子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ドナテッロのダビデ像
以前このブログで、ギリシャ神話の三美神とアングルの泉の置物を買ったことを書きました。
2013年6月1日の記事「ギリシャ神話の三美神」
2013年10月4日の記事「アングルの泉」

c0039181_14242435.jpg
これらはいわゆる神話の女神を表現した彫像、を模した置物。
宗教的な感情が無くとも、インテリアグッズとしてかなり癒されるものだと思います。

c0039181_14213572.jpgそんな女神の彫像といえば、もっとも有名なのは「ミロのヴィーナス」でしょう。エーゲ海南西部に位置するミロス島で1820年に発見された作者不詳の彫像。(画像はウィキメディア・コモンズより)

しかし私にはミロのヴィーナスはそんなに好きな彫像ではありません。芸術的価値や歴史的価値が高いのは認めますが、女性の姿として魅力的であるかというと、そうでもないような気がします。
下半身に布をまとっているところも私のイメージする女神とは若干違います。
あくまでも私の好みに照らし合わせればですが。


c0039181_14293363.jpgさて、ミロのヴィーナスとよく対比される彫像といえば、ミケランジェロ作の「ダビデ像」ですね。
女性の裸体像の代表がミロのヴィーナスであるなら、男性の裸体像の代表はダビデ像でしょう。(画像はウィキメディア・コモンズより)

しかし私はこのダビデ像もあまり好きではありません。
まず何よりもこの厳つい表情、筋肉質な体、石を握りしめた姿がある種の緊張感を感じさせるからです。

もちろん巨人ゴリアテに戦いを挑む勇者ダビデの姿ですから、この表情や体格はもっともだと思いますが、見た目に美しいかといえばそうでもないような気がします。
もともと下から見上げることを想定して頭や上半身が大きめに作られているので、真横から見たときに全体のバランスが悪いのも気になる点です。
まぁこれもまた好みの話ではありますが。


最近、自分の部屋の飾り物を眺めていて、ヴィーナス(ギリシャ神話なので正確にはアフロディーテですね)を飾っているならダビデもあったほうが良いのではと思い、ダビデ像の置物をひとつ買ってみることにしました。
しかし先ほども言ったようにミケランジェロのダビデ像はあまり好きではないので、買うならそれ以外のダビデを選びたい。

じつはダビデ像には複数の作者による複数の作品が存在します。
おそらくほとんどの人がダビデ像と聞いて思い浮かべるのは、上記のミケランジェロの作品でしょう。

しかし彫刻家「ドナテッロ」が1440年頃に制作したダビデ像も、それは素晴らしいものです。
ミケランジェロのダビデ像よりも50年以上前の作品です。

c0039181_15502397.jpg
【ドナテッロのダビデ像】
(フィレンツェ/バルジェロ美術館所蔵)

ミケランジェロのダビデ像がたくましい成人男性として造られているのに対し、ドナテッロのダビデ像はまるで少年のよう。
体は細く華奢(きゃしゃ)でおっとりとした風貌。髪は長く、オシャレな帽子をかぶり、たくましさは微塵もありません。股間には陰毛もなく、完全に少年の姿をしています。
同じ題材でも表現する作者によってここまで変わるんですね。芸術とは面白いものです。

このダビデ像の置物が販売されていたので、買うことにしました。
フィレンツェのバルジェロ美術館に所蔵されている実物と、これを模した置物の両方の写真を比べてみると・・・

c0039181_15502397.jpg c0039181_1551853.jpg

c0039181_15502887.jpg c0039181_15511159.jpg画像左側が実物(高さ約160cm)
右側がそれを模した置物(高さ約30cm)


(画像はウィキメディア・コモンズとAmazonから引用)

パッと見た感じでは、小さな置物と言えど、形はほぼ忠実に再現されているように思います。
本物はブロンズですが、この置物はレジンの上からブロンズ風の塗装を施しているだけです。レプリカと呼べるほどのものでもありませんが、かといってオモチャっぽい作りでもなさそうです。

ボディの色が金粉ショーみたいなのがちょっと不満ですが、すでに持っている女神像と高さがほぼ同じというところが気に入ったので注文してみました。
アメリカのフロリダからの発送で、途中税関等を通るので到着までに約2週間を要するそうです。


さて2週間後、私のもとに現物が届きました。
綺麗な青い箱に収められており、パッケージには「これはオモチャではありません。12歳未満の子供には適していません。」というようなことが英語で書かれていました。

手にとってみると意外にも本物のブロンズのような造りで、安っぽさはまったく感じません。
色もサンプル画像では金色でしたが、実際には銅の色というか、古くなった10円玉の色というか、それでいて光沢もシッカリしています。
塗装でここまで金属っぽさが出せるんですね。

ドナテッロのダビデ像をほぼ再現しており、一般家庭で飾る分には申し分ないレベルです。
さっそく泉のヴィーナスの隣に飾りました。

c0039181_16192230.jpg
かたや大理石風、かたやブロンズ風。
このヴィーナスは10代後半~20代前半の女性、このダビデは10代前半の少年といったところでしょうか。(そのように見えるという意味で)

c0039181_16192871.jpg
後ろはこのようになっております。
人間のDNAについて考えてみたくなりますね。
[PR]
by rukachas | 2014-05-25 12:29 | モノの話 | Comments(0)
スキャン・スキャン・スキャン
c0039181_15482116.jpgこれはミノルタが1995年に発売した、35mmフィルム専用のフィルムスキャナ「QuickScan 35」
今となってはもう化石のような製品だが、長年の酷使にもかかわらず今でも完璧に動作するところは当時のMade in Japanならではの堅牢さといったところか。

ところが数年前に古いPower Macが壊れてからは、これを使う術がなくなってしまった。
なんたってこのスキャナ、インターフェイスがSCSI(スカジー)でしかもアンフェノールのハーフピッチというレガシー中のレガシー。今のどのPCとも直接繋げることはできない。

方法としては、SCSI機器をPCのUSB端子に繋ぐことができる SCSI - USB 変換コネクタ(ケーブル)を買うという手があるが、値段は驚きの2万円越え。
世代間の差を埋めるにはこのくらいの出費は仕方ないのかもしれないが、買った人のレビューでは「認識しなかった」「エラーが頻発した」という意見もあるので、この値段ではうかつに手が出せない。(ドライブには対応していてもスキャナやプリンタには非対応ということが多いらしい)

しかもフィルムスキャンなんてそう頻繁にやることでもないし、大量のフィルムをデジタル化する必要性に迫られているわけでもないので、数万円の出費はイタい。

ということで現在このフィルムスキャナは、私の部屋の物入れの奥で眠ったままとなっている。


c0039181_15491615.jpgところで、最近プリンタが壊れたのを機にキヤノンのインクジェット複合機「PIXUS MG7130」を買った。
フィルムは無理だが反射原稿を読み取るフラットベッドスキャナとして使えるので、ブログ掲載用にとL版の写真を何枚かスキャンしてみた。

画質はCCDを使った専用のスキャナには及ばないが、解像度もそこそこ高く色合いも悪くはない(若干青味がかる傾向はある)。等倍にコピーしたりブログに載せる程度なら十分な性能だ。
写真の傾きを自動で補正してくれたり、複数の写真を並べてスキャンすると1枚ごとの画像データに切り分けてくれるところも便利。
付属の「My Image Garden」というソフトが少し使いにくいのと、自動切り分けで切り落とされるフチの量が若干多いような気もするが、まぁ概ね満足。

しかし・・・
写真プリントというものは、元のネガやポジの画質をそのまま受け継いでいるものではない。とくに安価なプリントだと、白が飛んでいたり黒が潰れていたりと階調が犠牲になっていることが多い。
しかも光や空気による経年劣化が早い。

私もその昔、確認用は10円プリントの店(通常1枚30円くらいするプリントを10円でやってくれる店)に頼んでいたせいもあり、階調があまり良くないプリントが多いことに加えて、今では経年劣化ですっかり色あせてしまっている。
空気を遮断するアルバムで保存していたにもかかわらず、20年足らずでこれだ。安物買いの色失いといったところか。(フジやコダックの純正店でプリントした写真はさすがに現在も色あせしていない)

元のプリントの質が悪ければ悪いなりにしかスキャンされない。あとから画像ソフトで補正するにしても限界がある。失われた階調は元には戻らない。
古い写真プリントはそのまま見る分には問題ないが、スキャンしてPCで拡大してみると結構アラが目立つものだ。

やはりフィルムがあるならフィルムからスキャンしたい。
だが最初にも言ったとおり、私のフィルムスキャナQuickScan 35は古過ぎて現在隠居中。

そこでものは試しと、安価なフィルムスキャナを使ってみることにした。

c0039181_15503038.jpg買ったのはケンコーの「KFS-500」という35mmフィルム専用スキャナ。
型落ち品のせいかAmazonで約5千円という安さで、その割には評判が良かった機種だ。
この値段なら画質が悪くても諦めがつくし、プリントのないフィルムの画像確認用として使っても良いので無駄になることはなさそう。

だがこの製品、スキャナとは銘打っていてもフィルム面を走査して読み取るものではない。
簡単に言えば内蔵されたカメラでフィルム面を撮影するというもの。性能的にも値段的にもQuickScan 35と肩を並べられるものではなく、あくまでもとりあえず的な代替品。

だが写真フィルムを手軽に画像ファイルにできるという点ではこの安さは魅力だし、むしろ世間ではこのタイプのほうが需要があるのではないだろうか。

さっそくフィルムをスキャンしてみたが、画質に関しては私の予想は大きく外れた。思っていたよりも画質が良かったからだ。
多少質感の甘さと色のにじみがあるが(暗部で目立つ)、ブログに載せる程度なら十分に使える。

本体の作りの頼りなさやフィルムのセットしにくさ、クロップ枠の狭さなど安いなりの部分は多々あるが、画質は5千円ほどで買えるスキャナとはとても思えない。


以下はそれぞれの機種でスキャンした画像。(QuickScan 35だけは数年前にスキャンした画像を使用)
ただしスキャン後に画像編集ソフトで色補正とサイズ変更をしているので、各機種の性能の目安にはならない。しかも複合機のほうは経年劣化したプリントからのスキャンなので、一応こんな画像ができあがったという報告として貼ってみた。

↓【ミノルタ QuickScan 35】(発売年:1995年)
c0039181_6203975.jpg
20年も前の製品だが、性能の高さは今でも十分通用しそう。
値段が違うので当たり前といえば当たり前だが。(当時の価格は158,000円)

↓【ケンコー KFS-500】(発売年:2012年)
c0039181_13133899.jpg
画質は甘いし色にじみもあるが、5千円ほどのスキャナでこの画質なら悪くはない。

↓【キヤノン PIXUS MG7130】(発売年:2013年)
c0039181_15513920.jpg
これは写真プリントをスキャンした画像。画質が悪いのは元のプリントの劣化によるもの。
本体のスキャン性能はけっこう良いと思う。


このようにそれぞれスキャンしてわかったことは、階調も色合いもキレイに仕上がっているプリントなら良いが、劣化したプリントをスキャンするくらいならたとえ安価なフィルムスキャナを使ってでもフィルムからスキャンしたほうが良い、ということ。(フィルムにも経年劣化はあるが、印画紙よりは緩やかだろう)

もちろん安価なフィルムスキャナといっても様々で、中にはフィルムを撮影したとはとても思えないような画質の悪い製品もあるかもしれない。
安価なスキャナは用途と評価をよく吟味して選んだほうが良さそう。

私は今後フィルムスキャンにはKFS-500を使っていくので、スカ爺のQuickScan 35にはもうしばらく隠居していてもらおうと思う。(´ω`)
[PR]
by rukachas | 2014-05-15 17:09 | 電気製品の話 | Comments(0)
Amazonの価格変動
c0039181_15473268.jpgAmazonは価格変動が大きいと言われているが、私もAmazonをよく利用しているのでそれは常々感じている。

出品者が違えば値段が違うのは仕方ないにしても、Amazonが販売・発送する商品なのに日によって値段が違うとなれば戸惑いもする。

私は品定めから実際の購入手続きまでが短い(手早い)ほうなので、買おうと思っているうちに値上がりしてしまいガックリ、という経験は今のところ無いのだが、私が購入したあとに値段が上がった、というのは何度か経験している。

つい先日プリンターが壊れたので次は複合機にしようと、Amazonでキヤノンの複合機を注文した。値段は税込み14,380円。Amazonが販売・発送する商品なので送料は無料。

ところが購入後に同じ商品ページを見たら、なんと値段が17,010円に跳ね上がっていた。

1万円代の商品で3千円近い値上がりは大きい。
私は「昨日買っておいて良かった〜」となったが、「昨日買っときゃ良かった〜」と悔やんだ人も多いのではないだろうか。

私がAmazonで買った中で価格変動が最も大きかったのは、昨年購入した女神像の置物だった。
アングルの泉を模したレジン製で、値段は13,500円。
私がその値段で購入するといったん在庫切れとなり、数日後に再入荷したらなんと19,800円になっていた。

この場合は輸入業者による販売だったので、再入荷で値段が変わるのは理解できるが(それでも跳ね上がり過ぎだが)、Amazonが販売・発送していながら在庫の途中で値段が大きく変動するとなると、ユーザーに不公平感も出てくるだろう。

よく、人気度や販売数のデータからその商品が値上がり傾向にあるのか値下がり傾向にあるのかを判断できるサイトがあるが、Amazonの場合は在庫数やその他謎めいたアルゴリズムで自動で値が変化するようなので、買い時の判断がけっこう難しい。

結局のところ、欲しいときが買い時だという言葉があるように、あまり値段の変動を気にせず、購入後は現在の値段を確認しないようにしたほうが、精神衛生的にはよろしいようだ。
[PR]
by rukachas | 2014-05-10 20:07 | Net&Webの話 | Comments(0)