子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
子供に何を与えよう Part2(物の価値を感じさせる)
与えるもの子供(幼児)を連れて買い物に行ったとき、スーパーのお菓子売り場などで子供にお菓子をねだられることがありますが、このとき「買うのは1個だけ」と言い聞かせている親御さんも多いと思います。
しかし、このようなときはぜひ「1個だけ」ではなく「いくらまで」としてください。スーパーでもコンビニでも20円くらいのお菓子も売っていますから、80円まで、あるいは100円までとするのが良いかもしれません。

なぜ個数ではなく値段で制限するのかというと、店に並ぶものが商品という個別の価値を持ったものであることを、イメージとして理解させるためです。
買うのは1個だけと決めると、当然子供は自分が食べたいお菓子から、どれをより食べたいか(欲しいか)で買うものを決めるでしょう。しかしこれだと「一番食べたいものを選ぶ」という思考しか成り立ちません。つまり、物の価値という感覚が絡んでこないのです。

ところが、たとえば100円までと決めると、100円のお菓子を1個買うのも、60円のお菓子と20円のお菓子を2個買うのも自由なわけです。幼児自らおこなうこの選択は、目の前に並ぶ物が商品であるということを自然とイメージさせます。
計算できない子には親が「これなら2つ買えるけど、これだと1つしか買えないよ」などと指示してあげましょう。

これは幼児期の買い物ごっこのようなものですが、お金のやりくりの学習になるだけでなく、欲しさと価値(値段)のバランスを意識することによって、物を買うということを体感的に理解し、さらに買った物に対する思い入れも高まってくるのです。たかがお菓子でも、この感覚はとても大切なものです。

普段買うお菓子を1個だけと決めているお母さんは、ためしに一度、値段を決めてその範囲で自由に選ばせてみてください(ただし、普段と同じ価格帯で)。
きっと普段よりも、お菓子をダラダラと食べ続けることが少なくなると思います。一度に全部食べず、とっておくこともあるでしょう。

私は店で甥っ子にお菓子をせがまれたときは、必ず「◯◯円まで」という制限を作り、その範囲で自由に選ばせています。また、選び終わるまでは決して急かしません。コンビニで30分以上も待ったこともあります。
もちろんお母さん方が普段の買い物で、子供のお菓子選びにそんなに時間をかけられるはずもありませんが、5分は待つくらいのゆとりは持って欲しいですね。

お菓子は欲しがるたびに買い与えていてはいけませんが、おやつとしてどうせ買うのであれば、その買い方を工夫することもしつけのひとつです。
[PR]
by rukachas | 2005-08-28 21:28 | 子供の話 | Comments(0)
<< 子供に何を与えよう Part3... 子供に何を与えよう Part1... >>