子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
ゴクッと一杯!
at 2017-06-20 18:15
写真の挿入位置
at 2017-05-29 23:03
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
<   2017年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Amazonパントリーの緩衝材
c0039181_14451117.jpg

私がAmazonプライムのサービスで最も頻繁に利用しているのがAmazonパントリー。
主に食料品のまとめ買いですが、実際に使ってみてわかったのは、段ボール箱の中の緩衝材がとても多いということ。

Amazonはもともと梱包が大袈裟なんですが、とくにパントリーは専用の段ボール箱(大きさは数種類あります)に複数の商品を詰め込んで送ってくるというシステムだから、隙間を埋めるために緩衝材がどうしても多くなるんですね。

使われている緩衝材は主に2つで、米国Sealed Air社の「Fill-Air Extreme Efficiency」という空気の入ったポリ袋のようなクッションと、もうひとつはクシャクシャと無造作に詰め込んだ大きめの紙。

私は袋のほうは他に使い道がないので、いつも穴を開けて空気を抜いて捨ててしまうんですが、紙は丁寧に広げて折りたたんで保存しています。
何故かというと、この紙が意外と重宝するからです。

丸めるだけで緩衝材になるという利点はもちろんのこと、キッチンでは油汚れを拭いたり包丁の水気を取ったりとキッチンペーパー代りに使えますし、防災袋に入れておけばいざというときに足下に敷くシートにもなります。
場合によっては防寒や医療用品としても使えそう。
つまり新聞紙を常備しておくのと同じ便利さがあるというわけ。

「Amazonは便利だけどゴミが増えて困る」と不満を漏らす人もいますが、うちは新聞をとっていないのでこういう大きな紙がタダで手に入るのは有難いことです。
無地なのでメモやノートとしても使えるところは新聞紙以上に便利。

昔はこういう紙を「わら半紙」と言ったんですが、最近はなんというんでしょう?
しかもわら半紙よりもずっと上質でサイズもそこそこ大きいので、私のうちではこの紙、すぐにはゴミにはなりません。

このての紙は買うといくらするのだろう?と思ってAmazonで見てみると、ひとまわり大きめのA1サイズ(594mm×841mm)が500枚で¥7,500円でした。1枚あたり15円ですね。
パントリーで買い物をすると大体6〜8枚ほど詰められているので、100円くらいは得した気分。

全く使い道がないという人にはただのゴミですが、けっこうシッカリした段ボール箱やその中の緩衝材がタダで手に入るというところは、通販ならではの利点ですね。
もちろん商品の価格と送料が高けりゃ意味ないですけど...
[PR]
by rukachas | 2017-03-30 22:44 | モノの話 | Comments(0)
必要と不要
c0039181_11235795.jpg毎日報道される事件のニュース記事を見ていて、こんなことをふと思った。

もし本当に神というものがいたとして、ある日、神がこの世の悪人を一掃したとする。
神が気合とともに念を放つと、地球上のありとあらゆる悪人が一瞬にして消え去った。

もしそうなったら、はたして人間の数は何分の一になるのだろう?
最も減少率の多い国、少ない国はそれぞれどこだろう?

ただこの場合肝心なのは「悪人」の定義だ。
自分勝手な理由で他人に損害や危害を与えた者は当然、悪人だろう。
やってはいけないことを、そうとわかっていてわざとおこなう者も悪人だろう。

だがこの世の中、良いことと悪いことどちらか一方しかしないという人はほとんどいない。
犯罪を犯さなくても、他人に迷惑をかけてしまうことは誰にでもある。

だからこれまで他人に尽くした数よりも、他人に迷惑をかけた数のほうが多い人も「悪人」とする。
他人にわざと迷惑をかけ続けていれば悪人。

このような定義で神が大掃除を決行すれば、地球はある程度は平和になるのかもしれない。
しかし残った人間からすぐにまた悪人が生まれるだろうし、気休め程度にしかならない。

この世の中、まったく他人の役に立っていない人がいる。
そういう人は自分で自分のことをゴミ・クズと自虐したり、他人からゴミ・クズ呼ばわりされることもある。

しかし役に立っていないだけなら、生きているだけでもそれは価値あることだ。決して不要ではない。
命を途中で終えることなく全うすることは、この世に生まれた者としての道理だから。

この世に本当に不要なのはゴミやクズではない、毒だ。
他人に迷惑をかけている人間は、毒を吐いているとも言える。

そういう意味では先ほど言ったような神による悪人一掃は、掃除ではなく「消毒」といったほうが良いのかもしれない。

私もいつかゴミやクズになる日が来るだろうが、それはそれで仕方がない。
だが毒にはなりたくない。なってはいけない。
だからやるべきことを見極める。
無害なゴミクズとなるために。
[PR]
by rukachas | 2017-03-25 11:28 | ニュースの話 | Comments(0)
ノンアルコールビールの飲み比べ
c0039181_11504323.jpg

最近ノンアルコールビールにハマってしまい、毎日2本ずつ飲んでいます。

ビールや発泡酒の消費が落ち込む中、年々出荷量が増えているのがビールテイスト飲料。
酒ではないので車を運転する方でも飲めるし、肝臓への負担も少ない。
極端な話、子供が安全にビールの味を知ることさえできます。(モラル的には子供に与えちゃダメですよ。メーカーは成人の飲用を想定して作っています)

じつは私はアルコールにあまり耐性がなく、若い頃から酒の席ではコップ半分のビールですぐに真っ赤になり、そしてやがて真っ青になるという経験ばかりしていました。
いわゆる下戸ってやつですね。

アルコールの何が困るかって、とにかく飲むと頭がボ〜ッとして正常な思考ができなくなることが一番困る。
多くの人は酔いがストレス解消になるんでしょうが、私はかえってそれがストレス。

しかも40歳を過ぎたあたりから、ビールを飲むとなぜかしばらく咳が止まらなくなるという症状が出始めました。
おそらくアレルギー的なものだと思いますが、私の体はアルコールを毒物だと思って外に出そうとしているんでしょうね。

でも私はビールの味そのものは嫌いではなく、むしろ風呂上がりや食事のときにはグイグイ飲みたくなります。
となれば、そんな私に最適なのはノンアルコールビール。

最近のノンアルコールビールは出始めの頃よりもずっと美味しくなったらしいので、いくつかの銘柄を数本ずつ買って飲み比べてみました。

あくまでも普段あまりビールを飲まない私の個人的な感想であり、ビール好きな人の意見とは違っていると思いますが、まぁ参考程度に。


【サントリー/オールフリー】

c0039181_17271465.jpg

原材料名 :麦芽、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、苦味料、甘味料(アセスルファムK)
エネルギー:0kcal
食物繊維 :0〜0.1g
ナトリウム:0〜7mg
プリン体 :0(0.5mg未満)
(100mlあたり)

今回飲み比べた中では、私は一番飲みやすかった。
コクがあるわけではないけれど、かといってクセもなく、毎日飲んでも飽きのこない味だと思います。
ちょっとスッキリし過ぎの感もありますが、たいていの食事には合いそうで、女性に人気というのもうなずけます。
とりあえず無難な味ですが、ビール好きの方には物足りなく感じるかもしれません。



【サントリー/オールフリー ライムショット】

c0039181_11465131.jpg

原材料名 :麦芽、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、苦味料、甘味料(アセスルファムK)
エネルギー:0kcal
食物繊維 :0〜0.1g
ナトリウム:0〜7mg
プリン体 :0(0.5mg未満)
(100mlあたり)

上のオールフリーにライムの味付けをしたタイプ。
原材料名にライムが入っていないので香料で付けた味ですね。つまり無果汁。
最初はビールとライムの味の組み合わせに戸惑いましたが、甘くない炭酸飲料と思って飲むなら悪くはなさそう。
でもやっぱり食事には合わない味かなぁ。



【アサヒ/ドライゼロ】

c0039181_11465764.jpg

原材料名 :食物繊維、大豆ペプチド、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)
エネルギー:0kcal
食物繊維 :0.4〜0.2g
ナトリウム:0〜10mg
プリン体 :0〜1.0mg
(100mlあたり)

今回飲んだ中では最もビールの味に近かった。
麦芽ではなく大豆ペプチドを使っていますが、喉越しも良くて、自社のビールをよく模しているなと思いました。
ただ私の場合、飲んでから数時間経っても口の中に苦いような渋いような感覚が残っていました。
普段アサヒのビールを飲んでいる人が、運転などで飲めない時に飲むのには良いんじゃないでしょうか。



【サッポロ/プレミアムアルコールフリー】

c0039181_1147051.jpg

原材料名 :麦芽、ホップ、酵母、酸味料、香料
エネルギー:12kcal
タンパク質:0〜0.3g
糖質   :3.0g
食物繊維 :0〜0.1g
ナトリウム:0mg
プリン体 :4.0mg
(100mlあたり)

ひと口飲んだ瞬間「なんだこの米ぬかみたいな味は!」って思ったんですが、他の方は穀物っぽい味とかカラメルっぽい味と言ってますね。
旨味ではありますが、ちょっとクセのある味で、好みが分かれそうな気がします。
他と違い人工甘味料を使っていないので、甘さにも自然な風味があります。
でもそのためか糖質とプリン体が他社より若干多め。(気にするほどではないです)



【キリン/パーフェクトフリー】

c0039181_1147349.jpg

原材料名 :難消化性デキストリン(食物繊維)、大豆タンパク、ぶどう糖果糖液糖、ホップ、米発酵エキス/炭酸、酸味料、カラメル色素、甘味料(アセスルファムK)
エネルギー:0kcal
タンパク質:0〜0.7g
炭水化物 :5.6g
食物繊維 :5.6g
プリン体 :0(100mlあたり0.5mg未満)
(製品1本/350mlあたり)

私は今回の飲み比べをする前は、これが最も実際のビールの味に近いだろうと予想していました。
ところがまったく違って、ビール味というよりは苦味と酸味のある炭酸水といった感じ。
すごく人工的な味に感じて、ハッキリ言って私の口には合いませんでした。
食物繊維が350mlあたり5.6gも入っていて「摂取目安量 1日1回1本」と表示していることからも、ビール好きよりもむしろ健康志向の人向けですね。

画像出典:Amazon.co.jp


ノンアルコールビールには否定的な意見もあって、よく目にするのが「人工甘味料を使っているから良くない」というもの。(使っていない商品もあります)

たしかに人工甘味料は健康にプラスになるものではないし、摂り過ぎは健康悪化のリスクを高めるとは思いますが、私は通常のたしなみ程度ならなんら問題はないと思うんですけどね。

ノンアルコールビールに使われている人工甘味料は「アセスルファムK」というもので、日本では2000年に食品添加物に指定され、以降多くの清涼飲料水や菓子等に使われています。
発がん性や毒性が認められず現時点で安全性が確認されているものですが、体に良くないと書かれている記事が意外と多い。

しかし「良くない」「悪影響」という文字はよく見かけるのに、具体的に「誰が、どれくらいの量を摂取し、それが原因でこうなってしまった」という報告がほとんどありません。

ちょうど「エロ本は青少年に悪影響だ!」と言われながらも、実際にエロ本を見たために変になった青少年がどれだけいるんだ?という疑問と同じく、心配して避け続けるべきものなのか?ということですね。

とはいえ、どんなものでも度を越えれば毒になりますから、嗜好品は適度な摂取に留めましょう。
[PR]
by rukachas | 2017-03-08 22:44 | モノの話 | Comments(0)