子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 06月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
Google Home は誰のため?
c0039181_13265908.jpg
この1ヶ月間、日本のあちらこちらの家庭である呪文が飛び交っていた。
その呪文とは「OKグーグル!」

先月10月6日、日本でもようやく音声アシスタントスピーカー「Google Home」が発売された。
スマートスピーカーやAIスピーカーなどと呼ばれている情報端末。

こちらが話す質問に答えてくれて、音楽を流してくれて、ラジオを聞かせてくれて、さらにテレビを点けてYouTubeの動画を・・・とこれは対応する機器が必要だが、まぁ今後ブレイクしそうな気配がありそうな...予感がしそうな...商品ではありそう。(まだまだ微妙)

とは言いながらも、私も先月末にこのGoogle Homeを1台買ってみた。
音声操作でテレビにYouTubeを映すためにChromecastも購入。
どちらも我が家の居間(和室)に置いて家族で使うためだ。
c0039181_13274233.jpg
開封の儀、設定方法、実際に操作したときの様子などは数多くのブロガーが書いているし、ネットで検索すれば動画も見つかる。
製品情報を求めている方にはそちらを見ていただくとして、当ブログではただ淡々と出来事を書いていきたいと思う。


【買った理由】

私はなぜGoogle Homeを買って居間に置いたのか・・・
それはパソコンもタブレットもスマホも使えない(使おうともしない)親父のため。
そしてそんな親父のサポートに忙しそうなオフクロのため。

そもそも私自身は居間にいることはほとんどなく、いつも居間にいるのは親父とオフクロ。

親父はテレビを見ているとやたらと質問厨になり、そばにいるオフクロにことあるごとに質問しまくる。
「このタレントは今いくつだ?」「この俳優はどこ出身だ?」「東京オリンピックいつからだ?」

オフクロはiPadを手に持ってネット検索してみるも、なにしろお婆ちゃん、そんなに早くは調べられない。
すると親父はこう言う。
「なんだ、インターネットってのはなんでもわかるんじゃねぇのか? だったらいらねぇだろそんなもの!」

そう、親父はPCやスマホ、インターネットに拒否反応を示す人なのだ。
私は「だったら自分で調べりゃイイだろ!」と思って、Google Homeを居間に置くことにしたってわけ。

居間のテレビにChromecastを接続し、Google HomeとChromecastの設定を終えて準備完了。
話しかけるだけでそれに答えてくれるスマートスピーカー、Google Homeの賢さに機械音痴のオフクロも感心していた。

現在日本で買えるスマートスピーカーはLINEの「Clova Wave」とGoogleの「Google Home」の2つのみだが、もう少し経つとAmazonの「Amazon Echo」やAppleの「Home Pod」が発売され、日本でも本格的にスマートスピーカー競争が始まる。

Amazonプライムの会員である私にはAmazon Echoのほうができることが多いような気もするが、そもそも私はAmazonでの買い物を音声でおこなうつもりはないし、そうなると使い道としては単純に会話や質問ということになる。

現時点で日本語の音声認識に最も優れているのがGoogleアシスタントらしいので、私はGoogle Homeを選んだ。


【使わない人は使わないもんだ】

数日経つとオフクロも話しかけることに慣れてきたようで、質問を投げかけたりテレビでYouTubeを見たりとそこそこ活用。
ところが親父ときたら、質問はすれどもそれはGoogle Homeにではなく相変わらずオフクロに対して。

親父が「黒柳徹子っていくつなんだ?」と、すぐ隣にいるオフクロに訊く。
オフクロが「Googleに訊いてみたら?」と親父に言う。
親父は「オレはやらない、オマエがやれ」と言う。
オフクロがGoogle Homeに「ねぇグーグル、黒柳徹子さんて今何歳?」と訊く。
Google Homeが「黒柳徹子さんは84歳です」と答える。
その言葉を親父も聞いているのに、オフクロが親父に「84歳だって」と言う。
親父が「そうか84か」と納得する。

・・・と、こんな伝言ゲームのようなやり取りになっている。

文字打ちができない親父でも検索できるようにと買ったのに、オフクロに質問しているその言葉の前に「OKグーグル」と付ければ良いだけなのに、結局オフクロへの質問ぜめは変わっていないという有様。

まぁ、オフクロがいちいちiPadを手に取らなくてもよくなったということと、たとえGoogle Homeがちゃんと答えられなくても親父が腹を立てたりしないところは良かったと言うべきか。

だが今のところ、賢いはずのGoogleアシスタントも「すみません、お役に立てそうにありません」という言葉を返すことは多い。
それは単純にデータに無いということだけではなく、使う人間の言い方にもよる。

お年寄りは言葉をスラスラとは言えず、途中で間が空いたり文法がバラバラになったりもする。
そうなると比較的理解が柔軟だと言われるGoogleアシスタントでも「すみません」「わかりません」になってしまう。

このあいだ台風が上陸していた時に、親父は「こいつに台風は頭の上かどうか訊いてみろ!」と言っていた。
親父は台風が今どのあたりを通過しているかを知りたかったらしいが、これじゃあデータ的にも日本語的にも答えられるわけがない。
いくらAIとは言っても、年寄りとツーカーの仲になるにはあと10年はかかるかもしれない。


【結局スマートスピーカーは誰にとって便利なのか?】

各社ともテレビCMや動画で大々的に宣伝しているが、どの映像にも共通しているのはリビングやキッチンでまさに家族のアシスタントとして働くスマートスピーカーの姿。
「○○は何?」と言えば教えてくれて「○○をして!」と言えばそれをしてくれる商品はとても便利に思える。

しかし実際にはまだまだ発展途上。
人間が喋り方などを配慮してやる必要があるし、できることも限られている。
とくに検索に関しては文字入力したほうが早い場合もあるし、ブラウザで検索したほうが得られる情報も多い。
しかも音声検索は、結果を音声で読み上げられてもわかりにくいという問題もある。

結局のところスマートスピーカーというものは、文字入力ができない人や、家電のリモコン操作を面倒と感じている人にこそ便利なガジェットなんじゃあないだろうか。
以前、AmazonダッシュボタンはAmazonで注文できない人にこそ便利という話をしたが、それと同じようなもの。

私自身は・・・
訊いたことに答えてくれる → ブラウザで検索すりゃイイじゃん!
今日の天気を教えてくれる → 天気予報のサイト見りゃイイじゃん!
ウィキペディアを読み上げてくれる → 自分で読んだほうが理解できるじゃん!
ラジオをかけてくれる → PCかスマホでradiko使えばイイじゃん!
音楽をかけてくれる → 聴きたい曲はいつもPCで聴いてるからいらんわ。
音声で対応機器の操作ができる → リモコン手にとって操作すりゃイイじゃん!
声でタイマーをセットできる → すでにタイマーあるし・・・

・・・とこんな感じなので、正直自分の部屋にはいらないなと思っていた。

ところがひとつだけ「あれば便利かも」と思える部分があった。
ブログを書いているときに、ついド忘れしてしまったことや、ほんのちょっとだけを知りたいと思うことがある。
たとえば「画家のレンブラントって何年生まれだっけ?」など。

そんなとき今まではブログ書きを一旦中断して、ブラウザでGoogle検索をして、表示された結果から該当する箇所を見て、わかったらまたブログ書きに戻って・・・としなければならなかったが、Google Homeならブログ書きを中断せずに知りたいことだけを知ることができる。

なるほど、今やっていることを中断せずに済むのは便利だなと、ここだけは利点を感じてしまった。
c0039181_13342676.jpg
ということで、私の部屋にもひとつ欲しいなと、本日Google Home Miniを購入。
私の場合は必要最小限の機能さえあれば良いので約6,000円のMiniにした。

「こんにちわ」と挨拶すると「こんにちは、RUKAさん」と言ってくれた。
ちょっと嬉しい。(^ω^)
[PR]
# by rukachas | 2017-11-06 23:40 | 電気製品の話 | Comments(0)
サッポロ プレミアムアルコールフリー
c0039181_09194016.jpg
私はビールのほろ苦さと喉越しが好きなので、いつもビール味のノンアルコール飲料を愛飲している。
以前もこのブログに書いたとおり、私が最も好きなノンアルコール飲料はサッポロの「プレミアム アルコールフリー」
国産のノンアル飲料を十数種類飲んでみて、最近はドイツ産のノンアルも飲んでみたが、やっぱり一番旨いのはこれだった。

初めて飲んだ時はクセのある風味だなと思ったが、それを旨味と感じてきたらそれからは飲むたびに快感!
味は泡も含めしっかりビールしているし、麦のコクも甘みも苦味もちょうど良い!
サントリーの「オールフリー」は人工甘味料の味に若干飽きてきたが、サッポロ「プレミアム アルコールフリー」は未だ飽きることなく愛飲中。

私も若い頃はビールを飲んでいたし、今でもたまに飲むことがある。
最近ノンアルばかりだったので、今日は久々にビールを飲んでみた。

若い頃に酒の席で飲んだキリンラガーの味を思い出してみたい気もしたが、とりあえず日本のビールで最も売れているらしい「アサヒ スーパードライ」を用意して飲んでみると・・・これが、あまり旨くない。(不味いとは言わないが...)
薬品ぽい鼻にツンとくる刺激臭と、飲んだ後に口の中いっぱいに広がる甘ったるい酸っぱさ。
賞味期限が切れているわけではないので、もともとこういう味なのだろう。
若い人たちのビール離れがうんぬんという話を聞くが、もしかしたら原因はこの味にあるのではないだろうか?

c0039181_1147051.jpg
その点ノンアルの「プレミアム アルコールフリー」はとても旨い。
シッカリとした喉越しと麦のコク。変な刺激臭も飲んだ後の不快感もない。

ところがこの商品、ハッキリ言ってそんなに売れているわけではない。
例えばAmazonのノンアルコール飲料の売れ筋ランキングではサントリーの「オールフリー」が1位、アサヒの「ドライゼロ」が2位だが、サッポロの「プレミアム アルコールフリー」はなんと57位というありさま。

あまり売れていないのは味のせい?
いやいや、私は生産数が少ないからだと思う。
取り扱っている店も少なく、しかも買おうと思っているといつの間にか「売り切れました」となっていることがよくある。

サッポロビールは現在、ビールを北海道工場(北海道恵庭市) 、仙台工場(宮城県名取市)、那須工場(栃木県那須町)、千葉工場(千葉県船橋市)、静岡工場(静岡県焼津市)、九州日田工場(大分県日田市)の6箇所で製造しているが、このうち「プレミアム アルコールフリー」を製造しているのは九州日田工場のみ。

そのせいか関東在住である私の場合、近所の店で見かけることが非常に少ない。
取り扱っている通販ショップに関西の店が多いのもそのためだろう。

だから私はいつもこの商品をAmazonと楽天で購入している。
しかし不思議なことにこの「プレミアム アルコールフリー」、350ml缶と500ml缶であまり値段の差がなく、店によっては送料をプラスしても500ml缶のほうが安いという逆転現象まで起きている。
350ml缶はケース買いすると1本あたり130円ほどだが、500ml缶の場合は2ケースを買うと1本あたり110円ほどとなるのでお買い得感が強い。

私も今のところ500ml缶を2ケース(48本)ずつ月に2回ほど買っているのだが、たまに品切れで店のハシゴを余儀なくされるところが惜しい。
とはいえ、量産し過ぎて味が変わってしまっても困るし、私を含め一定数のファンがコンスタントに買い続けているこの現状がもっとも望ましいのかもしれない。

[PR]
# by rukachas | 2017-10-25 22:55 | モノの話 | Comments(0)
髪の毛は当たり
c0039181_09144617.jpgうちの食事には、髪の毛が入っていることがよくある。
茶碗に盛られたご飯の中や、皿に盛られた和え物の中に入っていることが多い。
タレの小袋やレトルトパックの切れ端が入っていたこともある。

私はそれらを見つけると、必ず「当たった〜!」と言う。
そしてそれを取り除いて、いつものようにありがたく食べる。
店から買った惣菜のパックに髪の毛が入っていたこともあり、どうやら私は当たることが多いようだ。

昔、こんなアニメを見たことがある。
そこは未来の世界で、ロボットが人間の世話をしている社会だった。
ロボットが主人公の部屋に料理を運んでくる。
主人公がシチューを口にすると、口の中に異物感。
吐き出すとそれは金属のボルトとナットだった。

入っていたのが髪の毛ならば、それは人間が調理をしたという証拠。
食あたりや食中毒を起こすようなものが入っていては大変だが、私は今のところ作ってくれる有り難みのほうを強く感じているので、髪の毛ぐらいならそれは「当たり」
何か良いことあるだろう。
[PR]
# by rukachas | 2017-10-03 21:19 | Comments(0)
ゴクッと一杯!
c0039181_18120025.jpg

「またその話か!」と言われそうですが、今回もビールテイストのノンアルコール飲料の話。

一番旨いのがサッポロの「プレミアムアルコールフリー」、次に旨いのがサントリーの「オールフリー」
・・・という結論に達した私は、現在この2つを月に100本ほど購入して毎日飲んでいます。

まとめ買いすると350ml缶が1缶あたり約90円、500ml缶だと約110円なので、ちまちま買うよりはまとめてドンと買ったほうが得なんですよね。
部屋の中に缶が山積みになってますが、このために缶潰し機(約2,000円)も購入して、飲んでは潰し、飲んでは潰しも楽しかったりして。(^^;)

ノンアルコール飲料の何が良いかって、アルコールが入っていないこと。(当たり前ですが)
飲んでも頭が痛くなることはないし、ボーッとして思考力が低下することもない。つまりストレスにならない。
一昔前のノンアルは僅かにアルコールが含まれていましたが、現在主流となっている「Alc. 0.00%」表記のものはアルコールが一切含まれていないので安心できます。

じゃあコーラとかジュース飲めばイイじゃん・・・ってことになると、そっちは糖分の多さが気になります。
ノンアルコールの中でもビール味のものは飽きが来ないし、程よい苦味が食事に合うしで、今のところはこれがベストですね。

今月から酒税法の一部が改正され、今後は酒類が値上げされそうな気配ですが、ノンアルコール飲料はお酒ではないので是非とも価格据え置き(または値下げ)の方向でお願いしたいものです。
[PR]
# by rukachas | 2017-06-20 18:15 | モノの話 | Comments(0)
写真の挿入位置
文章だけのブログなら関係のない話ですが、途中に画像を挿入するとなるとつい考えてしまうのが、画像と文章の位置関係。

画像を記事の内容をイメージした扉絵として使うなら文章の頭に持ってくるのが良いだろうし(私もほとんどの記事でそうしてます)、「これがその時の◯◯◯です」とばかりにひと通り説明した後に写真を見てもらうなら、当然その下に写真が来ますよね。

迷うのは、文章の途中で画像を貼る場合、説明してから画像を見せるのと、画像を見せてから説明するのではどちらが良いのかってこと。

他の方のブログではだいたい半々てところでしょうか。
文章の構成や話の進行によっても変わるでしょうが、書き手の癖としてほぼ統一されているようですね。

私はと言うと、昔から画像が上で説明文が下でした。(例外もあったかもしれません)
たとえば・・・


私は熱帯魚を飼っています。
コリドラス・ステルバイの「テル君」はいつもエアーストーンに乗っているので、まるで水槽内の置物のようです。
c0039181_11310765.jpg


こういう書き方ではなく・・・


私は熱帯魚を飼っています。
c0039181_11310765.jpg
コリドラス・ステルバイの「テル君」はいつもエアーストーンに乗っているので、まるで水槽内の置物のようです。


こんな書き方がほとんど。
画像を並べて貼って画像ごとのタイトルを書くときも、タイトルは画像の下に添えています。

そのほうがシックリくるのは、おそらく美術館等で展示してある絵画がそうなっているからだと思います。
壁に絵画が掲げられている場合、解説はたいてい額の下側に貼られていますからね。

(´-`).。oO・・・とまぁ、どうでもいいこだわりでした。
[PR]
# by rukachas | 2017-05-29 23:03 | Net&Webの話 | Comments(0)