ張ってくるという方法をとっている。
つまり今はもう室内アンテナは使っていない。

あのときYAGIのUwPAによってすべての地デジチャンネルが問題なく映ったのは確か。だからこそ感心し、あの記事を書いたわけだ。
ところがその後、台風が近付いて大気の状態が不安定になってくると、次第にアンテナレベルが下がってきてしまった。いくつかのチャンネルはレベル40を下回り、ワンセグしか受信できない状態に。

台風が影響したのかどうかハッキリしないが、曇りの日、雨の日はたしかにレベルが下がるようだ。このへんは室内アンテナの限界か。
UwPAを移動したり角度を変えたりといろいろやってみたが、改善はしなかった。

さらに1週間もするとフルセグで受信できるのはNHKと日テレとテレ朝の3局のみになってしまい、あとはすべてレベル低下によりワンセグ受信のみに。
しかもその3局も、時間帯によってはブロックノイズが出たり、画面が数秒止まることもある。

YAGIの室内アンテナUwPAはコストパフォーマンスに優れ、条件が良ければ室内アンテナとは思えない性能を発揮する良質な製品だが、我が家の使用条件では「常に安定受信するには」厳しかったようだ。
ブースターを付けてもレベルの不安定さは残りそうな気がしたので、見栄えは悪いが居間のアンテナ端子からケーブルを引っ張ってくるしかないと、面倒だがそうすることにした。

10月始め、アンテナケーブル(4CFB)、3分配器、ケーブルを固定するためのフックなどを買い作業に取り掛かる。
一番不安だったのは壁のアンテナ端子から3分配することによる電波の減衰。風呂のテレビが映っても他のテレビが映らなくなったら意味がない。

うちは壁のアンテナ端子が1階の居間にしかないので、そこから2階へも這わしている。つまりすでに2分配している。(2階ではさらにそれを2分配している)
分配数が増えれば当然レベルは下がるので、場合によってはブースターを購入しなくてはならない。

しかし結論から言うとブースターは購入せずに済んだ。2分配器から3分配器に取り換えたが、大きなレベル低下は起こらなかったからだ。
テレビのアンテナレベル表示では、数値がわずか「1」低下しただけ。今まで使っていた2分配器が古くなっていたのかもしれないが、これは意外だった。
ちなみに今までの2分配器は10年以上前に購入したDXアンテナ製、今回購入した3分配器はYAGI製。

さてケーブルを風呂場まで這わせるに当たって問題となるのが途中にある戸の部分。
ドアならば確実に隙間用ケーブルが必要になる。ドアの隙間に通すため、平べったい隙間用ケーブルで中継するわけだ。

ところがこの隙間用ケーブル、長さは30cm程だが意外と値段が高い。2千円くらいする。
戸は2箇所あるので2つ必要だし、繋ぐためのF型接栓も4つ必要になりそれだけで4千円以上になってしまう。
また、平べったいがゆえの耐久性も気になる。

しかし幸いにもうちは経由する戸がすべて引き戸なので、今回は隙間用ケーブルを使わずに済ませた。アンテナケーブルをそのまま張り、戸を閉めたときの隙間はクッションテープで補うことにした。
これにより費用はグンと安上がり。結局買ったのは15mの白いアンテナケーブルと、3分配器と、裏が両面テープになっているケーブルフックと、隙間用クッションテープだけ。
トータルで2千円ほどで済んだ。

c0039181_21425196.jpg
YAGIの室内用3分配器で居間のテレビと2階へと風呂場への3箇所へ分岐。
レベルの低下は思ったほどではなかった。
ケーブルはマスプロの「BS・CS用低損失4Cケーブル」を使用。

c0039181_21431783.jpg
文具品のような安いケーブルフックでアンテナケーブルを壁に固定。
もともと付いていた両面テープは粘着力が弱いので剥がし、Scotch(住友スリーエム)の「超強力両面テープ」に貼り換えた。
ケーブル程度の重さなら難なく固定できるが、粘着力が強いので無理に引っ張ると壁紙ごと剥がれてしまうので注意。

c0039181_21432382.jpg
戸の部分は隙間用ケーブルを使うことなくそのまま通過させた。
このままでは戸を閉めたときに隙間ができてしまうので・・・

c0039181_21432925.jpg
引き戸側にScotchの「室内ドア用戸当たりP型テープ」というのを貼った。
これは材質がゴムなので、長期間使用してもスポンジやウレタンのようにボロボロになることがない。
しかも厚さがアンテナケーブルとほぼ同じなので、閉めたときに隙間がピッタリ埋まる。

c0039181_21433495.jpg
キッチンには鴨居がないので天井の隅にそって這わせた。
ケーブルが白いのでそんなに違和感はない。
ここで使ったケーブルフックも裏面を超強力両面テープに貼り換えたもの。

こうして風呂場の近くまで引いてきたアンテナケーブルは、F型中継接栓を使ってSV-ME7000に繋いである専用ケーブルと接続。
風呂場内のケーブル張りは前回UwPAを繋いだときにすでにしてあるので、今回はケーブル同士を繋ぐだけで済んだ。

ちなみにSV-ME7000に挿している3.5ミニプラグのアンテナケーブルは純正品ではなく、マスプロの「TV接続ケーブル JLM3-P」を使っている。
純正品よりも値段が安いうえに、長さが3メートルもあるのでこっちのほうが便利。

c0039181_21433811.jpg
これも前回UwPAを繋いだときにした処理だが、SV-ME7000は端子カバーを開けないとケーブルが挿せないので、そのカバーを取り除いて全体にプラ用パテを埋め込んでいる。
こうしないとアンテナ、ヘッドホン、SDカードの差込口から水が入ってしまうからだ。

本当はもっと平らに綺麗にしたかったが、途中でパテが足りなくなってしまい、そのうち新しいパテを買ったときに上乗せすればいいやと思っているうちにそのままになってしまった。
これでも十分防水できているので、しばらくはこのままでも良いだろうと思っている。

c0039181_21434325.jpg
パテ部分の見た目は悪いが、表からは見えないのでどうってことはない。
ある程度の弾力を保ったまま硬質化する防水仕様のパテなので、簡単に剥がれることはないと思う。

さて受信状況だが、やはり室内アンテナと違って電波レベルはかなり高く、すべてのチャンネルが安定して受信できるようになった。
ほとんどのチャンネルでデータ放送が見れるようになったのも良かった。(データ放送はフルセグ受信できていないと見れない)

親父とオフクロはいつもではないが、入浴中に見たい番組があるときは使っているようだし、私はあまりテレビ番組は見ないが、ネット機能を使ってYouTubeを見たりしている。(自宅の無線LANを利用)

風呂に入りながら見るテレビ番組、データ放送、ネットのYouTubeやHulu等のコンテンツ。
昔なら風呂の壁にテレビというと壁を打ち抜いての大工事を思い浮かべたが、今や3万円台の防水ポータブルテレビとドアに細いケーブルを通す隙間さえあれば気軽に楽しめる。

風呂場にテレビを置いて4ヶ月。地デジが綺麗に映るようになって3ヶ月。
今や湯に浸かりながらテレビを見るのが当たり前になってしまったが、あまりくつろぎ過ぎてのぼせたり湯あたりしないようには気をつけている。
[PR]
by rukachas | 2013-12-23 11:58 | 電気製品の話 | Comments(0)
核P-MODEL гипноза (Gipnoza)
c0039181_191158.jpg発売日から1ヶ月ほど遅れてしまったが、平沢 進さんによる核P-MODEL名義のセカンドアルバム「гипноза (Gipnoza)」を今週購入した。

前作、2004年の「ビストロン」以来、核P-MODELとしてはじつに9年ぶりのアルバムとなる。
ビストロンはアメリカ軍によるアフガン侵攻やマスメディアへの皮肉を思わせる内容だったが、今作は2011年3月11日の東日本大震災の影響(というよりひとつの引き金と考えられる)が色濃く出ている作品となっている。

歌詞の中のフレーズにも...
「カタストロフ」「瞬間のCrash」「天変地異」「逃げ惑う人」「1000年もキミを待った」「陸海空」「救命ショー」「瓦礫」「臨界値」「気付かれぬようにそっと定義を変えよう」「見えるのは嘘」
などとあり、あの大災害とその後の人間の対応を、思わせぶりな言葉で綴っている。

平沢氏のアルバムでは珍しく、CDのブックレット(歌詞が載っている小冊子)の最初の数ページにひとつの物語が載っている。
『盗まれたアシュオン』と題されたその物語、これがまた面白い。

「なるほどそうだったのか!」1979年から続くアシュオン実験の一連の流れに納得し、しかし同時に疑問符がいくつも湧き出した。
スポットを持ち出した毛糸帽の男は何者なのか?人々の行く末は?と、今後の展開を案じてしまう。

それにしても、まさかPEVOという言葉まで出てくるとは思わなかった。PEVO星人はスポットのない世界を知っているようだ。
この物語と謎解きのような歌詞は、是非CDを買って読んでいただきたい。

早速聴いてみた感想としては、今回はディストーション気味の攻撃的な音が多く、ノリの良い1曲目2曲目でさえも重く訴えかけてくるような印象を受けた。
とくに2曲目の「それ行け!Halycon」は、前アルバムの3曲目「アンチ・ビストロン」のようなポップな曲だが、どこか「不安」で「不穏」で「不審」な、う~ん変な曲だ。(良い意味で)

ソロのときと同様、曲順が絶妙で、聴いていると「ああ、コレね~」と納得してしまう。それはあの大震災とその後のゴタゴタを知っている我々だからこそ共感できるのかもしれない。
とくに3曲目の「排時光」では、震災直後のあの事故の不安な気持ちがよみがえってしまった。
だがラスト10曲目の「Timelineの東」では新たな希望も見えてきた。「白虎野」以来、久々に胸躍るメロディだ。

さて、現在の我々はいったい何曲目にいるのだろう?
「ビストロン」と比べると平沢ソロのテイストが色濃く出ているようにも感じるが、間違いなく核P-MODELの傑作。
あの震災を体験した人にこそ、聴いてもらいたいアルバムだ。

1曲目のタイトル曲はオフィシャルの特設ページで無料ダウンロードできます。
гипноза (Gipnoza)特設ページ
[PR]
by rukachas | 2013-12-05 19:18 | 音楽の話 | Comments(0)