子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ひとつ貶して二歩下がる
色、いろいろ人間の中には、他人を貶す(けなす)ことで自分の体裁を保っている人がいる。
自分は偉いんだ、あるいは常識人なんだと思い込み、自分とは違う意見の者を変人扱いし、自分がしないことをしている者を頭のおかしな人間だと見下し、議論・討論は好きだが口を突いて出るのは筋の通らない反論ばかり、そんな人はよくいるもの。

他人を罵ったり貶したりする人は、じつは自分のほうが上手くいっていない人であることが多い。自分に不満がなく順風満帆な人生を送っている人は、いちいち他人に腹を立てたりはしないものだ。

他人がしたことで自分が迷惑を被ったのなら、相手に対しての批判は大いに結構。しかし批判と貶しはまったく違う。
貶しは差別の心がさせるもの。すなわち他人を貶している者は、多かれ少なかれ差別的な心も持ち合わせているということ。気に入らないという感情は被害ではない。

人はなぜ人を貶すのか?
生活なり夢や希望なりが上手くいかず、自分のランクが落ちてきたと感じたとき、一部の人間はまず他人のせいにし始める。やれ政治が悪い、社会が悪い、家族が悪い、家柄が悪いなどと。
そして次に、他人を貶すことで自分の心の中で相対的に自分のランクを上げようとする。たとえ落ちぶれても、他人を馬鹿にすることで「自分は馬鹿にされる側ではない、する側だ」という意識を保とうとするわけだ。

しかしこれは哀れだ。他人を貶して自分の体裁を保つなんて、第三者から見てこんな哀れなことはない。
人はみな十人十色。色はそれぞれ他の色に影響を与えないし、他の色が不満に思うこともない。赤は「赤であるべきだ」と青に主張はせず、緑はピンクを変だと笑いはしない。

他人の色が気に入らないという人は、自分の色を客観的に見ることから始めよう。さあ、輝いているだろうか?鮮やかだろうか?思い描いたとおりの色だろうか?
もし自分の色が輝いていないのなら、それはそこに毒素が含まれているからだ。自己中という毒素が。

みんなが混ざれば白になる。他人の色を認め合い、そして自分の色をさらに輝かせよう。
[PR]
by rukachas | 2009-10-18 22:52 | Comments(0)
<< 手から手へ、心をのせて 子供画像掲示板の公開方法を変更 >>