子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 06月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
今年の締めくくりに一言
子供の笑顔今年はもうブログは更新しないつもりでしたが、約1年間続けてきた締めくくりということで、年明け前に一言。「The Light of Smile 笑顔の灯り」(以下 L.O.S.)の2005年の総評でもしておきましょう。

今年のL.O.S.の更新は「アミューズ」の荒らし対策から始まりましたが、やはり私にとってはブログを始めたことが一番大きな更新でした。自分の思いを他人に伝えるためには、ブログは最もベストなツールです。
私の場合トラックバックもコメントも少なめなので、通常のコラム書きと大差はないんですが、カテゴリ別に表示したり過去の記事にすぐ飛べたりと、見る側にとっては便利ですね。これからも、その便利さに見合うだけの記事を書いていきたいものです。

ブログ以外のコーナーに関しては、今年は更新らしい更新ができなかった年でした。ほとんど文章の加筆や修正、相互リンクの追加程度にとどまり、目新しい更新はほとんど無し。これは当サイトが発展途上なのか、それとも円熟した証なのか。
しかしこのまま頭打ちにはしたくないので、これからも子供たちと子供好きさんのために、良かれと思うものを提供していきたいと思っています。

今年は、いや今年「も」ですが、子供が犠牲になる事件が多かったですね。栃木で起きた女児殺害事件では未だに犯人が捕まっていませんし、日本各地で子供を狙った通り魔のような事件も多発しています。
子供は家庭では保護者が責任を持って保護し、学校では教師が責任を持って保護するという原則に変わりはありません。しかし通学路では、休日の街では、公園では、繁華街では、人気のない路地では、誰が守るのでしょう。
親と教育関係者だけでは、子供を守りきれない時代になってしまったのです。死角をなくすために住人が木を伐採した地域や、お年寄りがボランティアで通学路に立っている地域もあります。たくさんの大人が、子供の安全のために協力し合わなければならない時代になってしまったのです。

しかし子供を守る光景も、子供嫌いの人間からすれば失笑に値することでしょう。性犯罪を犯す「エセ子供好き」の中にも、子供の安全や思いやりなどという意識は毛頭ないでしょう。これら子供を大切にしない者がいる限り、子供への悲劇は繰り返されます。
そうならないためにも、子供を思いやる気持ちをすべての人が持ってほしい。そして今の子供たちは、子供を思いやる大人へと育ってほしい。その気持ちをいだかせるものは、何にも増して「子供たちの笑顔」だと思います。笑顔は感情に直結しているからです。

2005年は今までの惰性で流れてきた感のあるL.O.S.ですが、2006年は新しいコンテンツや試みなども交えて、今まで以上に子供の素晴らしさ、大切さを訴えていきたいと思います。
しかしそれには見ている皆さんのご協力があってこそ。写真や作品の投稿がありがたいのはもちろんですが、掲示板での書き込み、情報提供なども、気が向きましたらぜひお願いします。

来年も「The Light of Smile 笑顔の灯り」を宜しくお願いいたします。
それではみなさん、良いお年を。(*^-^)ノ
[PR]
by rukachas | 2005-12-28 22:19 | Net&Webの話 | Comments(0)
<< 悪の愚かさと人の痛みを知る しばらく断筆 >>