人気ブログランキング |
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 07月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 06月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2005年 10月 30日 ( 1 )
誰のためのリンクか
リンクページインターネットの基本は自由なリンクである。つまりリンクフリーが基本だ。この「リンクフリー」という言葉は日本独自のもので、海外ではどのサイトへも自由にリンクを張れるのが当たり前になっている。それがネット社会の基本理念だからだ。
だがあまりに「リンクしてもいいですか?」という問い合わせが多いので、トップページに「当サイトはリンクフリーです」だとか「報告する必要はありません」などと明記している人が多い。
中にはリンクフリーと銘打っておきながら「リンクする場合は連絡ください」などと書いているページもあるが、このへんはまだ日本で本当のネットコミュニティが理解されていない表れだろう。

・・・と言ってはみたが、じつは私のサイト「The Light of Smile 笑顔の灯り」も本当のリンクフリーではない。トップページには「子供が見るのを好ましくないサイトからのリンクはお断りします」と明記している。これはアダルトサイトに限らず、犯罪を容認するようなアングラ系のサイトも含むが、いわゆる悪心のある人が見に来る確率を少しでも減らしたいという、制作者のせめてもの希望だ。

だがこのような記述はネットコミュニティのあり方からすればナンセンスだし、第一ほとんど効力はない。リンクしないでくれと書いても、されるときはされるのだ。
じつはそれに関連したことで、昨日こんな記事を読んだ。
スラッシュドット ジャパンの記事

北九州市と仙台市では、小中学校のウェブページに「学校のウェブページにリンクを設定するには、事前に校長の承諾が必要」とする旨を明記するように、としている。実際に各校のページを見てみると、トップページに「リンクを許可なく設定することは一切お断りします」「校長の承諾なくリンクを設定することはできません」などと書かれている。つまり学校のURLを勝手に載せるな(リンクを張るな)ということを言っているのだ。

URLを掲載したりリンクを張ったりするのは、読者にそれを紹介したいからだ。「ここ面白いよ~」「このページは便利だよ~」という親切心もあれば、「ここスゲェくだらねぇぜ!」というようなあくどい理由もあるだろう。だがどのような理由であれ、「人への紹介」をその対象側が規制できるのだろうか?
分かりやすく言えば、私が友だちに「旨いラーメン屋があるよ」と紹介するにあたって、そのラーメン屋の許可が必要なのか? また、「うちを紹介するな!」と言う権利がラーメン屋にはあるのか?・・・ということだ。無断リンク禁止とはそういうこと。

生徒の個人情報の流出や、生徒を狙った犯罪予告が行われている現状では、リンクに対してまでもピリピリするのは当然かもしれない。(生徒の個人情報の流出に関しては、学校側のサイト管理の問題だが)
しかしわらしべ長者ではないが、リンクは辿ればどのようなページにも行き着いてしまう。たとえリンクの許可を出さなくても、許可を出したページにリンクされれば、ツーステップで来られてしまう。
リンクを許可制にすること自体ナンセンスだが、それよりも、これが学校のウェブページから子供を狙う者を遠ざけたいという意図があるのだとしたら、じつはそれこそかえって逆効果だと知って欲しい。

たとえば、子供たちを狙っているような変質者らが集まっているサイトなり掲示板なりに、ある学校のウェブページのURLが書き込まれた(リンクが張られた)とする。そのような者たちには「リンクは校長の承諾が必要」などという記述は何の効果もない。
学校側は急なアクセスの増加を知り、リンク元が不謹慎な内容のページであることを知る。当然学校側は、そのサイトなり掲示板なりの管理者に削除を要請するだろう。だが簡単には削除してもらえない。むしろ逆に削除要請文自体を晒され、よけいにそこからのアクセスが増えることとなる。

反面、真面目なサイトの方たちはどうだろう?
私のサイトでも、子供たちのためになる情報をいくつか紹介しているし、各学校の教育内容や設備などでこれは素晴らしいと思う点があれば、ぜひリンクしたいところだ。
教育とは無関係なサイトを作っている方たちだって「この学校の教育方針は良いぞ」とか「ここは私の孫が通っている学校だよ」などとみんなに紹介したくなることもあると思うが、「校長の承諾を得なければいけない」という余計な手間のため、リンクを諦めてしまう人は大勢いるだろう。

結局は、誰でも気軽に自由に張れるはずのリンクを許可制にするということは、不健全な無断リンクの数を相対的に増やしてしまうだけなのだ。
言ってみれば、学校に通ずるみんなが通る大通りに関所を作り、許可した者だけを通してみたが、その一方で、無断で作られた小道を通って子供たち目当ての部外者が大勢やって来ている、という状況だ。

リンクはどこでも張れる。掲示板にも書き込める。
学校側は、リンクは校長の承諾を...などと明記するよりも、写真を小さくして生徒を特定できるような情報は載せないようにしたり、教師、親、生徒間でのやり取り(運動会や遠足のスケジュールなど)はパスワード制のページで行うなど、部外者に知られたくない情報の管理をもっと徹底するべきだろう。
by rukachas | 2005-10-30 23:57 | Net&Webの話 | Comments(0)