子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
男性多肉と女性多肉と動物多肉
c0039181_20371831.jpg植物にはそれぞれ正式な学名があって、多肉もまた然りなんですが、流通名(園芸名)として日本語の名前が付けられているものもたくさんあります。

その姿かたちから「なるほど!」と思わせる名前もあれば、付けた理由がイマイチわからない名前もあって様々ですが、多肉植物のその奇妙な造形のせいでしょうか、漢字のほうが妙に雰囲気に合っていたりもします。

というわけで、現在私の部屋にある多肉植物の中から、男っぽい名前、女っぽい名前、動物っぽい名前をそれぞれピックアップしてみました。

【男をイメージした名前の多肉】
c0039181_2032610.jpg

左からデービッド(徒長してます)、星の王子、紅稚児、京童子です。

「デービッド」は人名のDAVID。
ダビデ、デビッド、デービットなど読み方はいろいろですが、いずれにしても男性名ですね。

「星の王子」はサン・テグジュペリの有名な小説と関係あるかどうかはわかりませんが、王子だから男性でしょう。

「紅稚児」の稚児とは一般には幼い子供を指し、祭りにも稚児行列と呼ばれる着飾った幼児の参加がありますが、古くは寺院における少年修行僧を稚児と呼んでいたそうで、よって男の子。

「京童子」はそのままの意味だと京都の子供ですが、京都の子というと個人的には烏相撲を思い出すので、男の子ってことにしときます。
(烏相撲とは京都の上賀茂神社で毎年おこなわれている男児のみの子供相撲)


【女をイメージした名前の多肉】
c0039181_20312466.jpg

左からファンクイーン、女雛、桃美人、星美人、稲田姫、大和美尼です。

「ファンクイーン」はクイーン(女王)というくらいだから女性でしょう。

「女雛」はひなまつりに飾る人形のうちの女性側のほう。おびなとめびなの女雛ですね。

「桃美人」と「星美人」はどちらも美人と付いているので女性のイメージ。

「稲田姫」は姫だから女性ですね。稲の田んぼのお姫様でしょうか?

「大和美尼」は「ヤマトミニ」と読むそうです。日本の美しい尼さんってことですね。
美尼ですよ、美尻ではありません。


【動物をイメージした名前の多肉】
c0039181_20315314.jpg

左から黒トカゲ、みどり亀、福兎耳、月兎耳、熊童子です。

これらはどれも見た目から付けられた名前でしょう。
「黒トカゲ」はトカゲの尻尾のようだし、「みどり亀」は亀の甲羅のよう。
「福兎耳」と「月兎耳」はウサギの耳そっくりで、「熊童子」は形が小熊の手のよう。

数え切れないほどの種類がある多肉植物ですが、現在私が持っている中から選ぶとこのくらいかな。
多肉植物全体としては、男をイメージした名前よりも女をイメージした名前のほうが圧倒的に多いようです。
○○姫とか、○○美人とか、クイーンとかプリンセスとか。
名付けている人に男性が多いのかもしれませんね。(´ω`)
[PR]
by rukachas | 2013-04-04 21:29 | 動植物の話 | Comments(2)
Commented by rougetsu at 2013-04-07 10:49 x
足跡書き込み。。。ところであたなのHNはスザンヌヴェガの曲から取ったんでしょうか?
Commented by rukachas at 2013-04-07 20:10
rougetsuさん、初めまして。
多肉植物って可愛くて魅力ありますよね~。

スザンヌヴェガという方のことはまったく知らないんですが、ググッたらたしかにLUKAという曲があるんですね。
私の名前はRUKAで、この曲とはまったく関係ありません。
20年くらい前のペットの名前を自分のハンドルにして、正式にはRukachasですが、長いのでRUKAとしています。

ちなみに、チェコ語で「手」のことをRUKAって言うそうですよ。
私も手に特徴があるので(手相がマスカケ線)、まったく無関係ではなかったんだなと、日本では女性っぽく思われがちな名前ですが気に入ってます。(´ω`)
<< フィカス・アルテシーマを購入 iPhone 5 の故障、そし... >>