人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 07月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 06月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログなぜ書く、どう使う
書く私はブログを書くとき、心掛けていることが三つある。ひとつは、身に起きた出来事を報告するだけの、ただの日記にはならないようにしよう、ということ。二つめは、ニュースや面白い記事を引用するだけの、記事紹介ブログにはならないようにしよう、ということ。三つめは、考えを述べたときは自分で完結させない、つまり断定的な結論をなるべく出さないようにしよう、ということ。

このうち最初の二つは、「自分の記事はそういう方向性ではない」と私が勝手に思うだけのことであって、日記ブログやニュース紹介ブログを否定しているわけではないので悪しからず。
実際ブログは日記として使われていることが多いし、面白いニュース記事を引用して紹介するブログも結構見かける。前者は備忘録としてか、あるいは自分の日常を人に報告したいという欲求に応えるものだし、後者は一見すると他人のフンドシで・・・と思えなくもないが、ページビューを増やすことが目的ならば理にかなっている。

しかし私がこれらを避けたのは、ブログを書き始めた理由が(正確に言うとそれ以前の雑記からだが)、そのときの自分の思いや考えを再確認するためだったから。
写真を見れば過去の自分がわかるが、そのときどのような思いでいたかはなかなか伝わらない。私の場合、自分の行動や出来事よりも、そのときどのような考えでいたかを記したほうが、これからの自分を維持するための指標になりそうな気がしたからだ。

心掛け三つ目の「考えを自分で完結させない」だが、これは簡単に言えば、「◯◯だ!」と決め付けるよりも「◯◯だろう」と自分の推測として述べたり、「◯◯ではないだろうか?」と他人に伺うような書き方をしようということ。
こういう断定しない書き方を「発言に対する責任逃れ」と捉えて嫌う人もいる。しかし日記やニュース記事なら、起きた事実は事実として断言もできよう。だが考えを述べるときは、こうだ!と断定してしまってはそこから先に進まない。
他人に公開している以上、自分の中で考えを完結させて発信することは、読み手無視の独りよがりという気がしないでもないのだが、考えすぎだろうか。
このブログを読んで「そのとおり」と思う人もいれば、「それは違うぞ」と思う人もいる。人それぞれだから面白い。

ブログで記事を書き始めて1年半になるが、私の場合トラックバックされることも少ないし、コメントもあまり付かない。検索やタグ機能といったオプションもほとんど使わないので、べつにブログである必要は無いのだが、記事をカテゴリ別に表示できるという理由だけで使い続けている。
いったいどんな人が見てくれているのか分からないが、私の場合トラックバックやコメントの有無があまり気にならないのは、後日読み返すであろう自分に対しての問いかけ、という意識が少なからずあるからかもしれない。
by rukachas | 2006-08-20 18:50 | Net&Webの話 | Comments(1)
Commented by trashheaper at 2006-09-03 04:47
「ブログを何故書くのか?」
私の場合は練習場ですね。私は、文章書くのが異常なまでに下手だったので、その練習用として使い始めたんです。だから小説モドキ、詩モドキみたいなものも書いたりしてます。別にノートでもよかったんですが…お恥ずかしいことに、その…字も下手なもんで…。
<< エアコンを買いに 30年前のラジカセ 東芝アクタ... >>