子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 06月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
Twitterでつぶやいていたこと(児童虐待)
Twitter今はもう消してしまった私のツイッター。
そのログに残っていた「児童虐待」に関するつぶやき。

その1:
しつけと称して虐待する人の中には、それが本当にしつけだと思い込んでいる人もいるからやっかいだ。
死ぬのもしつけの結果だと思っているのだろうか?

その2:
子供に虐待する人は、子供の価値に気付いていないんだと思う。
子供が嫌いだと言う人は、子供の良さに気付いていないんだと思う。

その3:
PTAとは親と教師による活動だが、虐待する親と盗撮する教師では良い結果は得られないだろう。
これからは親と教師の枠にこだわらない、本当に子供を愛している(子供のためを考えている)人たちの活動が必要なんじゃないだろうか。

その4:
「父母による児童虐待防止のため、親権を一定期間停止できる制度の導入を...」という報道を読んだが、これでは停止期間の見極めが非常に難しいうえに、隠れた虐待を助長してしまう。
しつけと称してリンチまがいの虐待をするようなご都合主義の親は、家裁に対して反省を演じることなど容易いからだ。

その5:
虐待の原因を問うことも大切だが、そもそも、虐待する性質の人間になった原因を問うことのほうが重要だ。

その6:
東京江戸川で起きた虐待死事件、悲しすぎるね。自分の子供を自分の所有物だと思っている親は多いのかもしれない。
親は子供の「持ち主」ではなく「保護者」なのに。

その7:
我が子を虐待して殺害した親を重い刑罰に処さないのは、量刑を決める側に「親だから」という意識があるからだと思う。
そんなことでは「社会全体で子供を守る」なんてできるはずがない。

その8:
児童虐待のニュースの多さには気が滅入るほど。
子は平等に幸せになる権利があり、親は子を平等に愛する義務がある。

その9:
この10年間はオムツのCMから赤ちゃんのお尻が消えたり、ドキュメンタリー番組でも子供の裸にモザイクをかけたりと、姿自体がワイセツとして扱われていたが、内容で判断されるようになれば、子供が愛すべき存在として認知されやすくなり、結果的に児童虐待の減少にも繋がる。

その10:
子供の姿は癒しの対象です。だから今日みたいな虐待事件があると、その親の精神はどうしちゃったんだろうと思うわけです。
子供を産む前から鬼畜だったのなら、子供は作らないでほしい。子供ができてから鬼畜になったのなら、それを子供のせいにしないでほしい。
[PR]
by rukachas | 2010-06-01 22:16 | 子供の話 | Comments(0)
<< 「子供好き」が無い 未来の自分に嘘をつかない >>