子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新の記事
髪の毛は当たり
at 2017-10-03 21:19
ゴクッと一杯!
at 2017-06-20 18:15
写真の挿入位置
at 2017-05-29 23:03
ノンアル飲料 結局コレ!
at 2017-05-24 23:00
冷蔵庫の買い替え
at 2017-05-22 23:00
Amazonパントリーの緩衝材
at 2017-03-30 22:44
必要と不要
at 2017-03-25 11:28
ノンアルコールビールの飲み比べ
at 2017-03-08 22:44
ヒラサワ曲を聴こう!
at 2017-02-13 22:42
Amazon ダッシュボタン
at 2017-02-11 22:24
最新のコメント
acさん、はじめまして。..
by rukachas at 12:27
私もHDDの増設半年後に..
by おこのみソース at 16:08
私もこの記事と同じような..
by ac at 23:34
matsudaさん、はじ..
by rukachas at 00:34
管理人様、はじめまして。..
by matsuda at 16:51
タグ:出来事 ( 131 ) タグの人気記事
核P-MODEL гипноза (Gipnoza)
c0039181_191158.jpg発売日から1ヶ月ほど遅れてしまったが、平沢 進さんによる核P-MODEL名義のセカンドアルバム「гипноза (Gipnoza)」を今週購入した。

前作、2004年の「ビストロン」以来、核P-MODELとしてはじつに9年ぶりのアルバムとなる。
ビストロンはアメリカ軍によるアフガン侵攻やマスメディアへの皮肉を思わせる内容だったが、今作は2011年3月11日の東日本大震災の影響(というよりひとつの引き金と考えられる)が色濃く出ている作品となっている。

歌詞の中のフレーズにも...
「カタストロフ」「瞬間のCrash」「天変地異」「逃げ惑う人」「1000年もキミを待った」「陸海空」「救命ショー」「瓦礫」「臨界値」「気付かれぬようにそっと定義を変えよう」「見えるのは嘘」
などとあり、あの大災害とその後の人間の対応を、思わせぶりな言葉で綴っている。

平沢氏のアルバムでは珍しく、CDのブックレット(歌詞が載っている小冊子)の最初の数ページにひとつの物語が載っている。
『盗まれたアシュオン』と題されたその物語、これがまた面白い。

「なるほどそうだったのか!」1979年から続くアシュオン実験の一連の流れに納得し、しかし同時に疑問符がいくつも湧き出した。
スポットを持ち出した毛糸帽の男は何者なのか?人々の行く末は?と、今後の展開を案じてしまう。

それにしても、まさかPEVOという言葉まで出てくるとは思わなかった。PEVO星人はスポットのない世界を知っているようだ。
この物語と謎解きのような歌詞は、是非CDを買って読んでいただきたい。

早速聴いてみた感想としては、今回はディストーション気味の攻撃的な音が多く、ノリの良い1曲目2曲目でさえも重く訴えかけてくるような印象を受けた。
とくに2曲目の「それ行け!Halycon」は、前アルバムの3曲目「アンチ・ビストロン」のようなポップな曲だが、どこか「不安」で「不穏」で「不審」な、う~ん変な曲だ。(良い意味で)

ソロのときと同様、曲順が絶妙で、聴いていると「ああ、コレね~」と納得してしまう。それはあの大震災とその後のゴタゴタを知っている我々だからこそ共感できるのかもしれない。
とくに3曲目の「排時光」では、震災直後のあの事故の不安な気持ちがよみがえってしまった。
だがラスト10曲目の「Timelineの東」では新たな希望も見えてきた。「白虎野」以来、久々に胸躍るメロディだ。

さて、現在の我々はいったい何曲目にいるのだろう?
「ビストロン」と比べると平沢ソロのテイストが色濃く出ているようにも感じるが、間違いなく核P-MODELの傑作。
あの震災を体験した人にこそ、聴いてもらいたいアルバムだ。

1曲目のタイトル曲はオフィシャルの特設ページで無料ダウンロードできます。
гипноза (Gipnoza)特設ページ
[PR]
by rukachas | 2013-12-05 19:18 | 音楽の話 | Comments(0)
癒しのアクアリウム
c0039181_14473753.jpg2週間ほど前、夢の中に綺麗な水槽が出てきてからというもの、実際に自分の部屋に水槽を置きたくなってしまい、後日とりあえず必要なものを揃えてみた。

なにしろ熱帯魚の飼育は初めてなので、見た目だけで選ぶわけにはいかない。ネットで諸先輩方の経験談やうんちくを読み漁り、ほーほーなるほどと何度もうなずく。

いきなり失敗したくはないので、用品も魚もビギナー向けの無難なものを選んだ。
というより、予算がそれほどないので冒険はできないというのが本音かな。まぁとりあえず水槽という形にはなった。

購入したのは・・・

【水槽】
● GEX グラステリア SLIM 450
通常の45cm水槽よりもかなり小さい。容量は17リットル。オールガラス。

【フィルター】
● GEX スリムフィルター M
外掛け式。活性炭とバクテリアのフィルター。水中モーターだがかなり振動する。

【底砂】
● 水作 水槽の底砂 川砂 2.4kg
弱酸性の水作りにはソイルのほうが良いが、定期的な交換がいらない川砂にした。

【エアポンプ】
● 水作 SSPP-7S 水心
振動はそれなりにあるが音はかなり小さい。

【ヒーター】
● テトラ 26℃ミニヒーター 50W 安全カバー付
水温を25.5℃ ±1℃に保ってくれる。硬すぎるコードが扱いにくい。

【照明】
● テトラ LEDフラットライト LED-FL
邪魔にならないアーム式で明るさも十分だが、若干上部が熱くなる。

【薬品・餌】
● テトラ コントラコロライン(カルキ抜き)
● テトラ アクアセイフ(魚の表皮保護)
● テトラ テトラミン スーパー(熱帯魚の餌)

【水草】
● ピグミーチェーンサジタリア
● ハイグロフィラ ポリスペルマ
● スクリューバリスネリア
● タイニムファの球根
● アヌビアス ナナ
● ミクロソリウム プテロプス
● ウィローモスボール
ビギナー向けの水草7種セット。

【熱帯魚】
● ネオンテトラ
● カージナルテトラ
● コリドラス アエネウス
育てやすいと言われている定番を3種。


水槽に水を張ってまだ1週間なので水環境が整ったとは言えないが、魚を入れないと始まらないのでここで迎え入れてみた。
飼育というよりもまだ「試育」の段階だし多少の犠牲は承知の上だが、その犠牲はなるべく少なくしたい。

魚を購入時の袋のまま水槽に入れ、1時間ほど水温合わせ。そして水槽の水を少しずつ袋に移す、水合わせに3時間かけた。
その後魚たちを1匹ずつ水槽に移したが、今のところ特に問題は起きておらず、みな元気に泳ぎ回っている。

その昔、MacにインストールしていたAQUAZONE(水槽シミュレーションソフト)では管理不十分でネオンテトラを3分の2ほど死に至らしめてしまった私だが、リアルテトラに対してはどれほどのことができるだろうか?

過保護にならない程度に、大事に育てていきたい。

c0039181_14474676.jpg

[PR]
by rukachas | 2013-11-08 19:33 | 動植物の話 | Comments(0)
癒しのアクアリウム(まだ準備段階)
先週10月24日の未明に、水槽の夢を見た。
妹が「喘息になった」という電話をしてきた翌日だ。

水槽の夢といっても、ただ自分の部屋に小さな水槽が置いてありそれを眺めているという他愛もない夢だが、これが何故か心に残った。

実際よりも少し広めで殺風景な部屋。夢の中ではこれが現在の自分の部屋という意識だった。
時刻はたぶん夜だろう。暗い部屋の隅で45cmくらいの水槽がLEDライトの明かりに照らされて青白く光っていた。
私は2,3メートル離れたところに立ち、その水槽をぼんやり眺めているのだが、何故かそれ以上近付くことができない。
水の中では小さな魚が泳いでいるようだ。
いやそもそも魚なのかどうかも遠すぎてうかがい知れない。

・・・というただそれだけの、普段なら目が覚めたら忘れてしまいそうな夢。
しかしその水槽をもう一度見たいという思いが強く残り、それが次第に所有欲へと変わっていった。

「水槽を買って、熱帯魚を育てよう!」
私はあまり衝動買いをしないほうだが、これは衝動買いと言うのだろうか?
ここ10年で小動物を飼い、観葉植物を育て、次に観賞魚となることは必然だったのかもしれない。

うちは25年くらい前に数年間、大き目の水槽で金魚と鯉を飼っていたことがある。
所有者は親父だったが、次第に世話をしなくなったため最後は悲惨な有様だったという記憶しかない。
そのときの印象と、熱帯魚は未経験ということもあり飼育には多少の不安もあるが、物は試しとやってみることにした。

翌日からAmazonと楽天でアクアリウム関連商品を品定め。
結局購入したのは45cm水槽(スリムタイプ)、濾過フィルター、エアーポンプ、ヒーター、LEDライトなどの器具一式と、魚を迎えるにあたってのカルキ抜き、底砂、水草、エサ等々。

肝心の魚はまだ買っていない。
水槽をセッティングして水草を入れ、ある程度水がこなれてきてから買うつもり。本当の水作りは魚がいないと始まらないが、まぁ様子を見ながら焦らずやっていこう。
まだ魚の種類さえ決めていない。おそらく無難にネオンテトラかグッピーあたりになるだろうが、何しろ熱帯魚は初めてなのでできるだけ安く抑えたい。

部屋の隅、設置が済み、水が澄み、魚が住み・・・できるだけ早く、夢の中で見た水槽を再現したいものだが、まずは魚たちを迎い入れる準備をシッカリとやろう。
先日の夢の中で私が水槽に近付くことができなかったのには、ちゃんと意味があったのかもしれない。

c0039181_20374153.jpg

水槽よりも水草のほうが先に届いてしまったので、カルキ抜きした水道水に漬け置きしているところ。
[PR]
by rukachas | 2013-10-31 22:31 | 動植物の話 | Comments(0)
抱き枕の水夢くん
最近「抱き枕」が欲しくなりました。
そう、カバーにアニメキャラがプリントされてて、オタクのおっさんが寝るとき以外も肌身離さず・・・って違~~~う!!!\( >O<)/
じゃあ人間の形をしていて、真ん中あたりに実用的な穴が・・・ってそれも違~~~う!!!\(*`Д´)/
(でも「抱き枕」で画像検索するとそういうのばかり見つかるけどね)

本当の抱き枕とは、横向きで寝る人がより快適に眠れるように、姿勢をサポートするために作られた大きめの枕です。
子供用から大人用まで様々な形や材質があり、どれも快眠を目的とした、基本的には健康グッズです。(アッチの抱き枕も利用者にとってはよく眠れるという意味で健康グッズかもしれませんが...)

さて私は子供の頃からほとんど横向き寝。ワケあって右側が下。
40を過ぎてからこれまたワケあって左側が下になってきましたが、いずれにしても横向き寝は腕や背骨を痛めがち。
とくに上のほうになった腕は何かに乗せていないと肩が痛くなったりします。私だけかもしれませんが。

ということで先週から、人生初の抱き枕購入に向けてネットであれこれ品定めしていました。今はいろんな形の抱き枕があるんですね。
寝るとき以外も見て楽しめるように、あまり無機質な形は選びたくないし、かといってあからさまにぬいぐるみっぽいのや、キャラクタータイプもちょっとなぁ。
姿勢を正すという目的では無機質な棒状タイプが良いんでしょうけどね。

・・・で、あれこれ見た中で気に入ったのが、バナナとイルカ。
「そんなばなな!そんなのいるかっ!」というダジャレが浮かびましたがそんなことはどうでもいい。バナナのほうは子供に大人気で、イルカは数年前にテレビドラマに登場してから根強い人気だそうです。
二つもいらないので、う~んどっちにしようかな~・・・

と悩んだ末、結局イルカの抱き枕を購入。

c0039181_22324347.jpg

注文して4日目に届きました。
最初は長さ1メートル以上あるデッカイ箱に面食らいましたが、持ったら軽い軽い。開けると中では愛らしいイルカが新鮮状態でラッピングされていました。まさに産地直送!
商品自体がやわらかいから緩衝材とかはいらないんですね。当たり前か。
抱きかかえるように取り出したら何故か「4126」という数字と「三段逆スライド方式」という言葉が頭をよぎりました。(わかる人にはわかる)

c0039181_22322479.jpg

ベッドの上に置いてみました。
種類としてはバンドウイルカだそうで、形がリアルですね。サイズは約100cm。
水夢くん(すいむくん)という名前が初めからあるんですが、なんだかオリジナルの名前を付けたくなるくらい愛着が湧きそうです。(水夢”くん”てことはオスか!)

なんとボディが水着と同じ素材で作られていて、中身は直径1ミリの極小ビーズ。触り心地、抱き心地が一般の抱き枕とはまるで違う!
私は一般の抱き枕をよく知りませんが、まぁそういうことらしい。
かすかにゴム臭がしますが、時間が経つにつれ徐々に抜けていくそうです。

この抱き枕を抱いて寝ると、どんな夢が見れるんでしょうか?
海でイルカと一緒に泳いでいる夢?
水族館でイルカの飼育係になった夢?
水着の感触とかすかなゴム臭で、もしかしたら水着ギャルに抱きついている夢かもしれませんが、まぁそれもまた良し、そっちのほうが良し。σ( ̄∇ ̄;)

私の名前はRUKA(ルカ)ですが、イルカとはまったく関係ありません。
でもイルカは好きな動物のひとつ。
毎日一緒に寝ていれば本物のイルカに対する愛情もさらに湧くでしょう。

水夢くんにとっては毎晩おっさんに抱きつかれて災難かもしれませんが、海にいる本物のイルカのように危険な目にあわないことは幸いかも。
和歌山県の一部の地区に向けて「イルカを大切にしてね~」と願いを込めながら、今夜は水夢くんと眠りの海へダイビング!
おやすみなさい。(σω-)。о゚

c0039181_2233418.jpg

水夢くんも横向き寝。
[PR]
by rukachas | 2013-10-10 23:11 | モノの話 | Comments(0)
アングルの「泉」
遠い昔、中学生だった私を大いに魅了した西洋絵画、アングルの「泉」。
教室に貼られていたアングル展のポスターで知ったこの作品は、他のどの絵画よりも魅力的でした。

c0039181_2174138.jpg
ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル作 「泉」
(1820-1956年 / パリ・オルセー美術館)


魅了されるのも当然。
この絵は彫像「ミロのヴィーナス」と同じく、人間がごく自然に美しいと感じる比率「黄金比」により構成されているからです。

c0039181_2185583.jpg
黄金比(1:1.618...)による完璧なまでの安定感と美しさ。
出典:「at home 教授対談シリーズ こだわりアカデミー」(3ページ目)


以前ご紹介した「三美神」の置物はオリジナルが彫像ですから、ミニチュアの置物が存在することは容易に想像できますが、では絵画であるアングルの泉は彫像にはなっているのでしょうか?
疑問に思って検索したら、どうやら日本にもそれを模した彫像があるようです。

c0039181_21151934.jpg
富山県稲葉山の宮島峡県定公園に設置された彫像。
出典:宮島峡のヴィーナス (前編)


元が絵画ですからレプリカというよりも「泉」をモチーフにして作った彫像ということですね。
この「泉」の彫像のミニチュア、つまり置物はないのかと探してみましたら、とある輸入雑貨店で売られているのを1品だけ見つけました。

商品のページにはアングルとも泉とも書かれておらず「ギリシャ女神 ヴィーナス」と記されていましたが、アングルの泉を模していることは一目瞭然。
私には決して安くない値段でしたが、あのアングルの泉を3Dで見れるとなれば喉から手も出ます。
少し考えた末、思い切って買ってみました。

c0039181_12451444.jpg

アングルの泉と比べてみると、体が若干細め、胸からおヘソにかけての溝が目立つ、顔が可愛くないなどいくつかの違いが見受けられますが、よく再現しているほうだとは思います。
しかし体型的には泉のヴィーナスというよりもアメリカのグラビアモデルって感じですね。元の絵はお腹がポコンと出ていて脚も太めですが、これはナイスバディ過ぎる気がします。

白いオブジェなので、瓶から流れ出る水がドロドロの白濁液っぽく見えるのがなんだかな~ですが、まぁ邪念を捨てて眺めればそれなりに癒し系。
なにより360度あらゆる方向から眺められるのは彫像の最大の利点。それだけでも買った意味はあったというものです。後姿はこんなでした。

c0039181_12452068.jpg

アングルも描かなかった「泉」のヴィーナスの後姿を見たいと思うなど、お月見の夜に月の裏側を見たいと思うくらい野暮なことなのかもしれません。

でもせっかく買ったんだし、今夜はヴィーナスの後姿でまったりお月見といきますか・・・
~~且(´ω`)
[PR]
by rukachas | 2013-10-04 20:59 | モノの話 | Comments(0)
35年前の粗品のタオル
今から35年くらい前、埼玉県大宮市(現さいたま市大宮区)の県道沿いに「オーディオセンター」という電器店がありました。
名前が店らしくありませんが、オーディオ製品専門に修理やサポート、販売をおこなっている小さな店でした。

当時中学生だった私はときどきそこに通い、高級オーディオ製品をいじったりレコードを持参して試聴したりしていました。
安いアクセサリー(今で言うサプライ製品)しか買わない中学生を手厚く出迎え、行くと必ず缶ジュースをくれた優しい店員さんがいたのも当時ならでは。

ある日、ちょっとした粗品をもらいました。
くじ引きをしたのか?何かを買ったときのオマケだったのか?すっかり忘れてしまって思い出せませんが、文具セットのようなものでした。
その中のひとつに小さく圧縮されている携帯用タオルがありました。小さな塊だけど水に浸すとタオルになるというあれです。

ガチガチに固まった状態でラッピングされていたので絵柄は見えません。
しかし水色の背景に青い線のイラストが描かれているタオルだということは、その状態からも見て取れました。

「これはイルカのイラストに違いない!絶対そうだ!もし違ってたらオレは死ぬ!」
中学生ならではの根拠の無い決め付けと、なんでもかんでも死と結び付けるアホな選択。

今すぐではなく大人になったら開けてみよう!数十年後に開けてみよう!と決めたタオルは、押入れの奥でじっとそのときを待つのでした。

c0039181_13544129.jpg

それから30年近く時が過ぎたある日、大掃除のときだったかな、この圧縮タオルを水に放り込むと現れたのはネコのイラストでした。イルカではなく。
しかしいい歳をした私には、タオルの絵柄がイルカじゃなかったことなどど~でもいいことでした。

それよりも、そこに描かれている「SANSUI」の文字に深い哀愁を感じました。
この粗品、SANSUIの販売促進用グッズだったんですね。

SANSUI(山水電気)といえば当時一世を風靡したオーディオアンプメーカー。とくにAU-D907 LIMITED は当時中学生の私にとっては憧れの製品でした。
ところが今やそのSANSUIも活動はほぼ停止状態、従業員数5人だそうで、かつての栄光はどこへやら。

あの当時、誰が現在のSANSUIを、いやオーディオ界を予想できたでしょうか。
圧縮されたタオルは水に入れれば元に戻りますが、時代は元には戻りません。
[PR]
by rukachas | 2013-10-02 19:38 | 懐古の話 | Comments(0)
風呂テレビの地デジ受信改善
やっぱりなんとかしてフルセグを受信しよう!(`・ω・´)

先週購入したPanasonicの防水ポータブルテレビ、SV-ME7000。うちの風呂場ではワンセグしか入らず、これじゃせっかくのフルセグチューナー搭載機の持ち腐れ。
ワンセグじゃ画面の文字も読めないので、フルセグを受信するために禁断の技「外部アンテナ端子」を使うことにした。

なんで禁断の技かっていうと、SV-ME7000の外部アンテナ端子は側面の蓋の中にあり、その蓋を開けるとminiB-CASカードもSDカードもヘッドホン端子もむき出しになってしまうのだ。
つまり防水ではなくなってしまう。

風呂場に置くのにそれじゃ困るので、パテやシリコンなどを使ってその部分を完全に覆ってしまおうと思っている。
SDカードを入れたり交換したりが簡単にはできなくなるが、それは仕方がない。

外部アンテナを繋ぐなら、部屋の壁のアンテナ端子から分配して風呂場までアンテナ線を引いてくるのが最も確実。
しかしうちはアンテナ端子がひと部屋隔てた居間にしかなく、そこからアンテナ線を引くとなると途中3つある戸の部分で隙間用ケーブルを使う必要がある。
この隙間用ケーブル、意外と高い。(´・ω・`)

それに、もしアンテナ線を鴨居の上に這わせれば、鴨居にハンガー等を引っ掛ける癖のあるオフクロには邪魔になるだろうし、床の隅に這わせればホコリやゴミが溜まりやすくなる。
天井の隅に張るのも外観上カッコワルイ。

う~ん、風呂テレビごときでケーブルが二部屋を縦断するのはちょっと頂けないなと、ここで思考が一時停止・・・(´-ω-)

だったら室内アンテナを付けてみるか?いやいっそのこと屋外アンテナを室内に付けてみるか?
それで受信できなければ元も子もないが、とりあえずAmazonで良さそうなアンテナを検索。

すると値段の割には評価が高い、八木アンテナ製のUwPAというアンテナが目に止まった。
室内でも屋外でも使える地デジ用アンテナだが、他のアンテナと比べてレビュー数が段違いなので、かなり売れている機種のようだ。
ブースター無しのUwPAが約3000円、ブースター付きのUwPA-UPが約5500円。ブースターは後からでも買えるので(割高にはなるが)とりあえずブースター無しのを買ってみた。

c0039181_12203960.jpg

思っていたよりもデカかったが、思っていたよりも軽かった。
本来ならばこれを窓際に置くか窓の外に出せば良いのだろうが、残念ながらうちの風呂場には窓がない。
屋外にも設置できるタイプなので当然防水仕様だが、風呂場に置いても効果は得られないだろうと思い、ドアの外、脱衣所の壁の上のほうに固定してみた。こんな感じで。

c0039181_12204235.jpg

写真がブレてしまってもうしわけない。
ベランダ取付金具は付属していたが壁には付けられないので、ヒモで縛って壁のフックにぶら下げるという方法。カッコワルイけどしゃーない。

片方が3.5ミニプラグになっているアンテナケーブル(途中延長して5mほどにした)でSV-ME7000とUwPAを繋ぎ、テレビの電源をオンにしてアンテナレベルを見てみる。
さて、肝心の結果は・・・

c0039181_1223261.jpg

「現在」の下の数値がこのアンテナでのレベル。
う~ん、やっぱりこんなもんか~とちょっとガッカリ。(「前回スキャン」の数値は、買ってすぐ私の部屋で受信したときのものなので関係なし)

たしかに内蔵アンテナのときよりは数値が5~10は上がっている。そりゃあ風呂場の中の内蔵アンテナよりも、風呂場の外の外部アンテナのほうが数値が高いのは当たり前だ。
しかしワンセグからフルセグへの切り替わりポイントであるレベル40前後には今一歩届かない。

かろうじて日テレのみ40を超えたが、あとのチャンネルは20~35のあいだで、今までと同じワンセグ受信になってしまう。
アンテナの向きや高さをいろいろ変えてはみたが、数値はあまり変わらなかった。

「ブースター付きだったら45以上は出たかもな~」とちょっと後悔していたら、Amazonのレビューで見た「上に向けたら綺麗に映るようになった」という言葉を思い出した。
UwPAの前方、本来なら電波が来る方向に向けるべき面を真上に向けたら受信状況が改善したというのだ。

半信半疑でやってみたらなんとこれが大正解!ヽ(*゚O゚)ノ

c0039181_1223663.jpg

アンテナレベルが軒並みアップ!
テレ玉だけは送信所が違うのでレベルが低いままだが、東京スカイツリーから発信されている局はどれもフルセグ受信可能な数値になっていた。
これはどういうこと?うちにはスカイツリーからの電波が上から降り注いでいるってこと?
なんにしてもブースターを買わずに済んでこれはウレシイ!

さっそくSV-ME7000の側面をパテで防水処理し、アンテナケーブルを風呂場と脱衣所の壁に固定してすべて完了。
我が家でも風呂場でフルセグが見られるようになってメデタシメデタシ。(^ω^)


最後に、このテレビとアンテナについてわかったことをまとめてみよう。

★ Panasonicの防水テレビSV-ME7000の内蔵アンテナは「高感度4ダイバーシティアンテナ」だそうだが、驚くほどの性能でもない。
風呂でも使えるとうたってはいるが、風呂場で内蔵アンテナで安定受信できるのは送信所から近い家だけだろう。

★ 外部アンテナ端子が防水蓋の中にあり、ケーブルを繋ぐと防水じゃなくなってしまうのがダメ。
おそらく接続部からの水の浸入をどうしても防げず、やむなく外部アンテナを繋いだときは水周りでは使えませんとしたのだろうが、風呂でこそ外部アンテナが必要になるのだから改良してほしいところ。

★ 八木アンテナのUwPAという地デジ用アンテナは、評判どおりの良い製品だった。
そりゃあ電波環境の悪すぎるところではダメかもしれないが、スカイツリーから約36km離れ、しかも難視聴地域である私の家で、1階の室内に置いた状態で地デジが安定受信できたのだから、性能はかなり高いと言える。

★ ただし設置方向や場所にはかなりシビアな印象を受けた。
Amazonのレビューにはこのアンテナでもダメだったという意見もあったが、向きや場所しだいで大きく改善した可能性もある。
真上に向けたら電波状況が改善したという人は少なくないようなので、メーカーは説明書に「場合によっては上に向けたほうがうんぬんかんぬん...」と書いておいたほうが良さそう。左右の向きは誰でも調節するが、真上に向けるというのは盲点だからね。
[PR]
by rukachas | 2013-09-04 21:24 | 電気製品の話 | Comments(0)
風呂給湯器と風呂テレビ
うちの風呂は給湯タイプだが、給湯器が古いのでお湯の温度を自由に設定することができなかった。湯と水の蛇口を両方ひねって温度を調節するという古いやり方。
しかも沸かし直し(追い焚き)ができないので、湯が冷めたあとに入る人はその湯が汚れていなくても捨てるしかなく、冬場はとくに不経済だった。

しかしそれはすでに過去のこと。
今週ついに、風呂給湯器を最新のものに替えたのだ!ヾ(*°▽°)ノ
もちろん工事は業者にやってもらったが、ノーリツのちょっと大き目の機種で、エコジョーズという省エネ機能付き。
ナリはデカイのに今までのよりも音は静かだし、消費電力は少ないしガス効率は良いしで、これからの季節は助かりそう。

c0039181_1824358.jpg

これは風呂場の操作パネル。
お湯の量や温度を好みに合わせておけば、あとはボタンひとつ押せば済むのでお年寄りにもわかりやすい。
設定や現在の状態を音声で教えてくれるのも便利だが、うちの親にとっては給湯の温度と風呂の温度が常に表示されていることのほうが重要だ。

お年寄りはどうしても自分の肌感覚で事をこなしてしまう。温度に対する感覚が鈍くなっているのに、それを慣れていると思い込み、体に負荷のかかる状態で過ごしてしまうわけだ。
今年の夏、クーラーがあるのに使わず熱中症になる年寄りが続出したのも同じ理由。(経済的な理由を除けば)

気温も湿度もお湯の温度も、場合によっては照明の明るささえも、視覚化できるものはできるだけしておいたほうが良い。常に数値を意識できる状態にあったほうが良い。
うちでは現在すべての部屋に温度&湿度計を設置しているが、今後は風呂の温度管理も健康管理のひとつとなるだろう。

ボタンひとつで適量にお湯が張り、適温を保ってくれるというのは今の世の中当たり前のことだが、我が家にとっては初体験。
オフクロは風呂の用意が、オヤジは風呂の掃除がさらに楽しみになったようだ。


そしてもうひとつ。
せっかく快適な風呂になったのだからその快適さをもうちょっとアップさせてみたいと思い、風呂の壁にテレビを付けてみた。

c0039181_1812401.jpg

選んだのはPanasonicのSV-ME7000という防水ポータブルテレビ。
手頃な価格ながら他の機器で録画した番組をLAN経由で楽しめる「お部屋ジャンプリンク」や(残念ながら私は対応機種を持っていないので今のところは使えていない)、TwitterやYouTube等のネットサービスを利用できる「ビエラ・コネクト」など、テレビ視聴以外にもいろいろと活用できる。

風呂にテレビを設置したときによくあるのが、電波が弱くてうまく映らないというトラブル。
電波レベルがある一定を下回るとまるで映らなくなるのがデジタルの弱み。アナログ放送のときは多少ザラ付いても見れないことはなかったのに。

外部アンテナを繋ぐこともできるが、そうすると完全防水ではなくなるので是非とも内蔵アンテナだけで綺麗に映ってほしいところ。
さぁうちの場合はどうだろう?と、念じるような思いでスイッチを入れた。

結論から言うと、風呂場での地デジ受信はてんでダメだった。
私の部屋(2階)ではフジテレビ以外は問題なく受信できたが、1階にある風呂場はやはり電波がうまく届いていないようで、どのチャンネルも全滅。

SV-ME7000は電波が弱いときは自動的にワンセグの受信に切り替わる。
ワンセグはなんとか受信できるので、風呂でテレビを見るときはワンセグ画質で見るしかないようだ。見れないよりはマシだが、ヒジョ~に残念!
ちなみに、私の部屋でフルセグ受信できたときは非常に綺麗な画質であったことを報告しておこう。

普段あまりテレビを見ない私だけに、このままワンセグでもイイか、それとも居間から風呂場までアンテナ線を引き、なんとかしてフルセグ受信するべきか、今のところは大いに迷っている。
これに関しては後日報告。(-ω-)/
[PR]
by rukachas | 2013-09-01 18:05 | 電気製品の話 | Comments(0)
ショップの違い、土の違い
多肉植物私は多肉植物を買うとき、主にふたつのネットショップを利用しています。
どちらも多肉ショップを検索するとすぐに見つかる人気店ですが、ここでは仮に「ショップA」「ショップL」としましょう。

ショップAは比較的品揃えが良く、値段も手頃。他の店で見つからなかった多肉がここでは見つかったり、他の店で1つ買う値段で2つ買えたりもします。

【良い点】
○ 商品の種類が多い
○ 他店よりも少し安い

【悪い点】
● 植え方が無造作な商品がある
● 多肉と鉢が汚れている商品がある(土を被っている)

そしてショップLは、値段はごく普通か物によってはちょっと高めですが、いかんせん品揃えが悪い。
リストにはたくさんの種類が表示されていますが在庫なしが多く、欲しいものがなかなか買えないのが残念な点。
でもスタイリッシュな黒鉢はなかなかオシャレで、多肉の姿を引き立てます。

【良い点】
○ オシャレな鉢に丁寧に植えてある
○ 商品としての質が高く、梱包も丁寧

【悪い点】
● 在庫なしが多く、買えるものが少なめ

以上のようなことから、私は安く多く揃えたいときはショップAで買い、気に入った多肉があるときはショップLで買い、と使い分けています。


ところで、今までにどちらのショップからも同じくらいの数を買いましたが、その後弱ってしまった(腐ったり枯れたりした)多肉はすべてショップAから購入したものでした。
もちろん私の管理が原因であることは言うまでもありませんが、どれも同じ育て方をしているのになぜショップAの多肉だけが弱りやすいのか?

私は土の違いだと思っています。ショップAの土が悪いということではなく、私の部屋の環境に合わないのではないかと。

ショップAの土は粒が小さくサラサラとしている、一見するとどこにでもあるごく普通の土。水はけは悪いが水分をある程度保つので、よく日の当たる環境に適しています。
ショップLの土は球状の塊が多く含まれる、ショップでオリジナル用土と称している土。水はけが良いので、屋内の窓際など半日陰の環境に適しています。

その違いのせいかはわかりませんが、ショップAの多肉は注文すると土がカラカラ(というかパサパサ)に乾いた状態で届きます。
鉢の周りにも乾いた土が付いているので、よく日の当たる場所で乾燥気味に育てていた鉢植えをそのまま梱包したといった感じ。

ショップLは注文すると、一鉢一鉢、土が十分湿った状態で届きます。発送前に水をたっぷりやってから梱包したといった感じ。
水はけの良い土だからこういうことができるんですね。

私は多肉を部屋の中で育てているので、ショップAの土では水やりのあと湿った状態が長く続きやすく、それで根腐れすることが多かったのでしょう。
最近では ショップLから専用土(約4.5リットル)を購入し、ショップAの多肉もこの土に取り替えるようにしています。

自分の環境に合う多肉、合わない多肉いろいろありますが、それは鉢の中の土にも言えること。
いくつかダメにしてからようやくわかったことでした。(´ω`)
[PR]
by rukachas | 2013-06-26 21:47 | 動植物の話 | Comments(0)
ギリシャ神話の三美神
天使の置物ばかり飾っている私ですが、天使といえば女神だろう!というわけで、最近女神のオブジェを買いました。

ギリシャ神話に登場する3人の美の女神、その名も「三美神」
c0039181_2252334.jpg

高さ30cm以下の小さな置物ですが、庭に飾るガーデンオーナメントと違ってディテールの再現は見事。
これは完全に室内観賞用ですね。

美しい女神が3人並んでいるこの構図は古くから多くの芸術家が題材としており、数々の素晴らしい作品が生まれました。
中でも有名なのはラファエロの絵画とアントニオ・カノーヴァの彫像でしょうか。

c0039181_11241027.jpg

ラファエロ作の「三美神」
(画像はウィキメディア・コモンズより)


c0039181_1124216.jpg

アントニオ・カノーヴァ作の「三美神」
場所はロシアのエルミタージュ美術館。
(画像はウィキメディア・コモンズより)


私が買った置物は、2世紀にローマで作られた彫像のレプリカで、本物はフランスのルーブル美術館が所蔵しています。
これが本物。↓
Tre grazie

Tre grazie
Copyright : Angeli Silenti
(Flickrのシェア機能を使って紹介しています)


様々な作品が残る、ギリシャ神話の三美神。
作者によって微妙にポーズが違いますが、共通しているのは3人の女神が腕を回して体を寄せ合っていることと、並びが決まっていること。

三美神は全知全能の神ゼウスの娘で、名前は左からエウプロシュネ、タレイア、アグライアと言います。
エウプロシュネが愛欲、タレイアが純潔、アグライアが美を象徴しているそうです。


c0039181_11235322.jpg

さて私が買ったこの置物。小さくて迫力はありませんが、レプリカと呼ぶだけあって形はほぼ忠実に再現されています。

美術館ではどの方向からでも見れますが、小さな置物はたいてい部屋の壁際に置きますからね、どっち向きで置こうか迷ってしまいます。

ラファエロの絵と同じく真ん中の女神が後姿なのが正しい向きなんでしょうが、反対側も捨てがたい。
「YωY」か、「ωYω」か、それが問題だ!(`・ω・´)
[PR]
by rukachas | 2013-06-01 20:27 | モノの話 | Comments(0)