子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 06月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
人の姿にときめいて・・・
ヌードかつて日本のテレビ界にはお色気番組と呼ばれる定番ジャンルがありました。しかし10年ほど前あたりからでしょうか、低俗だとか子供に悪影響(深夜放送なのに?)などの理由で規制され、次々と消滅してしまいました。
衛星放送やケーブルTVなどの成人向けチャンネルでは盛り上がっているようですが、昔のように地上波で見れるお色気番組はすっかり影を潜めました。
個人的には、テレ東の「ギルガメッシュないと」の終焉がお色気番組の終焉であったように思います。

何故こんな話をしたのかというと、今の子供たちは「性」よりも先に「性行為」を知り、「トキメキ」よりも先に「興奮」を得ることが多いように感じるからです。
未婚の十代の妊娠率が増えているとか、ワイセツ事件を起こす未成年も多いとか、出会い系サイトでは小学生から大人を誘うケースもある、という話を聞くと、子供に悪影響があるはずのお色気番組を一掃したのに未成年の性モラルは低下の一途じゃないか・・・とさえ思ってしまうのです。

しかしそれもそのはず。昭和のテレビでは当たり前だった軽いお色気さえも流さなくなった現代には、代わりにゲームやマンガ、ネットなどのコンテンツに、テレビ放送よりも過激な性描写が溢れているからです。
「それは18禁だから子供には関係ないじゃん」と思うなかれ。エロマンガは子供たちにも読まれており、ネットの18禁サイトにアクセスしたことのある児童も今や半数近くに上っています。
問題なのは、そんなアダルトマンガ、アダルトゲーム、アダルトサイトのほとんどが「性交または性行為」を扱った内容であるということ。

人に対しての思いやりや慈悲というものは、相手を愛しく思うことが前提であり、それはもともとは人間という生き物への好意から生まれるものです。
人間の裸に興味を持ち始める頃(個人差はありますが大体10歳くらい)に美しい裸体を見ることは、人間の尊厳を理解したり、人を敬う心を成長させます。その昔テレビの番組で流れていたヌードモデルの姿などは、ポルノチックな表現をしていない限りは、まさにうってつけの教材だったわけです。

ところが今はどうでしょう。人体そのものがワイセツだと言わんばかりに、ヌードアートさえも18禁にされる世の中。
子供たちは人体の美しさに触れる機会もないまま、小学校4,5年生の授業でいきなり「性行為」の存在を知らされます。「裸」と「性」と「生殖行為」をひとまとめにして意識させられます。
その後、アダルト番組やアダルトサイトなどを興味本位で見たとしても、そこにあるのも「性行為」の描写ばかり。当然のごとく性行為への興味と共に、異性のカラダを性欲の矛先として捉えてしまい、そうして育った結果が、先ほど言った妊娠率や性犯罪の増加へと繋がっていると思うのです。

異論反論あるでしょうが、私はポルノなど、大人向けの性情報は子供に悪影響があると思っていますが、ヌードという視覚情報をすべて遮断することも悪影響だと思っています。
どんな悪影響かは上で述べたとおりですが、大人向けの性を知る前に、人間の姿にときめくことが必要だと思うのです。

あまりハッキリとは憶えていないので正確ではないかもしれませんが、今から20年以上前に見たビデオ映像の話です。
私が行き付けのビデオレンタル店に立ち寄ったとき、アダルトビデオコーナーの棚の下のほうに置いてある1本のビデオテープが目に留まりました。
店員が書いたと思われる「中学生から見れます」というメモ書きが貼ってあったからです。

手に取ってパッケージを見ると、そこには外国の美人モデルがビキニ姿でポーズをとっている写真が載っていました。どうやら数人のグラビアモデルを撮影したキレイなビデオクリップ集のようです。13歳以上推奨と書いてあったのか13歳未満観覧禁止と書いてあったのかは憶えていませんが、とにかくパッケージにもそれらしいことが書いてありました。
「なんだ、中学生も見れるならアダルトコーナーに置くなよ!」と思いましたが、どんなものだろうと気になったので借りてみました。

家に帰ってから見てみると、内容はいたってシンプル。とても美人でスタイルの良い、水着姿の外国人女性が、ある者はガレージで、ある者はプールサイドで、ある者はスポットライトを浴びたステージでゆっくりとカラダを動かしているだけの映像でした。1人10分ほどの映像で、それが4人分続けて流れる45分ほどの作品でした。

これだけなら日本のアイドルのイメージビデオと変わりませんが、私が感心したのは、モデルたちが途中で水着を脱ぎ、全裸になるということ。そして全裸でありながら、映像がまったくの無修正(モザイクなし)であるということ。
つまり簡単に言えば、水着モデルのストリップショーということになりますね。
しかし日本人がイメージするストリップとは違い、たとえばお尻を突き出したり股を開いたりなどの性的なポーズはまったくなく、ただ音楽に合わせて歩いたり横になったり、クルリとターンしたりとその程度。
西洋女性のカラダの線の美しさが突出して表現されている、まさに人体鑑賞と呼ぶにふさわしい映像でした。

この当時の日本は陰毛の露出が違法でしたが、それを意識して作ったのか、それとも西洋絵画をイメージしたからなのか、このビデオに出演している女性はみな陰毛を処理していました。
女性は男性と違い脚を閉じていれば性器が見えることもありませんので、陰毛も性器も映っていないということでモザイクが必要なしとなったのでしょう。
さらに一般のアダルトビデオと違い、性行為や性的なシーンが一切無いことも制限年齢が下がった理由だと思います。実際、美術館のオブジェを眺めるように落ち着いて鑑賞できる作品でした。

しかしもしこのビデオが今発売されたら、間違いなくアダルトビデオ扱いでしょうね。ヌードというだけで大人の性娯楽作品と見られてしまうでしょう。
現代は中学生どころか、高校生にさえ「ワイセツではないヌード」を知らずに育った子が多いように感じます。つまり端的に言えば、それだけ性欲処理を目的としたエロばかりが巷にあふれているということ。

初めから大人のみを対象とした性娯楽(大人を性的に興奮させることを目的として作られたもの、いわゆるポルノ)は、子供たちに見せるべきではありません。
しかしテレビにしてもネットにしても、裸というものがあまりにもポルノ扱いされ過ぎてはいませんか?
たとえアート作品であっても子供に悪影響、たとえ裸祭りのポスターであっても悪影響、裸に見えるボディスーツも悪影響・・・と、そんなことをしてきた結果、多くの子供たちに「人のカラダはイヤラシイもの」と認識させてしまいました。

ヌードをすべてひっくるめて「裸はけしからん!子供に悪影響だ!」と騒ぐ人がいる家庭と、親子でワイセツさのないヌードを見て、人体美について語り合える家庭と、どちらが「人間愛」を育めるか、考えるまでもありませんね。
[PR]
by rukachas | 2008-03-01 00:15 | 子供の話 | Comments(0)
<< ワイセツか否かは意図と用途で判... 言葉の軽さ、文章の重さ >>