子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
ゴクッと一杯!
at 2017-06-20 18:15
写真の挿入位置
at 2017-05-29 23:03
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
Amazon プライム会員
at 2017-01-16 22:17
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
駄菓子
あの頃は店だった私は子供の頃、小学校の近くの店でよく駄菓子を買っていた。(左の写真は私がよく行っていた店の一つ。当時は1階部分が店だったが、今はもう見る影もない)
駄という文字は「値うちが低い、くだらない」という意味だが、昔の駄菓子は本当にそうだった。

アンコ玉という、直径2センチほどのアンコをきな粉でくるんだだけのもの。
三角形の飴にひもが付いてて束ねてあって、ひもを引っぱるまで大きい飴になるか小さい飴になるか分からないというもの。
箱の中に丸いガムが入っていて、箱のうえに突き刺さっている棒を下のほうまで突いてから抜き取ると、その棒の先にガムがはまってくるというもの。(ガムの色でアタリハズレもあった)
あんずの実を漬けてあるような、ちょっと甘酸っぱいジャムみたいなもの。
メチャメチャ小さなカップ容器に、ホイップクリームを固めたみたいなヨーグルトもどきが入っているもの。
木の小枝のようなものが数本束ねて紙でくるんであって、噛むとニッキの味がするもの。(あれは何だったんだろう?どう見ても木の枝にしか見えなかったが...)

上の写真の店ではないが、コンクリートの地べたに麩菓子さえもむき出しで置いていて砂ぼこりがかかっていたり、一体何年前のだろうと思うようなボロボロの紙容器に入っていたり、付いているゴミを取ってから食べたりとか、小汚くてハッキリいって子供心にも「これ食べて大丈夫?」と思うようなものが平然と売られていたものだ。
でも私よりも上の世代はもっと凄かったんだろうね。オフクロなんて古タイヤを削ったものがガムとして売られていたって言うし。(スンゴイなぁ)

今でも駄菓子は売っているし、デパートにも駄菓子コーナーがあったりするけど、なんからしくないよねぇ。菓子が「駄」なら、店も「駄」であってほしいと思うのはノスタルジーの表れだろうか。

それに、当時と同じデザインの駄菓子があったとしても、一つ一つきちんと包装されていたり、パッケージに成分表が書かれていたり賞味期限なんかもあったりして、あれじゃ普通のお菓子屋に売ってる明治や森永のお菓子と変わらんよ。
駄菓子ってのはもっと粗雑で、怪しくて、ちょっと薄汚れてて、それこそどっかのオバチャンが田舎の土間でハナクソほじりながら作ってるような・・・
スマン言い過ぎた...(/д\)☆\( ̄∇ ̄) ベシッ

まとにかく、今じゃ駄菓子も衛生面では厳しく管理されてるんだろうね。
いや、駄菓子だからこそなおさらか。
[PR]
# by rukachas | 2005-01-16 16:47 | 懐古の話 | Comments(0)
ズンタタズンタ
スピード感今日は一日中、冷たい雨が降っていた。
予定していた買い物は明日にし、昼間はずっと家で音楽を聴いていた。
もちろんくつろいで聴いていたわけじゃなく、Macで色々と作業しながらBGMでガンガン流していたんだけどね。

音楽的には平沢進さんの曲が一番好きだけど、流れ作業のようなことをしているときはユーロビートが結構キモチイイ!(逆にコラム書きのときは平沢さんの曲がイイね)
スーパーマーケットでテンポの速い曲をかけるのは、客の購買心を煽るのと客の回転率を上げるためだと聞いたことがあるが、たしかにはかどるし、時間が経つのも速い気がする。

いつの間にか私が持っているCDも、半分以上がユーロビートになってしまった。でもユーロビートなら何でも聴くかというとそうではなく、初期の頃のか、最近のかどちらかだ。
嫌なのは1990年代初頭にハウスやテクノが流行ったあたりの曲で、この頃のはユーロビートもどこかハウス臭かったりテクノ臭かったりして、ど~も聴いててウキウキ感がない。
やっぱユーロビートの良さは1にメロディの奇麗さ、2に楽しさ、3に全体に漂う正義の味方って雰囲気だと思う。(3はそうでもないかな?)

とにかくハッピーな気分になりたかったらユーロビート。
おすすめは DOMINO と VIRGINELLE 。
[PR]
# by rukachas | 2005-01-15 22:49 | 音楽の話 | Comments(0)
ウェットティシュー
c0039181_21223549.jpgウェットティシューがそろそろ切れそうなので買いにいった。
私はウェットティシューは掃除用品だと思っていたので、洗剤とかガラスクリーナーとか、そういうところばかり見ていたのだが、これがなかなか見つからない。
妹に言ったら怒られて(呆れられて?)しまった。ウェットティシューって手を拭くものだったんだねぇ。
だって部屋の掃除にしか使ったことないし~。ヽ(´・`)ノ

やっと見つけて買おうとしたら、今まで使っていた70枚入りがアルコール入りで、少し大きめの150枚入りがノンアルコールとなっている。
結局少しお得な150枚入りのほうを買ったのだが、アルコールのとノンアルコールのと、実際どっちが良いのだろう?

まぁ正直どっちでもいいんだろうけど、以前パソコンのモニタ(CRT)をノンアルコールので拭いたとき、表面に白っぽい膜が張ったようになってしまったことがあった。(すぐに濡れ布巾で拭いたら取れた)
妹が言うには、ウェットティシューの湿りの成分は化粧水のようなものらしい。だからノンアルコールとは言っても、ただの水ではないんだね。
蒸留水のようなクリアな水で湿らせてあるだけのウェットティシューって、売ってないんだろうか?あればモニタやCDの表面も拭けて、便利なのにね。

ところでティシューとティッシュって、どう違うんだ?
[PR]
# by rukachas | 2005-01-14 22:08 | モノの話 | Comments(0)
子供が宝である理由
奇麗な瞳子供の良さってなんだろう?
私はキレイなところだと思っている。
この「キレイ」は、決して美人だとかハンサムだとかそういうことではない。Beautifulよりも、むしろCleanという意味に近い。

まず心がキレイ。少なくとも大人よりは。
しかしこれに異論を唱える人は多いでしょう。
『いたずらばかりしてちっとも良い子じゃない!』『子供って結構、悪いこと考えてるぜ』
そ~そのとおり。でもそもそも「心がキレイ = 良い子」って考えることが間違い。
心がキレイってことは純真てこと。純真ていうのは、混じりけがない、つまり自分の気持ちに素直に行動するってことなんだよね。その行動が善いことであれ悪いことであれ、その純真さが子供らしさなわけ。

でもこの純真さは、大人に近付くにつれ侵食されていくもの。小学校高学年ともなれば、純真さが残っている子もいれば、すっかり侵食され尽くした子もいる。
どれだけキレイを残せるかは、親の力量かもしれないね。また、そのキレイさを善いほうに活かしてあげるのは、大人たちの努めだね。

そして、肌がキレイ。大人も子供も毛穴の数は一緒だから、表面積が小さい子供のほうが毛穴の密集度が高く、肌がキメ細かい。
たとえアトピー肌だろうと火傷の痕だろうとキズ痕だろうと、大人にはないキレイさがある。一言でいえば新鮮さだろうね。

最後に目がキレイ。これは誰も異論はないでしょう。
小学生の甥っ子の目を間近で見たとき、宝石を見つけたインディジョーンズの気分になったよ。(^^)
[PR]
# by rukachas | 2005-01-14 00:08 | 映画の話 | Comments(0)
煙害
タバコ私はタバコを吸わないし、煙を吸いたいとも思わない。
ところが職場には喫煙者が多く、喫煙場所からの煙が自然と漂ってきてしまう。これが苦しい。
タバコの煙は気体ではなく固体なんですが(つまり粒子)、廊下や部屋の中を通るうちに色んなものをくっ付けてくるのかなんなのか、むせ返るほどの臭いでもう・・・。(*x_x)

私がタバコを初めて吸ったのは、小学5年生のときでした。親父がトイレか何かで立った時に、好奇心で灰皿の上のタバコに手を伸ばしたのが最初。
しかしそのあまりの不味さと臭さに、これは自分には合わないと悟り、興味も持たなくなりました。
今にして思えば、タバコを旨いとは思わない子供の頃にその味を知って良かったと思う。もし第2次成長後に吸っていたら、旨いと感じて喫煙者になっていたかもしれないし。

今の喫煙者は、ハッキリ言って立場的にキツイでしょうね。直接吸う害だけでなく、間接喫煙による害が実際に認められる以上、犯罪者とまではいかないまでも、他人を苦しめる人、というレッテルが貼られるわけですから。
ところがこんな時代であっても、若い人を中心に喫煙者はまだまだ多いわけで、世界中で禁煙・嫌煙が叫ばれているこの時代に自らタバコ癖を付けるというのは、自虐的じゃないかなとも思うんですけどねぇ。

JTももうタバコだけじゃなく色んな分野に手を伸ばしているんだから、そろそろタバコ販売をやめたほうがいいんじゃないだろうか。あるいは販売しているタバコを少しずつ不味くするとかね。
吸えば吸うほど不味くなる、吸えば吸うほど吸いたくなくなる。こんなタバコばかりだったら、タバコを吸おうとする子供も減るんじゃないかな。

カッコツケの代償として、寿命が短くなるタバコ。
つのだじろうの恐怖新聞みたいなもんか?(ちがうか...)
[PR]
# by rukachas | 2005-01-13 22:28 | モノの話 | Comments(0)