子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
VISAデビットカード と ..
at 2017-01-14 22:25
ピンタレスト
at 2016-12-14 23:08
ブラックテレホンナンバーワン
at 2016-10-13 01:29
写真フィルムのスキャン その3
at 2016-09-02 12:35
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
小学校のプール
c0039181_144552.jpgあれはたしか1995年の秋。その日の私は野暮用があり某県某市の路上を歩いていた。

実際には、その市に住む知り合いの家に行ったらあいにく不在だったため、その者が帰ってくるまでのあいだ、暇つぶしで町の中を散歩していたというわけ。
初めて行った町だったのでどこに何があるのかまったくわからなかったが、足の向くまま気の向くままに流れる町の景色を楽しんでいた。

しばらく路地を歩いていると、ちょうど曲がり角のあたりでそこに小学校があることに気が付いた。
ところがいきなり目に飛び込んできたのは、その小学校の25mプール。
季節が秋だったので使われてはいなかったが、これにはちょっと驚いた。

なぜ驚いたのかと言うと、その頃すでにほとんどの小学校では外からプールが見えないような配慮がなされていたのに、この小学校はプールが道路に面しており、しかも外から丸見えの状態だったからだ。

これは夏のあいだ、道路にいる人々にもプールの授業が披露されていることになる。
私はそこを通り過ぎながら「このへんはまだ田舎だから、先生も生徒もあまり気にしてないのかな?」などと思ったものだった。
しかしそれ以来一度もその町には行っていないので、やがて忘れてしまった出来事だった。

ところが最近、ふと思い出してGoogleマップのストリートビューでその場所を見て2度目のビックリ!
なんと20年経った今でもほとんど変わっていなかった。

多少植え込みの木が増えたような気はするが、相変わらずの丸見えプール。
金網があるので侵入者は防げるが、いわゆる盗撮犯に対してはどうなのだろうか?
プールのすぐそばに本校舎と校門があるので、不審な車が停まっていたり不審者がいれば先生たちも気付きやすいだろうし、それがセキュリティになっているのだとは思うが。

本来水着というのは公共の場での着衣なので、本人が嫌でないなら隠す必要はないのだが、やはり小学校付近での不審者事案が多発している昨今、怪しい者を近付けないという配慮も必要だろう。

だがもしかしたら、隠すのではなく見通しを良くすることでかえって防犯になっているという面もあるのかもしれない。
見ている者は、見られている者でもあるのだから。

また、何か事故が発生した場合、発見しやすい、対処しやすいという利点もあるだろう。
親や近所の人たちが子供たちの様子を外から見れるというのは、安全面からすれば申し分ないわけだから。

ある人には見られたくない、ある人には見ていてほしい・・・と、人を選びたいのに実際には選べないからこそ、防犯は難しいのだと思う。
[PR]
by rukachas | 2016-02-15 01:21 | 子供の話 | Comments(0)
平耳アワー
c0039181_23515212.jpg音楽家、平沢 進さんの歌を知っている人にしか通じないネタですが、もしかしたら知っている人にも通じないかもしれない、そんな個人的なネタ。(^^;)

平沢さんの音楽は、イントロや間奏にどこの言語ともつかない言葉が奏でられていることが多いんですが、本来音として聞くべきその部分が日本語に聞こえることがあります。
いわゆるソラミミですね。(本来の意味の空耳ではない)

もっとも有名なのは「白虎野の娘」でしょうか。
イントロの部分から「酔いや〜何故に・・・」と歌っている人は多いと思います。

【白虎野の娘】
♪「酔いや〜何故に無限と美杯」

歌詞ではなくただそう聞こえるだけなのに、歌詞として紹介している動画もあるもんだから、外国人の中にはこれも歌詞だと思っている人、多いでしょうね。
もしかして日本人にも勘違いしている人いたりして。

これボーカロイドが男声のみの「白虎野」だと、ちょっと違うんですよね。

【白虎野】
♪「酔いや〜飲んでみる下戸、美杯」

「白虎野」も「白虎野の娘」も同じに聞こえる人もいるでしょうが、私にはこのようにちょっと違って聞こえます。
あくまでも私には、ですよ。


以下、P-MODELと平沢さんの楽曲から、イントロの部分が「私にはこう聞こえる」というものをいくつか選んでみました。
曲名をクリックするとYouTubeの該当曲に飛びます。

【回路OFF 回路ON】
♪「アフラックアフラック、ア〜ラア〜ラ、アラ〜」

【Rocket Shoot】
♪「あ〜、稲垣ひろし」

【帆船108】
♪「嫌〜な〜家」

【賢者のプロペラ】
♪「ほえ〜、なんか付いて、ほえ〜ほえ〜」

【賢者のプロペラ 2】
♪「不二家、混ざってたりな、ヤマザキパン」(これはクルシイかも)

【ルベド(赤化)】
♪「バ〜カなサカナの、反応オコゼ〜」 
(止まない花の輪唱で...のあと)

【MOON TIME】
♪「タタキ食べてめでたい、あ〜なた〜が〜」

【MOTHER】
♪「きっと時に満ち、風に感じてた時に満ち」

【庭師 KING】
♪「ワロワロ、平和の輪の、屁〜居合〜!」

【パレード】
♪「あ〜馬場お〜やオイル馬よ〜、浜の屋〜か〜、そ〜だあぁ〜」


「ぜんぜんそんなふうに聞こえないじゃん!」という苦情は無しでね。
「聴くたびにそう聞こえるようになっちゃったじゃないか!」という苦情も無しでね。(^^;)
[PR]
by rukachas | 2016-02-02 23:44 | 音楽の話 | Comments(0)