子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
新聞の暮らし・家庭欄でも...
c0039181_23223537.jpg私は9月1日に書いた『子供に何を与えよう Part3(無邪気さを奪わない)』と題したコラムの中で、「子供の品のない発言や行動に関しては、他人に迷惑をかける行為でなければ大目に見よう」ということを述べましたが、驚いたことに本日の読売新聞朝刊に同じテーマの特集記事が載っていました。(写真クリックで拡大)

記事の内容は、私が述べたこととほぼ同じです。子供が「ウンチ」や「オチンチン」などと言ったときは頭ごなしに叱るのではなく、子供の気持ちを探りながら対応すべき、との内容。
この記事に書かれていた対処法の『「お母さんはそんな言葉好きじゃないよ」と諭したりするとよい。「オチンチン」などふざけて言ってきた際は「おしっこに行きたいの?」などさらりとかわすとよい。』という内容には共感しました。特定の言葉を使わないでほしいと親が思うのなら、この対応が非常に有効でしょうね。

世界一の発行部数を誇る新聞紙面で、このような子育て情報が取り上げられることは、正しい子育てを伝えていきたいと思っている者にとって、大変有り難いことです。
しかし記事中、一カ所気になる文章がありました。
『幼児は成長とともに多くの言葉を吸収していく一方、「バカ」「ウンチ」など、"悪い言葉"も口にするようになる。』という文の、「ウンチ」を"悪い言葉"としているところです。

「バカ」「マヌケ」「死ね」などは、たしかに「悪い言葉」です。誹謗、中傷、罵り、差別的な意図による発言など、いわゆる悪口は言わないようしつける必要があります。
しかし「ウンチ」「オシリ」「オチンチン」などは、これはモノの名前であって、悪い言葉ではありません。発言して他人を困らせることが悪いことなのであって、言葉そのものが悪ではないのです。これが悪い言葉だと言うのなら、オムツのCMの「やわらかウンチも大丈夫」というナレーションさえも良くないことになってしまいます。

『うんちっち』という絵本をご存知でしょうか。どんなときにも「うんちっち」としか答えないうさぎの子のお話です。今、全国の幼稚園で、この本の読み聞かせが流行っているそうです。子供たちはウンチやオナラという言葉に目を輝かせて聞き入っています。

「汚い物を表す言葉」と「汚い言葉」、「恥ずかしい物を表す言葉」と「恥ずかしい言葉」などをゴッチャにしてはいけません。それらをひっくるめて「悪い言葉」としてしまうと、下手をすると子供への言葉狩りや、悪影響を取り違えた不毛な教育論にも繋がりかねません。

何が「悪い言葉」で何がそうでないのか、大人たちはそれを把握しておく必要があるでしょう。この基準については、9月1日の『子供に何を与えよう Part3』にて述べているとおりです。
[PR]
by rukachas | 2005-09-05 23:26 | 子供の話 | Comments(0)
<< Appleとユーザー LOS ANGELS と 天使の壁紙 >>