子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
感情発信ツールTwitter
TwitterとTwilog「Twitterってログがすぐに流れて以前の記事探しにくいし、いくら書いても書き捨てているようで、こりゃ使えないなぁ〜」こう思って7月にやめてしまったTwitter。
ところが先日、思い出したように「Twitter ログ 保存」で検索してみて、Twitterをブログのように表示できる「Twilog(ついろぐ)」というサービスがあることを知った。
ブログのように使えるなら、今までの不満点がほとんど解消する。これならミニブログとして使わない手はないと、再びTwitter欲が頭を持ち上げてきた。

とっくにアカウントを削除していたので、また最初からやり直すしかないと思っていたのだが、何気なく以前のユーザーネームでログインしようとしたら「そのユーザーは削除済みですよ、復活しますか?」みたいなことを訊かれてしまった。
「えっ?復活できんの?」とちょっとビックリ。「ハイ」と答えたらTwitter.comから自動メールが来て、そこに書いているリンクをクリックしたらいとも簡単に復活。
ログインすると、つぶやきもフォローもアイコンもデザインもそっくりそのまま残っていたので驚いた。どうやらTwitterはアカウントを削除しても中身はすぐには削除しないらしい。便利でもあり不安でもあり。

Twitterが復活したので早速Twilogにも登録してみた。Twilogを使ってみると、たしかにこれはイイ!
使いづらかったTwitterが、ちゃんとブログ形式になっている。記事が日付ごとに分けられ、過去記事も見やすく探しやすい。おまけにつぶやき内の画像リンクがサムネール画像で表示されている。
時系列の状況報告がほとんどない私のTwitterは、やはりブログ形式のほうがしっくりくるし、当サイトに来る人にもTwilogのほうが見やすいと思う。Twilog大助かりだ。

ところで、Twitterはゆるいコミュニケーションと言われているが、それは人によってコミュニケーションしやすい便利さだったり、コミュニケーションしなくてよい便利さだったりする。
私は「子供好きを増やしたい」という明確な目的があるので、たとえゆるくても気持ちは繋がっていたいと思うし、そのためにずっと心の交流を大切にしてきた。

2年間設置してきた「子供画像掲示板」を10月からURL非公開としたのも、99.9%の訪問者が交流を避ける(言葉を発しない)という現実にショックを受けたから。
私からすれば、画像を見に来るだけで、話しかけても返事もしない人は、何を考えているのかわからない不気味さがある。

だが逆に言えば訪問者も、感情発信をしない管理人には不気味さを感じるだろうし、怪しくも思うもの。
だから私はできるだけサイトでもブログでも自分の感情を書くようにしている。出来事を書くよりも感情を書くほうが、どういう人間かわかってもらえそうだからだ。
Twitterもそんな感情発信ツールとして使ってきたが、ひとつ不安なのは、ある人にとっての感動は、ある人にとってはちっとも感動ではなく、ときには不快に感じることさえあるということ。

うちのサイトに来る人は、子供のことで検索したり子供関係のリンクを辿ってきた人がほとんどなので、私がブログや掲示板等で子供について語るのは何の問題もないが、Twitterの場合は私が子供のことばかり語っているとは知らずにフォローした人もいるだろうから、その中にもし子供嫌いな人、もしくは子供好き嫌いな人がいたら、私はその人に不快感を与えていることになる。
同じ境遇、同じ仕事、同じ趣味同士でフォローし合ったとしても、考え方は人それぞれ違うもの。私の場合は40代、男性、未婚などという境遇で探していたら波長の合う人はほとんど見つからないし、同じように相手も私との考え方のギャップにうんざりするだろう。

私は境遇や立場ではなく、子供を大切にしている人かどうかでフォローする人を選んでいる。たとえ発言が過激であっても、実は子供に優しい人だと感じた人をフォローしている。
しかしその人の最近の発言だけから子供好きかどうかを読み取るのは非常に難しい。だからフォロー返ししてくれた人に、私の感動が感動として伝わっていないんじゃないか?という不安もつきまとっている。

ゆるい繋がりが特徴のTwitterでそんなことを思うのはかなり滑稽かもしれないが、かつての「子供画像掲示板」で感じてきたあの感情のギャップは、もう味わいたくないのだ。
どこかに私と波長の合う子供好きさんがいるに違いない。そんな思いを胸に、今日もTwitterで感情発信中。
[PR]
by rukachas | 2009-12-10 21:28 | Net&Webの話 | Comments(0)
<< 「嫌い」お断り 不確かさへの確信 >>