子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
VISAデビットカード と ..
at 2017-01-14 22:25
ピンタレスト
at 2016-12-14 23:08
ブラックテレホンナンバーワン
at 2016-10-13 01:29
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ヒラサワ曲を聴こう!
今や知らない人はほとんどいないであろう、日本が誇る至高のミュージシャン、平沢 進さん。
私は家にいるときは常に平沢さんの音楽を鳴らしています。
1000回繰り返し聴いても飽きない曲などそうあるもんじゃあない。

1979年から40年近く聴き続けてきた私がつくづく思うことは、「もしヒラサワ曲を知らずにいたら、音楽に感動することなど一生なかったろうな...」ということ。
実際にこれまで、ヒラサワ曲以上の価値を感じる曲には出会っていません。

そんな、私にとっての生活エネルギーとも言えるヒラサワ曲ですが、もしかしたら世間には「まだ聴いたことがない」という人もいるのかもしれませんね。

今回はYouTubeで公開されているヒラサワ曲の中から、私のお気に入りをいくつかご紹介します。




【Lotus(ロータス)】

♪「かたくなに夜は来て はるか道の上...」
聴いていると力と勇気がふつふつと湧いてくる。
一緒に歌えばもっと湧いてくる。
爽やかで、軽快で、力強くて、それでいて邪悪さがまったくない希望の歌。





【バンディリア旅行団】

♪「遠い昔に この声は響けよ...」
ヒラサワ曲の無国籍民族音楽ともいえる世界観を、最も適格に、なおかつ気持ち良く理解することができる曲。
その昔、宮城県と山形県に連なる蔵王山から、この曲を聴きながら眼下の風景を見下ろしたときの爽快感は今も忘れられません。





【ルベド(赤化)】

♪「見よ赤色 果てない夕日の色合いで...」
水面がたゆたうような旋律とファルセット気味の声がとても心地よい逸品。
歌詞も素晴らしく、日本語の美しさを再認識させられます。
節と歌詞の表裏一体とはこういうことを言うのでしょう。
バックコーラスの声がクレヨンしんちゃんの声に聴こえなくもないですが、イイ味出してます。





【庭師KING】

♪「一振りは雨の起源に響かせて 二振りで海の怒りを学ぶ...」
こんなにも力強い3拍子曲は他に聴いたことがない。
ヒラサワを知らない人に「さぁどうだっ!」という思いを込めて聴かせるには最高の曲。
計算され尽くしたメロディ、気が遠くなるほど奥深い歌詞。
働き者のKINGは神の子なのか?





【白虎野の娘】

♪「遠くの空 回る花の円陣のかまびすしさに...」
軽快なリズムとともに、平沢さんの透き通る声が風に乗る。
挿入されたベトナム語のセリフとイントロが神秘性を高めています。
この歌で「かまびすしい」という言葉を初めて知りました。





【ナーシサス次元から来た人】

人への狂おしいほどの愛しさを感じさせる曲。
花びらが舞っていて時がゆっくりと流れているような光景が目に浮かびます。
優しさに包まれるとはこういうことなんでしょうね。
♪「突風のワゴン車で...」というフレーズで始まる歌詞からは想像もできないほど、美しい光景が広がります。





【RIDE THE BLUE LIMBO】

♪「残骸が陸を被うほどの時を見た...」
軽快なメロディで綴られた、重く深い人類への啓示。
争い続ける愚かな者たちの心を浄化できるとしたら、素晴らしいことだなと思いました。
「誰ひとり落とすな」のフレーズが心に響く名曲。


ついでに・・・



【Speed Tube】

平沢さん率いるテクノポップユニット「P-MODEL」
そのP-MODELの楽曲で私がもっとも好きなのがこの「Speed Tube」なんですが、1992年に初めて聴いたときこう確信しました。
「これよりカッコイイ曲は、おそらくこの世には無いんじゃないか!」と。

あれから25年・・・未だにこれよりカッコイイ曲を私は知りません。
[PR]
by rukachas | 2017-02-13 22:42 | 音楽の話 | Comments(0)
Amazon ダッシュボタン
c0039181_19214278.jpg前回の記事で、昨年12月5日から日本のAmazonでもサービスが始まった「Amazon Dash Button」について書いてみましたが、今回もそのダッシュボタンの話。
ただしボタンの購入方法やWi-Fiの設定等については他の方のブログに詳しく書かれていますので、ここでは省略します。

日本のAmazonでこのサービスが始まったことに関しては、IoT(Internet of Things)と絡めて概ね評価している方が多いようです。
しかし実際にボタンを購入して(ボタンの価格は1回目の注文の代金から差し引かれるので実質0円)使ってみた方の感想となると、ここで評価が二分しています。
「これはいいね」とその後も使い続ける人と、「あまり良いものではなかった」と見切りをつける人。

ダッシュボタンのメリットはなんといってもボタンひと押しで注文が完結することです。
PCやスマホでAmazonのサイトを開く必要もなく、買うものが決まっているのならもっともシンプルな注文方法ですね。

反対にデメリットは配達日時が指定できないこと。
発送後にヤマト運輸のサイトから配達日時を変更できますが、それじゃダッシュボタンの意味がなくなっちゃいます。
私の家は常に誰かしら在宅なので、いつ配達されても困ることはありませんが、ひとり暮らしや共働きの家庭では重要なことかもしれませんね。

さて、ダッシュボタンについて検索してあれこれブログを読んでみて、ひとつ気付いたことがありました。
どのブログの記事も、ダッシュボタンの購入者と利用者が同じ人なんです。
つまり「使わせてみた」ではなく「使ってみた」ばかり。
私のように「Amazonを使っていない人のために設置した」という記事があまり見受けられないんですよ。

ダッシュボタンを購入した人は普段Amazonをよく利用している人でしょうし、少なくとも年会費を払っているプライム会員です。(ダッシュボタンはプライム会員限定のサービス)
そのような人にこのボタンが必要になるとは思えませんし、かえって融通の利かなさが不快に感じるかもしれません。
だからこそ各ブログでも「微妙」「もう使わない」「いらない」という言葉が踊るわけです。

しかしボタンを押すのが同じ家に住んでいるAmazon非利用者である場合はどうでしょう?
その人の生活にとって利便性が少しは向上するはず。
年老いた親であれ小さな子供であれ、それが必要になった時に自分で行動をおこせるわけですから。
もちろん必要もないのにポンポン押されては困りますが、理解して使うのであれば問題ないでしょう。

ただ私も現時点で不満がまったく無いわけではなく、早いとこ改善してほしいのは「品揃え」ですね。
スタートから2ヶ月以上経った現在でも相変わらずの42種類。
せめて100種類くらいにまでレパートリーが増えればさらに良さが実感できるんですが、なかなか増えないところを見ると、Amazonの取り分が多過ぎるのかな?

それとボタンの裏側の粘着剤があまりに弱すぎます。
プラやタイル等には張り付きますが、ちょっとザラついた壁紙だとすぐに剥がれ落ちてしまいます。
吊り下げるためのフックが付属しますが、ボタン自体に厚みがあるので通常のピンでは固定しづらく、またこのフックが外れやすい。

改善してほしい点はそれくらいですね。
逆にいえばそれ以外はとくに不満点もなく、うちではオフクロたちの便利ボタンとして重宝しています。
[PR]
by rukachas | 2017-02-11 22:24 | Net&Webの話 | Comments(0)