S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 10月
2018年 07月
2018年 06月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
Safariのすすめ
Safari今やiTunesとともに、Windowsユーザーにもすっかりお馴染みとなったAppleのQuickTime。Macでは核となる欠かすことのできないソフトウェアだが、Windowsユーザーにはあまり評判がよろしくない。

QuickTimeが必要になる動画や画像にあまり出くわさないのも理由だが、QuickTimeのインストールによって不要な常駐プログラムが稼動したり、ファイルタイプの設定が書き換わってしまうことも嫌われる理由のひとつだ。また、今のバージョンはそうでもないと思うが、以前のQuickTimeは有料のPro版への変更を迫るダイアログが頻繁に現れるといった苦情も多かった。そんなところがWindowsユーザーに嫌われる原因だろう。

ただ、iTunesとの連携や、ネット上の高画質ムービーの観覧、「携帯動画変換君」などのアプリによる動画変換作業、QuickTimeによるJPEG圧縮(Pro版)など、QuickTimeならではの質の良さはたしかにある。だがほとんどの人は、他のアプリケーションで十分事足りているはずだ。

そんなAppleの無料ソフトウェアだが、ウェブブラウザの「Safari」だけはWindowsユーザーにもぜひお薦めしたい。
報道によると、Microsoft社のIE(InternetExplorer) は相変わらずブラウザのシェア1位だが、その数は年々減っているらしい。FirefoxやSafariに移行する人が増えているそうだ。
Firefoxは私も数年間使ってきたが、たしかに良いブラウザだった。機能を拡張するアドオンも多種多彩なものがあるし、バージョンが3になってからは安定性も上がったように思う。

だが重い、相変わらず重い。最初に起動するときもずいぶんと待たされてしまう。IEの起動が速いのは当然としても、Safariと比べても倍以上の時間がかかるのはいただけない。
ページの読み込みや表示はたしかに速いが、ウィンドウそのものの描画はなんとなく重く感じる。これは私のPCが非力なせいでもあるが、IEやSafariはそれほどでもないのだから、Firefoxももうちょっと頑張ってほしい。

そのてんSafariは起動時も起動後もさほど重くは感じない。ページの表示も速いし、何よりもその表示がことのほか綺麗だ。このへんは以前のコラム「Safari 3.1 for Windows」にて書いたとおりだが、そのとき書いた不具合についてその後進展があった。

YouTubeなどのFlashムービーやJavaアプレットの表示でフリーズしてしまうと書いたが、いつのまにかその不具合が起こらなくなっていた。
Safariを最新版にアップデートしたからなのか、Flash PlayerやJavaをアップデートしたからなのかはわからないが、いずれにしても現在のバージョンでは問題なさそうだ。

それと「マウスホイールの設定がスクロール速度に反映されない」という点だが、これは「かざぐるマウス」というユーティリティを使うことで解決した。
本来は各種ブラウザでマウスジェスチャーを可能にしたり、マウスホイールに様々な機能を持たせる常駐ソフトだが、Safaiのスクロールにも見事に対応してくれる。
オプション画面で「スクロールの加速」というところにチェックを入れるだけで、それまでスクロール速度が亀のようだったSafariが、ウサギからチーターにまで加速できた。もっとも不便だと感じた部分がこれで解決!

ただ、Safariの設定にある表示フォントの選択で、未だにフォントサイズの選択ができないのには困ったものだ(ウィンドウの大きさが適切ではないのでサイズ選択が隠れてしまっている)。なぜ直さないのだろう?
これについては設定ファイルを直接いじるしかない。コントロールパネルの「フォルダオプション」の表示タブで、すべてのファイルとフォルダを表示する設定にする。
するとユーザフォルダ直下にApplication Dataというフォルダが現れるので、その中のApple Computer → Safariとフォルダを辿ると、中にWebKitPreferences.plistというファイルがある。
それをメモ帳で開いて「<key>WebKitDefaultFontSize</key> <integer>★</integer>」の★の部分を好きな数値に変えれば良い。ちなみに私は15にしている。

Windows版のSafariを使い始めた頃は不具合があったので他のブラウザと併用していたが、今はXPのデスクトップもWindows2000のノートも、どちらもSafariをメインブラウザとしている。
Windows2000へのインストールについては「黒翼猫のコンピュータ日記」を参照のこと。(システムのDLLを置き換える方法なので自己責任で)

文字が滑らかに表示されることは、単に見てくれが良いだけでなく、疲れ目の防止にもなる。表示フォントはMSゴシックにすると縦の行間が詰まりすぎるので、デフォルトのままLucida Grandeが良いだろう。
導入当初は、IEやFirefoxに比べて機能が少ない、ボタンが少ない、見た目がシンプル過ぎるなどと思っていたが、今では日々使うブラウザにもっとも大切なことは、軽くて速くて見やすくて、これに尽きると実感している。
[PR]
by rukachas | 2009-02-16 20:54 | Mac&Winの話 | Comments(0)
<< 王様が聴く神の曲 子供画像の正しい使いみち >>