人気ブログランキング |
カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 06月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2005年 03月 10日 ( 1 )
80年代...ビデオデッキに魅せられて
c0039181_0322371.jpg私のオーディオ遍歴、というほどのものでもないが、ラジカセとステレオについての思い出話はL.O.S.の「発表の広場」というコーナーの下のほうに掲載してあるので、興味がある人はそちらもどうぞ。ヾ(*'-'*)

さて本題。私が初めて買ったビデオデッキはソニーのベータマックス SL-J9だった(写真・上)。♪ジェ~ナインジェ~ナイン情けぇ~むよぉ~・・・と、銀河旋風ブライガーのテーマを歌ってしまうほど遠い昔、1980年頃の話。
買った、とは言っても定価はオドロキの29万8000円。当時高校1年だった私には買えるはずもなく、親にねだってやっと買ってもらったものだった。

当時のビデオメーカーはソニー率いるβ(ベータ)陣営と、松下とビクター率いるVHS陣営とに別れていたが、その頃はまだベータのほうが人気が高かった。ベータは放送機器の技術を採用するなど基本設計がしっかりしており、実際にVHSよりも解像度が高く、色乗りも良かったし、なにより高速レスポンスと文庫本サイズのカセットが魅力だった。(次第に長時間録画でVHSが優位に立つこととなるが)
私の初ビデオデッキがこのソニーの最上位機種 SL-J9であったことが、私にビデオにハマる切っ掛けを与えたと言っても良いだろう。何しろこのJ9、当時では珍しいリモコンを装備し(有線だが)、音声はステレオ、左右独立のアフレコ機能、乱れの少ない静止画、さらに高速サーチとスロー再生が正逆共に連続可変で行えるという、当時としてはかなり高機能な製品だった。図体もかなり大きく、今のデッキと比べてみて体積、重量ともおそらく3倍はあるのではないだろうか。

買った日の夜7時過ぎ、とりあえずアンテナ線を繋ぎ、生まれて初めて録画・再生したときの感動は今でも忘れられない。この感覚は今の若い人には理解しがたいだろうね。なにしろ当時は家庭用ビデオデッキが登場してからまだ数年。持っている人はかなり少数だった。ほとんどの家庭では、テレビというのは映画館や劇場と同じく、放映をリアルタイムで見るものだったのだ。しかも1回こっきりで。
それが自分の好きな時にいつでも見られて、しかも画面を自由に操作できるんだからも~堪らない。毎日のように録画再生を繰り返していたよ。(゚▽゚*)

ところが、最大のネックはテープの値段だった。たしか1本5千円くらいだったかなぁ。デッキの普及と共にテープも安くなっていったが、それでも高校生のこづかいでポンポンと変えるものではない。留守録だけなら1本あれば使いまわせるからいいが、気に入った番組を保存しておこうと思ったらテープ代がバカにならない。結局はまだこの頃は、コレクションできるほどテープが溜まることはなかった。

SL-J9を買ってから数年後、今度はソニーのSL-F11というビデオデッキを買った(写真・下)。このデッキもソニーの最上位機種だったが、J9とはうって変わってスリムでスマートなボディ。8センチの高さに高機能を凝縮し、画質も当時としては最高クラスだった。(若干、映像の同期に不安定さがあったが...)
私はこのF11とちょっとお古になったJ9とで、テレビ番組の録画や編集、レンタルビデオ店から借りてきた映画のダビングなどを毎日のように楽しんでいた。そしてこの頃から少しずつ、ビデオテープのコレクションが増え始めた。

しかしその後世間ではVHS人気が高まっていき、次第にレンタルビデオ店に置いてあるベータテープの本数も少なくなっていった。そこで私もレンタルビデオの再生用にと、シャープのVHSデッキを購入した(残念ながら機種は失念)。この3台のデッキで、テレビ番組はベータで録画か、ベータからベータへダビング。レンタルしてきた映画のVHSテープはベータへとダビングし、いずれにしてもベータテープのコレクションがどんどんと増えていった頃だった。
結局ベータテープは200本ほどまで増えたろうか。F11が故障して次に日立のVHSデッキを買ってからは(これも機種は失念)今度はVHSテープが増えていき、あとはずっとVHSオンリー。最終的には全部で500本くらいにまで増えてしまった。

だが一昨年10月の家の引越しの時、このコレクションを大量に処分した。ほとんどが映画だったのだが、映画は今でも見たければレンタルできるわけだし、わざわざかさばるテープを部屋に置く必要はない、というのが処分した理由。だが最大の理由は、今となってはベータデッキが無いからだ。
とりあえず手元に残したのは、お気に入りの映画と懐かしいテレビ番組。大部分がVHSテープで、一部に再生されることのないベータテープがチラホラ。

明日はこれら、私の手元に残っている古いビデオテープの中身について書こうと思う。ヾ(*'-'*)
by rukachas | 2005-03-10 23:58 | 懐古の話 | Comments(0)